いすゞ・ベレット~その2

いすゞ・ベレット~その1

1963年11月にデビューを飾った、いすゞの小型乗用車「ベレット」。

当初は4ドアセダンのみの設定で、エンジンは1.5Lガソリンと1.8Lディーゼルの2種類でした。

翌1964年4に2ドアクーペが追加されますが、そのトップグレードとして1.6Lツインキャブエンジン (最高出力88ps / 最大トルク12.5kg・m) 搭載の高性能版「1600GT」が設定されました。

さらに同年10月には、2ドアセダンと2ドアバンの「エキスプレス」を追加してボディバリエーションを拡大。

同時に、1.3L直4OHVガソリン (最高出力58ps / 最大トルク9.8kg・m) を搭載する1300も追加されます。

追って1965年9月に1500にオートマ車を追加、同年11月にマイナーチェンジを実施。

さらに1966年4月には、リアサスペンションをオーソドックスなリジッド・リーフ式に変更した「Bシリーズ」がラインナップに加わります。

その後、1971年10月のマイナーチェンジで1.3L / 1.5Lガソリンエンジンと1.8Lディーゼルエンジンが廃止され、1.6Lガソリンエンジンと新設定された1.8Lガソリンエンジンの2本立てとなったほか、Bシリーズがカタログ落ちしました。

そして1974年9月に販売を終了、同年11月デビューのベレットジェミニにバトンタッチされます。

ベレットは走行性能の高さに加え、乗り心地も優れた良車でした。

特にGTシリーズは通称「ベレG」と呼ばれ、愛好家から高い評価を得ました。

しかし、長期に渡り大きな改良が施されないまま販売されたため、市場競争力は次第に低下していきます。

デビュー当初は脚光を浴びながらも、ひっそりと寂しい最後を迎えたクルマと言えるでしょう。

ここでは、まず1964年10月発行のディーゼル車専用カタログから紹介します。

ベレット
当時は珍しかったディーゼルの乗用車。外観は1500ガソリン車とほぼ同一でした。
ベレット
ディーゼル乗用車を実用化した技術力をアピール。
ベレット
時代の先端を行くクルマには美男美女こそがふさわしい!
ベレット
まずはデラックスから紹介。「あなたのご希望通りの乗用車です」と謳われていますが、騒音・振動はかなりのものだったことでしょう。
ベレット
内装の俯瞰はまだイラストでした。
ベレット
4輪独立懸架の足回りはガソリン車と共通。
ベレット
心臓部の燃料噴射ポンプは西ドイツ (当時) のボッシュ製。我が国のデンソーなどにはまだ開発する技術がなかったのでしょうね。
ベレット
ベレットディーゼル2台を連ねてのピクニックはレアな図?
ベレット
こちらはグレード名なしのディーゼル標準車。ホイールキャップのデザインこそ異なるものの、外観上のデラックスとの差は大きくありませんでした。
ベレット
ボディカラーはデラックスが5色、標準車が2色。現在は大人気のホワイトがデラックスでは選べなかったのは不思議に感じられますね。
ベレット
現在のJAF並みのロードサービスを実施していたようです。
ベレット
最高速度は標準車の110km/hに対しデラックスは104km/h。たった10kgの車両重量の違いで、ここまで性能に差が出るとは・・・。

続いて1965年1月発行の1300専用カタログ を紹介します。

ベレット

ベレット
初期の1300は2灯式ヘッドライトが特徴。4灯式の1500とは違ったシンプルな良さがありますね。
ベレット
1500と同様、バケットシート+フロアシフトとベンチシート+コラムシフトが選べました。
ベレット
1300はモノグレードで、内装の仕様は1500よりシンプル。ラジオ、ヒーターはオプション。
ベレット
ゼロヨン加速21.5秒の性能をアピールするページの道路が不整路という点が、当時の道路事情を表していますね。
ベレット
エンジンの排気量が小さいこと以外は1500と共通のメカニズム。
ベレット
バリエーションは4ドアと2ドアの2タイプ。最高速度135km/hは1500より10km/h高い数値でした。

続いて、1500専用カタログ  (1965年3月発行) を紹介します。

ベレット

ベレット
こちらは4ドア。2ドア車追加と同時にエンジンのスペックが最高出力63psから68psに向上し、最高速度も137km/hから145km/hにアップしています。
ベレット
シートとシフトの組み合わせは、ベンチシート+コラムシフト、バケットシート+コラムシフト、バケットシート+フロアシフトの3タイプが選択可能でした。
ベレット
各パーツのアップは写真なのに、インパネの俯瞰はイラスト。当時の撮影機材では、インパネの俯瞰を鮮明に撮影できなかったのでしょう。
ベレット
こちらは2ドア。子供に間違ってドアを開けられないことがメリットとしてアピールされています。
ベレット
トランクルームの広さをアピール。余談ですが石畳がお洒落ですね。
ベレット
加速性能や操縦安定性の高さは決して自画自賛ではなく、評論家の折り紙付きでした。
ベレット
発電機が直流式のダイナモから交流式のオルタネーターに変更され、バッテリー上がりのリスクが軽減。
ベレット
スタンダードが廃止され、デラックスのみのモノグレードに。

次に紹介するのは、マイナーチェンジ後のタログ  (1965年12月発行) 。

ベレット

ベレット
FR方式のベレットは雪道だけは「ベストドライブ」とはいかなかったかもしれません・・・。
ベレット
真っ赤なベレットも素敵ですね。
ベレット
マイナーチェンジにより初期型とは内装が変わっています。
ベレット
オートマチックは3速トルコン式。当時増えつつあった女性ドライバーをターゲットに据えていたことが見て取れますね。
ベレット
こちらは2ドアの1500デラックス。当時は2ドアセダンも価格面のメリットなどから一定のニーズがありました。
ベレット
こちらは1300の4ドアモデル。1300はデラックスやオートマの設定はなくモノグレードでした。
ベレット
ベレットでもっとも廉価な1300の2ドアモデル。2ドア車には、子供を後席に乗せた時にいたずらでドアを開けられない、という隠れたメリットもありました。
ベレット
ラジオ、時計、ヒーター、サンバイザーなどはデラックスのみに装備
ベレット
1.5Lエンジンは初期型の63psから68psにパワーアップしています。ツインキャブやスポーツサス、フロントディスクブレーキなどがセットになったスポーツキットも用意。
ベレット
リモートは3速コラムシフト、ダイレクトは4速フロアシフト。
ベレット
1500のスタンダードは廃止されています。

続いて、後輪リジッド・リーフ式サスペンションのBシリーズのカタログを紹介。

ベレット
Bシリーズは角形2灯式ヘッドランプが外観上の特徴。
ベレット
Bシリーズは4ドアセダンのみの設定でした。
ベレット
初期の4速フロアシフトはローがノンシンクロでしたが、この時点ではフルシンクロ化されています。
ベレット
リアサスペンションのリジッド化と同時にホイールベースを30mm延長。ホイールハウスの張り出しが減り、後席の居住性が向上しています。
ベレット
走行性の面でのリジッド化のメリットは、悪路での耐久性向上や、独立懸架仕様のピーキーな操縦性が緩和されたこと。
ベレット
グレードは1500デラックスと1300の2タイプ。オートマチックの設定はありませんでした。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ いすゞ・ベレット~その1

□ いすゞ・ジェミニ(初代)

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

2 comments on “いすゞ・ベレット~その2”

コメントは受け付けていません。