シエンタとフリードの使い勝手を徹底比較!!

シエンタ&フリード比較

シエンタとフリードは、5ナンバー車ならではの扱いやすさと室内スペースの広さが魅力です。

しかし、この2台の室内や荷室の使い勝手は同じではありません。

ここではシエンタとフリードの使い勝手を、様々な観点から徹底的に比較してみました。

シートアレンジを比較

トヨタ・シエンタ  1,950,000円~3,108,000円

シエンタ&フリード比較
引用:toyota.jp/sienta

ホンダ・フリード  2,275,900円~3,278,000円

シエンタ&フリード使い勝手比較
引用:honda.co.jp/freed

■ シートアレンジはフリードがリード

まずはじめに、2台のシートアレンジを比較してみましょう。

シエンタ、フリードとも3列シート仕様と2列シート仕様があるので、まず3列シート仕様から比較します。

機能 / 車名 シエンタ (7人乗り) フリード (6/7人乗り)
1列目&2列目シートフルフラット機構
2列目&3列目シートフルフラット機構 ×
2列目シートタンブル機構 〇※
3列目シート格納機構

※:7人乗りのみ。

1列目シートの背もたれをフルリクライニングさせて2列目シートの座面とつなげるアレンジは、シエンタ、フリードとも可能です。

シエンタ&フリード比較
シエンタのフロントシートフラットモード (引用:toyota.jp/sienta)
フリード長所・短所
フリード7人乗りの1列目2列目アレンジモード (引用:honda.co.jp/freed)

しかし、2列目シートの背もたれをフルリクライニングさせて3列目シートの座面とつなげるアレンジができるのは、フリードのみとなります。

シエンタ&フリード使い勝手比較
フリード7人乗りの2列3列目アレンジモード (引用:honda.co.jp/freed)

2列目シートの背もたれをたたんだ後でシートごと前方に折りたたむタンブル機構は、シエンタとフリードの7人乗りに備わります。

シエンタ&フリード比較
シエンタのフラットラゲッジモード (引用:toyota.jp/sienta)
シエンタ&フリード使い勝手比較
フリード6人乗りの最大ラゲッジモード (引用:honda.co.jp/freed)

フリードの6人乗り (2列目キャプテンシート仕様車) は、2列目シートを折りたたむことが出来ません。

その代わり2列目シートを前方にスライドすることが出来ますが、その後ろに出現する荷室スペースはベンチシート仕様車よりも若干狭くなります。

シエンタ&フリード使い勝手比較
フリードキャプテンシート車の最大ラゲッジモード (引用:honda.co.jp/freed)

3列目シートを格納する機構は2台とも備わりますが、格納方法に違いがあります。

シエンタの3列目シートはダイブダウンして床下に収納されるのに対し、フリードの3列目シートは左右に跳ね上げて格納する方式です。

シエンタ&フリード使い勝手比較
フリードの3列目シート格納時 (引用:honda.co.jp/freed)

フリードの格納方式は荷室の左右の幅が狭くなってしまうので、荷室スペースの点ではシエンタの格納方式が有利になります。

続いて、シエンタとフリードの2列シート仕様を比較してみましょう。

ちなみにフリードの2列シート仕様車は、車名が「フリード+ (プラス)」となります。

機能 / 車名 シエンタ (5人乗り) フリード+ (5人乗り)
2列目チルトダウン機構 ×
2列目ダブルフォールディング機構 ×
おやすみモード ×

2列目シートはどちらも格納可能ですが、その方式は異なります。

シエンタの格納方式は、背もたれを前に折りたたむチルトダウン方式です。

シエンタ&フリード比較
シエンタ2列シート車の後席格納時 (引用:toyota.jp/sienta)

一方フリード+は、座面を前方に跳ね上げた後で背もたれを前に折りたたむダブルフォールディング機構を採用しています。

シエンタ&フリード使い勝手比較
フリード+の後席格納時 (引用:honda.co.jp/freed)

どちらもほぼフラットな荷室スペースが出現するので、荷物を積む際の使い勝手に大きな差はありません。

ただ、フリード+にはダブルフォールディング機構を生かした「おやすみモード」が備わるメリットがあります。

シエンタ&フリード使い勝手比較
フリード+のおやすみモード (引用:honda.co.jp/freed)

1列目シートの背もたれを前に倒すことで休憩時に活用できるおやすみモードが備わる分、フリード+の方がシエンタより勝ると言えるでしょう。

収納の充実度を比較

この項目では、シエンタとフリードの収納を運転席、助手席、2列目シート、3列目シートに分けて検証していきます。

■ 運転席の収納はフリードが豊富

まず運転席の収納 (センター部も含む) を比べてみましょう。

収納 / 車名 シエンタ フリード
ドリンクホルダー
小物入れ (ドリンクホルダー横) ×
アッパーボックス
収納式ドリンクホルダー ×
センターテーブル ×
センターロアーポケット ×
ボトルホルダー付ドアポケット

〇:全車標準装備
×:設定なし

運転席側の収納の数はシエンタが4か所フリードが6か所で、フリードの方が豊富です。

フリードだけに備わる収納では、特にセンターテーブルが重宝するでしょう。

シエンタ&フリード比較
引用:honda.co.jp/freed

シエンタは小物の置き場に困ることがあるかもしれません。

■ 助手席の収納はシエンタの圧勝

次に、助手席の収納を比較します。

収納 / 車名 シエンタ フリード
ドリンクホルダー
小物入れ (ドリンクホルダー横) ×
インパネトレイ
グローブボックス
シフトサイドポケット ×
買い物フック ×
ボトルホルダー付ドアポケット 〇※

〇:全車標準装備
×:設定なし
※:ペットボトル3本収納可能

助手席側の収納はシエンタが7か所フリードが4か所で、運転席側とは逆にシエンタの方がずっと豊富です。

シエンタはとにかく収納が豊富で、これなら助手席の乗員が物の置き場に困ることはないでしょう。

特筆すべき点は、助手席側ドアにペットボトルが3本も収納できること。

シエンタ&フリード比較
引用:toyota.jp/sienta

よほどドリンク好きの人でも困ることはないでしょう。

フリードはシエンタよりも収納数が少ないものの、センター部の収納を活用すればなんとかなりそうです。

■ 2列目シートの収納はフリードが豊富

続いて2列目シートの収納を比較してみましょう。

収納 / 車名 シエンタ フリード
運転席シートバックアッパーポケット
助手席シートバックポケット ×
ドアボトルホルダー
運転席アームレストフック

〇:全車標準装備
△:グレード別装備
×:設定なし

2列目シートの収納はシエンタが2~3か所フリードが3~4か所です。

フリードは助手席シートバックポケットが備わる分、収納数でシエンタに勝っています。

シエンタ&フリード比較
引用:honda.co.jp/freed

■ 3列目シートの収納はシエンタが豊富

最後に、3列目シートの収納を比較します。

収納 / 車名 シエンタ フリード
デッキサイドボトルホルダー
デッキサイドスマホホルダー ×

〇:全車標準装備
×:設定なし

3列目シートの収納はシエンタが2か所フリードが1か所です。

フリードがデッキサイドのボトルホルダーしか備わらないのに対し、シエンタはスマホホルダーも備わります。

シエンタ&フリード比較
引用:toyota.jp/sienta

フリードは小物入れがまったくないので、3列目の乗員は不便です。

■ 収納の総合評価はほぼ互角

収納の総数は、2列シート車の場合シエンタ、フリードとも13~14か所で同じです。

3列シート車同士の比較では、シエンタが15~16か所、フリードが14~15か所とシエンタが1か所多くなります。

座席別でみると、運転席側と2列目シートの収納がフリードが、助手席側と3列目シートの収納はシエンタが豊富です。

収納の総合評価は、それぞれ一長一短があるもののほぼ互角と言えます。

荷室の使い勝手は一長一短あり

最後は、荷室の使い勝手の比較です。

シエンタ&フリード比較
シエンタ3列シート車の荷室 (引用:toyota.jp/sienta)
シエンタ&フリード比較
シエンタ2列シート車の荷室 (引用:toyota.jp/sienta)
シエンタ&フリード比較
フリードの荷室 (引用:honda.co.jp/freed)
シエンタ&フリード使い勝手比較
フリード+の荷室 (引用:honda.co.jp/freed)

荷室フロア高はシエンタが505~565mmなのに対し、フリードは335~480mmと低く、その分重い荷物の積み下ろしが容易です。

さらにフリードは着脱式のデッキボードが備わり、荷物の高さに応じて使い分けられるのも魅力。

しかし荷室の奥行は、3列シート車、2列シート車ともにどのシートアレンジを使ってもシエンタの方が長く、積載量の点で有利です。

積載性のフリード、積載量のシエンタといった違いがあるので、使い方によって評価が分かれるでしょう。

総合的な使い勝手の評価は互角

ここまでシエンタとフリードのシートアレンジや収納、荷室の使い勝手について検証してきました。

総合的な評価としてはシートアレンジはフリードが、収納の数では僅かにシエンタが勝り、荷室の使い勝手は一長一短あって互角です。

どちらが良いかはシートアレンジを重視するか否か、どの席の収納を重視するか、また荷室をどう使うかによって変わってきます。

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

シエンタとフリードの快適性を徹底比較!!

シエンタ&フリード比較

シエンタとフリードのどちらを選べばいいのか迷っている人は、多いのではないでしょうか?

