ダットサン・ブルーバード (3代目510型)

日産の主力モデルだった「ダットサン・ブルーバード」は、1967年8月のフルモデルチェンジにより3代目510型となります。

ピニンファリーナにデザインを委託した2代目410型に対し、510型は社内デザインを採用。

「スーパーソニックライン」と名付けられたシャープなスタイリングが特徴で、当初2ドアセダン、4ドアセダン、4ドアエステートワゴン、4ドアバンのラインナップでした。

ボディサイズは全長4,070~4,145mm×全幅1,560mm×全高1,435mmで、410型から一回り拡大されました。

エンジンは新開発の直4OHCで、1.3LのL13型 (最高出力72ps / 最大トルク10.5kg・m) のほか、スポーティグレード「スーパースポーツセダン」用として1.6L のL16型(最高出力100ps / 最大トルク13.5kg・m) を用意。

サスペンションは日産車初の4輪独立懸架 (フロント:マクファーソンストラット式、リア:セミトレーニングアーム式) が採用されました。

その後1968年11月に2ドアクーペが追加され、さらに1970年9月のマイナーチェンジではL13型エンジンが1.4LのL14型エンジンに変更されたほか、1.8LのL18型エンジンを搭載する1800SSSが追加されます。

しかし、1971年8月に上級モデル「ブルーバードU」が発売されると、翌9月のマイナーチェンジでクーペとL18型エンジン搭載車がカタログ落ち。

そして1973年1月、後継モデル「バイオレット」にバトンタッチして生産終了となります。

510型ブルーバードは、スタイリッシュな外観や先進的なメカニズムが好評を博し、国内のみならず海外でも大ヒットしました。

また優れた操縦性や乗り心地、居住性など、トータルバランスに秀でた1台でした。

ここでは、発売当初のセダン/エステートワゴン専用カタログを紹介します。

ブルーバード
端正なフロントマスク。
ブルーバード
超音速機をイメージしたスーパーソニックライン。
ブルーバード
不評だった先代410型と比べ、遥かに高い評価を得たスタイリング。
ブルーバード
外連味 (けれんみ) のないデザインは、いま見ても美しさを感じさせますね。
ブルーバード
クルマとしての完成度でも販売面でもライバルのコロナを超えたブルーバード510型。
ブルーバード
1.3L車は3速コラムシフト (MTまたはトルコンAT) を採用。
ブルーバード
ベンチシート仕様車も前席の乗車定員は2名。
ブルーバード
空間の広さ、座り心地とも410型から向上した後席。
ブルーバード
バケットシート仕様車も用意。リクライニング機構がベンチシートにはないメリット。
ブルーバード
ボルグワーナー製の3速トルコンATをオプション設定。女性がハイヒールでペダルを踏む写真は、当時の「お約束」でした。
ブルーバード
OHV方式の410型1.3L車から10psのパワーアップを実現。
ブルーバード
優れた乗り心地をロードホールディングを両立した4輪独立懸架は、510型ブルーバードの大きなセリングポイントでした。
ブルーバード
4ドアの廉価グレード「スタンダード」。デラックスに標準装備されるラジオや時計などはオプション。
ブルーバード
2ドアの上級グレード「デラックス」。リアサイドウィンドウはヒンジで開閉する方式でした。
ブルーバード
最上級グレードの「スーパースポーツセダン」は1.6Lツインキャブエンジン+4速フロアMTを搭載。
ブルーバード
商用バンとボディを共用する乗用エステートワゴン。「子供部屋がある乗用車」という不思議なキャッチコピーが使われています。
ブルーバード
4輪独立懸架サスペンションが印象的な透視図。
ブルーバード
10色のボディカラーを用意。

ブルーバード

ブルーバード
後ろ姿も端正ですね。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ダットサン・ブルーバード (2代目410型)~その1

□ダットサン・ブルーバード (2代目410型)~その2

□ダットサン・ブルーバード (2代目410型)~その3

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】