三菱・コルト1000 / 1100 / 1200

コルト1000

「コルト1000」は、三菱自動車 (当時は新三菱重工) 初の4ドアセダンとして1963年7月にデビューを果たします。

下位モデルのコルト600がRR方式で、4輪独立懸架を採用していたのに対し、コルト1000はオーソドックスなFR方式で、足回りもリアにリジッド・リーフ式を採用するなど平凡な設計でした。

直線基調のボディはアメリカ人デザイナー、ハンス・S・ブレッツナーの協力を得てデザインされたもので、全長3,830mm×全幅1,490mm×全高1,420mmのサイズを備えていました。

エンジンは新開発の1L直4OHVで、クラストップの最高出力51ps / 最大トルク7.3kg・mを発生、フルシンクロの4速MTを介し最高速度125km/hの性能を発揮しました。

その後1964年に2ドアバンが、1965年10月に全長とホイールベースを延長したボディに1.5Lエンジン (最高出力70ps / 最大トルク11.5kg・m) を搭載する「コルト1500」シリーズが追加されます。

さらに1966年9月には、マイナーチェンジで1000のエンジンが1.1L (最高出力58ps / 最大トルク8.2kg・m) に拡大され、車名が「コルト1100」に変更されました。

2度目のマイナーチェンジが実施されたのは1968年5月で、ボディが1500用に統一されるとともに2ドアセダンを追加、同時に1100のエンジンが1.2L (最高出力62ps / 最大トルク9.0kg・m) に変更され、車名が「コルト1200」になります。

そして1969年12月に後継モデル「コルトギャラン」の発売に伴い1500が生産を終了、残る1200も翌1970年11月をもって販売終了となりました。

コルト1000はエンジン性能こそ優れていたものの、鈍重なハンドリングやピッチングの大きい乗り心地などシャシー性能に難があり、トータルで見れば凡作でした。

それでも1000ccクラスブームの先鞭をつける役目を果たしたものの、その後「日産・サニー」や「トヨタ・カローラ」が登場すると販売面で圧倒され、商業的にも大きな成功を収められずに終わりました。

まず、初期型コルト1000のカタログを紹介しましょう。

コルト1000
アメ車風のギラギラしたフロントグリルが特徴。
コルト1000
上級グレードのデラックスはサイドのモールディングやガーニッシュ、ホワイトリボンタイヤを採用。
コルト1000
モデルの服装や髪型に1960年代を感じますね。
コルト1000
フロントシートはベンチタイプ。
コルト1000
1960年代のカタログに欠かせなかった?美女。室内スペースは1Lクラスとしては広い方でした。
コルト1000
キー付のグローブボックス内には、コップが置けるトレイを用意。
コルト1000
インパネも外観同様、水平基調のデザイン。スタンダードはウィンドウ・ウォッシャーさえオプションだったことに驚かされますね。
コルト1000
良く言えば端正な、悪く言えば無個性なスタイリング。
コルト1000
こちらは廉価グレードのスタンダード。ラジオやヒーターなど、必需品とも言える装備もオプションでした。
コルト1000
装備の貧弱さはともかく、虚飾を配したスタンダードの外装は悪くありませんね。
コルト1000
最高出力を6,000回転、最大トルクを3,800回転で発生する、当時としては高回転・高出力型のエンジン。一方、低速域の粘り強さも兼ね備えていました。
コルト1000
最小回転半径4.1mは軽自動車並みの数値!(スバル360は4.0m)

続いて、コルト1200のカタログを紹介。

コルト1200
角型ヘッドランプを採用し、欧州車調の落ち着いたフロントマスクに変貌。
コルト1200
名神高速道路に続き、東名高速道路が部分開通していた時代、高速性能のアピールは重要だったに違いありません。
コルト1200
穏やかになったフロントマスクは、コンサバなフォルムとの相性もバッチリ。
コルト1200
カスタムはコルト1200の最上級グレード。
コルト1200
リアコンビランプも従来の丸形から長方形に変更されています。
コルト1200
インパネのデザインも大きく変わっていますが、それよりも国産車初のチルトステアリングの採用がポイント!
コルト1200
バケット風のベンチシートを採用。いっそのことセパレートシートにしてしまった方が良かったのでは?
コルト1200
室内スペースは、なおも広い方でした。
コルト1200
現在は忌避されているタバコが堂々と登場するあたりに時代を感じますね。
コルト1200
こちらは2ドアセダンですが、窓をレギュレーターで開けられる点がライバルに対するメリットでした。
コルト1200
丸形3眼メーターやバケットシートを採用したスポーティ・デラックス。エンジンや足回りは他のグレードと共通で、あくまでもムードだけのスポーティグレードでした。
コルト1200
ボルグワーナー製の3速トルコンAT搭載車も用意。
コルト1200
スペックは1000時代から11ps / 1.7kg・mも向上。
コルト1200
カタログの謳い文句に反し操縦性はシャープさに欠け、高速走行時の騒音も大きめでした。
コルト1200
オプションながらヘッドレストが用意されたことは、安全上画期的だったに違いありません。
コルト1200
ブレーキは上級グレードでも4輪ドラム式のままでした。
コルト1200
2ドアの人気に確証が持てなかったのか、ボディカラーは4ドアより少なめ。
コルト1200
グレードは全4タイプを用意。ボディサイズは1500との共有化に伴い、1000/1100時代から全長が145mm、ホイールベースが65mm延長されています。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 三菱・コルト600

□ 三菱・コルトギャラン

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

「三菱・コルト1000 / 1100 / 1200」への1件のコメント

コメントは受け付けていません。