マツダ・B360

B360

1961年2月にマツダ初の4輪商用車として発売されたのが「B360」です。

前年に発売された軽乗用車「R360クーペ」とはまったくの別設計で、R360クーペがRR方式だったのに対し、B360はコンベンショナルなFR方式を採用。

サスペンションも4輪独立懸架ではなく、フロントのみウィッシュボーン独立懸架式で、リアは耐久性の高いリジッド・リーフ式が採用されました。

ボディサイズは当時の軽自動車規格に準じた全長2,995mm×全幅1,295mm×全高1,470mmで、当初はピックアップトラックのみの設定でした。

 

当初搭載されたエンジンはR360用の空冷4サイクルV型2気筒356ccを低速トルク重視にデチューンしたもので、スペックは最高出力13ps / 最大トルク2.2kg・m。

トランスミッションはコラム式3速MTで、最高速度67km/hという長閑な性能でした。

そして発売から3か月後の1961年5月に、ライトバンが追加されました。

 

その後1963年9月のマイナーチェンジで、パワートレインが「キャロル360」用の水冷直4OHV358ccエンジン+4速MTに変更されます。

当初エンジンはデチューンされていたものの、同年11月にキャロルと同じ最高出力20ps / 最大トルク2.4kg・mにパワーアップ。

この時点で、最高速度は79km/hまで向上を果たします。

最後のマイナーチェンジが実施されたのは1968年5月で、外装デザインの変更と同時に車両重量の軽減、居住性や荷室の使い勝手の改善などが行われました。

しかしこの年の11月をもって、後継モデル「ポーター」にバトンタッチする形で生産終了となります。

 

まず、初期型のカタログからライトバンを中心に紹介。

B360
表紙を飾るのは真っ赤なピックアップ。
B360
4サイクルエンジンは静粛性や低速域の粘り強さで2サイクルエンジンに勝る一方、動力性能では見劣りします。
B360
ピックアップのキャビン。頭にスカーフを巻いた女性が昭和30年代を感じさせます。
B360
こちらはライトバンのキャビン。スペアタイヤは荷室横に縦に収納される方式でした。
B360
用品店の前に乗り付けたB360ライトバン。納品ともお買い物とも、どちらとも取れますね。
B360
車両重量はピックアップが535kg、ライトバンが585kg。フレーム式ボディため軽自動車としてはヘビー級でした。

続いて1964年発行のライトバン専用カタログを紹介します。

B360
商用車というよりファミリーカーとしてアピールされています。
B360
廉価グレードのスタンダード。
B360
直角の後席バックレストが商用ライトバンの証。後席の乗員は居心地が悪かったことでしょう。
B360
後席に大人二人は窮屈そうですね。
B360
2気筒時代から7psもパワーアップしただけでなく、静粛性の向上や振動の軽減も実現。シフトレバーの位置はステアリングコラムからフロアに変更されています。
B360
完全にレジャー用のステーションワゴンとして扱われていますね。
B360
上級グレードのデラックスは、サイドモールやホワイトリボンタイヤなどでスタンダードと差別化。
B360
デラックスのステアリングホイールはホーンリング付。またスタンダードには付かないルームミラーやサンバイザーも備わります。
B360
上質なシート表皮、フロアマット、スペアタイヤカバーもデラックスならではの装備。
B360
コンピューターを「電子頭脳」と呼ぶ表現が昭和30年代ですね。
B360
エンジンの変更や装備のデラックス化に伴い、車両重量はさらに40kgほど増加しています。

最後に1968年にマイナーチェンジ後のカタログから、ライトバンをメインに紹介。

B360
角型ヘッドランプやフルワイズ化されたフロントグリルが最終型の特徴。

 

B360
こちらはデラックス。ボディのフォルムに変更はありません。

 

B360
ライトバンのボディカラーは写真のブルーのみ。

 

B360
ドアに内張が付き、シート幅も拡大されています。

 

B360
インパネのデザインも一新。後席のバックレストは角度が付けられ、以前よりは快適になっています。

 

B360
商用にもレジャー用にも活躍!

 

B360
スペアタイヤが荷室内からエンジンルーム内に移設され、荷室スペースが広くなっています。

B360

B360
こちらはスタンダード。ドアの内張は省かれているものの、フロアマットは標準化されました。

 

B360
エンジンのスペックに変更はなく、4速MTもローがノンシンクロのまま。フルシンクロ化を望む声はなかったのでしょうか?

 

B360
前輪独立懸架のメリットを強調していますが、この頃はそれが当たり前になっていました。

 

B360
公式なナンバープレートを付けていないので、走行しているのはテストコースでしょうか?

 

B360
車両重量を35kgも軽量化。20馬力のエンジンにとって、この差は結構大きかったはず。

 

B360
最高速度は1km/h向上し80km/hに。
 

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ マツダ・R360クーペ

 

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

 

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

 

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

 

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

 

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

 

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

 

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

 

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

 

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

 

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

 

ローラでおなじみ【ユー カーパック】