ユーザー・レビューから検証するシトロエン・C3の長所・短所

シトロエンC3長所・短所

シトロエンのコンパクトカー「C3」は、個性的なエクステリア・デザインが最大の特徴です。

日本にも一定数のシトロエン・C3ユーザーがいますが、彼らはシトロエン・C3をどのように評価しているのでしょうか?

ここでは、実際のユーザーの声を「価格.com」や「みんカラ」からピックアップしてまとめてみましたので、購入時の参考にどうぞ!

■ シトロエン・C3のエクステリアの評価は?

シトロエンC3長所・短所
引用:citroen.jp/new-c3

まず、シトロエン・C3のエクステリアの評価を見てみましょう。

■ ポジティブなレビュー

〇 ユニークで人目を惹く (複数意見)

〇 塊感があって良い

〇 奇抜だがまとまりが良い

〇 バランスが良く飽きのこないデザイン

〇 可愛いデザイン (複数意見)

■ ネガティブなレビュー

〇 リア回りのデザインがイマイチ

このように、ユーザーのシトロエン・C3のエクステリアに対する評価は非常に高く、ネガティブな評価は極めて稀です。

客観的に見れば好き嫌いがはっきり分かれるデザインですが、惚れた人にとってはマイナスポイントはほとんどないということでしょう。

■ シトロエン・C3のインテリアの評価は?

シトロエンC3長所・短所
引用:citroen.jp/new-c3

続いて、シトロエン・C3のインテリアの評価を見てみましょう。

■ ポジティブなレビュー

〇 お洒落で品がいいデザイン (複数意見)

〇 シンプルで色使いも良い

〇 小粋なデザインで機能性も高い

〇 プラスチッキーだが安っぽく見えない

〇 カラフルで遊び心がある

■ ネガティブなレビュー

〇 質感が低い

〇 細部の仕上げが大雑把

〇 収納のスペースや使い勝手に不満 (複数意見)

ほぼ絶賛の意見で占められたエクステリアと異なり、インテリアに関してはデザイン性を高く評価する声がある一方で、質感や仕上げに関する不満の意見が見受けられました。

また、収納スペースに関しての不満が多かった点も見逃せません。

■ シトロエン・C3のパワートレイン・動力性能の評価は?

シトロエンC3長所・短所
引用:citroen.jp/new-c3

次に、シトロエン・C3のパワートレイン・動力性能の評価を見てみましょう。

■ ポジティブなレビュー

〇 パワフルで良く回り、レスポンスもいい (複数意見)

〇 トルクに余裕がある (複数意見)

〇 静粛性が高い (複数意見)

■ どちらとも言えないレビュー

〇 必要にして十分なパワー

〇 パワフルとは言えないが過不足なし

■ ネガティブなレビュー

〇 低回転域で3気筒特有の振動を感じる (複数意見)

〇 多人数乗車や上り坂では力不足を感じる

〇 小排気量なのでパワー不足

〇 高回転域の伸びに欠ける

〇 トランスミッションの変速ショックが大きい (複数意見)

〇 アイドリングストップ機構は音と振動が大きく不快 (複数意見)

シトロエン・C3のパワートレインは1.2L直3ターボエンジン (最高出力110ps) と6速ATの組み合わせで、動力性能はクラスの平均レベルです。

パワートレインや動力性能に対するユーザーの評価は、賛否がはっきり分かれる形になっています。

トランスミッションの変速マナーやアイドリングストップ機構に関する不満意見が複数見られた点も、気になるところです。

■ シトロエン・C3の燃費性能の評価は?

シトロエン・C3の燃費性能に対するユーザーの評価はどうでしょうか?

■ ポジティブなレビュー

〇 合格ライン (複数意見)

■ どちらとも言えないレビュー

〇 許容範囲

〇 まあまあの燃費

■ ネガティブなレビュー

〇 あまり良くない

〇 カタログ燃費との乖離が大きい

〇 街乗りでの燃費が悪い

燃費に関する評価は、このようにあまり高いとは言えません。

ただネガティブに評価している人に関しても、デザインに惚れて購入しているケースが多いためか、燃費の悪さはあまり気にしていないようです。

■ シトロエン・C3の操縦安定性の評価は?

次に、シトロエン・C3の操縦安定性に対するユーザーの評価を見てみましょう。

■ ポジティブなレビュー

〇 直進安定性が素晴らしい  (複数意見)

〇 若干ロールはするがクイックなハンドリング

〇 軽快でキビキビ感がある

〇 意のままに曲がってくれる  (複数意見)

■ ネガティブなレビュー

〇 小回りが利かない  (複数意見)

〇 往年のフランス車のような高速安定性はない

〇 旋回時のロールが激しい

〇 ばね下荷重が重くハンドリングは良くない

操縦安定性に関するレビューも、賛否が分かれた形です。

ただし、数の上ではネガティブなレビューよりもポジティブなレビューの方が多くなっています。

■ シトロエン・C3の乗り心地の評価は?

一般的にコンパクトカーは乗り心地の面で不利ですが、シトロエン・C3の乗り心地はユーザーからどう評価されているでしょうか?

