スバル・R-2

R2

1969年8月に、スバル360の事実上の後継モデルとしてデビューした車種が「R-2」です。

スバル360が1958年の発売なので、実に11年ぶりのニューモデルでした。

メカニズム面では、RR方式や空冷2サイクル2気筒エンジン、4輪輪独立懸架サスペンションなどがスバル360から受け継がれました。

当初は2ドアセダンのみの設定で、スバル360より僅かに全高が低い全長2,995mm×全幅1,295mm×全高1,345mmのサイズでした。

ホイールベースはスバル360より120mm長い1,920mmに延長され、小型車に迫る室内長を実現。

エンジンは新開発のアルミ合金製356ccで、最高出力30ps / 最大トルク3.7kg・mのスペックはスバル360最終型から5ps / 0.2kg・mの向上を見ました。

4速MTを介しての最高速度は、5km/h高い115km/hでした。

サスペンションは前後ともセミトレーリングアーム式で、リアがスバル360のスイングアクスル式から改められました。

そして翌1970年2月に、商用モデルの2ドアバンを追加。

さらに同年4月、セダンに最高出力32ps / 最大トルク3.8kg・mの「スポーティデラックス」と、最高出力36ps / 最大トルク3.8kg・mの「SS」が追加されます。

いずれもタコメーター付3眼メーターや小径ステアリングホイールが備わるスポーティグレードでした。

その後1971年2月のマイナーチェンジで、内外装デザインを刷新。

同時にエンジンを最高出力32ps / 最大トルク3.8kg・m仕様に一本化、スポーティグレードのSSは廃止されました。

追って同年10月に早くも2度目のマイナーチェンジが実施され、外装デザインを再び変更。

同時に水冷2サイクル2気筒エンジン (最高出力32ps / 最大トルク4.1kg・m) 搭載の「L」シリーズが追加されたほか、空冷高出力エンジン (最高出力36ps / 最大トルク3.8kg・m) 搭載のスポーティグレードが「GSS」の名で復活します。

しかし、翌1972年7月に実質的な後継モデル「レックス」のデビューに伴い、Lシリーズは早くも生産を終了。

残る空冷シリーズも、1973年2月に販売終了となります。

R-2はスバル360から動力性能、操縦安定性、乗り心地、居住性、トランクスペースなど多くの点で向上。

トータルバランスの優れたクルマでしたが、強力なライバル車たちの中で目立つ存在になれず、短命に終わりました。

まず、発売当初のカタログを紹介します。

R2
グリルレスのシンプルなフロントマスクが初期型の特徴。
R2
卵型のスバル360から「丸四角い」ボディ形状に代わり、室内スペースが拡大されると同時に、フロントフード内のトランクスペースが実現。
R2
4輪セミトレーリングアーム式独立懸架により、不整路でも優れた乗り心地とロードホールディングを発揮。
R2
丸形2眼式メーターやルーバー付ベンチレーターなど、スバル360より豪華になったインパネ。
R2
クラッシュパッド付のインパネ、運転席シートベルトの標準化など安全装備もスバル360より強化されています。
R2
軽自動車離れした後席スペースと、大きなドアによる乗降性の良さはR2の武器でした。
R2
中間グレードのデラックスには、2ペダルのオートクラッチ仕様車も用意。

続いて、1971年2月のマイナーチェンジ後の簡易総合カタログを紹介。

R-2
なぜか欧州の街に佇む日本仕様のR-2 (ナンバープレートも日本仕様)。ダミーのフロントグリルが付き豪華になった反面、シンプルな美しさは失われました。
R-2
セダンは3種類あったエンジンを32馬力仕様に一本化。セダン6グレードのうち、唯一ダミーグリルの付かないスタンダードが一番美しく見えます。
R-2
バンは中低速トルク重視のエンジン (最高出力26ps / 最大トルク3.6kg・m) を搭載。

最後に、1971年10月のイナーチェンジ後のセダン専用カタログを紹介します。

R2
空冷シリーズと水冷Lシリーズの二本立てに。空冷シリーズはダミーグリルの意匠が変更されています。
R2
メーターパネルのデザインが一新され、一段と豪華になっています。
R2
ヘッドレスト一体型シートは前回のマイナーチェンジから採用されています。
R2
空冷シリーズの上級グレード「GL」。時計とコンソールボックスの両方が備わるのは、空冷シリーズではGLのみでした。

R2

R2
空冷エンジン搭載のスポーティグレード「GSS」は、砲弾型ミラーやサイドのストライプが外観上の特徴。
R2
GSSはR2で唯一タコメーターとウッドステアリングを装備。
R2
水冷Lシリーズの上級グレード「カスタムL」。
R2
静粛性の高さや効きの良いヒーターは水冷Lシリーズのメリットでした。
R2
後席は子供だけでなく、大人二人にも十分なスペースがありました。
R2
写真のGSSはピーキーな出力特性のため、謳い文句にはやや疑問あり・・・。
R2
安全性の向上もマイナーチェンジのポイント。
R2
こちらは空冷エンジン。マイナーチェンジで32馬力仕様が標準となったほか、公害対策が施されました。
R2
優れたパッケージングが分かる透視図。
R2
GSSのエンジンは、最大トルクを6,400回転で発生する高回転型。
R2
こちらは水冷Lシリーズのエンジン。ウォータージャケットの存在により、メカニカルノイズは空冷エンジンより低く抑えられていました。
R2
強力に効く温水式ヒーターは、空冷エンジン搭載車には真似のできないメリット。

R2

R2
グレードは空冷シリーズが6タイプ、水冷Lシリーズが2タイプの全6タイプを用意。

R2

R2

R2

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ スバル360~その3

□ スバル・レックス(初代)

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】


「スバル・R-2」への1件のコメント

コメントは受け付けていません。