ホンダ・シビック (初代)

シビック

ホンダが1972年7月、軽乗用車「ライフ」と大衆車「1300」の間を埋める新型大衆車として発表したのが、初代「シビック」です。

軽自動車を除き、国産車ではほとんど例のなかった2ボックス型ボディを採用したことが特徴でした。

発売時は2ドアセダンのみの設定で、ボディサイズは全長3,405mm×全幅1,505mm×全高1,325mmとかなりコンパクトだったものの、十分な居住性が確保されていました。

ドライブトレインは横置きFF方式を採用、パワートレインは当初1.2L直4SOHCエンジン (最高出力60ps) +4速MTのみの設定でした。

サスペンション形式は、ホンダ車初の4輪ストラット独立懸架式が採用されました。

追って翌8月に、最高出力69psのエンジンを搭載する最上級グレード「GL」と、テールゲートが備わる3ドア車が加わります。

さらに1973年5月にホンダ独自の2速セミAT「ホンダマチック」仕様車が、1973年12月には1.5Lエンジンを搭載する4ドアセダンが登場。

この1.5Lエンジンには、昭和50年排出ガス規制に適合したCVCC仕様も設定されました。

次いで1974年10月、1.2Lツインキャブ仕様エンジン (最高出力76ps) に5速MTを組みわせたスポーティグレード「RS」が追加されます。

その後1975年5月に、全車昭和51年排出ガス規制に適合すると同時に、全長とホイールベースを延長した5ドアバンが登場。

さらに1977年9月、4ドアセダンをベースにテールゲートをプラスした5ドア車がラインナップに加わります。

1978年6月に実施されたマイナーチェンジでは、4ドアセダンが廃止されるとともに、1200シリーズに代わり1.3Lエンジン搭載の1300シリーズが登場。

そして1979年7月、フルモデルチェンジにより2代目モデルに移行しました。

初代シビックは乗り心地が固い欠点はあったものの、動力性能・操縦安定性・居住性・燃費性能などは良好でした。

トータルバランスに優れ、設計ポリシーの明確な大衆車として初代シビックは大ヒットしました。

まず、ホンダマチック車追加後の初期型のカタログを紹介します。

シビック

シビック
都市の雑踏で生きるシビックのコンパクトなボディ。クラウンやセドリックのタクシー、BMW2002などの姿が見えます。
シビック
最上級グレードの3ドアGLは、他のグレードより9ps出力の高いエンジンを搭載。
シビック
低いインパネのお陰で前方視界は抜群でした。2ボックス型のデザインは、当時の国産登録車としては異例。
シビック
コンパクトなボディながら、一回り大きいライバルたちに劣らない居住性を実現。
シビック
パッケージングの優秀さは国産車トップレベルでした。
シビック
従来の高回転・高出力路線を捨て、中低速トルク重視で設計されたエンジン。Lレンジと☆レンジ(スターレンジ・通常のDレンジに相当)をドライバーが任意に切り替えるトルコン式セミAT「ホンダマチック」も用意。
シビック
グレードは全4タイプ。車両重量は630~655kgと極めて軽量でした。

続いて、RS発売時の専用カタログを紹介します。

シビック
RS=レーシングスポーツと思いきや、ロードセイリングの略。汗臭いホットハッチではなく、グランツーリスモ的性格を持っていたことが伺えます。
シビック
外観面ではバンパーオーバーライダーで他のグレードと差別化。
シビック
5速MTはクロスレシオではなく、トップは完全なオーバードライブ。ここからもグランツーリスモ的キャラクターが見て取れます。
シビック
ラジアルタイヤやバケットシートもRSだけの装備。
シビック
2ドアと3ドアが選べました。スペック面では、3ドアの車両重量が10kg重いことが唯一の相違点。

次に、昭和51年排出ガス規制適合後の4ドア専用カタログを紹介。

シビック

シビック
技術の進歩により、昭和50年排出ガス規制より厳しい規制に対応しながら最高出力が63psから70psにアップ。
シビック
触媒方式が主流だった中、独自に開発した希薄燃焼方式「CVCC」でクリーンな排気ガスを実現。
シビック
全長は2 / 3ドア車から若干拡大されたものの、2,280mmのホイールベースは不変。
シビック
サスペンションの改良により乗り心地が大分向上しています。
シビック
後席スペースは2 / 3ドア車と共通ながら、もちろん乗降性は格段に向上しています。
シビック
デビューから3年が経過していたものの内外装に大幅な変更はなく、もっぱら走行性能や快適性の向上に注力。

シビック

シビック
全グレードに前輪ディスクブレーキを採用したことは、時代の流れでもありました。
シビック
FF車としてトップレベルの操縦安定性は4ドアモデルでも健在。

シビック

シビック
無段変速を謳っていますが、CVTではなくトルクコンバーター式でした。

シビック

シビック
1200シリーズも昭和51年排出ガス規制に適合。RSはエンジンが従来の1.2Lから1.5Lに変更されました。

最後に1978年のマイナーチェンジ後の総合カタログを紹介。

シビック
フロントグリルの意匠変更と同時に、ウィンカー&スモールランプがバンパー埋め込みになっています。
シビック
4ドア車はテールゲート付モデルに一本化。
シビック
カリフォルニアの道路を疾走するシビックは、なぜか右ハンドル仕様です。
シビック
なぜか大型トレーラーとのツーショット。

シビック

シビック
インパネのデザインは初期型から大きな変更なし。

シビック

シビック
引き続きホンダマチックも設定。

シビック

シビック
1300シリーズの5ドアと3ドア。
シビック
こちら1500シリーズの5ドアと3ドア。3ドアのRSLとGTLⅡはスポーティグレードと位置づけられていましたが、エンジンのスペックは5ドアGF系と共通でした。

シビック

シビック
最高出力は1300が68ps、1500が75ps。

シビック

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ ホンダ・シビック (2代目)

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

2 comments on “ホンダ・シビック (初代)”

コメントは受け付けていません。