■ ポジティブなレビュー

〇 素晴らしい乗り心地

〇 上質な乗り心地

〇 柔らかさの中にもしっかりした腰がある

〇 段差を乗り越えたときもショックを上手にいなしてくれる

〇 雲の上を行くような乗り心地

〇 硬すぎず柔らかすぎずの絶妙な乗り心地

〇 シートの出来の良さが乗り心地に貢献 (複数意見)

■ ネガティブなレビュー

〇 段差を越えたときに突き上げ感がある

〇 低速域で足がバタつく (複数意見)

〇 足が硬く、乗り心地が悪く感じることがある

シトロエン・C3の乗り心地に関する評価はネガティブなものもありますが、比率的にはポジティブな評価が多数を占めています。

コンパクトカーとしては、シトロエン・C3の乗り心地は上の部類に入ると言えそうです。

■ シトロエン・C3の積載性の評価は?

シトロエンC3長所・短所
引用:citroen.jp/new-c3

次に、シトロエン・C3の積載性に関するユーザーの評価を見てみましょう。

■ ポジティブなレビュー

〇 十分な荷室スペース

■ どちらとも言えないレビュー

〇 標準的な積載性

■ ネガティブなレビュー

〇 積載性はあまり高くない

〇 荷室フロアが高過ぎて荷物が積みにくい

〇 後席使用時はミニマムな荷室スペースしかない

〇 後席を倒したときにフラットにならない

積載性に対する評価は、ネガティブなものが多くなっています。

大量の荷物を積みたい人には、シトロエン・C3はあまり向かないようです。

■ シトロエン・C3の装備の評価は?

最後に、シトロエン・C3の装備に関するユーザーの評価を見てみましょう。

■ ネガティブなレビュー

〇 インフォテインメントシステムの操作性が悪い (複数意見)

〇 エアコンの操作がタッチスクリーン式なので使いにくい (複数意見)

〇 タッチスクリーンシステムに時々バグが発生する

〇 ドアミラーが手動式なので不便 (複数意見)

タッチスクリーンシステムの操作性や安定性に関する不満意見がかなり見受けられました。

シトロエン・C3の装備面での最大の欠点と言えそうです。

■ シトロエン・C3は内外装と乗り心地に関する評価が高い

シトロエンC3長所・短所
引用:citroen.jp/new-c3

シトロエン・C3に対するユーザーの評価を分析すると、個性的な内外装デザインに対する評価がもっとも高くなっています。

また、乗り心地に関しても高く評価する声が多数見られました。

しかしそれ以外の項目では賛否が分かれ、万人は賞賛するほどのレベルではないようです。

シトロエン・C3のクルマとしての完成度は平均レベルを大きく超えるほどではなく、デザインに惚れて購入するタイプのクルマと言えるでしょう。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ シトロエン・C3の長所・短所を徹底検証!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーザー・レビューから検証するルノー・キャプチャーの長所・短所

キャプチャー長所・短所

ルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」は、欧州ではベストセラーカーになっています。

日本にもキャプチャーのユーザーは一定数いますが、彼らはキャプチャーをどのように評価しているのでしょうか?

ここでは、実際のユーザーの声を「価格.com」や「みんカラ」からピックアップしてまとめてみましたので、購入時の参考にどうぞ!

■ キャプチャーのエクステリアの評価は?

キャプチャー長所・短所
引用:renault.jp.captur

まず、キャプチャーのエクステリアの評価を見てみましょう。

■ ポジティブなレビュー

〇 上品なデザインで特にリアビューが良い

〇 お洒落で押し出し感や塊感もある (複数意見)

〇 都会的なセンスにまとめられている

〇 個性的で素晴らしいデザイン

〇 文句のつけようがないデザイン (複数意見)

■ ネガティブなレビュー

〇 なし

このように、ユーザーのキャプチャーのエクステリアに対する評価は非常に高く、ネガティブな評価はまったく見られません。

不満なポイントをあげるユーザーは一人もおらず、いかにデザインの完成度が高いかが分かります。

■ キャプチャーのインテリアの評価は?

キャプチャー長所・短所
引用:renault.jp.captur

続いて、キャプチャーのインテリアの評価を見てみましょう。

■ ポジティブなレビュー

〇 質感が高くデザインも素晴らしい (複数意見)

〇 日本車的なデザインだが、その分馴染みやすい

〇 フランス車らしいお洒落な色使い

■ ネガティブなレビュー

〇 質感が低い

エクステリア同様、キャプチャーのインテリアに対しても、多くのユーザーが満足していることが分かりました。

ただ、少数ながら質感の低さに不満という意見もありましたが、比較の対象により評価が変わるということでしょう。

■ キャプチャーのパワートレイン・動力性能の評価は?

