日産・サニー (6代目)

サニー

日産自動車の大衆車「サニー」は1985年9月に4年ぶり5度目のフルモデルチェンジ、通称トラッドサニーと呼ばれる6代目モデルとなります。

駆動方式はFFのほか、歴代サニー初となる4WD車 (当初はパートタイム方式のみ) が設定されました。

エンジンは先代譲りで、1.3L直4SOHC自然吸気 (最高出力67ps)、1.5L直4SOHC自然吸気 (最高出力82ps) およびターボ (最高出力100ps) のガソリン3種類と、1.7L直4SOHCディーゼル (最高出力55ps) を設定。

ボディタイプは先代同様、3ドアハッチバック / 4ドアセダン / 5ドアワゴン「カリフォルニア」の3タイプが用意されました。

セダンのボディサイズは全長4,155mm×全幅1,640mm×全高1,385~1,400mmで、先代とほぼ同等でした。

サスペンション形式はフロントはストラット式が踏襲された一方、リアはトレーリングアーム式に代わりパラレルリンクストラット式が採用されました。

その後1986年2月に、一時途絶えていた2ドアクーペが「サニーRZ-1」の車名で復活。

さらに同年8月に1.6L直4DOHCエンジン (最高出力120ps) 搭載車が、9月にはフルタイム4WD車が追加されます。

次いで1987年1月にマイナーチェンジ、外装デザインの変更と同時に1.5Lエンジンを12バルブ化。

そして1990年1月にフルモデルチェンジ、通算7代目モデルに移行します。

6代目サニーは、先代からボディ剛性や内装の質感が大幅に向上。

また欧州車フィーリングの乗り味や、一段と向上した居住性を備えるなど、車格がワンランク上がったかのような進化を遂げました。

まず、発売当初のセダン / カリフォルニアのカタログを紹介。

サニー
先代より大人びた雰囲気に。

サニー

サニー

サニー

サニー

サニー
セダンに歴代サニー初の4WDモデルを設定。

サニー

サニー
サニー

サニー

サニー
ボディ外寸は僅かに大きくなった程度だったものの、室内は確実に広くなっていました。
サニー
エンジンは基本的に先代からのキャリオーバーだった一方、足回りは一新されました。
サニー
ボディ剛性アップにより、走りの質感も向上。

サニー

サニー

サニー

続いてサニーRZ-1の発売当初のカタログを紹介します。

RZ-1

RZ-1

RZ-1

RZ-1
サイドまで回り込んだリアウィンドウが印象的。
RZ-1
デジタルメーターの採用でモダンなイメージを醸すインパネ。

RZ-1

RZ-1
エンジンは当初1.5Lの自然吸気とターボを用意。
RZ-1
空力特性の指標となるCd値は0.32とかなり優秀。

RZ-1

RZ-1

RZ-1

RZ-1
サンルーフ、カーコンポ、アルミホイールなどをオプション設定。

RZ-1

RZ-1

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ ダットサン・サニー  (5代目)

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

日産・サニー (5代目)

サニー

日産自動車の大衆車「サニー」は、1981年10月に4年ぶり4度目のフルモデルチェンジを受けます。

駆動方式がFRからFFに転換されると同時に、ブランドがダットサンから日産に変更されるなど、サニー史上で大きな転換点となる1台でした。

ボディタイプは2ドアセダンが国内向けラインナップから外されたほか、バンが「サニーADバン」として独立したため、4ドアセダン / 3ドアクーペ / 5ドアワゴン「カリフォルニア」の3タイプとなりました。

セダンのボディサイズは全長4,050~4,135mm×全幅1,620mm×全高1,390mmで、先代から一回り大型化。

エンジンラインナップは従来から一新、直4OHVに代わり直4SOHCの1.3Lシングルキャブ仕様 (最高出力75ps)、1.5Lシングルキャブ仕様 (最高出力85ps) および燃料噴射仕様 (最高出力95ps) が用意されました。

