ダイハツ・コンソルテ

コンソルテ

1963年にダイハツ初の普通4輪車として登場したコンパーノは、6年目の1969年4月に生産を終了、変わって「コンソルテベルリーナ」がデビューします。

コンパーノがダイハツのオリジナル設計だったのに対し、コンソルテベルリーナは1967年に業務提携を結んだトヨタとの協業モデルでした。

基本設計はトヨタの2代目「パブリカ」と共通ながら、パブリカにあったバンやピックアップの設定はなく、2ドアセダンのみをラインナップ。

パブリカ・セダンとの外観上の相違は、フロントグリルとリア回りの意匠の違いなど僅かなものでした。

もっとも大きな違いはエンジンで、パブリカが空冷800cc2気筒の2U型と水冷1,000cc4気筒の2K型の2本立てだったのに対し、コンソルテベルリーナはコンパーノ譲りのダイハツ製、水冷1,000ccのFE型 (最高出力58ps / 最大トルク8.0kg・m) が搭載されました。

翌1970年10月にパブリカとともにマイナーチェンジ、フロントグリルやインパネのデザインが変更される同時に、車名からベルリーナが外れ「コンソルテ」となります。

追って1971年6月、トヨタ製の1,200ccエンジン3K型 (最高出力68ps / 最大トルク9.5kg・m) を搭載するスポーティグレード「1200S」を追加。

次いで1972年1月にパブリカと同時にビックマイナーチェンジ、内外装デザインに大幅に手が加えられました。

翌1973年には、トヨタがパブリカの上級モデルとして発売したパブリカスターレットのOEM版がラインナップに加わります。

それは5月発売のクーペと、10月発売の4ドアです。

その後1977年2月に最後のマイナーチェンジを受けるものの、同年11月にパブリカ&スターレットより一足早く生産終了となります。

コンソルテに代わって登場したのは、リッターカーのシャレードでした。

まず、1970年モデルの総合カタログからデビュー当初のコンソルテベルリーナを紹介しましょう。

コンソルテベルリーナ
メガネを彷彿とさせるヘッドランプベゼルがコンソルテベルリーナの特徴。グレードはスタンダードとデラックスの2タイプを用意。

続いて、1971年10月発行のマイナーチェンジ版の簡易カタログを紹介。

コンソルテ
3分割のグリルに変更。オーバーデコレーション気味に見えてしまいますね。
コンソルテ
最上級グレード「スーパーデラックス」が追加されています。
コンソルテ
パブリカ同様インパネのデザインが一新され、豪華なイメージに。
コンソルテ
ダイハツ製の2FE型エンジンは、パブリカ1000の2K型エンジンより優れたドライバビリティを備えていました。

最後に、1973年10月発行の本カタログを紹介します。

コンソルテ
4ドアセダン、2ドアクーペ、2ドアセダンの3タイプが勢ぞろい。

コンソルテ

コンソルテ
まずは4ドアセダンから紹介。フロントグリルの意匠がスターレット4ドアと異なります。
コンソルテ
内装デザインはスターレット4ドアと共通。
コンソルテ
コックピット感覚のスポーティなインパネ。
コンソルテ
クーペ風のフォルムのため、後席スペースは決して広いとは言えませんでした。

コンソルテ

コンソルテ
カスタムとスーパーデラックス。最上級グレードのカスタムのみ1,200ccエンジンを搭載。
コンソルテ
デラックスとスタンダード。
コンソルテ
 クーペの内装。ドアの数を除けば基本的に4ドアセダンと共通のデザイン。
コンソルテ
クーペの外観。やはり3タイプの中で一番スタイリッシュですね。
コンソルテ
こちらは2ドアセダン・スーパーデラックス。パブリカのOEMなので、スターレットのOEMだった4ドアセダンやクーペとは内外装が大きく異なります。
コンソルテ
ボクシーなボディ形状で全高も高かったため、居住性はコンソルテシリーズ随一でした。
コンソルテ
2ドアセダンのデラックスとスタンダード。いわばコンソルテのエントリーモデルですね。
コンソルテ
2ドアセダン唯一のスポーティグレードが、7連メーター採用のGS。パブリカのスポーティグレードがツインキャブ仕様だったのに対し、こちらはシングルキャブ仕様でした。
コンソルテ
コンソルテのエンジンの本命は、排気量は小さいもののダイハツ製1000ccでしょう。
コンソルテ
同年施法された昭和48年排出ガス規制に対応。
コンソルテ
グレード体系は4ドアが5タイプ、クーペが4タイプ。
コンソルテ
2ドアは4グレードをラインナップ。
コンソルテ
トランスミッションは4速MTが標準で、4ドアとクーペの上級グレードは5速MTや2速ATを選ぶこともできました。
コンソルテ
駆動方式はFR、サスペンションはフロントがストラット式、リアがリジッド・リーフ式という平凡なレイアウト。
コンソルテ
ホイールベースは4ドアとクーペが2,265mm、2ドアが2,160mm。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ ダイハツ・コンパーノ~その2

□ ダイハツ・シャレード (初代)

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】