スバル360~その2

スバル360

1958年にデビューしたスバル360は発売開始とともにベストセラーとなり、改良を重ねながら1970年まで販売が続けられました。

大きな改良としては、まず1960年にエンジンが改良され、スペックが最高出力16ps / 最大トルク3kg・mから最高出力18ps / 最大トルク3.2kg・mに向上。

それに伴い最高速度も83km/hから90km/hにアップし、高速道路への対応性が高まりました。

同時にトランスミッションがコンスタントメッシュ式からシンクロメッシュ式に変更され、扱いやすさが向上したことも見逃せないポイントです。

グレード体系は当初モノグレードでしたが、1961年に「スタンダード」と「デラックス」の2グレード体系となります。

デラックスには3ビームのヘッドランプが採用され、フロント回りの印象が大きく変わりました。

翌1962年には、スタンダードにも3ビームヘッドランプが採用されています。

さらに1963年、フロントドアウィンドウがスライド式からレギュレーターによる昇降式に変更されたほか、インパネのデザインも一新されました。

今回は、この1963年式のカタログを紹介します。

まずは1963年前期型の本カタログから。

スバル360
前期型ではドアウィンドウはまだスライド式でした。
スバル360
「近代人の選ぶ車・乗る車」と謳われています。スバルはそれだけこのクルマに自信があったのでしょう。
スバル360
18Lのガソリンで東京から京都まで走れるとありますが、あくまでも定値燃費で換算したデータなので実際は・・・。
スバル360
当時、日本の道路の大半を占めていた砂利道で真価を発揮する4輪独立懸架。
スバル360
元々航空機メーカー (中島飛行機) だったスバルは、その技術を応用し360にモノコックボディを採用。
スバル360
大人4人が無理なく乗れるパッケージングは見事の一言です。
スバル360
タフでパワフルな強制空冷2サイクルエンジンのお陰で、山道でもオーバーヒート知らず。
スバル360
「パパ行ってらっしゃい!」という声が聞こえてきそうなシーン。一日の費用をビールに換算する視点がユニークですね。
スバル360
コンバーチブルは、オープン時もルーフのフレームやピラーが残るタイプ。現在ではフィアット500Cがこのタイプですね。
スバル360
立派な邸宅にお住まいなら、それに相応しいスバル360デラックスを!
スバル360
デラックスはスタンダードより上質なシート表皮とトリムが特徴。
スバル360
こちらはルーフの後ろ半分をロールトップ式の幌に変更した商用モデル「コマーシャル」。2人乗りで、後席部分は荷物置き場となっています。
スバル360
厳重な品質管理のもとで生産されていることを強調。
スバル360
全国50店の特約店と800の販売店とあります。こうした販売網も、スバル360がベストセラーとなった一因だったに違いありません。
スバル360
RR方式のトラクションにモノを言わせ雪道を行くスバル360。オプションは全部で6点と、いまでは考えられないほど少ないですね。

スバル360

続いてはデラックス専用の簡易カタログを紹介。

スバル360
おうし座の星団「昴」をモチーフにしたセンスのいい表紙。
スバル360
スバル360の後席に子供を乗り込ませるお母さん。安全のため子供は後席、は昔も今も同じです。
スバル360
1963年前期型までは、丸形メーターが備わるシンプルなインパネでした。
スバル360
後席でほほ笑む美女。本文の下の方に軽自動車免許で乗れることや、税金が年3,000円であることなどが記載されています。
スバル360
ホワイトリボンタイヤがデラックスの証。デラックスに乗るからには、やはりフォーマルウェアで!?
スバル360
名古屋スバル自動車は現在もありますが、住所や電話番号は変わっています。

続いて、1963年後期式の本カタログを紹介。

スバル360
敢えてブレた写真を使って疾走感を演出。
スバル360
半世紀以上も前に書かれた手書きのメモは貴重かもしれません。
スバル360
インパネがそれまでより豪華になり、メーターも角形に変更。
スバル360
大柄な男性でも無理なく乗れる後席。ワイワイと楽し気な雰囲気が伝わってきます。
スバル360
0~200m加速17.1秒のダッシュ力をもってすれば、トラック群を引き離すなど朝飯前。
スバル360
コンパクトなボディと小回り性能のお陰で、狭い路地の取り回しも楽々。
スバル360
未舗装の山道を行くスバル360。軽自動車ながら、山道はむしろ得意としていました。
スバル360
スバル360は家族の一員。現在では見られないカーポートがユニークですね。
スバル360
不整路でも快適な乗り心地を提供する4輪独立懸架。
スバル360
デラックス化により車両重量は当初より12kg増加したものの、397kgと依然として軽量。
スバル360
林とカップルとスバル360と。なかなかいい構図ですね。
スバル360
デラックスはリクライニング式のベンチシートが特徴。お子ちゃまもお人形さんも気持ち良く眠れます。
スバル360
半世紀以上も前にオープン走行が楽しめる軽自動車があったとは、驚きですね。
スバル360
コンバーチブルを池の畔に停め、釣りを楽しむ家族。演出とは言え、ほのぼのとした気持ちになります。
スバル360
スバルの工業製品が勢揃い!スバル360のほかにサンバーやラビットスクーター、さらには国産初のジェット練習機「富士T-1」の姿も見えます。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□スバル360~その1

□スバル360~その3

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

2 comments on “スバル360~その2”

コメントは受け付けていません。