また、サスペンション形式もフロントはストラット式が踏襲された一方、リアは歴代サニー初のトレーリングアーム独立懸架式を採用。

総合的に見て従来の保守的路線から一転し、時流に乗った設計が取り入れられました。

その後同年9月の仕様変更の際、1.5Lターボエンジン (最高出力115ps) を搭載する「ターボルプリ」を追加。

さらに翌10月には、セダンとカリフォルニアに1.7L直4SOHCディーゼルエンジン (最高出力61ps) 搭載車を追加。

次いで1983年10月のマイナーチェンジで3ドアクーペが廃止され、代わって3ドアハッチバックが登場します。

そして1985年9月にフルモデルチェンジ、6代目モデルに移行しました。

5代目サニーは先代から居住性が大幅に向上、乗り心地や燃費性能も改善されました。

また、FF化しながら軽快なハンドリングが受け継がれるなど、トータルバランスの優れた1台でした。

まず、発売当初のカタログを紹介します。

サニー
表紙を飾る4ドアセダン。遅まきながら、ついにFF化。
サニー
機能的かつプレーンなスタイリングが魅力的。
サニー
先代までは不十分だった後席スペースが大幅に改善されました。

サニー

サニー

サニー
クーペには珍しい6ライトウィンドウを採用。クーペというより3ドアハッチバック的なキャラクターでした。
サニー
ステーションワゴンのカリフォルニア。
サニー
歴代サニー初の4輪独立懸架を採用し、乗り心地と操縦安定性を高次元で両立。

サニー

サニー
トランクスペースも先代から大幅に拡大。

サニー

サニー

サニー

続いてマイナーチェンジ後のカタログを紹介。
サニー
表紙は新設定された3ドアハッチバック。
サニー
3ドアハッチバックの頂点に位置するホットグレード「ターボルプリ」。
サニー
従来の3ドアクーペから全長を100mm以上短縮。

サニー

サニー

サニー

サニー

サニー

サニー

サニー

サニー

サニー

サニー

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ ダットサン・サニー  (4代目)

□ 日産・サニー  (6代目)

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

日産・パルサー (3代目)

パルサー

日産の大衆車「パルサー」は1986年5月に4年ぶり2度目のフルモデルチェンジを受け、3代目モデルとなります。

ボディタイプは3ドア / 5ドアハッチバックと4ドアサルーンの3タイプで、クーペはパルサーの冠名が取れ「エクサ」として独立しました。

ボディサイズは全長4,030~4,125mm×全幅1,640mm×全高1,380mmで、先代から全長・全幅を若干拡大。

駆動方式は従来同様の横置きFFのほか、パートタイム方式および国産車初のビスカスカップリング・フルタイム方式の2種類の4WDが設定されました。

エンジンは1.3L直4SOHC電子制御キャブ仕様 (最高出力67ps)、1.5L直4SOHCシングルキャブ仕様 (最高出力73ps) および燃料噴射仕様 (最高出82ps)、1.6L直4DOHC燃料噴射仕様 (最高出120ps) 、1.7L直4SOHCディーゼル (最高出55ps) の5種類を用意。

サスペンション形式はフロントはストラット式が踏襲された一方、リアはトレーリングアーム式からパラレルリンクストラット式に変更されました。

その後1988年4月のマイナーチェンジの際に、1.5Lエンジンを従来のE15型からGA15型 (最高出85ps / 97ps) に変更。

そして1990年8月にフルモデルチェンジを実施、4代目モデルとなります。

ここでは発売当初のカタログを紹介。

パルサー

パルサー
空力ボディの採用で3ドアはCd値0.32を実現。

パルサー

パルサー

パルサー
1.6Lツインカム車にはアジャスタブル・ショックアブソーバーを採用。
パルサー
オプションで電動ガラスサンルーフやシステムコンポを用意。
パルサー
スポーティグレード「1600ミラノX1ツインカム」は3ドアハッチバックのみの設定。
パルサー
ディーゼルも選べる5ドアハッチバック。

パルサー

パルサー
4ドアサルーンにはパートタイム、フルタイムの2種類の4WDグレードを設定。

パルサー

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 日産・パルサー (2代目)

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

日産・パルサー (2代目)

