トヨタ・パブリカ (2代目)~その1

パブリカ

1961年にデビューし、日本のモータリゼーション発展に貢献した大衆車「パブリカ」は、1969年4月に初のフルモデルチェンジを受け2代目となります。

全面的にデザインが刷新されたボディのサイズは全長3,645~3,670mm×全幅1,450mm×全高1,380mmで、初代モデルから若干拡大。

ボディタイプは2ドアセダンと2ドアバンの2タイプで、初代に設定のあったコンバーチブルは廃止されました。

駆動方式は初代同様FRで、エンジンは初代譲りの空冷800cc水平対向2気筒 (最高出力40ps / 最大トルク6.4kg・m) のほか、新たに水冷1L直4OHV (最高出力58ps / 最大トルク7.9kg・m) と水冷1.1L直4OHVツインキャブ仕様 (最高出力73ps / 最大トルク9.0kg・m) を設定。

足回りはフロントがストラット式、リアがリジッド・リーフ式という平凡な構成でした。

発売から3か月後の1969年9月、1.1Lツインキャブエンジン搭載の「SL」のエンジンが1.2Lツインキャブ仕様 (最高出力77ps / 最大トルク9.6kg・m) に置換されました。

翌1970年10月のマイナーチェンジでは、インパネのデザイン刷新と同時に、1.2Lシングルキャブエンジン (最高出力68ps / 最大トルク9.5kg・m) を搭載する「ハイデラックス」を追加。

続いて1972年1月にビッグマイナーチェンジが実施され、スタイリングが大幅に変更されます。

2代目パブリカは初代モデルより上級志向が強められ、動力性能も大きく向上、「ハイウェイのカモシカ」のキャッチフレーズで高速性能がアピールされました。

一方、ソフト過ぎる足回りのため操縦性は芳しくありませんでした。

2代目パブリカの姉妹車種として、提携関係にあったダイハツの「コンソルテ」があります。

今回は、発売当初のセダン専用カタログを紹介します。

パブリカ
表紙を飾るのはパブリカではなく、イメージキャラクター?たっだカモシカのイラスト。
パブリカ
主力の1000cc車は、800cc車を20km/h上回る最高速度140km/hの性能を発揮。
パブリカ
主力グレードの1000デラックス。初代よりグラマラスになったボディは、兄貴分のカローラとの類似性も感じられます。
パブリカ
「青年のハートをときめかせる」の一文から、初代のファミリーカー路線から若者向けパーソナルカー路線に方向転換したことが分かります。
パブリカ
初期型はSLを除き扇形のメーターを採用。翌年のマイナーチェンジで丸形2眼式に変更されます。
パブリカ
「足の長いかもしか青年にも、ぴったり!」。ここまでカモシカにこだわりますか(笑)。
パブリカ
後席スペースは初代モデルより拡大され、幅を除けばカローラ並みに。
パブリカ
装備も初代パブリカより充実化。
パブリカ
1969年4月の保安基準改正に対応し、前席シートベルトを標準化。
パブリカ
当時のテレビCMのキャッチフレーズは「ハイウェイのカモシカ!パブリカ・ワン・オー・オー・オー (1000)!」。
パブリカ
2代目になって新設されたスポーティグレードが、カローラSLと共通のエンジンを搭載する「SL」。
パブリカ
スポーティグレードとは言え、控えめなフロントマスク。
パブリカ
廉価グレードの1000スタンダードは、ラジオやヒーター、ホワイトリボンタイヤなどが備わらない質素な仕様。
パブリカ
空冷2気筒エンジン搭載の800シリーズはデラックスとスタンダードを用意。
パブリカ
1000シリーズは、カローラ用のK型エンジンをベースにボアを縮小した2K型エンジンを搭載。
パブリカ
「青年のエネルギッシュな車の使い方」にも耐えるべく、様々なテストを突破。実際のところ、右下の写真の過大なロールから分かるとおり不十分な面もありました。
パブリカ
メカニズムはごく平凡で、技術的に特筆すべき点はありませんでした。
パブリカ
パーソナルカー的なキャラクターにふさわしく、様々なセットオプションを用意。
パブリカ
800シリーズは初代より4psパワーアップし、最高速度も5km/hアップの120km/hに。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ トヨタ・パブリカ (初代)~その3

□ トヨタ・パブリカ (2代目)~その2

□ ダイハツ・コンソルテ

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

2 comments on “トヨタ・パブリカ (2代目)~その1”

コメントは受け付けていません。