キャプチャー長所・短所
renault.jp/captur

次に、キャプチャーのパワートレイン・動力性能の評価を見てみましょう。

■ ポジティブなレビュー

〇 低速からトルクがあり力不足を感じない (複数意見)

〇 ターボラグがなく自然なフィーリング

〇 静粛性が高い (複数意見)

〇 グイグイ加速するので気持ちがいい (複数意見)

〇 EDC (DCT) の変速がスムーズ

■ ネガティブなレビュー

〇 低速域でギクシャクする (複数意見)

〇 上り坂での加速にやや力不足を感じる

154psを発生する1.3L直4ターボエンジンを搭載するキャプチャーは、コンパクトSUVでトップレベルの動力性能を誇ります。

キャプチャーのパワートレイン・動力性能に対するユーザーの評価は概ね高く、大きな不満意見は見られませんでした。

ただ、おそらくEDCの特性によるものと思われる低速域のギクシャク感を指摘する声が複数ありました。

■ キャプチャーの燃費性能の評価は?

キャプチャーの燃費性能に対するユーザーの評価はどうでしょうか?

■ ポジティブなレビュー

〇 カタログ値と大差ないので満足

■ どちらとも言えないレビュー

〇 悪くはない (複数意見)

〇 可もなく不可もなし

■ ネガティブなレビュー

〇 上級車種と比較しても悪い (複数意見)

キャプチャーのWLTCモード燃費は17.0km/Lで、輸入コンパクトSUVとして平均的な数値です。

燃費を賞賛する声は少なく、どちらかと言えばネガティブな評価が目立ちました。

それでもクルマのキャラクターに惚れて購入している人が多いためか、燃費が良くなくてもあまり気にしていないようです。

■ キャプチャーの操縦安定性の評価は?

キャプチャー長所・短所
renault.jp/captur

次に、キャプチャーの操縦安定性に対するユーザーの評価を見てみましょう。

■ ポジティブなレビュー

〇 思いどおりに旋回できる

〇 軽快でスポーティ

■ ネガティブなレビュー

〇 なし

操縦安定性に触れたレビューは少なく、ポジティブな意見が僅かに見られたのみでした。

多くのユーザーは、特に可もなく不可もないのであえてコメントするまでもないと考えているのでしょうか?

いずれにしてもネガティブなレビューは皆無だったので、特に操縦安定性に問題はないと見て間違いなさそうです。

■ キャプチャーの乗り心地の評価は?

一般的に乗り心地と操縦安定性を両立させるのは難しいとされますが、キャプチャーの乗り心地はユーザーからどう評価されているでしょうか?

■ ポジティブなレビュー

〇 良好な乗り心地

〇 硬すぎず柔らすぎずで快適 (複数意見)

〇 フランス車ならではのしなやかさが感じられる

〇 硬めだが路面からインフォメーションが伝わってくる点が良い

■ どちらとも言えないレビュー

〇 コツコツ感はあるが不快ではない (複数意見)

■ ネガティブなレビュー

〇 なし

キャプチャーの乗り心地に関するユーザーの評価は概ね好意的で、ネガティブな意見はほとんど見られませんでした。

コツコツ感があるという意見は少なからずありましたが、いずれも決して不快ではないと結論づけられています。

■ キャプチャーの積載性の評価は?

次に、キャプチャーの積載性に関するユーザーの評価を見てみましょう。

■ ポジティブなレビュー

〇 荷室の積載量・使い勝手とも申し分ない (複数意見)

■ どちらとも言えないレビュー

〇 コンパクトSUVとして標準的な積載性

■ ネガティブなレビュー

〇 荷室スペースはやや狭い (複数意見)

積載性に対する評価は、賛否分かれる形になっています。

大量の荷物を積みたい人には狭くて不満、買い物くらいにしか使わない人には十分という評価です。

■ キャプチャーの装備の評価は?

最後に、キャプチャーの装備に関するユーザーの評価を見てみましょう。

■ ネガティブなレビュー

〇 オートホールドが解除される際に不自然さがある (複数意見)

〇 レーンキープアシストの動作が不自然

〇 ディスプレイのサイズが小さい (複数意見)

キャプチャーは電動パーキングブレーキを採用していますが、オートホールド解除時に不自然な感触があるとの指摘がかなり多く見られました。

キャプチャーの装備面での最大の問題点と言えそうです。

また、ディスプレイのサイズが7インチなので小さいという指摘もありました。

■ キャプチャーは基本性能に関する評価が高い

キャプチャー長所・短所
renault.jp/captur

キャプチャーの動力性能・操縦安定性・乗り心地に関するユーザーの評価は総じて高く、基本性能がしっかりしたクルマであることが見て取れます。

一方、オートホールドのフィーリングに難があることや、燃費に関する評価が決して高くないことも分かりました。

このように一部に欠点もあるものの、多くのユーザーが総合的な観点からキャプチャーに満足していることは間違いありません。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ キャプチャーの長所・短所を徹底検証!!