ファミリーカーとして使われるミニバンだけに、特に快適性がどちらが高いかは気になるポイントかと思います。

ここでは、シエンタとフリードの快適性を様々な観点から徹底的に比較していきますので、購入時の参考にどうぞ。

乗り心地はシエンタがリード!

トヨタ・シエンタ  1,950,000円~3,108,000円

シエンタ&フリード比較
引用:toyota.jp/sienta

ホンダ・フリード  2,275,900円~3,278,000円

シエンタ&フリード快適性
引用:honda.co.jp/freed

まずはじめに、快適性を大きく左右する乗り心地を比較します。

シエンタはサスペンションのセッティングが比較的ソフトで、乗り心地はなかなか快適です。

ダンパーの効きもよく、段差を乗り越えたときに揺れがすぐに収まる点も好印象。

高速走行時の乗り心地もフラットで、これなら家族から不満が出ることはないでしょう。

一方フリードは、シエンタよりもサスペションのセッティングが硬めで、ややゴツゴツ感のある乗り心地です。

舗装状態のいい道路なら問題ありませんが、荒れた路面ではシエンタと比べ揺れが大きめに出てしまいます。

路面状況によっては、家族から不満の声があがる可能性もあるでしょう。

乗り心地に関しては、シエンタがフリードを一歩リードしています

静粛性はシエンタが優秀

車内の静粛性に関しては、シエンタが優れています。

先代から静粛性、特にエンジン音の侵入が大幅に軽減され、ハイブリッド・ガソリン車を問わず車内は静かです。

一方フリードは、エンジン音と特にロードノイズが耳に付きます。

シエンタと比べると、一クラス下のミニバンに乗っているような気分になるでしょう。

静粛性では、フリードよりシエンタの方が優秀です。

室内の広さに大差なし

室内で快適に過ごすためには、室内空間の広さも重要なポイントになります。

ここで、2台の室内寸法を比較てみましょう。

項目 / 車名 シエンタ フリード
室内長 (mm) 2,545 (3列シート仕様) / 2,030 (2列シート仕様) 3,045 (3列シート仕様) / 2,310 (2列シート仕様)
室内幅 (mm) 1,530 1,455
室内高 (mm) 1,300 1,275 (ハイブリッド車) / 1,285 (ガソリン車)

まず室内長を見ると、フリードはシエンタに対し3列シート仕様で50cm、2列シート仕様で28cmも長い数値となっています。

フリードのボディ全長はシエンタより僅かに長いだけですが、それにしては大きな差です。

しかし、実際の室内スペースは3列目シートの足元スペースに若干差がある (シエンタが僅かに狭い) 程度で、それ以外のシートでは足元スペースにほとんど差はありません。

シエンタ&フリード比較
シエンタの3列シート仕様 (引用:toyota.jp/sienta)
シエンタ&フリード快適性比較
フリードの6人乗り仕様 (引用:honda.co.jp/freed)

なんとも不思議な現象ですが、室内長の測り方自体がトヨタとホンダで異なる可能性があります。

一方、室内幅・室内高は逆にシエンタの方が若干大きいものの、実際に座ってみて差を感じるほどではありません。

シエンタとフリードの室内空間の広さは、ほぼ互角と言えるでしょう。

2列目シートの座り心地はフリード6人乗りがベスト

シートの座り心地に関しては、1列目シートはクッション性とサポート性が両立したシエンタが優れています。

フリードはクッション性には問題ないものの、サポート性にやや難ありです。

2列目シートはシエンタが5人乗り・7人乗りともベンチシートを採用しているのに対し、フリードは6人乗りが独立したキャプテンシート、5人乗り (フリード+)と7人乗りがベンチシートとなります。

座り心地やサポート性の点では、フリード6人乗りのキャプテンシートがベストです。

フリードの2列目シートは (キャプテンシート、ベンチシートともに) 座面の高さが低く太ももが座面から浮いてしまう欠点があるものの、それでもキャプテンシートの快適性は頭一つ抜きん出ています。

フリード6人乗りに次いで2列目シートの座り心地がいいのは、シエンタの7人乗りです。

座面・背もたれのクッションが柔らかく、体が沈み込む分ベンチシートながらサポート性も優れています。

シエンタの5人乗りはクッションが硬めで、座り心地・サポート性とも7人乗りと比べ見劣りは否めません。

2列目がシエンタと同様にベンチシートのフリード5人乗りおよび7人乗りは、シートのクッション性はシエンタ7人乗りと同レベルの快適性があります。

しかし座面がやや低過ぎる欠点があるため、トータルの座り心地はシエンタ5人乗りと同等レベルです。

3列目シートに関しては、フリードはやはり座面が低すぎる欠点はあるものの、シートの作り自体はしっかりしていますし、足元のスペースも十分確保されています。

一方シエンタは、シート自体が簡素な作りで座り心地が劣るうえ、足元スペースもミニマムです。

シートの出来の総合的な評価は、1列目はシエンタが、2列目はフリード6人乗りが、3列目はフリードが優れています

快適装備はフリードが充実

車内で心地よく過ごすためには、快適装備が充実していることも重要なポイントです。

ここでシエンタとフリードにはどのような快適装備が付くのか、比べてみましょう。

機能 / 車名 シエンタ フリード
フルオートエアコン
マイナスイオン発生装置
リヤヒーターダクト
天井サーキュレーター ×
運転席・助手席シートヒーター

〇:全車に標準装備
△:グレード別装備
▲:オプション設定
×:設定なし

■空調機能はフリードが充実

まず空調機能を見てみると、室温を自動で保つフルオートエアコンはシエンタ、フリードとも全車に標準装備です。

しかし差が付くのが消臭・殺菌効果などがあるマイナスイオン発生装置の有無で、フリードは全車にマイナスイオン発生装置のプラズマクラスター機能が標準装備されます。

シエンタ&フリード快適性比較
引用:honda.co.jp/freed

一方シエンタは、マイナスイオン発生装置のナノイーXがZ / Gにオプション設定されるに留まります。

さらにフリードは後席にエアコン温風を送るリヤヒーターダクトが全車に標準装備されますが、シエンタはオプションの寒冷地仕様を選ばないとリヤヒーターダクトは付いてきません。

シエンタが唯一フリードに勝る点は、Z / Gならオプションで前後席の温度差を解消する天井サーキュレーターが選べることです。

空調機能を総括すると、有料オプションを選ばずとも充実した機能を持つフリードが優位に立っています。

■ シートヒーターもフリードが充実

シートの座面と背もたれを直接暖めるシートヒーターは、冬場の快適なドライブに欠かせない装備です。

フリードの場合、運転席・助手席シートヒーターがモデューロXを除く全車に標準装備されています。

シエンタ&フリード快適性比較
引用:honda.co.jp/freed

一方シエンタは、運転席・助手席シートヒーターはZ / Gにメーカーセットオプション設定で、標準装備されるグレードはありません。

先ほど紹介した空調機能の優位と相まって、車内環境を快適に保つ装備ではフリードの圧勝と言えます。

快適性の総合評価はシエンタがフリードを一歩リード!

シエンタ&フリード比較
シエンタの車内 (引用:toyota.jp/sienta)

ここまでシエンタとフリードを乗り心地や静粛性、室内スペース、快適装備といった項目で比較してきました。

乗り心地や静粛性ではシエンタに分があり、室内スペースはほぼ互角、快適装備はフリードが充実という結果でした。

シエンタは快適装備でフリードに及びませんが、有料となりますがオプションを付けることでフリードにそん色なくなります。

一方、フリードの弱点である乗り心地と静粛性は根本的に解決が困難です。

したがって、トータルの快適性ではシエンタに軍配を上げます。

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

シエンタとフリードの運転しやすさを徹底比較!!

シエンタ&フリード比較

5ナンバーサイズのミニバン、トヨタ・シエンタとホンダ・フリードは真っ向から競合するライバル同士です。

扱いやすさで選ばれる5ナンバー車だけに、運転がしやすいかどうかは選択の重要なポイントになります。

ここでは、シエンタとフリードの運転しやすさを様々な観点から検証してみました。

シエンタとフリードのボディサイズはほぼ同等

トヨタ・シエンタ  1,950,000円~3,108,000円

シエンタ&フリード比較
引用:toyota.jp/sienta

ホンダ・フリード  2,275,900円~3,278,000円

シエンタ&フリード運転しやすさ
引用:honda.co.jp/freed

狭い路地や駐車場では、ボディが小さいほど取り回しが楽なのは言うまでもありません。

ここで、シエンタとフリードのボディサイズを比較してみましょう。

項目 / 車名 シエンタ フリード
全長 (mm) 4,260 4,265~4,295
全幅 (mm) 1,695 1,695
全高 (mm) 1,695~1,715 1,710~1,735

全長はシエンタの方が5~35mm短いものの、実質的に同等と言えます。

また全幅は同一なので、ボディサイズによる取り回しの差はほぼありません。

アイポイントの高さも大差はなく、2台の車両感覚のつかみやすさは数値から見る限りほとんど同じです。

小回り性はシエンタが優秀

取り回しに影響を及ぼす条件のひとつに、最小回転半径の数値があります。

シエンタとフリードの最小回転半径は以下のとおりです。

  • シエンタ  5.0m
  • フリード  5.2m

最小回転半径はシエンタが5.0m、フリードが5.2mで、シエンタが20cm小さい数値です。

シエンタ&フリード比較
引用:toyota.jp/sienta

小回り性に関してはフリードも決して悪くないものの、シエンタの方が優れています。

視界はフリードがやリード

次に、シエンタとフリードの視界をチェックしてみましょう。

■ 前方視界は互角

シエンタ&フリード比較
シエンタの前方視界 (引用:toyota.jp/sienta)
シエンタ&フリード比較
フリードの前方視界 (引用:honda.co.jp/freed)

