ホンダ・シティ (初代)

シティ

ホンダは1981年11月、シビックの下に位置するエントリーモデル「シティ」を発売します。

3ドアハッチバックボディは全長3,380mm×全幅1,570mm×全高1,470mmの大きさで、当時としては背の高いトールボーイデザインが特徴でした。

駆動方式はFFで、エンジンは新開発の1.2L直4SOHC (最高出力61ps / 63ps / 67psの3種類を用意) が搭載されました。

駆動方式はFFで、エンジンは軽トラック / ワンボックス車「アクティ」用の545cc直2SOHCキャブレター仕様 (最高出力31ps) を搭載。

トランスミッションは4速 / 5速MTと3速セミAT「ホンダマチック」が設定されました。

サスペンション形式は、前後ともストラット式でした。

その後1982年9月に1.2L直4SOHCターボエンジン (最高出力100ps) 搭載の「ターボ」が、11月には全高をさらに100mm高めた「マンハッタンハイルーフ」が追加されます。

次いで1983年10月、ターボをベースにインタークーラーを搭載するなどして最高出力を110psに高めると同時に、レーシーな内外装をまとった「ターボⅡ」が登場。

さらに翌1984年7月には、イタリアのピニンファリーナのデザインによるソフトトップコンバーチブル「カブリオレ」がラインナップに加わります。

初のマイナーチェンジが行われたのは翌1985年3月で、内外装のデザイン変更とともに、量産車初のF.R.Mアルミコンロッドを採用した低燃費グレード「E-Ⅲ」を追加。

そして1986年10月にフルモデルチェンジが実施され、2代目モデルに移行します。

初代シティは個性的なエクステリアデザインに加え、ルーミーな居住性や水準以上の乗り心地・操縦安定性を備え、パワートレインの完成度も優れていました。

販売台数も一時はシビックを大きく上回るなど、商業的にも成功したモデルでした。

まず、初期型のカタログを紹介します。

シティ
現在では1,470mmの全高は決して高い方ではありませんが、当時としては背高ノッポでした。
シティ
テレビCMでも使われたワンシーン。左端に見えるのはシティと同時に発売された原付バイク「モトコンポ」。
シティ
軽快な吹き上がりと扱いやすさ、抜群の燃費性能が持ち味の1.2Lエンジン。背高ボディは空力とは無縁に見えながら、Cd値0.40という良好な数値を実現していました。
シティ
安定したハンドリングと水準以上の乗り心地を両立。コンパクトなボディながら、室内スペースも広々としていました。
シティ
ヒップポイントの高さによる見晴らしの良さ、多彩なシートアレンジも魅力のひとつ。
シティ
グレードは乗用5ナンバー登録の「R」「E」、商用4ナンバー登録の「T」「F」の全4タイプ
シティ
裏表紙を飾るのはモトコンポ。折りたたみ式で、ハンドル・シート・ステップを格納すればシティの荷室にスッポリ収めることができました。

続いて、ターボ専用カタログを紹介。

シティ
専用グリルやボンネット上のパワーバルジで武装。
シティ
 ここでもモトコンポが名脇役?として登場。
シティ
最高出力100ps / 最大トルク15.0kg・mのスペックはノンターボ車のおよそ5割増しで、クラストップレベルの動力性能を誇りました。
シティ
パワーアップに対応すべく、足回りやブレーキも強化。
シティ
デジタル式の「グラフィックメーター」はターボのみの装備。オプションで重低音を振動で伝える「ボディソニックシート」も用意されていました。
シティ
オプションでサンルーフやアルミホイールも選べました。

シティ

最後にカブリオレ専用カタログを紹介します。

シティ

シティ
ピニンファリーナのセンスが光るエクステリア。
シティ
幌を立てても様になりますね。ちなみに開閉は手動式でした。

シティ

シティ

シティ
エンジンはノンターボのうち最も強力な67ps版を搭載。

シティ

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ ホンダ・シティ (2代目)

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】