□ ユーザーレビューから検証するプジョー・2008の長所・短所

□ ユーザーレビューから検証するフォルクスワーゲン・T-クロスの長所・短所

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

2022年1月最新版 新車で購入できる5ナンバー車

5ナンバー車

5ナンバーサイズのクルマは、決して広いとは言えない日本の道路事情にマッチしています。

最近はモデルチェンジのたびにボディサイズが拡大される傾向がありますが、まだまだ5ナンバー車は健在です。

ここでは、2021年現在新車で購入できる国内外の5ナンバー車を紹介します。

■ そもそも5ナンバー車とはどんな規格?
5ナンバー車の規格は、以下のように規定されています。

  • 全長:4,700mm以下
  • 全幅:1,700mm以下
  • 全高:2,000mm以下
  • 排気量:2,000cc以下

上記を超えるボディサイズ・排気量の車種は3ナンバー車となります。

特に重要なのは全幅で、日本の道路の約8割が幅員4m未満であることを考えれば、全幅が狭い方が離合などが容易なのは明らかです。

全幅が1.7mを超えるかどうかで、狭い道路での扱いやすさにかなり違いが出るため、決して軽視できないポイントになります。

以下で、5ナンバー枠に収まる乗用車の車種を紹介していきましょう。

■ 5ナンバー車を紹介 (乗用車限定)
■ ハッチバックの5ナンバー車

・トヨタ・パッソ 全長3,650~3,680mm×全幅1,665mm×全高1,525mm

ダイハツ・ブーンのOEM車 (相手先供給品) 。

5ナンバー枠の1,700mmを使い切っていないナローなボディを持ち、視界の良さと相まって運転しやすさに定評があります。

5ナンバー車
引用:toyota.jp/passo

・トヨタ・ヤリス 全長3,940mm×全幅1,695mm×全高1,500~1,515mm

世界戦略車ながら、日本の道路事情にマッチした5ナンバーサイズをキープしています。

5ナンバー車
引用:toyota.jp.yaris

・トヨタ・アクア 全長4,050mm×全幅1,695mm×全高1,485~1,505mm

2代目にフルモデルチェンジされた後も、5ナンバーサイズを維持しています。

5ナンバー車
引用:toyota.jp/aqua

・日産・マーチ 全長3,825~3,870mm×全幅1,665~1,690mm×全高1,495~1,515mm

1982年に初代モデルがデビューして以来、5ナンバーサイズを守り続けているマーチ。

視界や見切りが良く、初心者や女性ドライバーにも優しいクルマです。

5ナンバー車
引用:nissan.co.jp/march

・日産・ノート (オーテック クロスオーバーを除く) 全長4,045~4,080mm×全幅1,695mm×全高1,505~1,520mm

オーテック クロスオーバーのみ3ナンバーサイズとなりますが、それ以外のグレードはすべて5ナンバーサイズです。

5ナンバー車
引用:nissan.co.jp/note

・ホンダ・フィット 全長3,995mm×全幅1,695mm×全高1,515~1,570mm

全車5ナンバーサイズで、まさに日本の道路事情に「フィット」します。

5ナンバー車
引用:honda.co.jp/Fit

・マツダ・マツダ2 全長4,065mm×全幅1,695mm×全高1,500~1,525mm

マツダの登録車で唯一の5ナンバー車です。

次期型は3ナンバーサイズになるとも噂されますが、実際はどうなるでしょうか。

5ナンバー車
引用:mazada.co.jp/mazda2

・ダイハツ・ブーン 全長3,650~3,680mm×全幅1,665mm×全高1,525mm

トヨタ・パッソのオリジナル版。

デザインが一部異なるほかは、基本的に同一のクルマです。

5ナンバー車
引用:daihatsu.co.jp/boon

・スズキ・イグニス 全長3,700mm×全幅1,660~1,690mm×全高1,605mm

クロスオーバー仕立てのユニークなコンパクトカーで、アイポイントの高さとコンパクトなサイズが相まって運転しやすさは抜群。

5ナンバー車
引用:suzuki.co.jp/ignis

・スズキ・スイフト 全長3,845~3,855mm×全幅1,695mm×全高1,500~1,525mm

スズキのベーシックなコンパクトカー。

ホットハッチのスイフト スポーツは3ナンバーサイズとなります。

5ナンバー車
引用:suzuki.co.jp/swift

・三菱・ミラージュ 全長3,855mm×全幅1,665mm×全高1,505mm

全幅1,700mmの5ナンバー枠より狭いボディが特徴。

5ナンバー車
引用:mitsubishi-motoras.co.jp/mirage

・光岡・ビュート 全長4,515mm×全幅1,680mm×全高1,550mm

日産・マーチをベースに、外観を往年のジャガー風に仕立てたパイクカー。

全長はマーチから大幅に延長されてます。

5ナンバー車
引用:mitsuoka-motor.co.jp/viewt

・光岡・ビュート なでしこ 全長3,980mm×全幅1,665mm×全高1,515mm

ビュートの妹分で、リアのトランクルームがない分全長が短くなっています。

5ナンバー車
引用:mitsuoka-motor.co.jp/viewt-nadeshiko

・ルノー・トゥインゴ 全長3,645mm×全幅1,650mm×全高1,545mm

日本に正規輸入されているフランス車で唯一の5ナンバー車が、トゥインゴ。

