トヨタ・カローラ (初代)~その1

カローラ

現在もトヨタの主力車種のひとつとして販売されているカローラシリーズの初代モデル「カローラ1100」がデビューしたのは、1966年11月のことです。

700ccの「パブリカ」と1,500ccクラスの「コロナ」の間を埋める車種として計画され、ライバル車が1000ccエンジンを搭載する中、カローラは一クラス上の1100ccエンジンが搭載されました。

「プラス100ccの余裕」のキャッチフレーズでユーザーの心をつかみ、発売されるや否やベストセラーカーの座に躍り出ます。

当初は2ドアセダンのみの設定で、全長3,845mm×全幅1,485mm×全高1,380mm、車両重量690~710kgのスペックでした。

足回りはフロントがコイルスプリングとリーフスプリングを併用したストラット式、リアが吸振リーフ付のリジッド・リーフ式というユニークな方式を採用。

エンジンは1.1L直4OHVのK型 (最高出力60ps / 最大トルク8.5kg・m) で、フロア式4速MTとの組み合わせによりクラストップレベルの最高速度140km/h、ゼロヨン加速19.7秒の性能を発揮しました。

翌1967年5月には4ドアセダンと2ドアライトバン、2速AT「トヨグライド」仕様車を追加、ラインナップを一気に拡充します。

次いで1968年3月のマイナーチェンジでは、内外装の変更や安全性の強化、4速コラムMT車の追加などが行われました。

同時に、ツインキャブ化により最高出力73ps / 最大トルク9kg・mまでパワーアップしたエンジンを搭載する「SL」および2ドアクーペ「カローラスプリンター」がラインナップに加わります。

初代カローラはクラストップレベルの動力性能に加え、実用車としては操縦性も良く、「走る・曲がる・止まる」の基本性能がしっかり押さえらえたクルマでした。

まず、4ドア追加後のセダン専用カタログを紹介しましょう。

カローラ
表紙に登場する2人の子どもも、今は還暦前後になっているはず。
カローラ
「プラス100ccの余裕」のキャッチフレーズは、最大のライバル「ダットサン・サニー」に向けられたものだったに違いありません。
カローラ
最上級グレードのデラックス。直線基調のサニーとは好対照の、グラマラスなスタイリングが特徴。
カローラ
ゼロヨン加速タイム19.7秒は、サニー4速MT仕様より0.1秒遅いタイム。一方最高速度はサニーより5km/h高い140km/hで、性能的には互角でした。
カローラ
丸形2眼メーターの採用でスポーティな雰囲気を演出。
カローラ
後席スペースは平均的で、特に広くもなく狭くもなく。
カローラ
インパネやステアリングスポークに貼られたバッドは安全対策が目的。静粛性はサニーより明らかに優れていました。
カローラ
無理に後席用ドアを付け足した雰囲気はなく、よくまとまったデザインですね。
カローラ
マイナス50度の環境で試験をする荒行?にも耐えたカローラ。
カローラ
中間グレードのスペシャル。後方にライバルでもあった「フォルクスワーゲン・タイプⅠ(ビートル)」の姿が見えます。

カローラ

カローラ
ボンネット高を抑えるため、エンジンは右に20度傾けて搭載。
カローラ
「ボデー」の表現が1960年代しています(笑)。
カローラ
ボディカラーはサニーの5色に対し、9色を用意。さすが商売上手のトヨタですね。

続いてマイナーチェンジ後のセダン専用カタログを紹介。

カローラ
フロントグリルの意匠が変更されています。
カローラ
このマイナーチェンジで、前輪ディスクブレーキ装着車が選べるようになっています。
カローラ
空力特性の良さをアピール。Cd値はどのくらいだったのでしょうか?
カローラ
内装はメーターパネルの意匠やスイッチ類のレイアウトが変更されています。

カローラ

カローラの内装よりもモデルの美女に目が行ってしまいますね。

カローラ
痒い所に手が届く装備はトヨタの得意技。
カローラ
コラムシフト車が追加された背景には、ユーザーからの要望があったのでしょうね。
カローラ
ディスクブレーキの設定を除けば、基本メカニズムに変更はなし。
カローラ
ボディカラーは9色から7色に減らされています。廃止されたブラウンとベイジ(ベージュ?)は人気がなかったのでしょう。
カローラ
安全対策のため車両重量は5kg増加しています。

最後にカローラスプリンターのカタログを紹介。

カローラスプリンター

カローラスプリンター

カローラスプリンター

カローラスプリンター

カローラスプリンター

カローラスプリンター

カローラスプリンター

カローラスプリンター

カローラスプリンター

カローラスプリンター

カローラスプリンター

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ トヨタ・カローラ (初代)~その2

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

「トヨタ・カローラ (初代)~その1」への1件のコメント

コメントは受け付けていません。