新型アルトの内外装はどう変わったのか?新旧アルトを徹底比較!

新旧アルト比較

スズキのベーシックな軽自動車「アルト」は、2021年12月10日に7年ぶりのフルモデルチェンジが発表されました。

旧型アルトのユーザーや新規に軽自動車の購入を考えている人にとって、新型アルトは気になる存在ではないでしょうか?

ここでは新型アルトの内外装は旧型アルトからどこが変わったのかを徹底比較していきますので、購入時の参考にどうぞ!

■ 新型アルトのエクステリアはどう変わったのか?

まず、新型アルトのエクステリアは旧型アルトからどう変わったのかチェックしてみましょう。

ボディサイズに関しては全長と全幅は軽自動車規格に縛られるため、当然ながら新型になっても変化はありません。

しかし全高は旧型アルトの1,475mmから1,525mmへと、50mmも高められています。

■ フロントビュー

新型アルト

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

旧型アルト

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

フロントマスクは基本的に旧型アルトのイメージが受け継がれていますが、ヘッドランプやアッパーグリルのデザインが変わっています。

また全高が高められた分ガラスエリアが大きくなったことも、相違点です。

なお新型アルトは最上級グレード「ハイブリッド X」の画像ですが、下位グレードはメッキの加飾が付かないので、より旧型に違い雰囲気になります。

■ サイドビュー

新型アルト
新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

旧型アルト

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

フロントビュー以上に印象が変わったのが、サイドビューです。

新型アルトは旧型アルトと比べAピラーやCピラーの角度が立てられ、スクエアなフォルムに変化しています。

それでいて角のエッジが丸められた、いわゆる「丸四角い」デザインです。

また、全高が高くなったことは側面から見ると一層はっきり分かります。

■ リアビュー

新型アルト

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

旧型アルト

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

リア回りのイメージも、新型では旧型から大きく変わっています。

最大の相違点はリアコンビランプの意匠と位置で、旧型がバンパーに横型コンビランプが埋め込まれていたのに対し、新型ではリアウィンドウ下部に縦型コンビランプを配置。

そのため、雰囲気はかなり異なります。

新型アルトのエクステリアを総括すると、旧型より「丸四角い」フォルムに変わったことや、ベルトラインから上のグリーンハウスが拡大されたことが特徴です。

そのため、旧型アルトからのキープコンセプトと言われながらも、全体的な雰囲気は大きく変わっています。

パッケージング重視の観点では新型アルトの方が好ましく、親しみやすさの点でも旧型アルトに勝ると言えるでしょう。

ただ、旧型アルトのシャープで無駄のないフォルムや、背の低いスタイリッシュさなども捨て難いものがあります。

新型アルトのエクステリアは女性ユーザーからの受けは良さそうですが、男性ユーザーには多少抵抗感があるかもしれません。

■ 新型アルトのインテリアはどう変わったのか?

次に、新型アルトと旧型アルトのインテリアを比較します。

まず、室内寸法を比べてみましょう。

項目 / 車名 新型アルト 旧型アルト
室内長 (mm) 1,960 / 2,015 1,985 / 2,040
室内幅 (mm) 1,280 1,255
室内高 (mm) 1,260 1,215

新型アルトの室内長は後席ヘッドレスト付の上級グレードが2,015mm、ヘッドレスト無の下位グレードが1,960mmで、ともに旧型アルトから25mm短くなっています。

一方で室内幅は25mm、室内高は45mm拡大。

新型アルトは足元のスペースが僅かに減ったものの、それ以上に横方向と頭上のスペースに余裕が生まれたメリットの方が上回ります。

■ インパネ

新型アルト
新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

旧型アルト

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

新旧アルトのインパネを比較すると、旧型アルトが水平貴重のデザインだったのに対し、新型アルトは丸みを帯びたデザインに変わっています。

好みにもよりますが、意匠のスッキリ感に関しては旧型アルトに分があったと言えるでしょう。

ただ、視界に関してはAピラーの角度が立てられ、フロントウィンドウの面積も拡大された新型アルトが勝ります。

また、収納に関してもインパネ左右にドリンクホルダーが、グローブボックス上部にインパネトレーが新設されるなど、旧型から改善されました。

■ 内装

新型アルト

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

旧型アルト

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

内装全体のデザインはキープコンセプトで、シートやドアトリムの造形に大きな違いは見られません。

収納面では進化が見られ、前席シート間にこれまでのドリンクホルダーに代わり (インパネに新設されたため)、ボックスティッシュが置けるフロアコンソールトレーを新設。

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

特に花粉症持ちの人にとっては、嬉しい改良点でしょう。

また後席フロアのセンター部にも、コンソールドリンクホルダーが新設されました。

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

旧型アルトは後席にドリンク置き場がなかったので、これは大きな進歩です。

■ 新型アルトの内外装は一長一短あり

新型アルトの内外装デザインは、一部旧型アルトのイメージを残しながらも大きく変貌しました。

パッケージング優先になり、かつ柔らかみを帯びたエクステリアを高く評価する人も多いことでしょう。

一方でシャープさや精悍さは失われているので、旧型アルトの方が良かったと感じる人もいるはず。

インパネに関してもエクステリア同様、従来の直線基調から曲線基調に変わっているので、賛否分かれるかもしれません。

ただ、居住性の向上や収納の増加は明らかな進化のポイントです。

このように、新型アルトの内外装デザインは全面的に旧型から向上したとは言えませんが、機能性の点では向上を果たしています。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 新型アルトの装備は充実したのか?新旧アルトを徹底比較!

□ 新型アルトの走りや運転しやすさは向上したのか?新旧アルトを徹底比較!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】