小回り性も抜群で、輸入車の中では運転しやすさはトップでしょう。

5ナンバー車
引用:renault.jp/twingo

・フィアット・500 / 500C 全長3,570mm×全幅1,625mm×全高1,515mm

往年の大衆車をモチーフにしたモデルで、トゥインゴよりもさらにコンパクトなボディサイズです。

5ナンバー車
引用:fiat-auto.co.jp/500

・フィアット・パンダ / パンダ クロス 4×4 全長3,655~3,705mm×全幅1,645~1,665mm×全高1,550~1,630mm

フィアットの実用コンパクトカーで、こちらも日本の5ナンバー枠に余裕で収まるサイズです。

5ナンバー車
引用:fiat-auto.co.jp/panda

・アバルト・595 / 595C 全長3,660mm×全幅1,625mm×全高1,505mm

先ほどのフィアット・500 / 500Cをベースにした高性能モデル。

数少ない5ナンバー車のホットハッチとして貴重な存在です。

5ナンバー車
引用:abarth.jp/595

■ セダンの5ナンバー車

・トヨタ・カローラ アクシオ 全長4,400mm×全幅1,695mm×全高1,460~1,485mm

フルモデルチェンジで3ナンバー化されたカローラですが、ユーザーの根強いニーズに応える形で5ナンバー車の旧型モデル、カローラ アクシオも残されています。

5ナンバー車
引用:toyota.jp/corollaaxio

■ ワゴンの5ナンバー車

・トヨタ・カローラ フィールダー 全長4,400mm×全幅1,695mm×全高1,475~1,500mm

新型のカローラ ツーリングが登場した後も、5ナンバー車のカローラフィールダーが廉価グレードに限りラインナップされています。

5ナンバー車
引用:toyota.jp/corollafielder

・ホンダ・シャトル 全長4,440mm×全幅1,695mm×全高1,545~1,570mm

ホンダのコンパクトなステーションワゴン。

5ナンバー枠に収まるワゴンとして、カローラ フィールダーと双璧をなします。

5ナンバー車
引用:honda.co.jp/SHUTTLE

■ SUVの5ナンバー車

・トヨタ・ライズ 全長3,995mm×全幅1,695mm×全高1,620mm

ダイハツ・ロッキーのOEM車。

アイポイントの高さやスクエアなボディ形状により、運転のしやすいクルマに仕上がっています。

5ナンバー車
引用:toyota.jp/raize

・ダイハツ・ロッキー 全長3,995mm×全幅1,695mm×全高1,620mm

ライズのオリジナル版で、フロントマスクなど外装デザインが一部異なります。

5ナンバー車
引用:daihatsu.co.jp/rocky

・スズキ・ジムニーシエラ 全長3,550mm×全幅1,645mm×全高1,730mm

軽クロカン4WDのジムニーをベースにした登録車。

オーバーフェンダーが備わるものの、全幅は余裕で5ナンバー枠に収まります。

5ナンバー車
引用:suzuki.co.jp/jimny_sierra

・スズキ・クロスビー 全長3,760mm×全幅1,670mm×全高1,705mm

軽自動車ベースのジムニーシエラを除けば、もっともコンパクトなSUV。

5ナンバー車
引用:suzuki.co.jp/xbee

■ ミニバンの5ナンバー車

・トヨタ・ルーミー 全長3,700~3,705mm×全幅1,670mm×全高1,735mm

ダイハツ・トールのOEM車で、いわゆる「プチバン」と呼ばれるカテゴリーに属します。

5ナンバー車
引用:toyota.jp/roomy

・シエンタ 全長4,260mm×全幅1,695mm×全高1,675mm

7人乗りに対応しながらコンパクトなボディを実現、根強い人気を保っています

5ナンバー車
引用:toyota.jp/sienta

・日産・セレナ (ハイウェイスター系を除く) 全長4,685mm×全幅1,695mm×全高1,865mm

ライバルのトヨタ・ノア &ヴォクシーが全車3ナンバーサイズなのに対し、セレナは標準系グレードなら5ナンバーサイズとなります。

ただし、エアロパーツが備わるハイウェイスター系グレードは全幅が1.7mを超えるため3ナンバー車です。

5ナンバー車
引用:nissan.co.jp/serena

・日産・キャラバン ワゴン (ロングボディ) 全長4,695mm×全幅1,695mm×全高1,990mm

ライバルのトヨタ・ハイエースは全車3ナンバー車ですが、キャラバンは扱いやすい5ナンバー車もラインナップしています。

5ナンバー車
引用:nissan.co.jp/caravan

・日産・NV200バネット ワゴン 全長4,400mm×全幅1,695mm×全高1,855mm

商用バンをベースにしたワゴン車。

5ナンバー車
引用:nissan.co.jp/nv200vanette

・ホンダ・フリード 全長4,265~4,295mm×全幅1,695mm×全高1,710~1,735mm

シエンタのライバルで、同じく全車5ナンバーとなります。

5ナンバー車
引用:honda.co.jp/freed

・ダイハツ・トール 全長3,700~3,705mm×全幅1,670mm×全高1,735mm

ルーミーのオリジナル版です。

5ナンバー車
引用:daihatsu.co.jp/thor

・スズキ・ソリオ / ソリオバンディット 全長3,790mm×全幅1,645mm×全高1,745mm

トール / ルーミーと競合するモデルで、ボディサイズも似通っています。

