プリンス・スカイライン1500

スカイライン

プリンス自動車の主力モデルとして1957年に初代モデルがデビューした「スカイライン」。

1963年9月のフルモデルチェンジで「スカイライン1500」となり、ハイオーナーカーから大衆向けのファミリーカーに生まれ変わります。

当初は4ドアセダンのみの設定で、プリンス自動車初のフルモノコック構造を採用、ボディサイズは初代より一回り小さい全長4,100mm×全幅1,495mm×全高1,425mmでした。

サスペンションはフロントがダブルウィッシュボーン式、リアは平凡なリジッド・リーフ式が採用されました。

駆動方式はFRで、エンジンは新開発の1.5L直4OHVのG1型 (最高出力70ps / 最大トルク11.5kg・m) を搭載。

フルシンクロの4速コラムMTと組み合わせられ、最高速度135km/hの性能でした。

グレードは当初「1500デラックス」のみだったものの、翌1964年4月に廉価グレードの「1500」が追加されます。

さらに1965年には、5ドアステーションワゴンの「1500エステート」を追加。

翌1966年8月にプリンス自動車が日産自動車に吸収合併された後も、プリンス・スカイラインの名で販売が続けられました。

同年10月に初のマイナーチェンジが実施され、フロントグリルやテールランプの意匠が変更されます。

翌1967年8月にはデラックスのエンジンが1.5L直4OHCのG15型 (最高出力88ps / 最大トルク12.2kg・m) に置き換えられ、最高速度が160km/hまで向上。

そして1968年8月にフルモデルチェンジが行われ、通称ハコスカと呼ばれる3代目スカイラインにバトンタッチされます。

スカイライン1500は動力性能やドライバビリティは良好だった一方、サスペンションが柔らかすぎたため、ピッチングやロールの大きさなど欠点もありました。

それでもファミリーカーとして無難なまとまりを見せ、まずは成功作と言えました。

ここでは、1965年5月発行のカタログを紹介しましょう。

スカイライン

スカイライン
まずはデラックスから紹介。車格的には初代の中型車から小型車にダウンサイジングされていました。
スカイライン
高級感ある内装やメンテナンスフリーが売り物のひとつ。
スカイライン
実際にクラスの水準を抜く加速性能と粘り強さを両立。ただし乗り心地はダンピング不足で、いささか難ありでした。
スカイライン
「5人しか乗れない」「引っ越しの荷物を積むのは無理である」ことを逆アピール?
スカイライン
今なら幼児が「ボクだって動かせる!」とやっては完全にNGですね。
スカイライン
プリンス自動車が特許を持っていた無反射式のメーター。
スカイライン
70馬力の最高出力は、同じ1.5Lクラスのトヨペット・コロナの62馬力、いすゞ・ベレットの63馬力を大きく凌駕。
スカイライン
モノコックボディのメリットなどをアピール。
スカイライン
こちらはベーシックな1500 (スタンダード)。バンパーオーバーライダーやボディ前半部のサイドモールが省かれていますが、モールくらいはケチらなかった方が良かったですね。
スカイライン
濡れた水着のまま乗れることをアピールしていますが、当時は水着で運転する人がいたのでしょうか?
スカイライン
「ゼネレーター」「ステヤリング」などの表現が時代を感じさせますね。

スカイライン

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】