駐車支援装備の設定がある軽自動車はコレ!

駐車

軽自動車は車体がコンパクトなので、普通車と比べると駐車は容易です。

とは言え駐車に苦手意識のある人にとっては、軽自動車でも駐車支援装備が欲しくなるでしょう。

ここでは駐車支援装備がオプション設定されている軽自動車を紹介しますので、参考にしてみてください。

駐車支援装備の設定がある軽自動車一覧

軽自動車で駐車支援装備がオプション設定されているのは、以下の6車種です。

メーカー 車名 駐車支援装備が選べるグレード 駐車支援装備の名称 オプション価格 (円)
日産 サクラ G プロパイロットパーキング 55,000
ダイハツ ムーヴキャンバス 全車 スマートパノラマパーキングアシスト 71,500~165,000
ダイハツ タント / タントカスタム Lを除く全車 スマートパノラマパーキングアシスト 90,000~143,000
ダイハツ タフト 全車 スマートパノラマパーキングアシスト 71,500~126,500
スバル シフォン / シフォンカスタム G / GS / カスタムR / カスタムRS スマートパノラマパーキングアシスト 69,300~228,800
三菱 eKクロスEV P マイパイロットパーキング 165,000

続いて、各車種の駐車支援装備をくわしく見てみましょう。

■ 日産・サクラ

軽自動車駐車支援装備
引用:nissan.co.jp/sakura

サクラにはGとXの2グレードが用意されていますが、プロパイロットパーキングと呼ばれる駐車支援装備が選べるのは上級のGグレードのみです。

プロパイロットパーキングの操作は簡単で、駐車したい場所の前に停め「駐車開始」のボタンを押すだけ。

あとはステアリング、アクセル、ブレーキ、シフト操作をすべて自動で行ってくれます。

さらに駐車が終了すると自動でパーキングブレーキも掛けてくれるので、本当に手間いらずです。

通常のバックによる入庫だけでなく、前向き駐車や縦列駐車にも対応します。

これだけの高機能でありながら、オプション価格が55,000円と安いことも魅力です。

■ ダイハツ・ムーヴキャンバス

駐車支援装備
daihatsu.co.jp/move_canbus

ムーヴキャンバスでは、全車に駐車支援装備のパノラマパーキングアシストがオプション設定されています。

スマートパノラマパーキングアシストの操作は、こちらも駐車スペースの白線の横で一旦停車し、スイッチを押すだけ。

駐車支援装備
引用:daihatsu.co.jp/move_canbus

ただし自動で行ってくれるのはステアリング操作のみで、アクセル&ブレーキ操作やシフト操作はガイダンス音声に従ってドライバー自身が行う必要があります。

並列駐車と縦列駐車に対応しますが、前向き駐車には対応しません。

機能的にプロパイロットパーキングと比べかなり見劣りしますが、ステアリング操作を自動で行ってくれるだけでも価値があります。

■ ダイハツ・タント / タントカスタム

軽スーパーハイトワゴン安全性比較
引用:daihatsu.co.jp/tanto

タント / タントカスタムでは、タントのベーシックグレード「L」を除く全車に駐車支援装備のパノラマパーキングアシストがオプション設定されています。

ちなみに、軽自動車で駐車支援装備が設定されたのはタント / タントカスタムが初です。

軽自動車駐車支援装備
引用:daihatsu.co.jp/tanto

スマートパノラマパーキングアシストの操作方法は、ムーヴキャンバスと同じです。

軽自動車駐車支援装備
引用:daihatsu.co.jp/tanto

■ ダイハツ・タフト

軽SUV
引用:daihatsu.co.jp/taft

タフトでは、全車にスマートパノラマパーキングアシストがオプション設定されています。

軽自動車駐車支援装備
引用:daihatsu.co.jp/taft

システムの操作方法や機能などはタント / タントカスタムとまったく同じです。

ただ、オプション価格はタフトの方が低めの設定になっています。

■ スバル・シフォン / シフォンカスタム

軽トールワゴン
引用:subaru.jp/chiffon

シフォン / シフォンカスタムでスマートパノラマパーキングアシストが選べるグレードは、シフォンG / GSとシフォンカスタムR / RSの4タイプ。

軽自動車駐車支援装備
引用:subaru.jp/chiffon

タント / タントカスタムのOEM車 (相手先供給品) なので、当然ながらスマートパノラマパーキングアシストの内容も共通です。

ただしオプション価格はセット内容が異なるため、かなり違いがあります。

■ 三菱・eKクロスEV

軽自動車駐車支援装備
引用:mitsubishi-mtors.co.jp/ek_x_ev

eKクロスEVのグレード体系ははPとGの2タイプで、そのうちマイパイロットパーキングと呼ばれる駐車支援装備が選べるのは上級のPです。

eKクロスEVはサクラの兄弟車種なので、マイパイロットパーキングの機能・性能は名前こそ違えどサクラのプロパイロットパーキングと共通。

ただし、eKクロスEVのマイパイロットパーキングはセットオプションなので、価格は165,000円とサクラのプロパイロットパーキングよりかなり高額になっています。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 駐車支援装備の設定がある国産コンパクトカー&コンパクトSUVはコレ!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】