5ナンバー車
引用:suzuki.co.jp/solio

・スズキ・ランディ 全長4,685mm×全幅1,695mm×全高1,865~1,875mm

日産・セレナのOEMで、スズキのフラッグシップモデルとして位置づけられています。

5ナンバー車
引用:suzuki.co.jp/landy

・スバル・ジャスティ 全長3,705mm×全幅1,670mm×全高1,735mm

かつてのジャスティはスバルのオリジナル車でしたが、現在はトールのOEM車となっています。

5ナンバー車
引用:subaru.jp/justy

・三菱・デリカD:2 / D:2 カスタム 全長3,790mm×全幅1,645mm×全高1,745mm

兄貴分のデリカD:5が三菱オリジナル設計なのに対し、こちらはソリオ / ソリオバンディットのOEM車。

5ナンバー車
引用:mitsubishi-motoras.co.jp/delica_d2

■ スポーツカーの5ナンバー車

・ケータハム・セヴン 480S 全長3,100mm×全幅1,575mm×全高1,115mm

軽スポーツカーを除けば、唯一5ナンバー枠に収まるスポーツカーです。

5ナンバー車
引用:caterham-cars.jp/seven

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

新型アルトの装備は充実したのか?新旧アルトを徹底比較!

新旧アルト比較

スズキのベーシックな軽自動車「アルト」は、2021年12月10日に7年ぶりのフルモデルチェンジが発表されました。

価格が従来の863,500円~1,200,100円から943,500円~1,379,400円へと大幅にアップしているだけに、その分装備の充実化に期待したくなるのが人情です。

ここでは新型アルトと旧型アルトの装備を徹底比較していきますので、購入時の参考にどうぞ!

■ 新型アルトの装備は充実したのか?

新型アルトの装備は旧型アルトより充実したのかどうか、早速チェックしてみましょう。

■ 安全運転支援システムの全車標準化と自動ブレーキの進化

旧型アルトでは、安全運転支援システムの「スズキセーフティサポート」が標準装備されるのは上級グレードに限られ、下位グレードではメーカーオプション扱いでした。

それに対し新型アルトは、全車にスズキセーフティサポートが標準装備されました。

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

また、スズキセーフティサポートの機能のひとつであるデュアルカメラブレーキサポート (自動ブレーキ) の性能も向上しています。

旧型は歩行者を昼間しか検知できなかったのに対し、新型アルトは夜間でも歩行者を検知できるよう進化しました。

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

また歩行者を検知できる速度域が、旧型の約5km/h~約60km/hから約5km/h~約100km/hに拡大したことも改良点のひとつです。

新型アルトは旧型よりも事故リスクが減り、より安心して運転できるようになりました。

■ エアバッグの充実化

万が一衝突事故が起きてしまったときに、乗員を保護する安全装備がエアバッグ。

旧型アルトは運転席と助手席のデュアルエアバッグが付くだけだったので、側面衝突時の不安が拭えませんでした。

それに対し新型アルトでは、側面衝突から乗員を守るサイドエアバッグとカーテンエアバッグを全車に標準装備

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

サイドエアバッグとカーテンエアバッグはライバルのミライースや兄貴分 (姉貴分?) のラパンには設定がないので、新型アルトの利点になっています。

■ LEDヘッドランプを設定

旧型アルトのヘッドランプはディスチャージタイプまたはハロゲンタイプで、明るく省エネなLEDヘッドランプの設定はありませんでした。

しかし新型アルトでは、LEDヘッドランプが最上級グレードのハイブリッド Xに標準装備されたほか、ハイブリッド S / Lにオプション設定されました。

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

バッテリーの負担を気にすることなく、夜間に良好な視界を確保できるようになったのは朗報です。

■ アルミホイールを設定

旧型アルトではホイールは全車スチールホイールで、アルミホイール装着グレードはありませんでした。

一方新型アルトは、ハイブリッド Xにアルミホイールを標準装備。

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

足元をお洒落に演出し、ばね下荷重軽減による走行性能向上も期待できるアルミホイールが採用されたのは、特にクルマ好きには嬉しい点でしょう。

■ 新型アルトはコストパフォーマンス面では微妙か?

新型アルトは安全装備をメインに充実感が図られ、旧型より安心して乗れるようになりました。

しかし価格が最廉価グレードで8万円、最上級グレードでは約18万円もアップしていることを考えると、やはり割高感は否めません。

価格アップが現状の半分程度だったら諸手をあげて賞賛できるのですが、現状では新型アルトのコストパフォーマンスは微妙です。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 新型アルトの走りや運転しやすさは向上したのか?新旧アルトを徹底比較!

