トヨペット・コロナ (3代目)

コロナ

トヨタの小型乗用車「トヨペット・コロナ」は、1964年9月に2度目のフルモデルチェンジを受けます。

3代目となったコロナは、それまでとは全く異なるモダンなスタイリングを持ち、スラントした特徴的なフロントマスクをトヨタではアローラインと呼んでいました。

ボディサイズは全長4,065~4,110mm×全幅1,550mm×全高1,420mmで、2代目コロナと比べ長く広く、そして低いフォルムに変貌。

ボディタイプは4ドアセダンのほか、「コロナライン」という独立した商用モデルから編入されたバン / ピックアップがラインナップされました。

メカニズムは保守的で、独立したフレームを持つボディ構造、フロント:ダブルウィッシュボーン式、リア:リジッド・リーフ式のサスペンションなどは2代目コロナ譲りでした。

当初用意されたエンジンは、1.2L直4OHV (最高出力55ps / 最大トルク8.8kg・m) と1.5L直4OHV (最高出力70ps / 最大トルク11.5kg・m) の2種類で、トランスミッションは3速MTのほか、1.5L車は2速トルコンATも選択できました。

翌1965年には国産車初の2ドアハードトップと、これも国産車では採用例のなかった5ドアハッチバックが追加されます。

その後1966年と1967年のマイナーチェンジを経て、1970年2月に4代目モデルにバトンが渡され生産終了となりました。

3代目コロナは2代目コロナと比較し、乗り心地を犠牲にすることなく操縦性を大幅に改善したほか、動力性能もかなり向上するなど、デザインだけでなく内容的にも進化したモデルでした。

販売面も大変好調で、尻下がりのフォルムが不評を買ったブルーバード410型に水を開け、ベストセラーカーの地位を不動のものとしました。

3代目コロナは飛びぬけたポイントこそなかったものの、優等生的で大きな欠点がなかったことが大衆の心をつかんだモデルでした。

まず、初期型のセダン専用カタログ を紹介します。

コロナ
コロナの頭文字Cをあしらったロゴが誇らしげな表紙。この50数年後に、まさか同名のウイルスが人類を苦しめることになろうとは、誰も予想しなかったことでしょう。
コロナ
アローラインのシャープなフォルムが自慢。「すべてが世界のトップレベル」とありますが、実際はようやく世界レベルに達した、というところでした。
コロナ
歴代コロナ初の4灯式ヘッドランプを採用。当時4灯式ヘッドランプは上級車の証でした。
コロナ
ナンバープレートの裏側に隠された給油口。いまでは考えられませんね。
コロナ
諸外国に本格的に輸出が開始されたのは、この3代目コロナからでした。万国旗はその象徴でしょうか。
コロナ
ヨーロッパ車にひけを取らない室内スペースをアピール。当時の日本メーカーにとって、ヨーロッパ車が大きな目標だったことが分かりますね。
コロナ
デラックスにはオプションでフルリクライニングシートを用意。
コロナ
「人間工学的にまったくムリのない操縦性」とありますが、「操作性」と言った方が正しいのでは?
コロナ
スピードメーターは当時一般的だった横型。指針の読みにくさから、直に廃れてしまいます。
コロナ
雨上がりの夜の銀座に佇むコロナ。それまでのカタログと比べ、白人モデルを多用しているのが特徴です。
コロナ
1500ccモデルの最高速度は2代目コロナから10km/hアップの140km/h。
コロナ
最小回転半径は2代目コロナの5.2mから4.95mに縮小され、取り回し性も向上。
コロナ
1500cc車のゼロヨン加速タイムは19.7秒。実用車で20秒を切るタイムは、当時としては優秀でした。
コロナ
1500ccエンジンの最高出力は2代目モデルから8psアップの70ps。
コロナ
こちらは廉価グレードのスタンダード。装備は質素で、ウィンドウ・ウォッシャーやキー付フューエルキャップまでオプション扱いでした。いまでは考えられませんね。
コロナ
スタンダードはバンパーオーバーライダーやサイドモールが備わらず、ホワイトリボンタイヤはオプションでした。スキャン時の歪によりチョロQのようになってしまっています(汗)。
コロナ
3代目コロナから設定された1200ccモデル。装備は1500スタンダード相当でした。
コロナ
オートマチックは2代目モデルのセミAT (シフト操作は必要) からフルATに進化。ライバルのブルーバードがセミATだったので、コロナのアドバンテージのひとつでした。
コロナ
未舗装の悪路が多かった当時、耐久性のアピールは重要でした。
コロナ
ボディカラーはデラックスが7色、スタンダードが5色。当時としては多い方でした。
コロナ
裏表紙もコロナのロゴで締めています。

続いてハードトップ専用カタログを紹介。

コロナ
表紙と裏表紙。美しいハードトップに相応しい美女モデルを起用!
コロナ
アローラインとハードトップボディの相性はバッチリです。
コロナ
センターピラーレスの開放感やスタイリッシュさをアピール。
コロナ
インパネのデザインはセダンと共通。
コロナ
内装色はセダンと異なり、精悍なブラックで統一されていました。
コロナ
リアサイドウィンドウがレギュレーターにより扇形に開閉するのはユニーク。
コロナ
ハードトップでもオートマ車を選ぶことができました。
コロナ
こちらは1600ccツインキャブエンジン (最高出力90ps / 最大トルク12.8kg・m) 搭載のスポーティグレード「1600S」。ハードトップ追加の少し前に、セダンにも設定されています。
コロナ
1600Sの外観は大径ワイドタイヤが装着される以外はノーマル車と大きな違いはなく、控えめな印象。
コロナ
内装はノーマル車と大きく異なり、丸形4眼式のスポーティなインパネを採用。トランスミッションも3速コラム式から4速フロア式に変更されています。
コロナ
コロナ1600Sでは、歴代コロナ初のフロント・ディスクブレーキが採用されました。
コロナ
ゼロヨン加速はノーマル車より1秒以上速い18.6秒をマーク。
コロナ
セダンと異なりスタンダード・グレードはなく、全車セダン・デラックス並みの装備を備えていました。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□トヨペット・コロナ (2代目)

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

「トヨペット・コロナ (3代目)」への1件のコメント

コメントは受け付けていません。