新型アルトの装備は充実したのか?新旧アルトを徹底比較!

新旧アルト比較

スズキのベーシックな軽自動車「アルト」は、2021年12月10日に7年ぶりのフルモデルチェンジが発表されました。

価格が従来の863,500円~1,200,100円から943,500円~1,379,400円へと大幅にアップしているだけに、その分装備の充実化に期待したくなるのが人情です。

ここでは新型アルトと旧型アルトの装備を徹底比較していきますので、購入時の参考にどうぞ!

■ 新型アルトの装備は充実したのか?

新型アルトの装備は旧型アルトより充実したのかどうか、早速チェックしてみましょう。

■ 安全運転支援システムの全車標準化と自動ブレーキの進化

旧型アルトでは、安全運転支援システムの「スズキセーフティサポート」が標準装備されるのは上級グレードに限られ、下位グレードではメーカーオプション扱いでした。

それに対し新型アルトは、全車にスズキセーフティサポートが標準装備されました。

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

また、スズキセーフティサポートの機能のひとつであるデュアルカメラブレーキサポート (自動ブレーキ) の性能も向上しています。

旧型は歩行者を昼間しか検知できなかったのに対し、新型アルトは夜間でも歩行者を検知できるよう進化しました。

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

また歩行者を検知できる速度域が、旧型の約5km/h~約60km/hから約5km/h~約100km/hに拡大したことも改良点のひとつです。

新型アルトは旧型よりも事故リスクが減り、より安心して運転できるようになりました。

■ エアバッグの充実化

万が一衝突事故が起きてしまったときに、乗員を保護する安全装備がエアバッグ。

旧型アルトは運転席と助手席のデュアルエアバッグが付くだけだったので、側面衝突時の不安が拭えませんでした。

それに対し新型アルトでは、側面衝突から乗員を守るサイドエアバッグとカーテンエアバッグを全車に標準装備

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

サイドエアバッグとカーテンエアバッグはライバルのミライースや兄貴分 (姉貴分?) のラパンには設定がないので、新型アルトの利点になっています。

■ LEDヘッドランプを設定

旧型アルトのヘッドランプはディスチャージタイプまたはハロゲンタイプで、明るく省エネなLEDヘッドランプの設定はありませんでした。

しかし新型アルトでは、LEDヘッドランプが最上級グレードのハイブリッド Xに標準装備されたほか、ハイブリッド S / Lにオプション設定されました。

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

バッテリーの負担を気にすることなく、夜間に良好な視界を確保できるようになったのは朗報です。

■ アルミホイールを設定

旧型アルトではホイールは全車スチールホイールで、アルミホイール装着グレードはありませんでした。

一方新型アルトは、ハイブリッド Xにアルミホイールを標準装備。

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

足元をお洒落に演出し、ばね下荷重軽減による走行性能向上も期待できるアルミホイールが採用されたのは、特にクルマ好きには嬉しい点でしょう。

■ 新型アルトはコストパフォーマンス面では微妙か?

新型アルトは安全装備をメインに充実感が図られ、旧型より安心して乗れるようになりました。

しかし価格が最廉価グレードで8万円、最上級グレードでは約18万円もアップしていることを考えると、やはり割高感は否めません。

価格アップが現状の半分程度だったら諸手をあげて賞賛できるのですが、現状では新型アルトのコストパフォーマンスは微妙です。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 新型アルトの走りや運転しやすさは向上したのか?新旧アルトを徹底比較!

□ 新型アルトの内外装はどう変わったのか?新旧アルトを徹底比較!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】