パルサー

1978年にチェリーF-Ⅱの後継車種として登場した「パルサー」は1982年4月にフルモデルチェンジ、2代目モデルに移行します。

横置きFFレイアウトやパワートレイン、フロントがストラット式、リアがトレーリングアーム式による4輪独立懸架など基本メカニズムが先代から踏襲されました。

ボディタイプは3ドア / 5ドアハッチバックと、「エクサ」のサブネームを持つ2ドアクーペの3タイプでスタート。

ボディサイズは全長3,960~4,125mm×全幅1,620mm×全高1,355~1,390mmで、先代から全長が延長されました。

エンジンは1.3L直4SOHCシングルキャブ仕様 (最高出力75ps) と、1.5L直4SOHCシングルキャブ仕様 (最高出力85ps) および燃料噴射仕様 (最高出力95ps) の3種類を用意。

追って同年6月に、3ボックス型の4ドアサルーンを追加。

翌1983年5月には一部改良を実施、同時に1.5L直4SOHCターボエンジン (最高出力115ps) 搭載車 および1.7L直4SOHCディーゼルエンジン (最高出力61ps) 搭載車がラインナップに加わります。

次いで1984年3月にマイナーチェンジを実施。

そして1986年5月にフルモデルチェンジ、3代目モデルに移行します。

2代目パルサーは初代モデルから乗り心地や操縦安定性が向上するなど、全方位的な進化を遂げました。

兄貴分のサニーよりトータルバランスに優れ、大衆車クラスで出色の1台でした。

ここでは、4ドアサルーン追加後のカタログを紹介します。

パルサー
表紙を飾るのは、新設定されたクーペ「エクサ」のリトラクタブルヘッドランプ。
パルサー
当時はリトラクタブルヘッドランプがトレンドでした。
パルサー
4種類のボディタイプが勢ぞろい。

パルサー

パルサー

パルサー
上級グレードに1本スポークステアリングを採用。
パルサー
前席・後席とも十分な居住性を確保。
パルサー
先代の4ドアセダンが2ボックス型だったのに対し、2代目は3ボックス型のオーソドックスなポロポーションに。

パルサー

パルサー
エクサはCd値0.37の空力特性を実現。
パルサー
後席が狭そうに見えるエクサですが、実際は大人が十分座れるスペースが確保されていました。

パルサー

パルサー

パルサー

パルサー

パルサー

パルサー

パルサー

パルサー

パルサー

パルサー

パルサー

パルサー

パルサー

パルサー

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 日産・パルサー (初代)

□ 日産・パルサー (3代目)

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

日産・Be-1

Be-1

1987年1月に、国産車初のパイクカーとして誕生したのが日産自動車の「Be-1」です。

1982年発売の初代マーチをベースに製造されたモデルで、10,000台限定で発売されました。

レトロ調のスタイリングを備える3ドアハッチバックボディは、マーチに近い全長3,635mm×全幅1,580mm×全高1,395~1,420mmの大きさでした。

駆動方式はマーチ同様のFFで、エンジンも共通の987cc直4SOHC (最高出力52ps / 最大トルク7.6kg・m) を搭載。

トランスミッションは5速MTと3速ATが選べました。

追って同年3月にキャンバストップ仕様車を追加したのち、1988年5月をもって販売終了。

個性的な内外装デザインを売りにしたモデルだったものの、ドライバビリティや経済性の高さ、真っ当な操縦安定性や乗り心地など、マーチの美点を受け継いでいました。

では、カタログを紹介しましょう。

Be-1
ユニークなリアコンビランプが印象的なリアビュー。
Be-1
レトロかつファニーなエクステリアが持ち味。後席スペースと荷室スペースはデザインの犠牲になり、マーチより劣っていました。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 日産・マーチ (初代)

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

日産・マーチ (初代)

マーチ

日産自動車は1982年10月、パルサーの下位に位置するエントリーモデル「マーチ」を発売します。

ジウジアーロのデザインによる3ドアハッチバックボディは全長3,645~3,785mm×全幅1,560mm×全高1,395mmの大きさで、駆動方式は一般的な横置きFFを採用。

エンジンは新設計の987cc直4SOHC (最高出力57ps / 最大トルク8.0kg・m) で、トランスミッションは4速 / 5速MTと3速ATが用意されました。

サスペンション形式はフロントがストラット式、リアが4リンク / コイル・リジッド式でした。

その後1983年9月に5ドアハッチバックを追加。

1985年2月には初のマイナーチェンジを実施、同時に3ドア車に987ccターボエンジン (最高出力85ps / 最大トルク12.0kg・m) 搭載の「ターボ」が設定されます。