前方視界はシエンタ、フリードともに良好です。

2台とも着座位置が高く、ウィンドウ面積も大きいので十分な視界が得られます。

どちらも斜め前方の死角を減らすための三角窓が付いていますが、フリードの方が面積が大きい分、安全確認が容易です。

一方でフリードのAピラーは上半分が太く、視界を妨げる欠点があります。

シエンタのAピラーと比較すれば、その違いは明らかです。

シエンタ&フリード運転しやすさ比較
フリードのAピラー (引用:honda.co.jp/freed)
シエンタ&フリード比較
シエンタのAピラー (引用:toyota.jp/sienta)

トータルではシエンタ、フリードの前方視界は同等と言えます。

■ 後方視界はシエンタが若干優れる

シエンタ&フリード比較
シエンタのリアウィンドウ (引用:toyota.jp/sienta)
シエンタ&フリード運転しやすさ比較
フリードのリアウィンドウ (引用:honda.co.jp/freed)

真後ろの視界に関しては、2台に大きな差はありません。

シエンタ、フリードともリアウィンドウの面積が大きく、十分な後方視界が得られます。

若干差が出るのが斜め後方視界で、フリードはリアクォーターウィンドウが大きくキックアップしている分、斜め後方視界に若干難ありです。

シエンタのリアクォーターウィンドもキックアップしていますが、視界を大きく損ねるほどではありません。

結論として2台の前方視界は同等ですが、後方視界に関してはシエンタが若干優れています。

駐車支援装備はシエンタが充実

駐車が苦手な人でも、駐車をサポートする装備が付いていれば自信を持って駐車ができるはずです。

ここでは、シエンタとフリードの駐車支援装備の違いをチェックします。

機能 / 車名 シエンタ フリード
カメラ映像表示システム
自動駐車システム ×

△:グレード別装備
▲:オプション
×:設定なし

■ カメラ映像表示システムはシエンタのみ標準装備あり

車載カメラの映像をディスプレイ画面やナビ画面に表示するシステムがあると、駐車などが容易になります。

シエンタはGとZに車両後方の映像をディスプレイオーディオ画面に表示する「バックガイドモニター」を標準装備。

シエンタ&フリード比較
シエンタのバックガイドモニター (引用:toyota.jp/sienta)

また複数のカメラの映像を合成し、車両を上から見下ろしたような映像を表示する装備はシエンタ、フリードともオプション設定となっています。

オプションの名称はシエンタが「パノラミックビューモニター」、フリードが「リアカメラdeあんしんプラス3」です。

シエンタ&フリード比較
シエンタのパノラミックビューモニター (引用:toyota.jp/sienta)
シエンタ&フリード運転しやすさ比較
フリードのリアカメラdeあんしんプラス3 (引用:honda.co.jp/freed)

シエンタのGとZにはディスプレイオーディオが標準装備されるので、安価 (27,500円) でパノラミックビューモニターが付けられます。

一方フリードの場合は、どのグレードでも決して安くない純正ナビを注文しないとリアカメラdeあんしんプラス3が付けられません。

このように、装着のハードルはシエンタの方が低くなっています。

■ 自動駐車システムが用意されているのはシエンタのみ

駐車時にステアリング操作などを車が自動で行ってくれる自動駐車システムは、駐車が苦手な人には大変有難みの大きい装備です。

シエンタのハイブリッドZには、「トヨタチームメイト アドバンストパーク」と呼ばれる自動駐車システムがメーカーオプション設定されています。

駐車したい場所でスイッチを押すだけでステアリング・アクセル・ブレーキ・シフトのすべての操作を車が代行してくるので、大変便利です。

バックでの並列駐車だけでなく、前向き駐車や縦列駐車にも対応します。

オプション価格は93,500円と少々高額で、付けられるのはハイブリッドZに限られますが、こうした装備が設定されていることはフリードに対するアドバンテージです。

総合的な運転しやすさはシエンタがリード

シエンタ&フリード比較
引用:toyota.jp/sienta

シエンタとフリードの運転のしやすさについて、様々な観点から検証してきました。

2台を比べると小回り性や斜め後方視界、駐車支援装備の点でシエンタがリードしています。

フリードも十分運転がしやすいクルマですが、比較するとシエンタの方がより運転しやすいクルマです。

特にシエンタのハイブリッドZにパノラミックビューモニターとトヨタチームメイト アドバンストパークを付けた場合、運転しやすさ抜群の1台になるでしょう。

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

シエンタとフリードの走行性能を徹底比較!!

シエンタ&フリード比較

5ナンバーサイズのミニバン、トヨタ・シエンタホンダ・フリードは真っ向から競合するライバル同士です。

この2台がどの程度の走行性能を備えているのか、気になっている人も多いことでしょう。

ここではシエンタとフリードの走行性能を徹底比較しますので、新車購入時の参考にどうぞ。

ハイブリッド車の動力性能を比較

まずはじめに、シエンタとフリードのハイブリッド車同士の動力性能を比較します。

トヨタ・シエンタ ハイブリッド  2,380,000円~3,108,000円

シエンタ&フリード比較
引用:toyota.jp/sienta

ホンダ・フリード ハイブリッド  2,633,400円~3,278,000円

シエンタ&フリード走行性能
引用:honda.co.jp/freed

■ スペック面で有利なのはフリード

シエンタ ハイブリッドとフリード ハイブリッドのスペックを、表にまとめてみました。

2台には4WD車も設定されていますが、ここではFF車同士で比較します。

項目 / 車名 シエンタ ハイブリッド (FF車) フリード ハイブリッド (FF車)
パワートレイン 1.5L直3エンジン+モーター+電気式無段変速機 1.5L直4エンジン+モーター+7速DCT
エンジンの最高出力 (ps) 91 110
エンジンの最大トルク (kg・m) 12.2 13.7
モーターの最高出力 (ps) 80 29.5
モーターの最大トルク (kg・m) 14.4 16.3
システム最高出力 (ps) 116 137
車両重量 (kg) 1,330~1,370 1,410~1,440
WLTCモード燃費 (km/L) 28.2~28.8 20.9

パワートレインはともに1.5Lエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムですが、エンジンはシエンタが3気筒、フリードが4気筒という違いがあります。

またハイブリッドシステムの方式も異なり、シエンタはトヨタ独自のスプリット式、フリードはよりシンプルなパラレル式です。

また、トランスミッションはシエンタが電気式無段変速機を搭載するのに対し、フリードはデュアルクラッチ式の7速DCTを搭載することも相違点。

パワートレインのスペックを比較すると、エンジンのスペックはフリードの方が高く、モーターのスペックはシエンタの方が高くなっています。

シエンタはエンジンとモーターが対等な関係にあり、フリードではエンジンが主でモーターが従の関係にある、とも言えるでしょう。

エンジンとモーターの最高出力を複合したシステム最高出力はシエンタが116ps、フリードが137psとフリードが21psも勝っています

シエンタ&フリード走行性能比較
フリードのハイブリッドシステム (引用:honda.co.jp/freed)

フリードの車両重量はシエンタより70~80kg重いものの、動力性能を左右する馬力荷重はフリードが10.3~10.5ps/kg、シエンタが11.5~11.8ps/kgとフリードが有利です。

動力性能でフリードがシエンタより優位に立つことは、このスペックから容易に想像できます。

一方で、カタログ燃費はシエンタの方が約7~8km/Lも優れた数値です。

■ 加速性能のフリード、スムーズさのシエンタ

実際の動力性能も、スペックの差どおりフリードがシエンタを凌駕します。

フリードの加速感はエンジンの快音と相まって、なかなか爽快です。

またDCTの変速も速いものの、変速時の若干のショックが人によっては気になるかもしれません。

一方シエンタは、速さではフリードに一歩を譲りますが、モーターだけで走行するシーンが多いため静粛性では有利です。

また無段変速なので加速がシームレスで、非常にスムーズなこともメリット。

加速性能や爽快感ならフリード、スムーズさや静粛性ならシエンタと結論付けることができます。

ガソリン車の動力性能を比較

続いて、シエンタとフリードのガソリン車同士の動力性能を比較します。

トヨタ・シエンタ  1,950,000円~2,560,000円

シエンタ&フリード比較
引用:toyota.jp/sienta

ホンダ・フリード  2,275,900円~2,972,200円

シエンタ&フリード走行性能比較
引用:honda.co.jp/freed

■ スペック面ではハイブリッド車同様フリードが有利

2台のスペックは以下のとおりです。

フリードには4WD車も設定されていますが、シエンタにFF車の設定しかないためFF車同士で比較します。

項目 / 車名 シエンタ フリード (FF車)
パワートレイン 1.5L直3エンジン+CVT 1.5L直4エンジン+CVT
最高出力 (ps) 120 129
最大トルク (kg・m) 14.8 15.6
車両重量 (kg) 1,320~1,380 1,350~1,380
WTLCモード燃費 (km/L) 18.3~18.4 17.0