□ 新型アルトの内外装はどう変わったのか?新旧アルトを徹底比較!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

新型アルトの走りや運転しやすさは向上したのか?新旧アルトを徹底比較!

新旧アルト比較

スズキのベーシックな軽自動車「アルト」は、2021年12月10日に7年ぶりのフルモデルチェンジが発表されました。

モデルチェンジに伴いパワートレインも刷新されたので、走りが良くなったのかどうか気になるところではないでしょうか。

また、運転がしやすくなったのかどうかもチェックしたいポイントでしょう。

ここでは新型アルトと旧型アルトの走りと運転しやすさを徹底比較していきますので、購入時の参考にどうぞ!

■ 新型アルトの走りは向上したのか?

まず、新型アルトの走りは旧型アルトから向上したのかどうかをチェックします。

新旧アルトの走りに影響するスペックを表にまとめてみました。

項目 / 車名 新型アルト 旧型アルト
エンジンの型式 ・マイルドハイブリッド車 R06D型
・純ガソリン車 R06A型
R06A型
最高出力 ・マイルドハイブリッド車 49ps (エンジン)+2.6ps(モーター)
・純ガソリン車 46ps
CVT車・5AGS車 52ps
5MT車 49ps
最大トルク ・マイルドハイブリッド車 5.9kg・m (エンジン)+4.1kg・m (モーター)
・純ガソリン車 5.6kg・m
CVT車・5AGS車 6.4kg・m
5MT車 5.9kg・m
トランスミッション CVT CVT / 5AGS / 5MT
WLTCモード燃費 23.5~27.7km/L 23.4~25.8km/L
車両重量 680~760kg 610~700kg

新型アルトの最大の相違点は、旧型にはなかったマイルドハイブリッド車が新設されたことです。

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

引き続き設定される純ガソリン車が従来と同じR06A型エンジンを搭載するのに対し、マイルドハイブリッド車は新世代のR06D型エンジンとモーターの組み合わせが搭載されます。

R06D型エンジンのスペックは控えめですが、モーターのアシストが付くため、旧型アルトのCVT車・5AGS車並みのSシステム出力・トルクが期待できるでしょう。

一方新型アルト純ガソリン車は、旧型アルトのCVT車と比べスペックが6ps / 0.8kg・mもダウンしています。

新型アルトの車両重量は旧型から60~70kgも増加しているため、マイルドハイブリッド車にせよ純ガソリン車にせよ、動力性能の低下は避けられません。

また、トランスミッションは旧型アルトはCVTをメインとしながら、廉価グレードに5MTとそれをベースにしたATの5AGSが設定されていました。

それに対し、新型アルトでは全車CVTに一本化。

CVTのラバーバンドフィーリングを嫌う人にとっては、他の選択肢がなくなってしまったのは残念でしょう。

ここまでは新型アルトのネガティブなポイントばかりになってしまいましたが、良い点もあります。

それは、WLTCモード燃費が0.1~1.9km/L向上したことです。

新型アルトは燃費性能を高めるため、エンジンの出力・トルクを犠牲にしたと言えるでしょう。

■ 新型アルトは運転しやすくなったのか?

次に、新型アルトと旧型アルトの運転しやすさを比較します。

■ 新型アルトは小回りが利く?

新型アルトのホイールベースは旧型アルトと共通ですが、ステアリング切れ角が少なくなり、最小回転半径が4.2mから4.4mに拡大されてしまいました。

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

この20cmの差は、狭い路地や駐車場での切り替えしに影響を及ぼすでしょう。

4.4mという数値はライバルのダイハツ・ミライースや兄弟分のラパンと同一で、アルトならではのアドバンテージが失われてしまいました。

■ 新型アルトは視界が向上した?

一方で、旧型アルトでも良好だった視界は新型アルトではさらに向上しています。

新型アルトはAピラーの角度が立てられたため、旧型アルトと比べ斜め前方視界が向上。

新型アルト
新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

旧型アルト

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

交差点の右左折時や、山道でのコーナリング時の安全確認が一段としやすくなっています。

ただ、従来同様ドアミラーがAピラー付け根に取り付けられているため、死角を生んでしまったいるのは残念な点です。

また、斜め後方視界も旧型アルトから改善されています。

新型アルト

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

旧型アルト

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

旧型アルトはリアドアウィンドウが大きくキックアップしていたため、斜め後方視界を若干損ねていました。

しかし新型アルトではキックアップが少なくなり、斜め後方視界が向上しています。

■ 新型アルトの運転支援システムは?