マイナーチェンジは1987年8月と1989年1月にも行われますが、1989年のマイナーチェンジでは、930ccツインチャージャー (ターボ+スーパーチャージャー) エンジン搭載 (最高出力110ps / 最大トルク13.3kg・m) の3ドア車「スーパーターボ」が追加されたことが最大のトピックでした。

そして1992年1月にフルモデルチェンジ、2代目モデルとなります。

初代マーチはドラバビリティや燃費性能に優れていたほか、軽快なハンドリングや良好な乗り心地、思いのほか広い居住性など、トータルバランス抜群の大衆車でした。

販売面では大ヒットには至らなかったものの、販売期間を通じて一定の人気を維持しました。

また、初代マーチをベースにBe-1やパル、フィガロといったパイクカーが製造されたこともトピックにあげられます。

ここでは、初期型 (1982年4月発行) のカタログを紹介します。

マーチ
イメージキャラクターはマッチこと近藤真彦氏。「マッチのマーチはあなたの街にマッチする」のCMキャッチフレーズが印象的でした。
マーチ
1982年4月に追加されたグレード「コレット」。
マーチ
ジウジアーロのデザインによるスタイリングは、いま見ても秀逸。

マーチ

マーチ

マーチ
コンパクトな外寸ながら、前席・後席ともスペースは十分。
マーチ
シンプルで機能的なインパネ。

マーチ

マーチ
よく回り、粘り強さも兼ね備えたMA10型エンジン。

マーチ

マーチ
上級グレードにはパワステをオプション設定。しかしパワステなしでも操舵力は軽く、女性でも無理なく運転できました。
マーチ
リアサスペションはリジッド式ながら、一クラス上の車種に匹敵する乗り心地を実現。

マーチ

マーチ

マーチ

マーチ

マーチ

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 日産・Be-1

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

トヨタ・ライトエースワゴン (初代)

ライトエース

トヨタの商用車ライトエースは、1979年10月のフルモデルチェンジで2代目モデルに移行します。

その際に、カタログ落ちしていた乗用モデルが「ライトエースワゴン」として復活しました。

ワンボックス型ボディのサイズは全長が3,900~3,995mm、全幅が1,625mmで、全高は標準ルーフ仕様が1,735~1,750mm、ハイルーフ仕様が1,950~1,970mmでした。

駆動方式はFRで、パワートレインは当初1.8L直4OHVの13T-U型エンジン (最高出力92ps) +4速MTが搭載されました。

足回りはフロントがダブルウィッシュボーン式、リアがリジッド・リーフ式という構成でした。

その後1980年12月のマイナーチェンジで、5速MTと3速ATが追加されます。

次いで1982年11月に実施された2度目のマイナーチェンジでは、エンジンを1.8L直4OHVの2Y型 (最高出力95ps) に変更。

そして1985年9月にフルモデルチェンジ、3代目モデルとなります。

初代ライトエースワゴンは、ソフトな乗り心地やアンダーは強めながら安定した操縦性、必要十分な動力性能など、乗用車として十分通用するワンボックス車でした。

ここでは、1980年12月発行のカタログを紹介します。

ライトエース
表紙を飾るのはハイルーフ+サンルーフ仕様。
ライトエース
最上級グレードのFXV。
ライトエース
FXVはデュアル回転方式対面シートを採用。現代のミニバンにもない機能です。
ライトエース
多彩なシートアレンジが持ち味。
ライトエース
乗用車ムードあふれるインパネ。
ライトエース
サンルーフ仕様も設定。オーバーヘッドデュアルエアコンとクールボックスはセットオプション。

ライトエース

ライトエース

ライトエース
最小回転半径は軽自動車並みの4.2m。
ライトエース
カーオーディオやアルミホイールをオプションで用意。
ライトエース
貴方はハイルーフ派?それとも標準ルーフ派?
ライトエース
商用モデルのルートバンも用意。

ライトエース

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

トヨタ・スプリンターカリブ (初代)

