ダットサン・ブルーバード (2代目410型)~その1

ブルーバード

ダットサン1000乗用車の後継モデルとして1959年にデビューした初代ブルーバード (310型)は、1963年9月に2代目410型にフルモデルチェンジされます。

日産車初のフルモノコック構造を採用したボディのデザインは、イタリアのデザイン企業、ピンファリーナの手に委ねられました。

当初4ドアセダンと5ドアエステートワゴンが設定されましたが、直線基調のモダンなフォルムは当時の国産車では最先端を行くものでした。

ボディサイズは全長3,990~3,995mm×全幅1,490mm×全高1,415mm (エステートワゴンは1,426mm) と、310型より長く低いディメンションに変貌、ホイールベースも100mm長い2,380mmに延長されました。

駆動方式はFRを踏襲し、エンジンも310型譲りの1L直4OHV (最高出力45ps / 7.2kg・m) と1.2L直4OHV (最高出力55ps / 8.8kg・m) が用意されました。

410型ブルーバードは内外装が310型からモダナイズされただけでなく、乗り心地や操縦性も大幅な向上を果たすなど完成度は秀逸でした。

まず、デビュー当初の簡易カタログを紹介します。

ブルーバード
表紙を飾るのは、西欧風のフォルムを持つ410型ブルーバードと清楚な美女。女性ドライバーに親近感を抱かせるだけでなく、男性ドライバーを引き付けようという意図があったに違いありません。
ブルーバード
1200デラックスと1200スタンダード。室内は、ウィンドウ面積の拡大により明るくルーミーになっています。
ブルーバード
世界的にも珍しかった女性ユーザー向けの1200ファンシーデラックスと、当時の国産車では少数派だった乗用車登録の1200エステートワゴン。
ブルーバード
オートクラッチ付の2ペダル車 (シフト操作は必要) と、もっとも廉価な1000スタンダード。発電機は従来の直流形200Wから交流形300Wに変更され、発電性能が大幅にアップ。

続いて、1200シリーズ専用の本カタログを紹介。

ブルーバード
表紙を飾る女性は、先ほどの簡易カタログと同一の人物。
ブルーバード
この写真からも、前期410型ブルーバードの「尻下がり」のフォルムが見て取れるでしょう。
ブルーバード
デラックスはオーバーライダー付のバンパーを装着。
ブルーバード
当時は「空力デザイン」ではなく「流体デザイン」という言葉が一般的だったようです。
ブルーバード
キャンプの足としても活躍するブルーバード。
ブルーバード
前期型は丸形と角形を組み合わせたリアコンビランプが特徴。
ブルーバード
こちらは1200デラックスのオートクラッチ仕様。
ブルーバード
デラックスの内装がこちら。ステアリングはパッド付になり、衝突時の安全性が向上しています。
ブルーバード
室内スペースは310型と大差なかったものの、ウィンドウ面積拡大により雰囲気が明るくなっています。
ブルーバード
こちらはスタンダードの内装。デラックスでは標準装備のラジオや時計、ヒーターなどはオプションでした。
ブルーバード
スタンダードは、ホイールキャップがシンプルなデザインでした。
ブルーバード
女性が喜ぶ数々の装備が備わる1200ファンシーデラックス。アクセルペダルもハイヒールで踏みやすいタイプに変更されていますが、ハイヒールでの運転が危険とされる現代では考えられないモディファイですね。
ブルーバード
ファンシーデラックスの外装はデラックスに準じますが、卵形のフェンダーミラーが相違点。
ブルーバード
こちらはエステートワゴン。装備はデラックス並みの豪華仕様でした。
ブルーバード
エステートワゴンもベルトラインは尻下がり。
ブルーバード
サスペンションは310型同様のフロント:ダブルウィッシュボーン式 / リア:リジッド・リーフ式が踏襲されたものの、ホイールベース延長やセッティングの変更により乗り心地が大幅に向上。
ブルーバード
振動や静粛性も310型から向上を果たしました。
ブルーバード
ボディカラーはデラックスが6色、スタンダードが3色、エステートワゴンが2色。現在と比べると随分少なく感じられますね。
ブルーバード
トランスミッションは3速コラム式MTが標準で、2ペダルのオートクラッチはオプション扱いでした。
ブルーバード
当時すでに世界各国に輸出されていたブルーバード。写真から英国とフランスは分かりますが、それ以外は・・・。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ダットサン・ブルーバード (2代目410型)~その2

□ダットサン・ブルーバード (2代目410型)~その3

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】