パワートレインはどちらも1.5LエンジンとCVTの組み合わせですが、ハイブリッド同様にエンジンはシエンタが3気筒、フリードが4気筒です。

フリードの方がスペックが高いのは、エンジン屋ホンダの面目躍如といったところでしょう。

車両重量は同等かフリードが30kg重いものの、馬力荷重はエンジン出力が勝る分フリードの方が小さい数値です。

カタログ燃費はシエンタの方が若干優れています。

■ 発進の力強さはシエンタ、中速域から伸びるフリード

実際の動力性能を比較すると、ハイブリッド車同士の場合と同様にフリードの方が俊足です。

発進時のダイレクト感は発進用ギアを持つシエンタが勝り、そこから60km/Lくらいまでの加速はほぼ互角。

しかし、そこから上の速度域ではフリードの方が伸びがあり、シエンタに差を付けます。

街乗りならシエンタ、高速走行ならフリードと言うこともできるでしょう。

操縦安定性は甲乙付け難い

操縦安定性はどちらもミニバンとしては高い水準にあります。

シエンタは重心位置が低く、ミニバンというよりもセダンやハッチバックを操っているような感覚です。

ステアリングは正確でアンダーステアも小さく、狙った通りのラインをトレースできます。

一方、フリードはシエンタと比べ重心位置が高くロールも大きめですが、不安を感じるほどではありません。

ハンドリング自体もシエンタにそん色なく、ワインディング走行も楽しめます。

そしてフリードの場合は、専用サスペンションやエアロパーツを装備したスポーティモデル「モデューロ X」が用意されている点が、シエンタにないメリットです。

シエンタ&フリード走行性能比較
引用:hodnda.co.jp/freed

フリードのモデューロXなら、ちょっとしたホットハッチのようにワインディングを駆け回れます。

総合的な走行性能はフリードがシエンタを若干リード

シエンタ&フリード走行性能比較
引用:honda.co.jp/freed

動力性能はハイブリッド、ガソリン車ともフリードがシエンタを一歩リードしています。

ただしドライバビリティの面ではシエンタも負けておらず、動力性能で一歩を譲るからダメというわけでは決してありません。

また操縦安定性の点ではノーマル車同士の比較なら互角ですが、フリードは一段とハンドリングが優れたスポーティグレード「モデューロX」が設定されているのが強み。

総合的な走行性能は2台に大差はありませんが、ベストチョイスをあげるならフリードのモデューロXです。

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ソリオの長所・短所を徹底評価!!

ソリオ長所・短所

スズキのプチバン、ソリオは扱いやすいサイズや手頃な価格などで人気を集めています。

そんなソリオの最大のライバルは、ダイハツ・トールとそのOEM版のトヨタ・ルーミーです。

ここでは、ソリオはトールやルーミーに対してどこが良くてどこがダメなのかを徹底評価します。

■ ソリオのここがイイ!!
まず、ソリオがトール / ルーミーに勝っている点について解説します。

■ パフォーマンスが高く燃費もいい

ソリオに搭載されるエンジンは、排気量1.2Lのノンターボです。

トール / ルーミーより排気量が約200cc大きく、ノンターボ同士の比較では最高出力で22ps、最大トルクで2.6kg・mも上回ります。

ソリオ長所・短所
引用:suzuki.co.jp/solio

しかもソリオは車重がトール / ルーミーより100kg以上軽く、エンジンの負担が軽く済むこともメリットです。

当然ながら動力性能はトール / ルーミーのノンターボ車を圧倒、例えば静止から100km/hまでの加速には2/3ほどのタイムしか掛かりません

さらにソリオは、Gグレードを除きモーター付のマイルドハイブリッドシステムを採用するため、燃費性能でも優位に立ちます。

ソリオ長所・短所
引用:suzuki.co.jp/solio

トール / ルーミーは、ソリオには設定のないターボ車を選べばソリオと同等の加速力を発揮しますが、高額な上級グレードに限られるのが難点です。

それに加え、アクセルを踏み込んだときのターボラグが気になる、ソリオとの燃費の差がさらに広がるといったマイナス面も無視できません。

パフォーマンス面では、廉価なグレードを選んでも高い動力性能を発揮し、燃費もいいソリオがトール / ルーミーを凌ぐと言えるでしょう。

■ 乗り心地が良く静粛性も高い

ソリオはトール / ルーミーよりもサスペションの動きがしなやかで、乗り心地が優れています。

路面が荒れているとトール / ルーミーでは突き上げ感が出てしまいますが、ソリオでは快適性が大きく損なわれることがありません。

さらにソリオはロードノイズやエンジン音の遮音性が高く、車内の静かさでもトール / ルーミーを上回ります。

家族全員が快適に過ごせることが重要なミニバンとして、こうした点は大きなメリットになるでしょう。

■ 快適装備が充実している

ソリオがトール / ルーミーに勝る点のひとつに、快適装備があげられます。

例えば冬場の快適なドライブに欠かせないシートヒーターは、トール / ルーミーでは全車メーカーオプションとなるのに対し、ソリオはGを除く全車に標準装備です。

トール / ルーミーに設定されているシートヒーターと異なり、暖まるのは座面のみで背もたれは暖まりませんが、それでも多くのグレードに標準装備されること自体にメリットがあります。

さらに、後席に温風を直接届けるリヤヒーターダクトが全車に、室内の空気を循環させるスリムサーキュレーターが上級グレード (ハイブリッド MZ / バンディット ハイブリッド MV) に備わりますが、これらの装備はトール / ルーミーには設定がありません。

ソリオ長所・短所
リヤヒーターダクト (引用:suzuki.co.jp/solio)
ソリオ長所・短所
スリムサーキュレーター (引用:suzuki.co.jp/solio)

そのほかにも、ソリオにはアイドリングストップ中でもエアコンから一定時間冷風が出るエコクールが備わるなど、快適装備でトール / ルーミーに大きく差を付けます。

■ エアバッグが充実している

側面衝突時に乗員の頭部や上半身を保護するSRSサイド&カーテンエアバッグは、万が一のことを考えると是非とも欲しい装備です。

ソリオでは、このSRSサイド&カーテンエアバッグを全車に標準装備。

ソリオ長所・短所
引用:suzuki.co.jp/solio

一方トール / ルーミーは、全車メーカーオプションとなってしまいます。

わざわざ追加料金を払ってまでエアバッグを充実させたいと考える人は多くないと思われるので、最初から必要なエアバッグがすべて備わるソリオの方がベターです。

■ ソリオのここがダメ!
続いて、ソリオがトールに劣る点を取り上げ解説します。

■ 予防安全装備が見劣りする

スズキの予防安全装備が、スズキセーフティサポートです。

ソリオにもスズキセーフティサポートが設定されていますが、全車に標準装備されるわけではありません。

ハイブリッド MXとGでは、スズキセーフティサポート非搭載車を選ぶことが可能になっています。

これからの時代、予防安全装備は必須と言っても過言ではありませんが、わざわざ予防安全装備が付かないグレードを設定しているのは問題です。

対するトール / ルーミーは全車に予防安全装備が備わるだけに、余計に気になってしまいます。

また、スズキセーフティサポートに含まれる自動ブレーキ (衝突被害軽減ブレーキ) は、トール / ルーミーのように夜間の歩行者を検知することができません

予防安全装備の種類もトール / ルーミーより少なく、見劣りは明らかです。

■ 電動パーキングブレーキの設定がない

ソリオのパーキングブレーキは最近のトレンドになっている電動式ではなく、全車昔ながらの足踏み式を採用しています。

トール / ルーミーが一部グレードを除き電動パーキングブレーキを標準装備またはメーカーオプション設定しているのに対し、遅れている感は否めません。

電動パーキングブレーキはボタンひとつで操作できる利便性に加え、付随機能としてブレーキペダルから足を離してもブレーキが掛かり続けるオートブレーキホールド機能が備わるなど、メリットは絶大です。

パーキングブレーキが電動式か足踏み式かの違いは、アダプティブクルーズコントロールの使い勝手にも影響を与えます。

ソリオは停車保持が2秒しか効かないので、高速道路で渋滞に巻き込まれた場合は自分でブレーキペダルを踏み続けなければなりません。

トール / ルーミーの電動パーキングブレーキ装着車は、ブレーキペダルを踏むことなく停車し続けることができるので、足の疲労に大きな差が付いてしまいます。

現行ソリオはトール / ルーミーより後に登場しただけに、ここは非常に残念な点です。

■ 後席のヘッドレストが2人分しかない

ソリオはトール / ルーミーと同様、乗車定員が5名なので後席に3人座ることができます。

しかし、ソリオの後席はヘッドレストが2人分しか備わっていません

ソリオ長所・短所
引用:suzuki.co.jp/solio

中央部分にヘッドレストがないので、万が一追突されると中央席の乗員はむち打ち症になってしまいます。

対するトール / ソリオは、しっかりヘッドレストが3人分備わるので、安心して3名乗車が可能です。

後席に3人乗せる機会があるなら、ソリオは避けた方がいいでしょう。

■ 荷室の使い勝手が劣る

ソリオの荷室開口部はトール / ルーミーと比べ縦方向の寸法が10cm小さく、地上からの高さも約14cmも高いので、背の高い荷物や重い荷物の積載性で不利です。

また後席を折りたたんだときの荷室長は、トール / ルーミーより15cm短い寸法となります。

荷物を沢山積む機会の多い人は、こうしたソリオの欠点を知っておいた方がいいでしょう。

■ ソリオはトール / ルーミーより動力性能と快適性で有利

ソリオ長所・短所
引用:suzuki.co.jp/solio

ソリオはトール / ルーミーと比較して、動力性能や燃費、乗り心地、快適装備などの点で勝っています。

一方で電動パーキングブレーキの設定がない、後席用ヘッドレストが2人分しかないなどのデメリットがあることも、無視できません。

安全性に関しては、予防安全装備で劣る代わりエアバッグの設定で勝るので互角と言えるでしょう。

総合的にそれぞれ一長一短あるものの、クルマの基本とも言える走りや快適性で優位に立つソリオに軍配を上げたいと思います。

ただし、後席に3人乗せる機会がある人はトール / ルーミーを選ぶべきです。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□トールの長所・短所を徹底検証!!