スプリンターカリブ

1982年8月にデビューした「スプリンターカリブ」。

スプリンターの名を冠しながらターセル&コルサがベースで、他のスプリンターシリーズとは基本設計が異なっていました。

最大の特徴は全車にパートタイム4WD方式を採用したことで、言わばRV車の先駆け的な存在でした。

ボディは5ドアステーションワゴンで、サイズは全長4,175~4,310mm×全幅1,615mm×全高1,500mm。

エンジンは1.5L直4SOHC (最高出力83ps) で、トランスミッションはエクストラロー付の5速MTが組み合わせられました。

その後1983年10月に3速トルコンATが選べるようになり、1984年8月のマイナーチェンジではエンジン出力向上 (最高出力85ps / 90ps) が図られます。

次いで1986年5月に実施された2度目のマイナーチェンジでは、上級グレードに電子制御サスペンションを搭載。

そして1988年2月にフルモデルチェンジが実施され、2代目モデルに移行します。

ここでは、デビュー当初のカタログを紹介します。

スプリンターカリブ
スプリンターの冠名とは裏腹に武骨なイメージの外観。
スプリンターカリブ
やはり4WD車にはオフロードが似合いますね。
スプリンターカリブ
FF走行時は5速、4WD走行時にはエクストラロー付6速となるトランスミッション。
スプリンターカリブ
電動サンルーフやアルミホイールはオプション。
スプリンターカリブ
オプションでオールシーズンタイヤも用意されていました。

スプリンターカリブ

スプリンターカリブ

スプリンターカリブ
上級グレードAV-Ⅱには、クルマの前後左右の傾きを表示するクライノメーターを装備。

スプリンターカリブ

スプリンターカリブ

スプリンターカリブ
AV-Ⅱは175/70SR13タイヤ、8ウェイスポーツシート、タコメーター、電動リモコンフェンダーミラーなどを標準装備。
スプリンターカリブ
下位グレードのAV-Ⅰは165SR13タイヤを装着。

スプリンターカリブ

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

トヨタ・スターレット (3代目)

スターレット

トヨタのボトルレンジを受け持つ1300 / スターレットは、1984年10月のフルモデルチェンジで車名が初代と同じスターレットとなります。

最大の変更点は駆動方式がFRからFFに転換されたことで、同時に走行性能も追及されました。

乗用モデルのボディタイプは、先代同様の3ドア / 5ドアハッチバックを踏襲。

バンはリアセクションを延長した5ドアから、3ドアハッチバックベースに変更されました。

ボディサイズは全長3,700mm×全幅1,590mm×全高1,380mmで、先代から全幅をワイド化。

エンジンは先代の1.3L直4OHVから1.3L直4SOHCに変更、ラインナップはキャブレター仕様 (最高出力81ps) と燃料噴射仕様 (最高出力93ps) の2種類でした。

足回りはフロントはストラット式を踏襲、リアは4リンク式からトレーリング / トーションビーム式に変更されました。

その後1986年1月に、1.3Lターボエンジン (最高出力105ps) 搭載グレードを追加。

翌1987年1月には初のマイナーチェンジを実施、同時に1.5L直4SOHCディーゼルエンジン (最高出力55ps) 搭載車がラインナップに加わります。

そして、1989年12月のフルモデルチェンジで4代目モデルに移行します。

3代目スターレットはクラストップレベルの動力性能や軽快なハンドリングなど、「かっとびスターレット」のキャッチフレーズに恥じない走行性能を備えていました。

また、良好な乗り心地や不足のない居住性も兼ね備えるなど、先代から魅力度が大幅にアップした1台でした。

ここでは、発売当初のカタログを紹介します。

スターレット
現代なら、スピード違反を彷彿させる「かっとび」のキャッチフレーズは恐らく使えないでしょう。
スターレット
スクエアなフォルムながら、空力特性の指標となるCd値は0.35とかなり優秀。
スターレット
新開発のSOHC12バルブエンジンを搭載、動力性能は先代から大きく向上しました。
スターレット
オプションでオートエアコンや電動サンルーフ、ボディソニックなどを用意。
スターレット
電子燃料噴射エンジンを搭載するRi / Si系グレード。
スターレット
こちらはキャブレターエンジンを搭載するSE / XL系グレード。
スターレット
同じくキャブレターエンジン搭載の廉価版、スタンダード / デラックス系グレード。

