トヨタ・スポーツ800

スポーツ800

1965年4月にトヨタ自動車初の2シータースポーツカーとして発売された「スポーツ800」。

デタッチャブル式ハードトップを備えるモノコックボディは全長3,580mm×全幅1,465mm×全高1,175mmとコンパクトで、車両重量は僅か580kgと極めて軽量でした。

ドライブトレインは、大衆車「パブリカ」用の空冷水平対向2気筒OHVをベースに排気量を790ccまで拡大、さらにツインキャブレター化したエンジンをフロントに搭載し、4速MTを介し後輪を駆動するFR方式を採用。

スペックは最高出力45ps / 5,400rpm、最大トルク6.8kg・m / 3,800rpmで、当時の基準でもパワフルとは言えなかったものの、車体の軽さとcd値0.32の優れた空力特性のお陰で、最高速度155km/h、ゼロヨン加速18.4秒というスポーツカーの名に恥じない性能を発揮しました。

実際の路上でも、遥かに排気量の大きい車に伍して走ることが可能でした。

同時に、60km/h定値燃費31km/Lという当時の軽自動車顔負けの経済性も兼ね備えていました。

スポーツ800はシャシーもパブリカ用を流用したため、フロントがダブルウィッシュボーン式、リアがリジッド・リーフ式の平凡な足回りも共通でした。

しかしロードホールディングは良好で、ステアリングレスポンスも鋭かったため、ワインディング走行を得意としまいた。

その後1968年3月にマイナーチェンジを実施、フロントグリルの意匠変更やバックランプの追加、内装の一部変更などが行われます。

さらに1969年4月には、保安基準改正に対応するためサイドマーカーやヘッドレストを追加。

しかし、この年の10月をもってスポーツ800の生産は打ち切られました。

まず、初期型の復刻版カタログを紹介しましょう。

スポーツ800
フェリーから降車するスポーツ800。表紙には珍しいシチュエーションですね。
スポーツ800
セダンのラインナップを持たなかったホンダがS600を実用車として売ろうとしていたのに対し、パブリカをラインナップしていたトヨタはスポーツ800を「高性能スポーツカー」としてアピール。

スポーツ800

スポーツ800
ローテクなOHV2気筒エンジンのため、レッドゾーンは5,500rpmと低め。
スポーツ800
4眼式メーターが備わるスポーツカームード満点のインパネ。
スポーツ800
シートベルトが備わるのは運転席のみ。サイドブレーキの位置は後ろ過ぎ、操作性に難がありました。
スポーツ800
このページは切り取ってピンナップとして飾ることも可 (切り取り線付き)。もちろん、そんな勿体ないことはできませんが・・・。
スポーツ800
最高速度は水冷DOHC4気筒4キャブレターエンジン (最高出力57ps) を搭載するホンダ・S600より10km/h高く、ゼロヨン加速は0.3秒速いタイムをマーク。軽量・空力ボディの勝利ですね。
スポーツ800
1気筒に1つのキャブレターは贅沢と言えたかもしれません。
スポーツ800
オプションで加速重視のローギアードなファイナルギアを選ぶことも可能でした。
スポーツ800
ハードトップを取り外してもBピラーが残る、いわゆるタルガトップ方式を採用。
スポーツ800
ラジオ、ヒーター付仕様車も用意。

続いてマイナーチェンジ後の後期型の復刻版カタログを紹介。

スポーツ800
フロントグリル、オーバーライダーの意匠変更と同時に、ウインカーレンズの色がクリアからアンバーに変更されています。
スポーツ800
軽快なハンドリングと燃料消費量の少なさを武器にレースでも活躍。

スポーツ800

スポーツ800

スポーツ800
助手席は相変わらずシートベルトの設定はなし。
スポーツ800
メーターパネルやステアリングスポークの防眩処理、スイッチ類の大型化を実施。
スポーツ800
ブルーのボディカラーは後期型で追加された新色。
スポーツ800
バックランプの新設で後退時の安全性が向上。

スポーツ800

スポーツ800

スポーツ800
0形新幹線とスピード競争?をするスポーツ800。
スポーツ800
スペックは初期型から変更なし。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ホンダ・S600

□ホンダ・S800

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】