フィアット・ヌオーヴァ500

フィアット500

フィアットが初代「500 (トッポリーノ)」の後継モデルとして1955年に発売した大衆車「600 (セイチェント)」は、好評を持って大衆に迎え入れられました。

しかしフィアットの首脳陣は、街にあふれていたスクーターからの乗り換えを促進するには、さらに小さいモデルが必要であることに気づきます。

そこで誕生したのが、2代目「ヌオーヴァ500 (チンクエチェント)」です。

デビューは600に遅れること2年の1957年で、設計は引き続き天才的なエンジニアであるダンテ・ジアコーザにより手掛けられました。

2ドアセダン型ボディの大きさは600より一回り小さい全長2,970mm×全幅1,320mm×全高1,325mmで、RRの駆動方式やフロントがウィッシュボーン / リーフ式、リアがスイングアクスル / コイル式のサスペンションは600譲りでした。

エンジンは600の水冷直4とは異なり、シンプルな空冷直2OHVを採用。

当初の排気量は479ccで、 最高出力は僅か13psに過ぎなかったものの、4速MTとの組み合わせにより実用上過不足のない最高速度85km/hの性能を備えていました。

同年、最高出力を15psにアップするとともに、装備を充実化した「スタンダード」グレードが追加されると人気が沸騰。

スクーターユーザーからの乗り換えを狙った思惑は見事に的中し、国民車的な存在となります。

その後の500の変遷は、以下のとおりです。

・1958年、排気量を499.5ccを拡大し、最高出力21.5ps、最高速度105km/hの性能を持つ「スポルト」を追加。

・1960年、エンジンを全車499.5ccに統一 (ただしスポルト以外は最高出力18ps) した「500D」に移行。

同年、ボディ後部を延長したステーションワゴン「ジャルディニエラ」を追加。

・1965年、ドアを前ヒンジに改め (セダンのみ)、鼓動系に改良を施した「500F」に移行。

・1968年、500Fをベースに内外装の充実化を図った「500L」を追加。

・1972年、500Fをベースに排気量を594cc (最高出力18ps) に拡大した「500R」に移行。

・1975年、500Rの生産を終了、18年の歴史に終止符。

ヌオーヴァ500は、空冷2気筒エンジンゆえ振動や騒音が大きく、乗り心地や居住性も決して優れているとは言えませんでした。

しかし、移動の道具として最低限必要な性能と機能性を備え、なにより価格が安く経済的だったため、特にイタリア国内では絶大な人気を獲得することに成功しました。

またイタリア以外の欧州諸国や日本などでも、現在も一定数の熱烈なファンが存在しています。

2代目500の後継モデルとして1972年にデビューした「126」は、500ほどの人気は獲得できませんでした。

まず、500Dのフランス向けカタログ を紹介します。

フィアット500
手間がセダン、奥がジャルディニエラ。
フィアット500
キャンバストップは標準装備で、開放感アップのほか騒音を逃すのに役立ちました。
フィアット500
フロントフード内はガソリンタンクとスペアタイヤに占有されているため、荷室スペースはミニマム。
フィアット500
小さな車体で4人のための最低限必要な空間が確保できたのは、コンパクトな空冷2気筒エンジンのお陰でもありました。
フィアット500
ホイールベースを110mm、ボディ後半部を210mm延長したジャルディニエラ。
フィアット500
セダンとは比較にならないユーティリティを実現。
フィアット500
エンジンのシリンダーを横倒しにすることで、リアエンジン車ながら低い荷室スペースを確保。

フィアット500

続いて、500Fのドイツ向けカタログ を紹介します。

フィアット500

フィアット500
500Dとの最大の相違点は、ドアが後&アウターヒンジから前&インナーヒンジに変わったこと。
フィアット500
日本では「目玉おやじ」などとも呼ばれるメーターは500D譲り。
フィアット500
後席を荷室代わりに使えばこれだけの荷物が積めます。
フィアット500
当時の日本の軽自動車と大差ないサイズでした。

フィアット500

フィアット500
後席は狭かったので、写真のように大人2人+子供2人が適正乗員。

フィアット500

続いて、500F / 500Lの英語圏向けカタログ を紹介します。

フィアット500

フィアット500
表記は500ですが、500Fに該当します。
フィアット500
こちらが500L。バッドで覆われたインパネや長方形のメーターが内装の特長。

フィアット500

最後に500Rの英語圏向けカタログを紹介。

フィアット500

フィアット500
フロントマスクからエンブレムの「ヒゲ」が消え、のっぺりした顔つきに。
フィアット500
後ろ姿に変わりはありませんが、ホイールのデザインから500Rであることが識別できます。

フィアット500

フィアット500
排気量が約100cc拡大されたものの、最高出力は18psのままでした。しかし最大トルクが向上したため、最高速度は5km/hアップし100km/hに到達。
フィアット500
ボディサイズは最後まで不変でした。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ フィアット600

□ フィアット126

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

3 comments on “フィアット・ヌオーヴァ500”

コメントは受け付けていません。