スバル360 ~その1

スバル360

ある程度クルマ好きの人なら、スバル360の名前を聞いたことのある人は多いはず。

スバル (当時の富士重工業) が1958年に発売したこの軽乗用車は、国産車史上で5本の指に入る傑作車と言っていいでしょう。

その丸みを帯びた愛らしいスタイリングは、いま見ても誰をも笑顔にしてしまう魅力があります。

ボディサイズは、当時の軽自動車規格に沿った全長2,995mm×全幅1,300mm×全高1,360mmというコンパクトなものながら、大人4人が無理なく乗れる優れたパッケージングを実現していました。

また、国産車初のフルモノコックボディの採用などにより、初期型で車両重量385kgという軽量化を実現したことも特徴です。

駆動方式はRRで、リアに搭載される空冷2サイクル直列2気筒356ccのエンジンは最高出力16psというクラストップレベルのパワーを発揮。

軽量ボディと相まって、当時の軽自動車としては群を抜く最高速度83km/hと、1L~1.5Lクラスの国産乗用車に引けを取らない加速性能を誇りました。

足回りはフロントがトレーリングアーム式、リアがスイングアクスル式の4輪独立懸架を採用。

ソフトなセッティングと相まって、通称「スバルクッション」と呼ばれた快適な乗り心地を実現していました。

ボディタイプは当初2ドアセダンのみだったものの、翌1959年にロールトップ式の幌を備えるコンバーチブルが加わります。

スバル360は、例外的とも言えるトータルバランスの高さに加え、36万5千円という低価格 (当時のサラリーマンが頑張れば何とか手が届いた価格) と相まって、発売当初から人気が爆発。

正しく日本のモータリゼーションの黎明期を支えた1台となりました。

今回は、そのヘッドランプの形状から通称「出目金」と呼ばれたスバル360の初期型のカタログを紹介します。

スバル360
運転席から笑顔で振り向く女性。ウィンドウ越しの対向車線に、別のスバル360の姿が見えます。
スバル360
「スバル360はこれからの時代の国民車です」とストレートにアピール。 税金は年1,500円とありますが、現在の軽自動車税の1/7ほどの金額ですね。
スバル360
ハイカラな街並みにも溶け込むスバル360。バックに「YORON KAGAKU KYOKA」の看板が見えますが、何かの事務所でしょうか?
スバル360
リアフードに搭載される強制空冷2サイクル2気筒エンジンは、356ccの排気量から最高出力16馬力、最大トルク3kg・mのアウトプットを発生。
スバル360
強制空冷式ならではのメリットをアピール。水冷式が当たり前の現在からすると、ちょっと不思議に感じられますね。
スバル360
海岸沿いの道路にスバル360を停め、眺めを楽しむカップル。
スバル360
スバル360のカタログ燃費 (定値燃費) は普通車を遥かに超える26km/L。混合油の給油器が時代を感じさせます (初期のスバル360はガソリンにオイルを混ぜて給油する混合給油)。
スバル360
富士山とスバル360とレディ2人の絵になるスリーショット。
スバル360
当時は普通車にとっても難関だった箱根の山を、オーバーヒートせず登り切れたこともスバル360の偉大なところ。
スバル360
国産車初のモノコックボディの採用により、フレーム式ボディのライバル車より100kg以上軽い車両重量を実現。
スバル360
ボディのコンパクトさをアピールするショット。実際にこのシチュエーションにおかれると、脱出は困難な気が・・・。
スバル360
最小回転半径4mは、当時の軽自動車としても最小クラス。
スバル360
後席でほほ笑む綺麗なお姉さん。頭上のスペース、足元のスペースとも十分確保されていることが分かりますね。
スバル360
室内スペースの広さをアピール。全長3mのボディでこのパッケージングを実現するには、設計陣の血のにじむような努力があったのでしょう。
スバル360
シンプル・イズ・ザ・ベストを絵に書いたようなインパネ。ナショナル (現パナソニック) 製のラジオはオプション。
スバル360
ナショナル製のヒーターもオプション扱い。ヒーターを選ばず、寒さを厚着でしのぐ人もいたのでしょうね。
スバル360
こちらはロールトップ採用のコンバーチブル。同時代を生きたフランスの国民車、シトロエン・2CVもこのようなトップを備えていました。
スバル360
湖のほとりでスバル360に肘をかけ、ポーズを決める男性。いかにも昭和な雰囲気が漂います。
スバル360
「全巾」「軸距」「ボデー」などの表現が昭和30年代を感じさせます。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□スバル360~その2

□スバル450

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

2 comments on “スバル360 ~その1”

コメントは受け付けていません。