三菱・ミニカF4

ミニカF4

1962年にデビューした三菱の軽乗用車「ミニカ」は、1972年10月に3年ぶり2度目のフルモデルチェンジを受け「ミニカF4 (エフヨン)」となります。

それまでの2サイクルエンジンを捨て、騒音・振動や公害対策面で有利な4サイクルエンジンを採用した点が最大の特徴でした。

バルカンエンジンと名付けられた359cc直列2気筒SOHCユニットは、最高出力32psのシングルキャブ仕様と最高出力36psのツインキャブ仕様を用意。

駆動方式はFRを踏襲、足回りはフロントが先代同様のストラット式で、リアは5リンク・リジッド式からパナールロッド付4リンク・リジッド式に変更されました。

ボディはガラスハッチ付の2ドアで、全長2,995mm×全幅1,295mm×全高1,305~1,315mmのサイズでした。

翌1973年10月に実際されたマイナーチェンジの際に、ツインキャブエンジン搭載グレードは廃止されます。

さらに1974年12月のマイナーチェンジでは、エンジンがバランサーシャフト付になると同時に、昭和50年排出ガス規制適合のため最高出力が30psにダウン。

そして1976年にビッグマイナーチェンジ、新軽自動車規格に対応した「ミニカ5 (ファイブ)」となります。

ミニカF4は、4サイクル化に伴い動力性能は若干低下したものの、騒音や振動が軽減されるなど快適性が向上。

乗り心地や操縦安定性も良好で、後席が狭くなった点を除けばバランスの取れたファミリーカーでした。

まず、デビュー当初のカタログから紹介します。

ミニカF4
F4のFはフォーサイクル、フレッシュ、ファミリーの頭文字。
ミニカF4
コガネムシをイメージした曲線的フォルムが特徴。
ミニカF4
2サイクル時代より馬力・トルクともダウンした一方、排気ガスがクリーンに。
ミニカF4
振動・騒音の低減や燃費の向上も4サイクル化のメリット。
ミニカF4
「4サイクルエンジンのハイパワー」というアピールは問題あり。
ミニカF4
軽自動車としてはペダル配置が優れていたことは事実でした。
ミニカF4
ロングノーズ化により室内長が減少し、後席スペースは事実上子供用に。
ミニカF4
先代のテールゲートから洒落たガラスハッチに「進化」。しかし開口部の位置が高くなったため、使い勝手は悪くなりました。
ミニカF4
ファミリーシリーズの上級グレード「GL」と「カスタム」は、フォグランプ付4灯式ライトが外観上の特徴。
ミニカF4
GLは8トラックカーステレオを、カスタムはタコメーターや熱戦リアウィンドウを標準装備。
ミニカF4
ファミリーシリーズの中間グレード「スーパーデラックス」と「デラックス」は、2灯式ヘッドランプを採用。むしろこちらの方がシンプルで好ましく見えますね。
ミニカF4
ラジオやシガーライター、木目調パネルが備わるのはスーパーデラックスから。
ミニカF4
ファミリーシリーズの廉価グレード「ハイスタンダード」「スタンダード」と、スポーツシリーズの廉価グレード「ES (スポーティデラックス)」。タイヤにホワイトリボンが入らず、シンプルな雰囲気。
ミニカF4
ESはタコメーターやラジアルタイヤを装備。ラジオは3グレードいずれも備わりません。
ミニカF4
スポーツシリーズの中上級グレード「GS」「GSL」は、ツインキャブエンジンを搭載。
ミニカF4
タコメーター、3本スポークステアリング、ラジアルタイヤなどスポーティな装備を採用。

ミニカF4

ミニカF4

ミニカF4

次に、2度目のマイナーチェンジ後のカタログを紹介。

ミニカF4

ミニカF4
スポーツシリーズが廃止され、カスタムが最上級グレードに。
ミニカF4
ステアリングが3本スポークから2本スポークにダウングレードされました。
ミニカF4
バルカンエンジンがバランサーシャフト付のバルカンSエンジンに進化し、振動が低減。
ミニカF4
同時に昭和50年排出ガス規制をクリアした一方、最高出力が2ps低下しています。
ミニカF4
スーパーデラックスは新たに時計を標準装備。
ミニカF4
デラックスとハイスタンダードは、フロントグリルの意匠変更でオーバーデコレーションになってしまいました。
ミニカF4
グレードは当初の8タイプから4タイプに減らされています。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 三菱・ミニカ’70/70/71/72/73

□ 三菱・ミニカスキッパー

□ 三菱・ミニカ5

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

2 comments on “三菱・ミニカF4”

コメントは受け付けていません。