ホンダ1300

ホンダ1300

1969年5月、本田技研は同社初の普通乗用車「ホンダ1300」を発売します。

FFの駆動方式や、独自のDDAC (一体式二重空冷) 方式を採用したエンジン、フロント:ストラット式、リア:クロスビーム式による4輪独立懸架など、ホンダのエンジニアリングを詰め込んだ野心作でした。

特に注目すべきだったのはエンジンで、DDAC方式の効果で空冷ながら水冷エンジン並みの静粛性と、1.3Lクラスとは思えない高出力 (シングルキャブ仕様が100ps、4連キャブ仕様が115ps) を誇りました。

ボディは当初4ドアセダンのみの設定で、全長3,885mm×全幅1,465mm×全高1,345mmのサイズでした。

ホンダ1300は1.6~1.8Lクラスに匹敵する動力性能や、高回転型エンジンらしからぬ扱いやすさ、ソフトな乗り心地などが特徴にあげられました。

一方でノーズヘビーや柔らか過ぎるサスペンション、性能の不十分なタイヤなどのせいで、操縦性は芳しくありませんでした。

その後1969年10月にエンジン特性が中低速トルク重視に変更され、最高出力が5psダウン (シングルキャブ仕様が95ps、4連キャブ仕様が110ps) します。

次いで1970年2月に、セダンと全く異なるスタイリングを持つ2ドアクーペ「ホンダ1300クーペ」がデビュー。

クーペはセダンの高性能はそのままに、足回りの改善やタイヤの高性能化などにより操縦性が大幅に改善されました。

追って翌3月には、セダン/クーペに3速トルコンAT仕様車が追加されます。

次いで同年10月にセダンがマイナーチェンジ、内外装デザインの刷新とともに、エンジンをシングルキャブ仕様に一本化。

同時に、車名が「ホンダ77」に変更されます。

翌1971年6月にはクーペもマイナーチェンジを受け、「ホンダクーペ」に車名を変更。

同時に、それまでに準じたフロントマスクを持つダイナミックシリーズと、セダンと共通のフロントマスクを持つゴールデンシリーズの2つのシリーズが用意されました。

そして1972年9月にセダン、クーペとも生産を終了、同年11月にエンジンを水冷化した後継モデル「ホンダ145」が登場します。

ホンダ1300は良くも悪くも独創的なエンジンが主役で、アンダーステアの強い操縦性などトータルバランスにはやや難のあるクルマでした。

まず、初期型のセダン77シリーズのカタログを紹介します。

ホンダ1300
角型ヘッドランプが初期型77シリーズの特徴 (99シリーズは丸型)。
ホンダ1300
独創的なメカニズムとは対照的に、ごく平凡なスタイリング。
ホンダ1300
メーカーは1500ccクラスの居住性をアピールしていましたが、実際は特に広い方ではありませんでした。
ホンダ1300
低速域でのソフトな乗り心地と、抜群の直進安定性もセリングポイント。ただし、コーナリングは決して得意項目とは言えませんでした。
ホンダ1300
メンテナンスが容易な空冷エンジンのメリットはそのままに、水冷エンジン並みの静粛性をプラスしたDDAC方式。反面、軽量でシンプルという空冷のメリットが失われてしまったのも事実。
ホンダ1300
77シリーズのグレード体系は4タイプ。高性能車にふさわしく、前輪ブレーキは全車サーボ付のディスク式でした。
ホンダ1300
4連キャブ仕様の99シリーズは7万5千円アップ。

続いて、デビュー当初の1300クーペのカタログを紹介。

ホンダ1300
セダンとは共通点のないスタイリッシュなフォルム。シングルキャブ仕様がクーペ7シリーズ、4連キャブ仕様がクーペ9シリーズ。
ホンダ1300
見た目の印象以上に広い室内スペースを実現。
ホンダ1300
アメ車風のフロントマスクは白人とベストマッチ?
ホンダ1300
1.3L車ながらクーペ9で最高速度185km/h、クーペ7でも最高速度175km/hの性能を誇りました。
ホンダ1300
コックピット調のT型ダッシュボードもクーペの魅力のひとつ。
ホンダ1300
全7タイプに前輪ディスクブレーキや前席バケットシートを標準装備。

次に紹介するのは、マイナーチェンジ後のセダン77のカタログです。

ホンダ77
すっきりしたデザインに刷新されたフロントマスク。違いの分かる男はホンダ77?
ホンダ77
リア回りのデザインも一新されています。
ホンダ77
とは言え、やはりスタイリングの魅力度はイマイチ・・・。
ホンダ77
インパネのデザインも一新され、上級グレードは5連メーターを採用。
ホンダ77
オートマチック仕様は最高出力80psにデチューンされていました。
ホンダ77
4連キャブ仕様の99シリーズがカタログ落ちしたことを寂しく思った人もいたかもしれません。

最後に、マイナーチェンジ後のホンダクーペのカタログを紹介。

ホンダクーペ

ホンダクーペ
奥に見えるのがゴールデンシリーズ。クーペボディとセダンのフロントマスクの相性はイマイチか。
ホンダクーペ
手前のダイナミックシリーズは、ロアーグリルの変更を除けば従来の1300クーペ譲りのマスクを採用。
ホンダクーペ
流麗なクーペボディには、やはりダイナミックシリーズのマスクの方がマッチしているように見えます。
ホンダクーペ
ある意味、クーペボディとセダンのマスクの融合は新鮮だったかも・・・。
ホンダクーペ
オーバーヘッドパネルの採用で、さらに飛行機のコックピットのイメージに近づいた内装。
ホンダクーペ
引き続き3速AT仕様も用意。
ホンダクーペ
グレード体系も一新されています。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ ホンダ145

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

「ホンダ1300」への1件のコメント

コメントは受け付けていません。