マツダ・ファミリア (初代)~その1

ファミリア

かつて、マツダの大衆車の代名詞的存在だった「ファミリア」。

その初代モデルがデビューしたのは、1963年10月のことでした。

事前に市場調査を実施し、セダンよりニーズの高かった商用バンから発売されました。

イタリアのカロッツェリア・ベルトーネがデザインを手掛けたボディは、全長3,635mm×全幅1,465mm×全高1,395mmの大きさでした。

駆動方式はオーソドックスなFRで、パワートレインは「キャロル600」用から発展した水冷782cc直4OHVエンジン (最高出力42ps / 最大トルク6kg・m) に、コラム式フルシンクロ4速MTが組み合わせられました。

サスペンションはフロントがダブルウィッシュボーン式、リアがリジッド・リーフ式という手堅い形式でした。

その後1964年4月にバンをベースにした乗用車登録のワゴンが、同年10月に4ドアセダンが追加されます。

さらに翌1965年10月には、2ドアセダンと新開発の1L (985cc) 直4OHCツインキャブエンジン (最高出力68ps / 最大トルク8.1kg・m) を搭載するクーペがラインナップに加わるなど、バリエーション拡大が図られました。

まず、バン・デラックス専用カタログを紹介します。

ファミリア
グレードはスタンダードとデラックスの2種類を用意。フォグランプはデラックス専用装備でした。
ファミリア
乗用車としても使えるバンであることを強調。それにしても立派な邸宅ですね。
ファミリア
内装の俯瞰は写真ではなくイラスト。
ファミリア
マツダ自慢のアルミ合金製「白いエンジン」を搭載。発電機は充電能力の優れた交流式 (オルタネーター) を採用。
ファミリア
川辺にファミリアを停めピクニック。当時、子供3人の家族は珍しくありませんでした。
ファミリア
「どんなショックからも荷物をまもる」とありますが、実際は大きな段差で煽られがちな足回りでした。
ファミリア
舗装率の低かった当時のこと、耐久性のアピールも欠かせないポイントでした。
ファミリア
広島の工場から続々と送り出されるファミリアバン。
ファミリア
最高速度105km/hは、800ccクラス平均レベルの性能でした。

続いて、4ドアセダン専用カタログを紹介。

ファミリア
表紙を飾るのは上級グレードのデラックス。
ファミリア
セダンの最高速度はバンより10km/h高い115km/h。当時開通間もなかった高速道路にも十分対応できました。
ファミリア
クルマとしての基本性能はともかく、ベルトーネのデザインによる美しいフォルムは国際水準をゆくものでした。
ファミリア
同クラスのトヨタ・パブリカやダイハツ・コンパーノは2ドアしかなかったので、4ドアであることは大きな武器。
ファミリア
客観的には決して広いとは言えなかった室内スペース。
ファミリア
こちらはスタンダード。デラックスとの外観上の違いはタイヤがホワイトリボンでないくらいで、決して安っぽくはありません。
ファミリア
最高速度=巡行速度を謳っていますが、果たして本当に世界一周ができたのかどうかは不明。
ファミリア
他社に先駆け安全ガラスを全面的に採用。
ファミリア
定値燃費24km/Lは、当時の軽自動車に迫る数値でした。
ファミリア
スタンダードでしか選べないカラーも魅力がありますね。

最後にクーペのカタログを紹介します。

ファミリア
美しいクーペには美しい女性が似合う!
ファミリア
セダンより40mm低められたスタイリッシュなフォルム。
ファミリア
赤いボディカラーとブラックの内装は相性良し。
ファミリア
タコメーター付の3眼式メーターやウッドの3スポークステアリングがスポーティ!もちろんシフトレバーの位置も、セダンのステアリングコラムからフロアに移されています。
ファミリア
エンジンの高性能化に伴い、最高速度は145km/hまで向上。
ファミリア
マツダ車初の前輪ディスクブレーキを採用。
ファミリア
ボディカラーは3色ありますが、やはり赤に目がいってしまいますね。
ファミリア
高性能化の代償で、定値燃費は18km/Lに低下しています。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□マツダ・キャロル600

□マツダ・ファミリア (初代)~その2

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

「マツダ・ファミリア (初代)~その1」への1件のコメント

コメントは受け付けていません。