スズキ・スズライト フロンテ

スズライトフロンテ

1959年7月に発売された2代目スズキ・スズライト360。

当初は商用登録のバンのみ設定でしたが、1962年3月に乗用登録のセダン「スズライト フロンテ」が追加されます。

独立したトランクルームが備わる3ボックス型で、バンとは異なる専用フロントグリルが与えられていました。

全長2,995mm×全幅1,295mm×全高1,380mmのサイズはバンと同じで、パワートレインも共通の360cc空冷2サイクル2気筒 (最高出力21ps / 最大トルク3.2kg・m) +3速MTでした。

翌1963年5月に実施されたマイナーチェンジでは、分離給油方式が採用されると同時に、トランスミッションが4速に変更されます。

その後、1965年10月のマイナーチェンジを経て1967年3月に生産を終了、翌4月に駆動方式をFFからRRに変更した「フロンテ360」にバトンタッチされました。

ここでは、初期型のカタログを3部紹介します。

まずは簡易カタログ から。

スズライトフロンテ
デビュー当初のカタログの表紙には「≪フロンテ≫ スズライト セダン360」とあります。なんだか分かりにくいですね。
スズライトフロンテ
ここでは「スズライト フロンテ」と名乗ったり、「スズライト セダン360」と名乗ったりしているので混乱しそうです。インパネのデザインは基本的にバンと共通。
スズライトフロンテ
21psの最高出力はバンと同一。ライバルのスバル360やマツダ・キャロルが18psだったので、「強力21馬力」の謳い文句に偽りはありません。2ドア車なのに、リアドアウィンドウが昇降式になっている点に注目!
スズライトフロンテ
FF方式のメリットを生かした、十分なスペースを持つトランクルーム。RR方式のスバル360やキャロルにはないメリットでした。
スズライトフロンテ
このアングルから見るとオースチン / モーリス・ミニにそっくりですね。
スズライトフロンテ
スズライトバン、スズライトキャリイもお忘れなく!

続いて本カタログを紹介。

スズライトフロンテ
こちらのカタログでは車名表記が「スズライト フロンテ360」となっていますが、この方が分かりやすいですね。
スズライトフロンテ
こちらのカタログでは、ウィンカーレンズがクリアではなくアンバーとなっています。詳細は不明ですが、仕様変更があったのでしょうか?
スズライトフロンテ
後席窓から身を乗り出せるのは昇降式ウィンドウのメリット!?今ならこんな写真はNGですね。
スズライトフロンテ
RR車にはマネのできないリアトランクルームのメリットをアピール。スカーフを頭に巻いた女性に時代が偲ばれますね。
スズライトフロンテ
曲面ガラスによる視野の広さを強調。
スズライトフロンテ
おそらく開通されたばかりのワインディングを行く2台のフロンテ。ロケ地はどこでしょうか?
スズライトフロンテ
最高出力はライバルのスバル360やマツダ・キャロルより3ps強力な21ps。
スズライトフロンテ
4人がゆったり乗れる居住性をアピール。
スズライトフロンテ
FF方式のメリットを生かしたパッケージングが自慢。
スズライトフロンテ
定値燃費30km/Lは、スバル360より2km/L優れた数値でした。
スズライトフロンテ
ボディカラーはブルー、アイボリー、ブラウンの3色。最初に紹介したカタログに記載されていたピンクも素敵な色でしたが、廃止されたのでしょうか・・・。
スズライトフロンテ
「京都スズライト自動車株式会社」の社名は印鑑ではなく印刷なので、独自に制作されたカタログのようです。

続いて別バージョンの本カタログを紹介します。

スズライトフロンテ
こちらのカタログでは、ウィンカーレンズはクリアです。
スズライトフロンテ
当時はまだ少なかった舗装道路を疾走するフロンテ。正式なナンバープレートではありませんが、当時の運輸省の許可を取って撮影したのでしょうか?
スズライトフロンテ
「フロンテ」の車名は、フロンティア精神およびフロントエンジン・フロントドライブから由来。
スズライトフロンテ
リアにノッチが付くことを除けば、オースチン / モーリスに類似していますね。ちなみに開発年次はスズライトの方が若干早かったので、パクリなどではありません。
スズライトフロンテ
窓から身を乗り出した写真を記載するのは、当時の流行だったのでしょうか。
スズライトフロンテ
先ほどのカタログと比べると、ルームミラーの取り付け位置がインパネからルーフに変更されていることが分かります。データ不足ではっきりしたことは分かりませんが、仕様変更があったのでしょう。
スズライトフロンテ
スピードメーターは100km/hフルスケールですが、最高速度が85km/hだったのでこれで十分でした。
スズライトフロンテ
居住性の高さやトランクルームの便利さをアピール。
スズライトフロンテ
最高出力はスバル360より3ps強力だったものの、車両重量が100kg以上重かったため、最高速度は5km/h低い数値でした。
スズライトフロンテ
FF方式ならではのメリットが列記されています。サスペンションは横置きリーフを用いた4輪独立懸架。
スズライトフロンテ
キャリイにパネルバンが追加されています。
スズライトフロンテ
鏡面仕上げのホイールキャップに映り込むファミリー。アーティスティックな裏表紙!?

最後に、スズキの総合カタログから1965年にマイナーチェンジした後のフロンテを紹介します。

フロンテ
フロントマスクがミニの亜流から脱し、オリジナリティのあるデザインに変貌しています。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ スズキ・スズライト360 (2代目)~その1

□ スズキ・スズライト360 (2代目)~その2

□ スズキ・フロンテ360

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

3 comments on “スズキ・スズライト フロンテ”

コメントは受け付けていません。