スズキ・スズライト360 (2代目)~その1

スズライト360

1955年にスズキ初の4輪車としてデビューした軽自動車「スズライト360」は、1959年7月のフルモデルチェンジで2代目TL型に生まれ変わります。

ボディサイズは当時の軽自動車規格に沿った全長2,990mm×全幅1,295mmというもので、全高は初代より20mm低い1,380mm。

外観は、ずんぐりした印象の強かった初代から一転、スマートなフォルムになりました。

ボディは商用登録の2ドアバンのみの設定で、車両重量490kg、最大積載量は300kgでした。

駆動方式は初代と同じFFで、エンジンも空冷2サイクル360cc (最高出力21ps / 最大トルク3.2kg・m) が踏襲されます。

最高速度85km/hは、当時の軽自動車に求められる水準に達していました。

サスペンションは快適性と堅牢性を両立させるべく、横置きリーフスプリングを用いた4輪独立懸架を踏襲。

翌1960年10月にマイナーチェンジを実施、フロントグリルの意匠変更と同時にワイパーがシングルブレードから2ブレードに変更されます。

さらに1961年11月のマイナーチェンジでは、フロントウィンドウが平面ガラスから曲面ガラスに、テールゲートが横開き式から上下開き式に、ウインカーランプの位置がボディ側面からフロントおよびリアに変更されるなど、大幅にリファイン。

そして1962年3月に乗用登録のセダン「スズライト フロンテ」が追加されると、「スズライト バン360」へと名を変えます。

まずは、初期型スズライト360のカタログ から紹介しましょう。

スズライト360
「軽免許で乗れるスズライト360」。当時は16歳で軽自動車免許が取得できました。平面ガラスのフロントウィンドウ、Bピラーに設けられたウインカーランプなどが初期型の特徴。
スズライト360
ウインカーランプのないシンプルなフェイス。横置きリーフスプリングがはっきり確認できますね。
スズライト360
小型車と比べ税金は10分の1以下、保険料は3分の1以下と経済的。スズライトとポーズを取る美女の足元が砂利道なのは、当時の道路事情を如実に表しています。
スズライト360
ほぼ同時期に登場したオースチン/モーリス・ミニにも似たスマートなデザイン。
スズライト360
トランスミッションは、指先で操作できるコラムシフトの3速MT。足回りは補助スプリング付きのダブルスプリングを採用し、乗り心地と耐久性を両立。
スズライト360
FF方式のメリットを生かしたパッケージング (当時はそんな用語もありませんでした) が自慢。低くて広い荷室は、リアエンジン車には到底真似ができません。
スズライト360
定値燃費30km/Lは、同時代のスバル360より4km/Lも優れた数値でした。それでいて、最高出力もスバル360初期型より5psも強力!
スズライト360
呉駅前モーターズなるディーラーは、すでに存在しません。

続いて、イナーチェンジ後のモデルを第8回全日本自動車ショウのパンフレットで紹介。

スズライト360
フロントグリルが豪華になったことや、ワイパーが2ブレード化されたことが分かります。運転席から顔をのぞかせるワンコは、当時流行したスピッツでしょうか?
スズライト360
空港をバックに佇むスズライトバンと美女。ウインカーランプの位置はまだBピラーのままでした。
スズライト360
こちらはトラックのスズライト キャリイ。現在のキャリイと異なりキャブオーバータイプで、スズライト バンと同じFF方式を採用。
スズライト360
まだフロンテのサブネームが与えられていなかった発売前のセダンと、ショーモデルのスズライト スポーツ。
スズライト360
当時の開催場所は、晴海にある東京国際見本市会場でした。

最後に、2度目のマイナーチェンジを受けた後のカタログを紹介して締めます。

スズライト360
フロントグリルの意匠が再度変更されたほか、ウィンカーランプが新設 (Bピラーから移動) されたことが分かります。当時はバンと言えど、休日には立派な乗用車として活躍しました。
スズライト360
フロントウィンドウがカーブガラスになっていることが分かるでしょうか?
スズライト360
「リャードアー」という和訳や、和洋をミックスした「フロントエンジン・前輪駆動」という表現が時代を感じさせますね。
スズライト360
リャードアー(笑)が上限開きに変わったことがこのアングルからも分かります。それまでの横開き式と比べ、後ろのスペースが狭くても開閉できるのがメリット。
スズライト360
モデルさんたちはおそらく本物の家族ではなかったのでしょうが、ほのぼのさせるシーンです。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□スズキ・スズライト360 (2代目)~その2

□スズキ・スズライト フロンテ

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

3 comments on “スズキ・スズライト360 (2代目)~その1”

コメントは受け付けていません。