BMC・ミニ~その1

ミニ

ドイツのBMWが生産する現行「ミニ」は、輸入車の中ではトップクラスの人気を誇ります。

そのミニの元祖と言えるのが、通称「オールドミニ」と呼ばれる初代モデル。

かつて英国最大の自動車メーカーとして君臨したBMC (ブリティッシュ・モーター・コーポレーション) 所属の天才エンジニア、アレック・イシゴニス が設計を手掛け、1959年に発売されてから2000年に生産が打ち切られるまで、41年間にわたり基本設計を変えないまま販売が続けられた超ロングセラーモデルでした。

画期的な横置FFレイアウト、ラバーコーンを用いたユニークな4輪独立懸架サスペンション 、全長3m余りのコンパクトなボディながら大人4人が無理なく座れるパッケージングなどなど、1959年当時としては画期的な設計で、まさに自動車史上に残る傑作と言っていいでしょう。

カタログを紹介する前に、まずは1959年から1976年までのミニの歴史について解説します。

・1959年8月、BMCのオースチン・ブランドから「セヴン」、モーリス・ブランドから「ミニ・マイナー」の車名でデビュー。

ボディはモノコック構造で大きさは全長3,050mm×全幅1,410mm×全高1,350mm、足回りはフロントがウィッシュボーン式、リアがトレーリングアーム式。

エンジンは当初、水冷848cc直4OHVの「Aシリーズ」 (最高出力34ps) を搭載。トランスミッションはローがノンシンクロの4速MT。

・1960年、ホイールベースを延長した商用車「ミニ・バン」とステーションワゴン「ミニ・カントリーマン&トラベラー」を追加。

・1961年、997ccツインキャブ仕様エンジン (最高出力55ps) を搭載する高性能版「ミニ・クーパー1000」、および小型トラックの「ミニ・ピックアップ」を追加。

同年、日英自動車が日本での輸入販売を開始。

・1962年、オースチン・セヴンの車名を「オースチン・ミニ」に変更。

・1963年、1071ccツインキャブ仕様エンジン (最高出力70ps) を搭載する「ミニ・クーパーS」を追加。

・1964年3月、970ccツインキャブ仕様エンジン (最高出力65ps) を搭載する「970クーパーS」、および1,275ccツインキャブ仕様エンジン (最高出力76ps) を搭載する「1275クーパーS」を追加。

同年9月に初のマイナーチェンジ、足回りを水とゴムによる「ハイドラスティック・サスペンション」に変更。

・1965年、4速ATをオプション設定。

・1967年、ビッグマイナーチェンジで「マークⅡ」シリーズに移行。外装デザインを一部変更、トランスミッションを改良、998ccシングルキャブエンジン (最高出力38ps) を追加。

・1968年、4速MTをフルシンクロ化。

同年BMCとレイランド・モータースが合併し、社名を「BLMC」に変更。

・1969年、2度目のビッグマイナーチェンジで「マークⅢ」シリーズに移行。外装を一部変更、サスペンションを元のラバーコーン式に変更すると同時に、車名を「BLMCミニ」に変更。クーパーシリーズを「1275S」に一本化。

・1971年、クーパー1275Sがカタログ落ち。

・1976年、マイナーチェンジ。日本の排出ガス規制への対応が困難であったため輸入中止。

まず、1964年マイナーチェンジ後のモーリス・ミニ・マイナーのカタログ (英語版) を紹介します。

ミニマイナー
またひとつ、「ハイドラスティック・サスペンション」という英知がプラスされたミニ・マイナー!
ミニマイナー
ハイドラスティック・サスペンションによる乗り心地は、「マジック・カーペット・ライド」の謳い文句に恥じないものでした。
ミニマイナー
兄貴分のモーリス・1100譲りのハイドラスティック・サスペンション。
ミニマイナー
ギャラリーの皆さんはサスペンションの変更には気づいていない様子?

ミニマイナー

ミニマイナー

ミニマイナー
僅か34馬力のエンジンながら、実用上十分な最高速度116km/hの性能を発揮。
ミニマイナー
水とゴムにより作動するハイドラスティック・サスペンション。コストの問題か整備性の問題か、5年後には元のラバーコーン・サスペンションに戻されてしまいます。
ミニマイナー
収納やトランクスペースも十分確保。
ミニマイナー
後席は大人2人が無理なく座ることが可能でした。
ミニマイナー
モーリス・モータースはBMCの一部門でした。

続いて、1967年発行のオースチン総合カタログからミニを抜粋して紹介します。

ミニ
マークⅡにマイナーチェンジ後のミニ。上が標準車、下がクーパー&クーパーSで、ともにマークⅠからフロントグリルのデザインが変更されています。
水とゴムにより作動するハイドラスティック・サスペンション。
こちらはステーションワゴン版のカントリーマン。全長はサルーンより250mm長い3,300mm。

最後に、マークⅡにマイナーチェンジ後のオースチン・ミニのカタログを紹介。

ミニ
手前がスーパーデラックス、奥に見えるのがベーシック。
ミニ
マークⅡ以降のグリルの方が馴染みがありますね。
ミニ
特徴的なセンターメーターを継承するなど、内装はマークⅠから大きな変更はなし。
ミニ
バンパーオーバーライダーがスーパーデラックスの証。
ミニ
安全性向上のため、リアウィンドウの拡大やテールランプの大型化も図られています。
ミニ
上級グレード「スーパーデラックス」の内装。右下の4速トルコンATを選ぶこともできました。
ミニ
エンジンはベーシックが845ccだったのに対し、スーパーデラックスはパワフルな998ccを搭載。
ミニ
社名がBLMCになっているので、1968年発行のカタログと思われます。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ BMC・ミニ~その2

□ BLMC・ミニクラブマン / ミニ1275GT

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

5 comments on “BMC・ミニ~その1”

コメントは受け付けていません。