スバル360~その3

スバル360

1958年にデビューしたスバル360は、その後毎年のように改良が施され、完成度が向上していきます。

1964年には、エンジンがそれまでの混合給油式から分離給油式の「スバルマチック」に変更。

同時に最高出力が18psから20psに向上、最高速度が10km/hアップしてついに100km/hの大台に達しました。

その後も様々な改良が積み重ねられ、好調な販売を維持しますが、1967年に高性能・低価格を売り物にデビューしたホンダ・N360にトップセラーの座を奪われてしまいます。

スバルも指をくわえて見ていたわけではなく、翌1968年に対抗措置として最高出力が25psに引き上げられたほか、最高出力36psを誇るスポーティグレード「ヤングSS」を追加しました。

しかしデビューからすでに10年が経過、基本設計の古さが目立っていたスバル360は、販売台数の減少に歯止めが掛かりません。

そして1969年に後継モデルの「R-2」が発売されると、翌1970年に生産を終了、12年の歴史に幕を下ろしました。

今回は、1965年式のカタログを紹介します。

まずは本カタログから。

スバル360
上司の邸宅を訪ねた若夫婦、というシチュエーションでしょうか?
スバル360
こちらは通称「出目金」の愛称で親しまれた初期型。
スバル360
そしてこちらが1965年式。基本的なフォルムは不変ながら、ヘッドライトやドアウィンドウなど多くの変更が施されたことが見て取れます。
スバル360
混合給油方式の採用により、給油が容易になると同時に2サイクル特有の白煙も減少。
スバル360
0~200m加速17.1秒のタイムは、18ps時代と同じ。最大トルクが据え置かれたため、加速性能の向上はなかったようです。
スバル360
インテリアにも手が加えられ、インパネ下部の荷物棚の拡大や、サンバイザーとサイドバイザーの兼用化などが図られました。
スバル360
まだ一家に一台マイカーが普及していなかった時代ゆえ、この写真のように二組の家族が一台の車に乗ってお出かけすることも珍しくありませんでした。
スバル360
2テールランプの採用やエンジンフード・ルーバーの変更により、リア回りのイメージを一新。
スバル360
軽量ボディと快適な乗り心地は、依然としてスバル360の武器でした。
スバル360
ホワイトリボンタイヤとリクライニング式ベンチシートが「デラックス」の証。ポーズを取るお姉さんの隣に座りたくなります(笑)。
スバル360
こちらは最上級グレードの「スーパーデラックス」。フォグランプやオートラジオを標準装備するなど、豪華な仕様になっていました。
スバル360
こちらは1964年に追加された電磁クラッチ式セミAT「オートクラッチ」付モデル。2ペダルですがシフト操作は必要でした。ハイヒールでの運転が推奨されない現在では、考えられない写真ですね。
スバル360
こちらは副変速機が備わるオーバートップ付デラックス。3速×2=6速化により、最高速度アップ (5km/h) や燃費向上などを実現。
スバル360
ロールトップ付のコンバーチブルデラックスも引き続き設定。この3人組は、これからゴルフにいそしむようです。
スバル360
スバル360ばかり4台でピクニックにお出掛け!スバルの社内ではこうした光景もあったのでしょうか。
スバル360
代理店が伊藤忠自動車になっていますが、現在は東京スバルに統合されています。

続いて1965年式の簡易カタログを紹介しましょう。

スバル360
表紙の写真は「スタンダード」。ピンクの服を着た女性は管理人のタイプ(笑)ですが、存命なら相応のお年になっていますね。
スバル360
上部に「39年7月発売」と落書きがあります。

スバル360

スバル360
裏表紙の写真は、バンパー上にフォグランプが装着されるスーパーデラックス。ピンク服のお姉さんの笑顔が眩しい!

最後に、最終型となった1968年式スバル360のカタログを紹介します。

スバル360
「オーバートップ」「110km」「25ps」の文字が誇らしげな表紙
スバル360
オーバートップの標準化、最高出力の5psアップと相まって最高速度はそれまでより10km/h向上。
スバル360
フロントフードのルーバーが廃止され、代わってスバルのオーナメントを装着。ブラックアウトされたヘッドライトリムやリアのエアインテークも最終型の特徴。
スバル360
赤のボディカラーを選ぶと、インテリアも同色の赤に。これまでのアットホームなイメージを覆す、情熱的なムードが漂います。
スバル360
サイドウィンドウの向こうにはラブラブのカップル。写真に写っているシートベルトはオプションでした。
スバル360
最大トルクも3.2kg・mから3.5kg・mへと向上し、0-200m加速は20ps時代より2秒速い14.1秒に向上!
スバル360
ボディカラーは「アイボリーホワイト」「サテンブロンズ」「ブリリアントレッド」「クラウドブルー」の4色。アイボリーホワイトは、ルーフの色が白・赤・黒の3色から選べました。
スバル360
車両重量は初期型より30kg増加したものの、415kgと依然として軽量でした。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ スバル360~その2

□ スバル360~その4

□ スバル・R-2

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

2 comments on “スバル360~その3”

コメントは受け付けていません。