ダットサン・サニー (2代目)

サニー

1966年にデビューした日産自動車の大衆車「ダットサン・サニー」は、1970年1月のフルモデルチェンジで2代目となります。

ボディタイプは2ドア / 4ドアセダン、2ドアクーペ、2ドア / 4ドアセダンを設定、セダンのボディサイズは全長3,830mm×全幅1,495mm×全高1,390mmで、初代から若干拡大されました。

駆動方式は従来同様FRで、エンジンは先代のA10型をベースに排気量拡大などの改良を施したA12型シングルキャブ仕様 (最高出力68ps) を採用。

トランスミッションは4速フロアMT、3速コラムMT、3速フロアATが用意されました。

足回りはフロントがダブルウィッシュボーン式からストラット式に変更された一方、リアは古典的なリジッド・リーフ式のままでした。

追って同年4月、A12型ツインキャブ仕様エンジン (最高出力80ps) 搭載のスポーティグレード「GX」が追加されます。

さらに翌1971年4月には、1.4L直4SOHCのL14型エンジン (最高出力85ps / 95ps) を搭載する上級モデル「エクセレント1400」シリーズが登場。

次いで翌1972年1月にマイナーチェンジを実施、内外装が一部変更されます。

そして1973年5月にフルモデルチェンジ、3代目サニーに移行しました。

2代目ダットサン・サニーは初代からのキープコンセプトで、エンジンのフィーリングの良さ (※A12型に限る) を除けば抜きん出たポイントはなく、良くも悪くも無難にまとまった大衆車でした。

販売面では一足遅れてフルモデルチェンジされたカローラに終始押され気味だったものの、日産車の中ではもっとも販売台数が多く、十分成功作と言えました。

まず、デビュー当初のセダン専用カタログを紹介します。

サニー
スタイリングは直線基調を踏襲しながら、幾分ボリューム感のある印象に。
サニー
「2まわり豊かになって」は誇大広告だったかもしれません。

サニー

サニー
デラックスのコラムシフト仕様は横型メーターを採用。
サニー
同じデラックスでも、フロアシフト仕様は丸形3眼メーターでした。
サニー
GLに限り、サニー初の前輪ディスクブレーキを採用。衝撃吸収ステアリングや二系統ヘッドランプなどもGL専用装備でした。
サニー
レザートップや砲弾型ミラー、フォグランプ、ウッドステアリング&ウッドシフトノブなどをオプション設定。

サニー

サニー
2代目サニー1200のもっとも秀でたポイントが、動力性能とドライバビリティでした。クラストップの加速性能と、スムーズかつシャープな吹き上がりが持ち味。

サニー

続いて、クーペ追加時の専用カタログを紹介。

サニー

サニー
スタイリッシュかつ均整の取れたフォルム。
サニー
後ろ姿も美しいですね。
サニー
さすがにクーペにはコラムシフト&横型メーター仕様の設定はありませんでした。
サニー
後席もセダンにそん色ないスペースを確保。
サニー
女性モデルの履いている裾の広がったパンタロンは、1970年代前半の流行でした。
サニー
クーペ発売時はスポーティグレードの設定はなく、タコメーターやウッドステアリングも全車オプション扱いでした。
サニー
クーペも前輪ディスクブレーキが備わるのは上級のGLに限られました。

サニー

サニー

最後に、エクセレント1400専用カタログを紹介。

サニー
フロント回りの意匠が1200シリーズとは異なっています。
サニー
全長とホイールベースも1200シリーズから延長。
サニー
セダンはリアコンビランプが大型化され、ゴージャスな印象に。
サニー
クーペのリアコンビランプは1200シリーズと共通。
サニー
インパネのデザインは1200シリーズと共通。
サニー
シートはゴージャスなイメージになっています。

サニー

サニー
L14型エンジンはSOHCながら滑らかさ・吹き上がりの鋭さともにOHVのA12型に劣っていました。
サニー
最高出力はA12型に勝るものの、車両重量が増加したため動力性能は僅かな差に留まりました。

サニー

サニー

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ ダットサン・サニー (初代)

□ ダットサン・サニー (3代目)

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

2 comments on “ダットサン・サニー (2代目)”

コメントは受け付けていません。