ホンダ・Z (初代)

Z

一大センセーションを巻き起こしたN360のデビューから3年後の1970年10月、ホンダが軽乗用車第2弾として世に送り出したのが初代「Z」です。

N360の改良版NⅢ360をベースにしたスペシャリティカーで、ボディは全高が70mm低い全長2,995mm×全幅1,295mm×全高1,275mmの大きさでした。

当初はセンターピラー付のクーペで、特徴的なデザインのガラスハッチから早速「水中メガネ」のニックネームが付けられました。

横置きFFレイアウトや空冷4サイクル354cc2気筒OHCエンジンなど基本メカニズムはNⅢ360譲りで、シングルキャブ仕様で31ps、ツインキャブ仕様で36psの最高出力も共通でした。

またフロントがマクファーソンストラット式、リアがリジッド・リーフ式のサスペンション形式もNⅢ360と共通だったものの、バネレートが高められると同時に、フロントにスタビライザーが装着されました。

また、最上級グレードの「GS」に軽自動車初の5速MTやサーボ付前輪ディスクブレーキを採用したことも特徴でした。

翌1971年2月にはソフト&ゴージャス路線の「ゴールデンシリーズ」を追加、従来のモデルは「ダイナミックシリーズ」と名付けられます。

さらにこの年に12月に大掛かりなマイナーチェンジを実施し、プラットフォームを同年5月にデビューした「ライフ」と共通化、ホイールベースが80mm延長されます。

同時に、エンジンもライフと共通のバランサー付き水冷356ccに変更されました。

次いで1972年11月に実施された二度目のマイナーチェンジでは、ボディをセンターピラーレスのハードトップに変更、車名が「Zハートトップ」となります。

また、エンジンが公害対策を施したツインキャブ仕様に一本化されました。

そして1974年6月、大ヒット作となったシビックの生産に集中するため、他の軽自動車とともにZの生産は打ち切られます。

ZはNⅢ360より操縦安定性が優れ、後席も意外と広く実用に耐えるなど、走行性能と実用性が両立したスペシャリティ軽自動車でした。

まず、初期型のカタログを紹介。

Z
「The wonderful world of HONDA Z」のフレーズはCMでも使われました。
Z
黒く太いリアウィンドウ枠から「水中メガネ」のニックネームを頂戴。
Z
米海軍のF4ファントム戦闘機と並ぶホンダZ。
Z
コックピット感覚のインパネもZの特徴のひとつ。
Z
荷物を積み下ろしはガラスハッチを開けて行う方式。
Z
GS以外のグレードはフルシンクロ4速MT、GSのみドッグクラッチ (常時噛合式) の5速MTを搭載。
Z
最廉価グレードの「アクト」は女性ユーザーがターゲット。エンジンはシングルキャブ仕様。
Z
アクトのワングレード上に位置づけられた「プロ」。こちらもシングルキャブエンジンを搭載。
Z
ツインキャブ仕様の廉価グレード「TS」。
Z
「GT」はツインキャブ仕様の中間グレードで、外観面では砲弾型ミラーなどでTSと差別化。
Z
最上級グレードのGSは、Zで唯一ラジアルタイヤを装着。
Z
ツインキャブエンジン+5速MT、前輪ディスクブレーキ、バケットシートなどがGSの特徴。
Z
Zで楽しむ白人カップル。ロケ地は米国と思われますが、クルマは右ハンドル+フェンダーミラーの日本仕様。
Z
トリップメーター、パッシングライト、助手席シートベルトはGSのみ装備。

続いて、ゴールデンシリーズ発売時のカタログを紹介。

Z

Z
ゴールデンシリーズでは、象徴的なリアウィンドウ枠がブラックからカラードに変更されています。
Z
D51形蒸気機関車とのツーショット。
Z
上級グレードに木目調ステアリング&シフトノブが備わるのもゴールデンシリーズの特徴。
Z
ゴールデンシリーズのみに用意される3速AT車には、最高出力27psにデチューンされたエンジンを搭載。
Z
ゴールデンシリーズのグレードは下から「ホリデイ」「カスタム」「GTL」「オートマチック」の4タイプ。オートマチックを除きトランスミッションは全車4速MTでした。
Z
ゴールデンシリーズのみの装備として、熱線リアウィンドウや熱線吸収ガラス (カスタム / GTL) がありました。

次に、Zハードトップのカタログを紹介。

Z
向こう側の女性の服がはっきり見えるのはセンターピラーレスのハードトップならでは。
Z
単にハードトップ化されただけでなく、2系統式ブレーキや強化ガラスの採用など安全性も強化。
Z
フロントグリルが2分割化されたことも変更点のひとつ。
Z
リアバンパーも左右2分割式に変わっています。
Z
ダイナミックシリーズ / ゴールデンシリーズの区別がなくなり、グレード体系は全4タイプとシンプルに。最上級のGSSのみ5速MTを搭載。

オマケとして、北米向けカタログを紹介しましょう。

N600
輸出名は「ホンダ600クーペ」でした。奥に見えるのはN360ならぬ「ホンダ600セダン」。
Z
左ハンドル仕様となるほか、オーバーライダー付のバンパーや大型のサイドリフレクターが輸出向けモデルの特徴。
Z
ダブルバンパーやグリル内に装着されたターンシグナルランプも国内向けZとの相違点。新車に自分でペイントしてしまうところがアメリカ的?

Z

N600
排気量は600ccに拡大されていますが、最高出力は国内向け360ccツインキャブ仕様と同じ36馬力に留まります。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ NⅢ360

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】