□ シエンタの長所・短所を徹底検証!!

□フリードの長所・短所を徹底検証!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

トールの長所・短所を徹底評価!!

トール長所・短所

ダイハツのプチバン、トールは兄弟車種のトヨタ・ルーミーとともに人気モデルとなっています。

そんなトールの最大のライバルは、ルーミーを別にすればスズキ・ソリオです。

ここではトールはソリオと比べてどこがいいのか、どこがダメなのかを徹底評価しますので、購入時の参考にどうぞ。

■ トールのここがイイ!!
まず、トールがソリオに勝っている点について解説します。

■ 取り回しが楽

狭い路地や駐車場では、最小回転半径が小さい方が楽に取り回せます。

トールの最小回転半径は最上級グレードのカスタムGターボが4.7m、それ以外のグレードが4.6mです。

トール長所・短所
引用:daihatsu.co.jp/thor

ライバルのソリオは全車4.8mなので、トールの方が0.1~0.2m小回りが効きます

僅かの差ですが、状況によっては切り返しが必要がどうかの分かれ目になることもあるでしょう。

そして、障害物に接近すると音と表示で知らせてくれるパーキングセンサーの有無も、取り回し性に大きく影響します。

トールの場合、全車のフロントとリアにパーキングセンサーを標準装備

トール長所・短所
引用:daihatsu.co.jp/thor

対するソリオは、フロントのパーキングセンサーは全車オプション扱いで、リアのパーキングセンサーもグレード別装備となってしまいます。

どのグレードにも最初から前後のパーキングセンサーが付いてくるトールの方が、間違いなくユーザーに親切です。

■ 後席に安心して3人乗れる
トール、ソリオとも乗車定員は5名で、後席に3人座ることが可能です。

トールは後席に3人分のヘッドレストを用意しているので、万が一後ろから追突されてしまっても、乗員すべての頸部損傷を防ぐことができます。

トール長所・短所
引用:daihatsu.co.jp/thor

一方ソリオは、後席のヘッドレストが左右席の2人分しか付いていないので、中央席に座った人の安全確保ができません。

後席に3人乗せる機会があるなら、トール一択となります。

■ 荷室の使い勝手がいい

トールは荷室の使い勝手において、ソリオより優れています。

まず荷室開口高がソリオより10cm大きく、荷室フロア高も約14cm低いので、大きな荷物や重い荷物の積み下ろしが容易です。

トール&長所・短所
引用:daihatsu.co.jp/thor

そして、後席を折りたたんだ時の荷室の使い勝手やスペースでもソリオに差を付けます。

後席ダイブダウン機能により低くフラットなフロアが出現することに加え、荷室長も15cmも長いので、トールの優位は明らかです。

荷室に沢山荷物を積む機会が多いなら、トールを選んだ方が後悔しません。

■ 予防安全装備が充実

トールは全車に予防安全装備「スマートアシスト」が標準装備されます。

トール長所・短所
引用:daihatsu.co.jp/thor

ソリオが予防安全装備の付かない「スズキセーフティサポート非装着車」を設定しているのとは、対照的です。

また、予防安全装備のメインと言える自動ブレーキ (衝突被害軽減ブレーキ) の性能も、トールの方が優れています。

ソリオが歩行者を昼間しか検知できないのに対し、トールでは夜間も歩行者を検知できるからです。

トール長所・短所
引用:daihatsu.co.jp/thor

さらにソリオにはない路外逸脱警報機能が全車に備わるなど、予防安全装備はトールの方が間違いなく充実しています。

トール長所・短所
引用:daihatsu.co.jp/thor

■ 上級グレードに電動パーキングブレーキを搭載

ボタンひとつでパーキングブレーキの操作ができる電動パーキングブレーキと、ブレーキペダルから足を離してもブレーキが掛かり続けるオートブレーキホールド機能は、あると大変重宝する装備です。

トールはカスタム系の全車に電動パーキングブレーキとオートブレーキホールド機能が標準装備され、標準系もXを除きオプションで付けることができます。

トール長所・短所
引用:daihatsu.co.jp/thor

対するソリオは全車足踏み式パーキングブレーキで、電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールド機能の設定はありません。

またトール、ソリオとも上級グレードに全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロールが装備されますが、停車後の保持性能に差があります。

ソリオは停車してから2秒経過すると停車保持機能が解除されてしまうので、自分でブレーキペダルを踏み続けないとなりません。

一方トールは、オートブレーキホールド機能の働きでドライバーは何の操作もせず停車し続けることができます

トール長所・短所
引用:daihatsu.co.jp/thor

高速道路で渋滞に巻き込まれたときに、トールを選んだ良かったと感じるでしょう。

■ トールのここがダメ!
続いて、トールがソリオに劣る点を取り上げ解説します。

■ ノンターボ車の動力性能が低い

トールにはターボ車とノンターボ車が設定されていますが、ノンターボ車は動力性能に難があります。

街乗りでは問題ないものの、高速道路や山道では非力さを痛感することになるでしょう。

ソリオ (全車ノンターボ) と比較した場合、100kg以上重い車体に排気量が200cc小さいエンジンを搭載しているので、動力性能はまったく勝負になりません。

トールでもターボ車を選べばソリオに遜色ない動力性能が得られますが、上級グレードになるので出費がかさんでしまいます。

また、トールはターボ車、ノンターボ車とも燃費性能でソリオより劣ることも欠点のひとつです。

■ 乗り心地が硬く車内がうるさい

トールは足回りのセッティングが比較的硬めで、乗り心地はソフトとは言えません。

決して不快というわけではありませんが、荒れた路面ではややゴツゴツ感が出てしまいます。

ソリオが路面の状態に関わらず快適な乗り心地を実現しているのに対し、見劣りは否めません。

またソリオと比べ遮音性が低く、ロードノイズやエンジン音が耳に付いてしまうのもトールの欠点です。

さらに、アイドリングストップからのエンジン再始動時のキュルキュル音も気になるなど (ソリオはキュルキュル音なし)、静粛性にはいささか難があります。

■ 快適装備が物足りない

エアコンにはフルオートエアコンとマニュアルエアコンがありますが、機能性は自動で設定温度を保つフルオートエアコンの方が優れています。

ソリオは全車にフルオートエアコンが装備されますが、トールは最廉価グレードのGを選ぶとマニュアルエアコンになってしまうのが難点です。

最廉価グレード同士で比較検討する場合、トールのマニュアルエアコンは減点ポイントになります。

また、ソリオでは最廉価グレード以外に標準装備されるシートヒーターが、トールでは全車オプション扱いとなる点もデメリットのひとつです。

トール長所・短所
引用:daihatsu.co.jp/thor

さらに、ソリオでは全車に装備されるリヤヒーターダクトや、上級グレードに装備されるサーキュレーターもトールには設定がありません。

このように、快適装備面でトールはソリオより明らかに劣っています。

■ サイド&カーテンエアバッグが標準装備されない

側面衝突時に乗員へのダメージを軽減する装備が、SRSサイドエアバッグとSRSカーテンエアバッグです。

この2種類のエアバッグは、残念ながらトールでは全車オプション扱いとなってしまいます。

トール長所・短所
引用:daihatsu.co.jp/thor

ソリオが全車にSRSサイド&カーテンエアバッグを標準装備するのとは、対照的です。

多人数乗車の機会が多いミニバンなのに、大切な安全装備をオプション扱いにしてしまう姿勢はいただけません。

■ トールはソリオと比べやや分が悪い

トール長所・短所
引用:daihatsu.co.jp/thor

トールはソリオに対し、荷室の使い勝手や予防安全装備などの点で優れています。

一方でノンターボ車の動力性能や静粛性、快適装備やエアバッグの設定など、ソリオに劣る点も少なくありません。

それぞれ一長一短ありますが、総合的に見てトールはやや分が悪くなっています。

もしトールを選ぶ場合は、ターボ車を選択すると同時にオプションのシートヒーターやサイド&カーテンエアバッグを付けた方がいいでしょう。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ソリオの長所・短所を徹底検証!!

□ フリードの長所・短所を徹底検証!!

□ シエンタの長所・短所を徹底検証!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

トールとソリオの4WD車の雪道走行性能を徹底比較!!

