フォルクスワーゲン・タイプ1~その2

タイプ1

仕1938年に初の量産型モデルが登場し、1945年から販売が開始されたフォルクスワーゲン・タイプ1。

「ビートル」「かぶと虫」などの愛称で親しまれたタイプ1は、1968年にビッグマイナーチェンジを受けます。

今回は、1968年から生産終了となる2003年までのモデル変遷を解説。

・1968年、主要な輸出先だったアメリカの新安全基準に対応するため、大型バンパーや大型テールランプ (通称アイロンテールまたはロケットテール) を採用。

・1970年、フロントサスペンションをストラット式を変更し、トランクスペースの拡大や最小回転半径の縮小を実現した「1302 / 1302S」を追加。1302Sには1,584ccエンジン (最高出力50ps / 最大トルク10.8kg・m) を搭載。同じエンジンを搭載するトーションバーサスペンション仕様車「1300S」も登場。

・1972年、テールランプを大型化 (通称ビッグテール)。

・1978年、本国西ドイツでの生産を終了。メキシコやブラジルでの生産は継続。

・2003年、最後までタイプ1の生産を続けていたメキシコでも生産を終了。65年に及ぶ歴史に終止符。

まず、1968年式 (アイロンテール) のカタログを紹介します。

タイプ1
輸入ディーラーのヤナセでは「カブト虫」の愛称で呼んでいました。
タイプ1
冒頭を飾るのは1.5Lエンジン+スポルトマティック仕様の「オートマチック」。以前のタイプ1との違いは直立したヘッドランプや大型のプレスバンパーなど。
タイプ1
変速は全自動ではなく、状況に応じて3つのギアを手動で切り替える必要がありました。
タイプ1
市街地ではD1、郊外や高速道路ではD2、急な上り坂ではLを選択。
タイプ1
2系統ブレーキシステムや衝撃吸収ハンドルの採用などで安全性が向上。
タイプ1
ベンチレーションシステムの導入も改良ポイントのひとつ。
タイプ1
後席のシートバックを倒せば荷室として利用可能。
タイプ1
ドアノブも以前のプッシュボタン式からレリース式に変更されています。
タイプ1
アイロンやロケットの形を彷彿とさせるテールランプがこの年代の特徴。
タイプ1
4速MT仕様の1300と1500。
タイプ1
内装デザインはマイナーチェンジ前から大きな変更はなし。
タイプ1
最廉価グレードの1200。他のグレードよりバンパーの取り付け位置が低く、ホーン開口部が設けられているのが外観上の相違点。
タイプ1
当時すでに少数派になっていたRR方式や空冷エンジンも、タイプ1の立派な?セールスポイント。
タイプ1
もって生まれた信頼性の高さにヤナセのサービスが加わり、万全の体制。
タイプ1
スライディングルーフやラジオ、熱線リアデフォッガーなどをオプションで用意。
タイプ1
正式な車名・グレード名に「タイプ1」や「ビートル」などの文字はありません。

続いて、1974年式 (ビッグテール) のカタログを紹介。

タイプ1
表紙にタイプ1の文字が入っています。

タイプ1

タイプ1
まず登場するのはフロント・ストラットサスペンション+1.6Lエンジンの1303S。膨らんだボンネットフードが特徴。
タイプ1
ずんぐりした顔つき、重厚な後姿と言ったほうが正しいように思えます。
タイプ1
サスペンションの硬さをカバーする座り心地のいいシート。
タイプ1
従来とはまったく異なるモダンなデザインのインパネを採用。
タイプ1
ストラットサスペンションのメリットで、RR車の弱点だったトランクスペースを拡大。
タイプ1
リアサスペンションも従来型のスイングアクスル式からダイヤゴナル・リンク式に変更され、操縦安定性が向上。
タイプ1
フロント・トーションバーサスペンションの1200 /1300Sも併売。外観的にはこちらの方が馴染みますね。
タイプ1
コンバーチブルは1303Sだけに設定。トーションバーモデルはセダンしか選べなくなっています。
タイプ1
トーションバーモデルのインパネは基本的に従来のデザインを踏襲しながら、安全パッドなどの採用でイメージを一新。
タイプ1
ダイアグノーシスは今では自己診断機能のことを指しますが、当時は直訳の「診断」の意味で使われています。
タイプ1
ディーラーにはタイプ2やタイプ3、カルマンギアなど空冷ワーゲンファミリーが勢揃い。
タイプ1
左中央の写真のように、社外品でダミーのフロントグリルキットが販売されていました。
タイプ1
1200のみ1.2Lエンジンで、他のグレードはすべて1.6エンジン搭載。車名と排気量が一致せず、紛らわしいですね。
タイプ1
カラフルな原色系ボディカラーを多数用意。当時、「黄色いビートルを見かけると幸せになる」という都市伝説がありました。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ フォルクスワーゲン・タイプ1~その1

□ フォルクスワーゲン・カルマンギア

□ フォルクスワーゲン・タイプ3

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】