マツダ・キャロル (初代)~その1

キャロル

1960年にマツダ初の4輪車としてデビューした軽乗用車「R360クーペ」は、2+2仕様で後席スペースが狭い欠点を持っていたため、ライバルのスバル360の牙城を切り崩すには至りませんでした。

そこでマツダは1962年2月、フル4シーターの軽乗用車「キャロル」を発売し、スバル360に対抗させます。

ボディタイプは当初2ドアセダンのみの設定で、クリフカットと呼ばれるユニークなフォルムが特徴でした。

ボディサイズは当時の軽自動車枠に収まる全長2,980mm×全幅1,295mm×全高1,340mmとコンパクトながら、剛性重視のボディ設計やエンジン重量の重さから、車両重量はR360クーペやスバル360より約150kgも重い525kgに達しました。

駆動方式はR360クーペ同様のRRで、エンジンは当時の軽自動車のエンジンとしては贅沢な水冷4サイクル358cc直4OHV (最高出力18ps / 最大トルク2.1kg・m) を搭載、4速MTとの組み合わせで最高速度90km/hの性能でした。

サスペンションはR360クーペ同様に前後ともトレーリングアーム式の4輪独立懸架を採用し、優れた乗り心地を実現していました。

しかし、重量過大による加速性能の低さや、スバル360と比較して狭い室内スペースなどはキャロルの欠点でした。

それでも、4サイクル4気筒エンジンならではの静粛性や振動の少なさ、3ボックス型の自動車らしいスタイリングなどから人気を博し、スバル360を抑えてベストセラーカーの座に躍り出ます。

まずは、初代キャロルの発売当初のカタログを紹介しましょう。

キャロル
表紙はクリフカットのアップ。やはりエクステリア最大のアピールポイントだったようですね。
キャロル
クリフカットの新型車の名は、「喜びの歌」を意味するキャロル。
キャロル
後席スペースは小柄なおばあちゃんと女の子には十分。
キャロル
フロントウィンドウ越しの風景は合成と思われる空港。なぜリアリティの薄いシチュエーションを選んだのでしょうか?
キャロル
ブルー基調の涼しげな内装。リアサイドウィンドウは着脱が可能でした。
キャロル
4輪独立懸架のサスペンションは車高調整機能付き。現代の車高調キットもびっくり?
キャロル
フロントフード内はスペアタイヤとガソリンタンクに占有され、荷物は積めませんでした。
キャロル
通称「白いエンジン」と呼ばれたアルミ合金製水冷4サイクル4気筒OHVエンジン。ライバル車が搭載する空冷2サイクル2気筒エンジンより遥かにコストがかかっていたはず。
キャロル
クランクシャフトは贅沢な5ベアリング。
キャロル
ボディは強度に注力したモノコック構造。
キャロル
当時、耐久性のアピールも重要なポイントでした。
キャロル
ボディは洒落た4色を用意。販売店が既に2,300店舗もあったとは意外ですね。

続いて、発売当初の販促冊子を紹介します。

キャロル
カタログというよりも、マイカー=キャロルのある生活の素晴らしさをアピールする内容になっています。
キャロル
女の子が「(キャロルが)ほしい!」とアピール。
キャロル
パパ「満員電車はいやだ」、ママ「お向かいさんがキャロルでおでかけだわ(羨ましい)」など、4人家族の一人一人がマイカーのない生活に対する不満を吐露。
キャロル
クラウンパトカーの玩具で遊びながら「こんなクルマが欲しい」と言う長男に、「そんな大きいクルマうちには入らないわよ」と諭す長女。ひっそりとライバルメーカーをディスっています(笑)。
キャロル
商談で水冷4気筒エンジンのメリットや居住性の良さをアピールするセールスマン。後席スペースはR360クーペよりは広く、子供2人には十分だったでしょう。
キャロル
景色が見えないほどの?スピードで疾走するキャロル。
キャロル
夢にまで見たキャロルが納車され、口々に喜びを語る家族。
キャロル
ママも運転免許を持っていたんですね。
キャロル
雨の日のバス停で注目の的になるキャロル。当時マイカーは庶民の憧れだったので、そう嘘くさいとは言えませんね。
キャロル
キャロルでピクニック!
キャロル
キャロルで山道をドライブ。ロケ地はどこだったのでしょうか?

続いてデラックス専用カタログを紹介します。

キャロル
表紙を飾る美女。キャロルよりこの女性が気になってしまいます(笑)。
キャロル
メッキのモールディングがデラックスの証。
キャロル
Cピラーに輝くデラックスエンブレムとホワイトリボンタイヤもスタンダードとの相違点。しかし美女二人とドライブとは、羨ましい男性ですね(笑)。
キャロル
「デラックスムードの室内」とありますが、インパネはスタンダードと共通。
キャロル
シートカラーはスタンダードと異なりますが、トリムなどは共通。
キャロル
リアサイドウィンドウからスカーフをたなびかせる女性。
キャロル
ステアリングを抱え込むような姿勢で運転する男性。やはりドライビングポジションは窮屈そうですね。
キャロル
2サイクルエンジンを搭載するライバルに対するメリットは、静粛性の高さや振動の少なさ、低回転域のフレキシビリティなど。
キャロル
ハイヒールでの運転は今ならNGですね。
キャロル
当時は少なかった舗装路を行くキャロル。
キャロル
アルフィンドラムのブレーキやシールドビームのヘッドライトも、当時はアピールポイントになりました。
キャロル
軽ライトバンのB360の姿も見えます。
キャロル
ツートンカラーもデラックスの特徴でした。ヒーターやラジオなどはオプション。
キャロル
最高速度90km/hはスバル360と同じ数値ながら、定値燃費は3km/L劣る25km/Lでした。

続いて別バージョンのデラックス専用カタログを紹介。

キャロル
こちらのカタログには4人家族が登場します。
キャロル
「ドライブは軽免許でOK!」の一文に時代を感じますね。ちなみに16歳で取得できた軽免許は、1968年に廃止されています。
キャロル
キャロルと共に過ごす楽しい休日。いまでは珍しくなったマッドフラップは標準装備でした。
キャロル
後席は決して広いとは言えなかったものの、子供2人には十分でした。
キャロル
オプション部品の中に「セフティーアイ」「ラジエータースクリーン」の名がありますが、どんな装備なのか見当もつきませんね。
キャロル
不整路でも車体をフラットに保つ4輪独立懸架サスペンション。現在の軽自動車ではコストダウンのため採用されなくなりました。
キャロル
ロードクリアランスを調整できるとは、現在の車高調キット並みですね。
キャロル
トランスミッションはフロア式4速でしたが、当初ローはノンシンクロでした。
キャロル
2リーディングのドラムブレーキや安全ガラスも当時は立派な安全装備でした。
キャロル
耐久性のアピールも当時の重要事項。
キャロル
ボディカラーは2色のみとシンプル。
キャロル
リアウィンドウ越しに見えるカーテンに注目。スモークフィルムなどなかった時代、プライバシーを守る唯一の手段でした。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□マツダ・キャロル (初代)~その2

□マツダ・キャロル600

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

4 comments on “マツダ・キャロル (初代)~その1”

コメントは受け付けていません。