トール&ソリオ4WD比較

プチバンと呼ばれるトールとソリオは、扱いやすいサイズやユーティリティの高さが人気の的です。

この2台には、雪国に住むユーザーなどに向けて4WD車も設定されています。

ここではトールとソリオの人気4WDグレードをピックアップし、雪上の走行性能や装備を徹底比較しますので、購入時の参考にどうぞ。

トールとソリオの4WD車のスペックを比較

グレードはいずれも標準車の中間グレード (トールはG、ソリオはハイブリッド MX) を選択しました。

ダイハツ・トール G 4WD  1,919,500円

トール&ソリオ4WD比較
引用:daihatsu.co.jp/thor

スズキ・ソリオ ハイブリッド MX 4WD  1,975,600円

トール&ソリオ4WD比較
引用:suzuki.co.jp/solio

まず、トールとソリオのスペックを表にまとめてみました。

項目 / 車名 トール ソリオ
パワートレイン 1L直3エンジン 1.2L直4ガソリンエンジン+モーター
エンジンの最高出力 (ps / rpm) 69 / 6,000 91 / 6,000
エンジンの最大トルク (kg・m / rpm) 9.4 / 4,400 12.0 / 4,400
モーターの最高出力 (ps / rpm) 3.1 / 1,000
モーターの最大トルク (kg・m / rpm) 5.1 / 100
4WDの方式 ビスカスカップリング式 ビスカスカップリング式
最低地上高 (mm) 130 140
車両重量 (kg) 1,140 1,040
WLTCモード燃費 (km/L) 16.8 19.0

パワートレインはトールが純ガソリンエンジンソリオがエンジン+モーターのマイルドハイブリッドシステムという大きな違いがあります。

以下で、各項目について詳しくチェックしてみましょう。

■ パワートレインの駆動力と車体の軽さでソリオが有利

雪道では、パワートレインの駆動力や車両重量も走行性に影響を与えます。

雪が深く積もったときは走行抵抗が大きくなるので、パワートレインの駆動力が大きい方が有利です。

この点では、エンジンのスペックが最高出力で22ps、最大トルクで2.6kg・mも勝るうえ、モーターのアシストが付くソリオが有利と言えます。

トール&ソリオ4WD比較
引用:suzuki.co.jp/solio

特に発進時の駆動力は、起動と同時に大トルクを発生するモーターが備わるソリオが断然有利です。

また、雪道では車体が軽いほど姿勢のコントロールが容易で、ブレーキの効きも良くなります。

車両重量はソリオの方が100kgも軽く、コントロール性や制動力の点でトールより有利です。

結論として、ソリオは駆動力と車体の軽さの両面でトールを凌いでいます

さらに燃費もソリオが勝るなど、トールにはいいところがありません。

■ 4WDシステムの性能は互角

4WDシステムはトール、ソリオともビスカスカップリング式と呼ばれる簡易的な方式を採用しています。

通常はFFで走行し、前後輪に回転差が生じると機械的に4WD走行に移行する方式で、センサーや制御用のコンピューターは搭載していません。

前輪がスリップしてから後輪にトルクが伝わるまでにタイムラグがあるなど、性能的にはコンピューターを用いた電子制御式と比べ劣ります。

トール、ソリオともにFFモデルよりは明らかに勝るものの、雪道での走破性に過度な期待はできません。

■ 最低地上高はソリオが僅かに大きい

深雪路では、最低地上高の大きさがスタックしてしまうかどうかの分かれ道になることがあります。

最低地上高はできれば150mm以上欲しいところですが、トールは130mm、ソリオは140mmと、いずれも十分とは言えません。

それでも、安心感の点では最低地上高が10mm大きいソリオの方が勝っています。

■ 雪道での走行性能が高いのはソリオ

駆動力や車両重量、最低地上高などの諸条件を総合すると、雪道での走行性能はトールよりもソリオの方が優れています。

ソリオはトールと比べパワートレインの駆動力で勝るうえ、車体が軽く、最低地上高も僅かながら大きいので雪道では有利です。

トールとソリオの4WD車の快適装備を比較

雪道を快適に走るためにはクルマの走行性能が高いだけでなく、冬場の快適性を高めるための装備も欠かせません。

この項目では、トールとソリオの冬季向け快適装備を比較します。

項目 / 車名 トール ソリオ
運転席&助手席シートヒーター
リヤヒーターダクト ×
補助ヒーター ×
ヒーテッドドアミラー ×
ウインドシールドデアイサー ×

〇:標準装備
▲:メーカーオプション
×:設定なし

まずシートヒーターについては、ソリオには標準装備されるのに対し、トールではメーカーオプション (シートバックテーブルとセットで23,100円) となります。

しかし、ソリオは最初からシートヒーターが付いてくるのはいいのですが、座面しか暖まらないのが難点です。

トール&ソリオ4WD比較
引用:suzuki.co.jp/solio

一方、トールはオプション扱いになるものの、座面と背もたれが暖まるので快適性はソリオより優れています。

トール&ソリオ4WD比較

次に後席に温風を送るリヤヒーターダクトですが、これはソリオにしか備わりません。

後席に人を乗せる機会が多いなら、トールよりソリオの方がおすすめです。

エアコン暖房を補助する補助ヒーター、鏡面の凍結や曇りを防止するヒーテッドドアミラー、ワイパーの固着を防ぐウインドシールドデアイサーは、トールのみセットオプション (寒冷地仕様:24,200円) として装着が可能。

このように、快適装備はオプションを何も付けない状態ではソリオの方が充実していますが、オプションを付ければトールが逆転します。

雪国での使用に適しているのはソリオ4WD!

ここまでトールとソリオの4WD車を走行性能、快適装備の両面から比較してきました。

結論を言いますと、総合的にはソリオ4WD車の方が雪国での使用に適しています。

雪上走行性能でトールを上回り、オプションを付けなくてもそれなりの快適装備が付くことが理由です。

トールは快適装備のオプションが充実しているのがメリットですが、雪上走行性能で劣るため、評価は下がってしまいます。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ トール&ソリオの運転しやすさを徹底比較!!

□ トール&ソリオの走行性能を徹底比較!!

□ トール&ソリオの安全性を徹底比較!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

トールとソリオの安全性を徹底比較!!

トール&ソリオ4WD比較

コンパクトなボディやユーティリティの高さが魅力のトールとソリオ。

しかし、もし安全性に問題があったら購入をためらってしまう人も多いと思います。

ここでは、トールとソリオの安全性はどのくらいのレベルなのか徹底比較してみました。

トールとソリオの予防安全装備を比較

ダイハツ・トール 1,556,500円~2,090,000円

トール&ソリオ安全性比較
引用:daihatsu.co.jp/thor

スズキ・ソリオ 1,515,800円~2,148,300円

トール&ソリオ安全性比較
引用:suzuki.co.jp/solio

まずはじめに、2台の予防安全装備 (安全運転支援システム) を比較してみましょう。

機能 / 車名 トール ソリオ
自動ブレーキ
誤発進抑制機能 (前進時) 〇※
誤発進抑制機能 (後退時) 〇※ △※
車線逸脱警報機能
ふらつき警報機能
路外逸脱警報機能 ×
先行車発進お知らせ機能
標識認識機能
アダプティブクルーズコントロール

〇:全車に標準装備
△:グレード別装備
×:設定なし
※:ブレーキ制御付

まず、トールが全車に予防安全装備が付くのに対し、ソリオは「スズキセーフティサポート非装着車」を選ぶと予防安全装備が付かない違いがあります。

スズキには、安全より価格を優先するユーザーのためという理屈があるのでしょう。

しかし、価格はアップしても予防安全装備は外せないと考えるダイハツの方が、本当の意味でユーザー思いと言えます。

続いて、ソリオは予防安全装備のスズキセーフティサポートが付くグレードを前提に、トールとソリオの予防安全装備を詳しくチェックしてみましょう。

■ 自動ブレーキの性能はトールが一歩リード

トール&ソリオ安全性比較
引用:daihatsu.co.jp/thor

トールとソリオの自動ブレーキ (衝突被害軽減ブレーキ) の性能は、以下のような違いがあります。

項目 / 車名 トール ソリオ
検知デバイス ステレオカメラ ステレオカメラ
検知対象 車両・歩行者 (昼夜) 車両・歩行者 (昼)

車両や歩行者を検知するデバイスは、トール、ソリオとも2台のカメラを用いたステレオカメラ方式です。

しかし検知性能には差があり、トールは歩行者を昼夜とも検知できるのに対し、ソリオは夜間に歩行者を検知することはできません

夜にお出かけする機会が多いなら、夜間も歩行者を検知できるトールがおすすめです。

■ 誤発進抑制機能はトールが優秀

最近ニュースを賑わすことの多い、ペダルの踏み間違いによる暴走事故。

誰もが起こしてしまう可能性のある暴走事故を防ぐ安全装備が、誤発進抑制機能です。

アクセルペダルを強く踏み込んでしまっても、カメラやセンサーが障害物を検知している状態ならエンジン出力抑制や自動ブレーキにより、衝突被害を軽減または回避してくれます。

トール、ソリオともに前進時・後退時の誤発進抑制機能を装備。

トールの場合、前進時・後退時ともエンジン出力抑制に加え自動ブレーキが働きます。

トール&ソリオ安全性比較
引用:daihatsu.co.jp/thor

一方、ソリオは前進時には自動ブレーキ機能がなく、エンジン出力の抑制のみです。

安心感の点では、前進時・後退時ともブレーキ制御が付くトールに軍配があがります

■ 路外逸脱警報機能はトールのみ装備

車線からはみ出しそうになると警報でお知らせする車線逸脱警報機能と、クルマのふらつきを検知すると警報でお知らせする「ふらつき警報機能」は、トール、ソリオともに備わります。

トールではこの2つの機能に加え、クルマが路外に逸脱しそうになると警報でお知らせする路外逸脱警報機能が備わるので、より安心です。

トール&ソリオ安全性比較
引用:daihatsu.co.jp/thor

そのほかの機能では、先行車の発進に気づかないまま停車し続けた場合に警報でお知らせする先行車発進お知らせ機能と、道路標識を検知してディスプレイに表示する標識認識機能は2台とも備わります。

■ アダプティブクルーズコントロールはトールが優秀

先行車に自動で追従走行するアダプティブクルーズコントロールは、高速走行時の疲労を軽減するメリットがあります。

トール、ソリオに設定されるアダプティブクルーズコントロールは、いずれも全車速追従機能付なので渋滞のゴー・ストップにも対応。

先行車が停車すると自車も自動で停車するところまでは、2台とも同じです。

しかし、ソリオは停車保持が2秒で解除されてしまうのに対し、トールはオートブレーキホールド機構によりずっと停車し続けてくれます。

トール&ソリオ安全性比較
引用:daihatsu.co.jp/thor

渋滞でもブレーキペダルを踏み続けないで済むトールの方が、疲労が少なく済むことは間違いありません。

■ 予防安全装備の総合評価はトールがリード!

