トヨタ・パブリカ (初代)~その2

パブリカ

1961年に発売された大衆車パブリカは、当初セダンのみでスタートしましたが、翌1962年に商用モデルのバンが追加されます。

しかし、販売面では質素すぎる内外装が受けず伸び悩みました。

そこで、販売促進策として1963年に豪華版のデラックスが追加されると販売台数が増加。

ようやく、パブリック・カー (国民車) に由来する車名にふさわしい人気を獲得することができたわけですね。

さらにこの年には、オープンモデルのコンバーティブルが追加されています。

そして翌1964年に初のマイナーチェンジが実施され、エンジンのスペックが最高出力28ps / 最大トルク5.4kg・mから最高出力32ps / 最大トルク5.6kg・mに向上しました。

今回は、マイナーチェンジ後のカタログを紹介しましょう。

まずはセダンから。

パブリカ
表紙は水辺でガチョウと戯れるファミリーとパブリカ ・デラックス。ガチョウがパブリカに被っても気にしません(笑)。
パブリカ
美人のママさんでうらやましい。
パブリカ
CピラーのDELUXEのオーナメントが誇らしげに輝きます。
パブリカ
最高出力が4馬力向上したものの、なぜか最高速度は110キロのままです。以前が盛った数値だったとか?
パブリカ
マイナーチェンジでシート表皮やドアトリムの色も変更されています。
パブリカ
リアシートの両側に灰皿が設けられていることが自慢げに謳われています。時代を感じさせますね。
パブリカ
インパネのデザインを一新、メーターはそれまでの長方形から扇形に変更されています。
パブリカ
デラックスでもラジオはオプションでした。「特別注文部品」という表記がいまとなっては新鮮ですね。
パブリカ
こちらは廉価版のスタンダード。バンパーオーバーライダーやサイドモールがなく、シンプルな外観となっています。
パブリカ
内装もデラックスに比べると質素。前席のリクライング機構も省かれています。
パブリカ
遠くを見やる若夫婦。奥さんが手に花を抱えていますが、どんなシチュエーションなのでしょうか?奥にコンバーチブルの姿がありますね。
パブリカ
冷却水がいらず、手入れも簡単と空冷エンジンのメリットをアピール。
パブリカ
低重心で回転バランスの優れた水平対向2気筒エンジンは、当時シトロエン2CVにも採用されていました。
パブリカ
高速性能や登坂能力、4サイクルならではのエンジンブレーキの効きなどをアピール!
パブリカ
ここではコンパクトなボディと小回り性をアピール。前後重量半分は、現在のBMW並みの50:50を実現!
パブリカ
こちらは2速ATのトヨグライド付。イージードライブのお陰か、中の女性も楽し気です。
パブリカ
トヨグライドは、トルクコンバーター型のオートマチックトランスミッション (通称トルコンAT) 。わずか700ccのエンジンとトルコンATの組み合わせは、当時は画期的だったようです。
パブリカ
3年間で15万台突破とあるので、月間換算で4,000台あまりになりますね。クルマがまだまだ高嶺の花だった時代ですから、これでも随分売れた方なのでしょう。
パブリカ
ボディカラーはデラックスが3色、スタンダードが3色。赤 (ピオニーレッド) はマイナーチェンジで追加された新色です。
パブリカ
現在はパブリカ店はカローラ店に変わっています。

続いてはパブリカバンのカタログ (デラックス追加時) です。

パブリカバン
表紙は新発売のパブリカバン・デラックス。家族でフォーマルな場に出かけたときに草原で休憩、というシチュエーションでしょうか?
パブリカバン
バンパーオーバーライダーとサイドモールはセダンのデラックス譲り。
パブリカバン
リクライニング・シートやヒーターが装備されるデラックスなら、確かにドライブの楽しさも倍増したことでしょう。
パブリカバン
ヘッドランプにクロームメッキのリムが付くこともスタンダードとの相違点。
パブリカバン
最大積載量は300kg。クルマを変えたところで売り上げが倍増するわけない・・・と野暮を言ってはいけません(笑)。
パブリカバン
ブルーのシート表皮とドアトリムがバンの特徴。クーラーのオプションなどなかった当時、セダンの赤よりも、こちらの方が夏は涼しく感じられたに違いありません。
パブリカバン
リクライニング・シートや熱線吸収ガラスなど、快適装備はセダンのデラックスと変わりません。
パブリカバン
バンはインパネロワー部分もブルー。
パブリカバン
「荷物室は広くて清潔です」。逆に不潔な荷物室の車種などあったの?と突っ込みを入れたくなります。
パブリカバン
これだけ積めれば商用にもレジャーユースにも十分ですね。
パブリカバン
こちらはシンプルなスタンダード。「ANGEL」というカフェ&ケーキ店は実在したのでしょうか?
パブリカバン
スタンダードはシート表皮やドアトリムが質素ですが、これでも十分ですね。
パブリカバン
セダンより車両重量が40kg重いことなどから、定値燃費は3km/h劣る22km/hでした。
パブリカバン
「パブリカバンはどんな道にも強い」とありますが、登坂能力はセダンの23.7°から17.2°に低下しています。非力なエンジンにとって40kgの重量増は大きかったようです。
パブリカバン
ふと気づけば、このマップには当時アメリカ占領下にあった沖縄が含まれていません。こんなところにも時代が感じられますね。
パブリカバン
ボディカラーはデラックス、スタンダードとも2色。いまでは定番となっている白やシルバーがないのは、逆に新鮮に感じられますね。
パブリカバン
パブリカ川崎はもちろん現在は存在しない会社です。

最後にコンバーティブルのカタログを紹介。

パブリカコンバーチブル
コンバーティブルはセダン・デラックス同様、バンパーオーバーライダーやサイドモールなどが備わります。
パブリカコンバーチブル
当時4人乗りのフルオープン・コンバーティブルといえば、国産車ではパブリカコンバーティブルが唯一の存在でした。(コンパーノ・スパイダーは1965年の発売)
パブリカコンバーチブル
草原に佇むパブリカコンバーティブルとカップル。4人乗りとはいえ、2人のためのデートカーとして売り出したかったのでしょう。
パブリカコンバーチブル
幌を立てた姿もサマになりますね。
パブリカコンバーチブル
空冷水平対向2気筒エンジンはツインキャブ化され、セダンから4ps / 0.1kg・mアップの最高出力36ps / 最大トルク5.7kg・mを発生。最高速度はセダンより10km/h高い120km/hに達したものの、出力特性はピーキーでした。
パブリカコンバーチブル
オープン化に伴いボディ補強を施しながらも、車両重量はセダン・デラックスの20kg増しの620kgに抑えられていました。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□トヨタ・パブリカ (初代)~その1

□トヨタ・パブリカ (初代)~その3

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

2 comments on “トヨタ・パブリカ (初代)~その2”

コメントは受け付けていません。