トヨタ・ターセル (初代)

ターセル

1978年8月にトヨタ初のFF車としてデビューした「ターセル」と「コルサ」。

2台は外観が僅かに異なるのみの姉妹車種で、ターセルはカローラ店とディーゼル店、コルサはトヨペット店で取り扱われました。

ここでは、ターセルについて解説します。

ボディは2ドア / 4ドアセダンと3ドアハッチバックの3タイプが用意され、全長3,960~3,990mm×全幅1,550~1,555mm×全高1,375mmの大きさでした。

ドライブトレインはFF車としては少数派の縦置きで、エンジンは当初、新開発された1.5L直4SOHCの1A-U型 (最高出力80ps) が搭載されました。

足回りはフロントにストラット式、リアにトレーリングアーム式を採用、トヨタの大衆車では初の4輪独立懸架でした。

翌1979年6月には一部改良が実施され、1.3L直4SOHCの2A-U型エンジン (最高出力74ps) を搭載する1300シリーズが登場。

同時に、1500シリーズのエンジンがカローラと共通の3A-U型 (最高出力83ps) に変更されます。

追って1980年8月、最初で最後のマイナーチェンジが実際され、外装デザインを一部変更。

そして1982年5月のフルモデルチェンジで、2代目モデルに移行します。

初代ターセル (およびコルサ) は扱いやすいエンジン特性やマイルドな乗り心地、FFの癖を抑えたハンドリング、広々とした室内スペースなど、ファミリーカーとして優れた資質を備えていました。

しかし販売面では、ベストセラーカーのカローラ / スプリンターと弟分のスターレットに挟まれ、トヨタの思惑ほどは売れませんでした。

ここでは、発売当初のカタログを紹介します。

ターセル
表紙を飾るのは3ドアハッチバックと4ドアセダン。路面がウェットなのはFF方式ならではの直進安定性をアピールするため?
ターセル
主流である横置き式ではなく、敢えて縦置き式を採用した理由は、ATの搭載が容易なことと整備性に優れること。
ターセル
全長4m未満の全長に対し2,500mmのロングホイールベースが特徴。
ターセル
フロント・トレッド1,330mmは、当時の大衆車としてはワイドな方でした。
ターセル
もっとも燃費の良いグレードの60km/h定値燃費は27km/L。これは1.3Lのスターレットと同等の数値でした。
ターセル
実際の静粛性は大衆車クラスの平均レベルでした。
ターセル
後席にホイールハウスの張り出しがないため、大人3人が無理なく掛けられる居住性を実現。
ターセル
4ドア/2ドア車にはトランクスルー機構を、3ドア車には後席5:5分割可倒機構を採用。
ターセル
巨大なガラスハッチが備わる3ドア車。313°という視界の広さは、衝突安全対策に縛られる現代のコンパクトカーには望めないものでしょう。
ターセル
後輪のホイールストロークを200mm (前輪は190mm) 確保し、快適な乗り心地を実現していました。
ターセル
定値燃費よりも実燃費に近い10モード値は16km/L。
ターセル
馬力荷重9.6kg/psを謳うものの、実際の動力性能はクラスの平均以下でした。
ターセル
ロングキャビン設計により、室内長はクラス最長の1,740mmを実現。後席の足元スペースにもゆとりがありました。
ターセル
グレード体系は4ドアと2ドアが3タイプ、3ドアが4タイプ。
ターセル
3ドア車は65°跳ね上がるガラスハッチを採用。開口部の位置が高いため、重い荷物の積み下ろしは大変だったに違いありません。
ターセル
エアコンやカセットステレオをオプション設定。

ターセル

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□トヨタ・ターセル (2代目)

□トヨタ・コルサ (初代)

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

2 comments on “トヨタ・ターセル (初代)”

コメントは受け付けていません。