予防安全装備を総合した評価では、トールがソリオをリードします。

その理由は、以下の4つです。

  • 全車に予防安全装備が付く
  • 自動ブレーキが夜間の歩行者に対応
  • ソリオにはない路外逸脱警報機能を搭載
  • アダプティブクルーズコントロールの機能性で勝る

ソリオは予防安全装備が付くグレードを選んでも、安全性でトールに及びません。

エアバッグはソリオが充実

衝突事故が起きてしまった場合に、乗員を守ってくれる安全装備がSRSエアバッグシステムです。

運転席と助手席のデュアルエアバッグは2台とも当然ながら標準装備されますが、側面衝突時に乗員を保護するサイド&カーテンエアバッグの設定には違いがあります。

ソリオは、サイド&カーテンエアバッグを全車に標準装備。

トール&ソリオ安全性比較
引用:suzuki.co.jp/solio

一方、トールは全車メーカーオプション扱いになってしまいます。

トール&ソリオ安全性比較
引用:daihatsu.co.jp/thor

オプション価格は50,600円~56,100円と決して安くはないので、装着を躊躇してしまう人も多いでしょう。

大切な安全装備ですから、オプション扱いなどにせず全車に標準装備するべきです。

エアバッグの設定に関しては、予防安全装備とは逆にダイハツの見識が疑われます。

総合的な安全性はトールが一歩リード

トール&ソリオ安全性比較
引用:daihatsu.co.jp/thor

ここまで、トールとソリオの予防安全装備とエアバッグについて比較してきました。

トールはエアバッグの設定に難があり、ソリオにも予防安全装備「スズキセーフティサポート」が付かないグレードを設定している問題点があります。

その意味では、2台は五十歩百歩とも言えるでしょう。

しかし、トールのサイド&カーテンエアバッグ装着車とソリオのスズキセーフティサポート装着車を比較した場合は、予防安全装備の内容でトールが一歩リードします。

したがって、安全性重視で選ぶならトールにサイド&カーテンエアバッグを付けて購入するのがベターです。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ トール&ソリオの運転しやすさを徹底比較!!

□ トール&ソリオの快適性を徹底比較!!

□ トール&ソリオの使い勝手を徹底比較!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

トールとソリオの使い勝手を徹底比較!!

トール&ソリオ4WD比較

トールとソリオは、どちらもコンパクトなボディからは想像できない室内スペースの広さが魅力です。

しかし、2台の室内や荷室の使い勝手は同じではありません。

ここではトールとソリオの使い勝手を、様々な観点から徹底的に比較してみました。

シートアレンジを比較

ダイハツ・トール 1,556,500円~2,090,000円

トール&ソリオ使い勝手比較
引用:daihatsu.co.jp/thor

スズキ・ソリオ 1,515,800円~2,148,300円

トール&ソリオ使い勝手比較
引用:suzuki.co.jp/solio

■ シートアレンジはトールが一歩リード

まずはじめに、2台のシートアレンジを比較してみましょう。

機能 / 車名 トール ソリオ
運転席・助手席フルリクライニング機構
後席左右独立スライド機構
後席分割可倒機構 〇※

※:ダイブダウン機構付

運転席と助手席の背もたれを水平までフルリクライニングさせ、後席の座面とつなげる「フルフラットモード」は、トール、ソリオとも備わります。

トール&ソリオ使い勝手比較
トールのフルフラットモード (引用:daihatsu.co.jp/thor)
トール&ソリオ使い勝手比較
ソリオのフルフラットモード (引用:suzuki.co.jp/solio)

フルフラットモードは、道の駅などにクルマを停めて車内でゆったり休憩したいときなどに重宝するでしょう。

後席のリクライニング角度には違いがあり、トールは70°、ソリオは56°なので、よりリラックスできるのはトールです。

次に後席スライド機構に関してですが、トール、ソリオとも左右独立でスライドすることができます。

後席に積む荷物の量や大きさに応じ、シート位置を調整できるのはとても便利です。

トール&ソリオ使い勝手比較
トールのシートスライド機構 (引用:daihatsu.co.jp/thor)
トール&ソリオ使い勝手比較
ソリオのシートスライド機構 (引用:suzuki.co.jp/solio)

シートのスライド量はトールが240mm、ソリオが165mmとトールの方が大きく、使い勝手で若干リード。

そして後席の背もたれを左右分割で折りたたむ機能も、トール、ソリオとも備わります。

トール&ソリオ使い勝手比較
トールの後席折りたたみ時 (引用:daihatsu.co.jp/thor)
トール&ソリオ使い勝手比較
ソリオの後席折りたたみ時 (引用:suzuki.co.jp/solio)

シートスライド機構、後席分割可倒機構ともトールは6:4分割、ソリオは5:5分割という違いがありますが、使い勝手に影響を与えることはほとんどないでしょう。

それよりも、トールの後席には床下に格納するダイブダウン機能が備わり、ソリオより低い荷室フロアを実現できる点に注目です。

操作が面倒で力が必要という欠点はありますが、ダイブダウン機能はやはりあった方が便利。

結論として、後席のシートスライド量やリクライニング角度で勝り、ダイブダウン機能も備わるトールがソリオを一歩リードしています。

収納の充実度を比較

この項目では、トールとソリオの収納を運転席、助手席、後席に分けて検証していきます。

■ 運転席の収納が豊富なのはソリオ

まず運転席の収納 (センター部も含む) を比べてみましょう。

収納 / 車名 トール ソリオ
ドリンクホルダー
アッパーボックス ×
アンダートレー ×
センターボックス
センターポケット ×
センターフロアトレイ ×
シートサイドポケット ×
オーバーヘッドコンソール ×
ボトルホルダー付ドアポケット

〇:全車標準装備
×:設定なし

トールにあってソリオにはない収納は、センターポケットとセンターフロアトレイの2か所。

一方ソリオにあってトールにはない収納は、アッパーボックス、アンダートレー、シートサイドポケット、オーバーヘッドコンソールの4か所あります。

運転席側のトータルの収納は、トールが5か所ソリオが7か所でソリオの方が豊富です。

トールでも通常は収納場所に困ることはないはずですが、持ち物の多い人にはソリオの方がいいでしょう。

■ 助手席の収納は僅かにソリオがリード

次に、助手席の収納を比較します。

収納 / 車名 トール ソリオ
ドリンクホルダー
インパネトレイ
グローブボックス
ショッピングフック
ボトルホルダー付ドアポケット
助手席シートアンダーボックス

〇:全車標準装備
△:グレード別装備

助手席側の収納は、トールがグレードにより5~6か所ソリオが全車6か所です。

差が付くのは助手席シートアンダーボックスの設定で、ソリオは全車に標準装備されるのに対し、トールは最廉価グレードGに限りメーカーオプションとなります。

トール&ソリオ使い勝手比較
ソリオの助手席シートアンダーボックス (引用:suzuki.co.jp/solio)

助手席シートアンダーボックスは、あるととても便利な収納なので、トールのGを購入する場合はオプションで付けておいた方がベターです。

■ 後席の収納はトールが充実

最後に後席の収納を比較してみましょう。

収納 / 車名 トール ソリオ
助手席シートバックポケット
運転席・助手席シートバックテーブル ×
ボトルホルダー
デッキサイドトリムポケット ×

※荷室スペースにあり

〇:全車標準装備
△:グレード別装備
▲:メーカーオプション
×:設定なし

後席の収納は、メーカーオプションを除けばトールが2~3か所ソリオが1~2か所となります。

ボトルホルダーは2台とも備わりますが、デッキサイドのポケットはトールにしか付きません。

トール&ソリオ使い勝手比較
トールのデッキサイドトリムポケット&ボトルホルダー (引用:daihatsu.co.jp/thor)

また、トールはオプションで軽食を取るときなどに重宝するシートバックテーブルが選べるのもメリットです。

ソリオは後席の収納が不十分で、この項目ではトールに軍配があがります。

■ 収納の総合評価は互角

収納の総数はトールが12~14か所ソリオが14~15か所で、ソリオが一歩リードしています。

しかし、ソリオは前席の収納がトール以上に充実している一方で、後席の収納が不足気味です。

ミニバンは後席を使用する機会が多いはずですから、その意味ではトールの方が理にかなっているとも言えます。

総合評価はクルマの使い方に左右されるので、互角としておきましょう。

荷室は使い勝手、容量ともトールの勝ち!

