マツダ・R360クーペ

R360クーペ

1960年4月にマツダ初の4輪車として登場したのが、軽乗用車のR360クーペです。

その2年前の1958年に発売され、すでにベストセラーカーの地位を確立していたスバル360の牙城を崩すべく投入されたモデルでした。

流麗な2ドアクーペボディのサイズは全長2,980mm×全幅1,290mmと、当時の軽自動車枠より僅かに小さく、全高もクーペの名にふさわしく1,290mmと低く抑えられていたのが特徴です。

ボディはモノコック構造で、車両重量はスバル360とほぼ同等の380kgでした。

法規上は4人乗りだったものの後席は非常に狭く、子供用もしくは荷物置き場と割り切る必要がありました。

駆動方式はRRで、エンジンは強制空冷4サイクルV型2気筒 (最高出力16ps / 最大トルク2.2kg・m) を搭載。

トランスミッションは4速MTのほか、ライバル車にはない2速トルコンAT「トルクドライブ」が設定されていたことは、特筆すべき点です。

最高速度はMT仕様が90km/h、AT仕様が85km/hで、当時の軽自動車として平均的な性能でした。

足回りは前後ともトレーリングアーム式の4輪独立懸架を採用、優れた乗り心地もセリングポイントにしていました。

価格はMT仕様の場合30万円で、スバル360より9万円も安かったこともありベストセラーとなります。

当初はモノグレード体系だったものの、翌1961年に内外装を上質に仕立てた「デラックス」を追加。

加えて、スライド式だったドアウィンドウがレギュレーターによる昇降式に改良され、スバル360への対抗策は盤石となったかのように見えました。

しかし後席スペースが狭かったことや、1962年に同じマツダからフル4シーターの「キャロル」が発売されたことなどから、次第に販売は下降線をたどっていきます。

その後大きな改良がないまま細々と販売が続けられ、1969年にひっそりと生産が打ち切られました。

スバル360が毎年のように改良を受け、長年にわたり市場競争力を維持していたのとはあまりにも対照的だったと言えるでしょう。

まず、発売当初の本カタログを紹介します。

R360クーペ
あずき色のR360クーペに物珍し気に群がる人々。ブルーのR360クーペにもたれかかる女性は、すでにユーザーになっている設定なのでしょうか。
R360クーペ
当時は軽自動車といえど庶民には贅沢品、ゆえにスーツで決めて乗るのが流儀でした(?)
R360クーペ
「ひくくながれるスピーディーなボディーライン」の謳い文句に異論はありません。フェンダーミラーは運転席側にしか備わりませんでした。
R360クーペ
後席の狭いR360クーペでも、大人2人+子供2人の家族構成なら問題なし。
R360クーペ
ボディカラーは「サマセットブルー」「マロンルージュ」「オパールグリーン」の3色を用意。どれも魅力的なカラーですね。
R360クーペ
全高1,290mmは当時の国産車でもっとも低い数値。それに伴う重心位置の低さや空気抵抗の少なさをアピールしています。
R360クーペ
リアに搭載される4サイクル強制空冷V型2気筒OHVエンジン。2サイクルエンジンと比べトルクが劣る一方、燃費では優位に立ちます。
R360クーペ
トルコン式ATを採用した軽自動車はR360クーペが初。まさに画期的でした。
R360クーペ
ボディーは軽量・高剛性なモノコック式。
R360クーペ
スバル360同様に4輪独立懸架を採用。「夢みるようなすばらしいクッション」と謳っています。
R360クーペ
「満員から解放されておつとめに・・・」。当時のサラリーマンにとって、マイカー通勤は夢だったに違いありません。
R360クーペ
MT車の定値燃費は32km/L。スバル360を4km/Lを凌ぐ数値でした。

続いて、トルクドライブ専用カタログを紹介しましょう。

R360クーペ
ドアウィンドウが昇降式に変更された後のカタログです。モデルの女性はなかなかの美人さんですね。
R360クーペ
2ペダルのトルクドライブなら、山道でもステアリング操作に集中できます。
R360クーペ
トルクドライブ=トルクコンバーター式ATのしくみを詳しく解説。
R360クーペ
「スマートなデザイン、明るいカラー」とありますが、その謳い文句に偽りはないですね。
R360クーペ
丸形スピードメーターのみのシンプルなインパネ。前ヒンジドアのメリットがアピールされています。(スバル360は後ヒンジドア)
R360クーペ
モデルの女性の足元が気になりますが、インラインスケートを履いているところのようです。当時流行していたのでしょうか?
R360クーペ
バスを寄せ付けない?加速力を発揮するR360クーペ・トルクドライブ仕様車。
R360クーペ
R360クーペのメカニズムが良く分かる透過図。性能面では4MT車と比べ最高速度は5km/h低く、カタログ燃費は7km/L劣る数値でした。

続いてデラックス専用カタログを紹介。

R360クーペ
RR車ならではのつるんとした顔立ち。愛嬌たっぷりですね。
R360クーペ
2トーンルーフやホワイトリボンタイヤ、左右に備わるフェンダーミラーがデラックスの特徴。
R360クーペ
フェンダーから伸びるアンテナに注目。オプションでカーラジオを選ぶことができました。
R360クーペ
オプションのカーラジオはインパネの左端に装着されました。当時の軽自動車は幅が狭かったので、これでも問題なかったのでしょう。
R360クーペ
デラックスは内装色が赤となるほか、ヒーターやリヤカーテンなどが装備されていました。
R360クーペ
当時の流行だったリヤカーテンが印象的。スモークガラスなどなかった時代、プライバシーを守る手段はほかにありませんでした。
R360クーペ
奥の方にぼんやり見えるR360クーペ・デラックス。傍らにたたずむ女性がまとう服は、おそらく当時の最新モードだったのでしょう。
R360クーペ
最小回転半径4.0mはスバル360と同じ数値。
R360クーペ
エンジンのスペックはこの後向上することはなく、最後まで16psのままでした。
R360クーペ
「交さ点も急坂もスムーズ」。当時は「交差点」ではなく「交さ点」と書くのが一般的だったのでしょうか?
R360クーペ
広島市電や路線バスを従えて走るR360クーペ。隣にマツダのオート3輪、その後方に別のR360クーペの姿が見えます。
R360クーペ
特約販売店のマツダオート兵庫はすでに存在しません。

最後は総合簡易カタログで締めくくります。

R360クーペ
新興住宅街の住人に愛用されるR360クーペ、という設定でしょうか。女性が笑顔で乗り込むのはデラックス、奥に見えるのはスタンダード。
R360クーペ
ラップラウンドウィンドウによる視界の広さをアピール。未舗装の山道が時代を偲ばせます。
R360クーペ
後席こそ大人には窮屈すぎたものの、前席のスペースは十分でした。
R360クーペ
トルコンATとMTの2種類から選べることをアピール。
R360クーペ
「軽免許で乗れる」「車体検査 (車検) の必要がない」など、当時は軽自動車にかなりの恩恵が与えられていたことが伺い知れます。
R360クーペ
こちらは石川県で配布されていたカタログになります。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□マツダ・キャロル (初代)~その1

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

「マツダ・R360クーペ」への1件のコメント

コメントは受け付けていません。