スターレット

スターレット
3ドアハッチバックがベースのバン。ラジアルタイヤもしっかり装着されています。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□トヨタ1300 / スターレット

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

トヨタ・カローラ (5代目)

カローラ

カローラは1983年5月に4年ぶり4度目のフルモデルチェンジを受け、5代目モデルとなります。

最大の特徴は、4ドアセダンと新設定された5ドアハッチバックに、歴代カローラ初のFF方式を採用したことでした。

一方、全車「カローラレビン」となった2ドアクーペ / 3ドアクーペは、従来同様のFR方式を踏襲。

また、ワゴン / バンのフルモデルチェンジは見送られ、マイナーチェンジにより5代目カローラの一員となりました。

ボディサイズはカローラが全長4,135mm×全幅1,635mm×全高1,380~1,385mm、カローラレビンが全長4,180mm×全幅1,625mm×全高1,335mmでした。

エンジンは、カローラには1.3L直4SOHCキャブレター仕様 (最高出力75ps)、1.5L直4SOHCキャブレター仕様 (最高出力83ps)、 1.6L直4SOHCキャブレター仕様 (最高出力100ps) のガソリン3種類と1.8L直4SOHCディーゼル (最高出力65ps) を用意。

カローラレビンには1.5L直4SOHCキャブレター仕様と、1.6L直4DOHC燃料噴射仕様 (最高出力130ps) のガソリン2種類が用意されました。

足回りは、カローラ / カローラレビンともカローラ初の4輪ストラット式独立懸架でした。

その後1985年5月にマイナーチェンジ、外装デザインが一部変更されると同時に、カローラ1300シリーズがスターレットと共通のエンジン (最高出力81ps) に置換されました。

そして1987年5月にフルモデルチェンジ、6代目モデルに移行します。

5代目カローラはFF方式のメリットを生かし居住性が向上したほか、操縦安定性も向上、トータルバランスは4代目モデルを大きく超えていました。

またFR方式を踏襲したカローラレビンは抜群のハンドリングを備え、ハチロクの相性で親しまれる名車となりました。

まず、カローラ初期型のカタログを紹介します。

カローラ
イメージキャラクターは、当時28歳だった郷ひろみさん。

カローラ

カローラ
スラントノーズ、ウェッジシェイプの採用で優れた空力特性を実現。

カローラ

カローラ

カローラ
FF化に伴い低床化を実現。

カローラ

カローラ
従来の3ドアリフトバックに代わり設定された5ドアハッチバック。
カローラ
多彩なシートアレンジが5ドアの魅力。
カローラ
1.6L車に電子制御4速ATが設定されたこともトピックのひとつ。
カローラ
良好な操縦安定性と乗り心地を両立した4輪ストラット式サスペンション。
カローラ
一部グレードにデジタルメーターをオプション設定。

カローラ

カローラ

カローラ

カローラ

カローラ

カローラ
オプションでオートドライブ (クルーズコントロール) も用意。

カローラ

カローラ

続いて、デビュー当初のカローラレビンのカタログを紹介。
カローラ
向こうから走って来る男性は郷ひろみさん。
カローラ
ファストバックの3ドアクーペ。

カローラ

カローラ
上級グレードにデジタルメーターを標準装備。

カローラ

カローラ
レビンの本命はやはりツインカム16バルブの1.6L車でしょう。
カローラ
こちらはノッチバックの2ドアクーペ。

カローラ

カローラ
女性向けグレードの「ライム」も用意。

カローラ

カローラ
空力特性の指標となるCd値は、3ドアクーペで0.35という優れた数値を実現。
カローラ
グラフィックイコライザー付オーディオやパーソナル無線をオプション設定。

カローラ

カローラ

最後にワゴン / バンのカタログを紹介します。

カローラ
表紙を飾るのはバン。
カローラ
マイナーチェンジ版ながら、フロントマスクの刷新とルーフのかさ上げでイメージが変わっています。

カローラ

カローラ
ワゴンには2種類、バンには3種類のエンジンを用意。リアサスペンションは古典的なリジッド・リーフ式が踏襲されました。

カローラ

カローラ

カローラ

カローラ
こちらは乗用登録のワゴン

カローラ

カローラ

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ トヨタ・カローラ (4代目)

□ トヨタ・カローラFX (初代)

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】