最後は、荷室の使い勝手の比較です。

項目 / 車名 トール ソリオ
開口高 (mm) 1,080 980
開口幅 (mm) 1,077 1,075
後席使用時の荷室床面長 (mm) 500~740 550~715
後席折りたたみ時の荷室床面長 (mm) 1,540 1,390
荷室フロア高 (mm) 527 ※ 665

※:多機能デッキボード通常時は608mm

トール&ソリオ使い勝手比較
トールの荷室 (引用:daihatsu.co.jp/thor)
トール&ソリオ使い勝手比較
ソリオの荷室 (引用:suzuki.co.jp/solio)

荷室開口部の大きさは、幅はほぼ同等ながら高さはトールの方が10cm大きい数値です。

さらに、荷室フロア高はトールの方が約14cm (デッキボード通常時で約6cm)低いので、荷物の積載性はトールの方が優れています。

荷室寸法に関しては、後席使用時は2台に大きな差はないものの、後席折りたたみ時はトールの方が15cmも長い寸法です。

荷室に関しては使い勝手、容量ともにソリオよりトールが優れています

総合的な使い勝手はトールがリード!

ここまでトールとソリオについて、シートアレンジや収納、荷室の使い勝手について検証してきました。

これらをすべて含めたトータルの使いやすさでは、トールがリードしています。

トール&ソリオ使い勝手比較
引用:daihatsu.co.jp/thor

シートアレンジと荷室の使い勝手、後席の収納でソリオに勝るので、トールに軍配をあげました。

ソリオは前席の収納はトールより豊富ですが、それ以外の項目で見劣りしてしまいます。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ トール&ソリオの運転しやすさを徹底比較!!

□ トール&ソリオの快適性を徹底比較!!

□ トール&ソリオの安全性を徹底比較!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

トールとソリオの快適性を徹底比較!!

トール&ソリオ4WD比較

トールとソリオのどちらを選べばいいのか、迷っている人は多いと思います。

ファミリーカーとして使われるミニバンなので、快適性は選択の重要なポイントになるでしょう。

ここでは、トールとソリオの快適性を様々な観点から徹底的に比較していきますので、購入時の参考にどうぞ。

乗り心地はソリオの方が快適!

ダイハツ・トール 1,556,500円~2,090,000円

トール&ソリオ快適性比較
引用:daihatsu.co.jp/thor

スズキ・ソリオ 1,515,800円~2,148,300円

トール&ソリオ快適性比較
引用:suzuki.co.jp/solio

まずはじめに、快適性を大きく左右する乗り心地を比較します。

トールは足回りが硬めで路面の凹凸を上手くいなすことができず、快適性はイマイチです。

特に15インチタイヤを履くカスタムGターボは突き上げ感が強く出るので、乗り心地を優先するなら14インチタイヤ装着グレードの方がベターです。

ソリオはトールよりもサスペションのセッティングがソフトで、路面が荒れていても乗り心地は概ね快適。

14インチタイヤを履く最廉価グレードGと、15インチタイヤを履くグレードとの乗り心地の差は少なく、どちらも満足のいく乗り心地です。

乗り心地に関しては、間違いなくトールよりもソリオの方が優れています

静粛性もソリオの勝ち!

車内の静粛性に関しても、ソリオの方が勝っています。

現行ソリオは先代より静粛性が大幅にアップし、車格がワンランク上がったかのよう。

ロードノイズ、エンジン音の遮音性とも十分で、車内は平和に保たれます。

また、マイルドハイブリッドモデルにはアイドリングストップ機構が付きますが、エンジン再始動時にキュルキュル音がしない点もメリットです。

一方、トールはソリオと比較して車内がノイジーで、いかにも大衆車然としています。

特に気になるのがロードノイズで、路面状態が悪いと騒々しいと表現できるレベルに。

さらに、アイドリングストップからの再始動時にキュルキュル音が出てしまう点もマイナス要素です。

また、4気筒エンジン搭載のソリオに対し、回転バランスの劣る3気筒エンジンを搭載するトールは振動面でも劣っています。

室内の広さに大差はなし

室内で快適に過ごすためには、室内空間の広さも重要なポイント。

ここで、2台の室内寸法を比較します。

項目 / 車名 トール ソリオ
室内長 (mm) 2,180 2,500
室内幅 (mm) 1,480 1,420
室内高 (mm) 1,355 1,365

まず室内長を見ると、ソリオの方が320mmも長い数値になっています。

ソリオはトールよりボディの全長が90mmほど長いとは言え、室内長でこれほど差が付くのは不自然です。

2台とも後席スライド機構を持っていますが、採寸時の後席の位置がダイハツとスズキでは違う可能性があります。

トール&ソリオ快適性比較
トールのシートスライド機構 (引用:daihatsu.co.jp/thor)
トール&ソリオ快適性比較
ソリオのシートスライド機構 (引用:suzuki.co.jp/solio)

ちなみに、後席を一番後ろにスライドさせた状態で後席の足元スペースを比較すると、2台にはほとんど差はありません (どちらも十分過ぎるスペースを確保) 。

前席の足元スペースも同等なので、室内長がこれだけ違うのはやはり採寸方法の問題なのでしょう。

一方、室内幅は逆にトールの方が60mm大きい数値です。

トールはソリオと比べボディの全幅が25mm広いため、これは当然の結果とも言えます。

この差は、後席に3人乗った時の窮屈さの違いとなって現れます。

さらにソリオは中央席にヘッドレストがないのに対し、トールはきちんと3人分のヘッドレストが備わることを考えれば、後席に3人乗せる機会があるならトール一択です。

ただし後席に1~2名しか乗らないなら、センターアームレストが備わるソリオ (※Gを除く) の方がくつろげます。

最後に室内高ですが、ボディの全高が10mm高いソリオがその分大きい数値です。

この差は頭上スペースの差として現れていますが、そもそもトールも十分過ぎるほどの頭上スペースがあるので、気にするほどの問題ではありません。

総合的な室内スペースは2台に大きな差はありませんが、後席に3人乗せる機会があるなら、ヘッドレストの件もあるのでトールがおすすめです。

快適装備はソリオの圧勝!

車内で心地よく過ごすためには、快適装備が充実していることも重要なポイント。

ここでトールとソリオにはどのような快適装備が付くのか、比べてみましょう。

機能 / 車名 トール ソリオ
フルオートエアコン
蓄冷エバポレーター ×
リヤヒーターダクト ×
サーキュレーター ×
運転席・助手席シートヒーター

〇:全車に標準装備
△:グレード別装備
▲:メーカーオプション
×:設定なし

■空調機能はソリオが充実

まず空調機能を比べてみると、ソリオは室温を自動で保つフルオートエアコンを全車に標準装備です。

一方トールは、最廉価グレードのGを選ぶと機能性の劣るマニュアルエアコンになってしまいます。

G以外のグレードはフルオートエアコンが装備されるものの、グレードで差別しないソリオが一歩リードと言えるでしょう。

またソリオのハイブリッドモデルには、アイドリングストップ時にも冷風が出る蓄冷エバポレーターが装備されます (※純ガソリン車はアイドリングストップ機構なし)。

これに対しトールは蓄冷エバポレーターが付かないので、夏場のアイドリングストップ中は暑さを我慢しなければなりません。

さらにソリオには、後席にエアコンの温風を直接届けるリヤヒーターダクトが全車に標準装備されるほか、上級グレードには室内の空気を循環させるサーキュレーター (スリムサーキュレーター) も装備されます。

トール&ソリオ快適性比較
ソリオのリヤヒーターダクト (引用:suzuki.co.jp/solio)
トール&ソリオ快適性比較
ソリオのスリムサーキュレーター (引用:suzuki.co.jp/solio)

このように、空調関連の機能ではソリオがトールを圧倒的に凌駕します。

■ シートヒーターはソリオのみ標準装備グレードあり

シートを直接暖めるシートヒーターは、冬場の快適なドライブに欠かせない装備です。

ソリオの場合、Gを除く全車に運転席・助手席シートヒーターが標準装備されます。

一方トールは、運転席・助手席シートヒーターが標準装備されるグレードはなく、全車メーカーオプション扱いです。

この点だけを見ればソリオの方が優れているように感じられますが、実はソリオのシートヒーターには欠点があります。

それは暖まるのはシートの座面だけで、背もたれは暖まらないことです。

トール&ソリオ快適性比較
引用:suzuki.co.jp/solio

それに対しトールにオプション設定されているシートヒーターは、座面と背もたれの両方が暖かくなります

トール&ソリオ快適性比較
引用:daihatsu.co.jp/thor

シートヒーターのオプション価格は23,100~28,600円しますが、その出費を厭わなければトールの方が快適にすごせるわけです。

とは言うものの、快適装備の総合評価では間違いなくソリオがトールをリードしています。

快適性の総合評価はソリオがトールを圧倒!

トール&ソリオ快適性比較
ソリオの室内 (引用:suzuki.co.jp/solio)

ここまでトールとソリオを乗り心地や静粛性、室内スペース、快適装備といった項目で比較してきました。

すべての要素をトータルした快適性では、ソリオがトールを圧倒します。

乗り心地、静粛性、快適装備で明らかにトールをリードし、室内スペースも劣らないので優位は明らかです。

ただし後席のヘッドレストが2人分しか付かない欠点があるので、後席に3人乗る場合はソリオはおすすめしません。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ トール&ソリオの運転しやすさを徹底比較!!

□ トール&ソリオの安全性を徹底比較!!

□ トール&ソリオの使い勝手を徹底比較!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】