シトロエン・2CV

2CV

フランスのシトロエンは、誰にでも購入できる大衆車の開発を戦前から模索していました。

その計画が具現化したのは、1948年10月のパリサロンでのことでした。

「2CV (2馬力)」と名付けられたそのモデルは、「こうもり傘に4つのタイヤを付けた」ような異様な外観を持ち、ボディサイズは全長3,780mm×全幅1,480mm×全高1,600mm、車両重量は495kgと軽量に抑えられていました。

駆動方式は、戦前の「トラクシオン・アバン」で実績のあったFF方式を採用。

エンジンは空冷水平対向2気筒375ccで、最高出力は僅か9psに過ぎなかったものの、最高速度65km/hと最低限必要な性能が確保されていました。

足回りはフロントがリーディングアーム式、リアがトレーリングアーム式による前後関連式の4輪独立懸架でした。
発売から生産終了までの2CVの変遷は、以下のとおりです。

・1949年11月、販売開始。

・1950年、バンタイプのAUを追加。

・1954年、排気量を425ccに拡大、最高出力12ps、最高速度70km/hに性能向上。

・1958年、エンジンを前後に搭載した4輪駆動モデル「サハラ」を追加。

・1960年、マイナーチェンジにより外装デザインを変更。最高出力13.5ps、最高速度85km/hに性能アップ。

・1962年、メーターパネルのデザインを一新、ワイパーがメーターケーブル連動式から電動式に。

・1964年、フロントドアを後ヒンジから前ヒンジに変更。

・1965年、フロントグリルの意匠変更とともにリアクォーターウィンドウを追加。等速ジョイントを採用。

・1970年、マイナーチェンジ、エンジンが435cc (最高出力24ps) と602cc (最高出力29ps) の2本立てに。

・1975年、マイナーチェンジで角型ヘッドランプを採用。

・1976年、丸形ヘッドランプの「スペシアル」を追加。

・1980年、ツートーンカラーの「チャールストン」を追加。

・1981年、前輪ブレーキをドラム式からディスク式に変更。

・1990年7月、生産終了、41年にわたる歴史に終止符。

2CVは動力性能こそ必要最低限に留まったものの、優れた走破性や乗り心地、居住性、経済性などにより大衆の心をガッチリつかみます。

その人気は事実上の後継車種「ディアーヌ」が登場した後も衰えず、総生産台数約385万台というシトロエン最大のヒット作となりました。

日本ではヒットには至らなかったものの、一定数が輸入され熱烈なファンを生み出しています。

まず、1962~1963年型の本国向けカタログ を紹介。

2CV
「2CVの自由」のキャッチコピー。とは言え7人乗車は定員オーバーですが・・・(乗車定員は4名)。
2CV
「クルマ以上のもの、それは人生です」。この年代はまだフロントドアが後ヒンジ式でした。
2CV
キャンバストップを開ければ丈のある荷物も長尺物の積載もOK。リアクォーターウィンドウはまだありません。
2CV
「彼女はシンプルで実用的です」。ドアとシートは簡単に取り外すことができました。
2CV
シートを取り外せるので、ピクニックにも重宝。
2CV
不整路を走っても荷室に積んだ卵が割れないことが、設計時の目標のひとつでした。
2CV
車内に愛用の椅子を持ち込み、編み物にいそしむおばあちゃん。
2CV
「雪も氷も2CVを止められません」。当時は数少なかったFF方式を採用し、車体が軽かった2CVが優れた雪上性能を持っていたことは間違いないでしょう。
2CV
「巧み」「賢い」「快適」などの言葉が並びます。それよりも、赤いドレスの美女に目が行ってしまいますね。
2CV
上級車種「アミ6」並みのシートが備わることをアピール。シートは簡易的なハンモックタイプだったものの、座り心地は抜群でした。
2CV
インパネから生えた4速MTは、独特なシフトパターンを持っていました。
2CV
エンジンは425ccの排気量から18psの最高出力を発生。最高速度は95km/hに達しました。

続いて、1980年代後半に発行された日本版カタログを紹介。

2CV

2CV
丸形ヘッドランプ+ツートーンの「チャールストン」と、角型ヘッドランプ+モノトーンの「クラブ」を用意。まさに時代を超えた「タイムマシン」ですね。
2CV
「シンプル・イズ・ザ・ベスト!」と謳われています。この時代で空冷2気筒エンジンを搭載していたのは、2CVのほかはフィアット126くらいでした。
2CV
輸入元は西武自動車。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ シトロエン・ディアーヌ

□ シトロエン・アミ

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】


2 comments on “シトロエン・2CV”

コメントは受け付けていません。