新型アルトでは、新たに周囲の安全確認をサポートする全方位モニターが設定されました。

全方位モニターとは、車両の前後左右に搭載されたカメラの映像を合成し、上から見下ろしたような映像や車内から外を透かして見たような映像などをディスプレイに表示するシステムです。

新型アルトの全方位モニターは最新バージョンで、すれ違い支援機能も備わります。

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

全方位モニターは最上級グレードでしか選べませんが、選択肢があること自体旧型アルトに対する利点です。

■ 新型アルトの走行性能と運転しやすさは向上したとは言い難い

新型アルトはパワートレインがリファインされ、燃費性能が向上しました。

半面、エンジンのパワーダウンや車両重量増加に伴い、残念ながら走りにキビキビ感が失われてしまったことは否めません。

少しでもガソリン代を節約したい人には新型アルトは魅力的に映るでしょうが、キビキビした走りを望む人には不満が残るでしょう。

運転しやすさに関しては、旧型アルトより視界が向上し安全確認がしやすくなっています。

また、全方位モニターが設定されたことも朗報です。

一方で、最小回転半径の拡大により小回り性はスポイルされてしまいました。

新型アルトの運転のしやすさは、旧型に対し一長一短があるということです。

総合的に新型アルトは走りや運転しやすさにおいて、必ずしも進化したとは言えません。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 新型アルトの装備は充実したのか?新旧アルトを徹底比較!

□ 新型アルトの内外装はどう変わったのか?新旧アルトを徹底比較!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

新型アルトの内外装はどう変わったのか?新旧アルトを徹底比較!

新旧アルト比較

スズキのベーシックな軽自動車「アルト」は、2021年12月10日に7年ぶりのフルモデルチェンジが発表されました。

旧型アルトのユーザーや新規に軽自動車の購入を考えている人にとって、新型アルトは気になる存在ではないでしょうか?

ここでは新型アルトの内外装は旧型アルトからどこが変わったのかを徹底比較していきますので、購入時の参考にどうぞ!

■ 新型アルトのエクステリアはどう変わったのか?

まず、新型アルトのエクステリアは旧型アルトからどう変わったのかチェックしてみましょう。

ボディサイズに関しては全長と全幅は軽自動車規格に縛られるため、当然ながら新型になっても変化はありません。

しかし全高は旧型アルトの1,475mmから1,525mmへと、50mmも高められています。

■ フロントビュー

新型アルト

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

旧型アルト

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

フロントマスクは基本的に旧型アルトのイメージが受け継がれていますが、ヘッドランプやアッパーグリルのデザインが変わっています。

また全高が高められた分ガラスエリアが大きくなったことも、相違点です。

なお新型アルトは最上級グレード「ハイブリッド X」の画像ですが、下位グレードはメッキの加飾が付かないので、より旧型に違い雰囲気になります。

■ サイドビュー

新型アルト
新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

旧型アルト

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

フロントビュー以上に印象が変わったのが、サイドビューです。

新型アルトは旧型アルトと比べAピラーやCピラーの角度が立てられ、スクエアなフォルムに変化しています。

それでいて角のエッジが丸められた、いわゆる「丸四角い」デザインです。

また、全高が高くなったことは側面から見ると一層はっきり分かります。

■ リアビュー

新型アルト

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

旧型アルト

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

リア回りのイメージも、新型では旧型から大きく変わっています。

最大の相違点はリアコンビランプの意匠と位置で、旧型がバンパーに横型コンビランプが埋め込まれていたのに対し、新型ではリアウィンドウ下部に縦型コンビランプを配置。

そのため、雰囲気はかなり異なります。

新型アルトのエクステリアを総括すると、旧型より「丸四角い」フォルムに変わったことや、ベルトラインから上のグリーンハウスが拡大されたことが特徴です。

そのため、旧型アルトからのキープコンセプトと言われながらも、全体的な雰囲気は大きく変わっています。

パッケージング重視の観点では新型アルトの方が好ましく、親しみやすさの点でも旧型アルトに勝ると言えるでしょう。

ただ、旧型アルトのシャープで無駄のないフォルムや、背の低いスタイリッシュさなども捨て難いものがあります。

新型アルトのエクステリアは女性ユーザーからの受けは良さそうですが、男性ユーザーには多少抵抗感があるかもしれません。

■ 新型アルトのインテリアはどう変わったのか?

次に、新型アルトと旧型アルトのインテリアを比較します。

まず、室内寸法を比べてみましょう。

項目 / 車名 新型アルト 旧型アルト
室内長 (mm) 1,960 / 2,015 1,985 / 2,040
室内幅 (mm) 1,280 1,255
室内高 (mm) 1,260 1,215

新型アルトの室内長は後席ヘッドレスト付の上級グレードが2,015mm、ヘッドレスト無の下位グレードが1,960mmで、ともに旧型アルトから25mm短くなっています。

一方で室内幅は25mm、室内高は45mm拡大。

新型アルトは足元のスペースが僅かに減ったものの、それ以上に横方向と頭上のスペースに余裕が生まれたメリットの方が上回ります。

■ インパネ

新型アルト
新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

旧型アルト

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

新旧アルトのインパネを比較すると、旧型アルトが水平貴重のデザインだったのに対し、新型アルトは丸みを帯びたデザインに変わっています。

好みにもよりますが、意匠のスッキリ感に関しては旧型アルトに分があったと言えるでしょう。

ただ、視界に関してはAピラーの角度が立てられ、フロントウィンドウの面積も拡大された新型アルトが勝ります。

また、収納に関してもインパネ左右にドリンクホルダーが、グローブボックス上部にインパネトレーが新設されるなど、旧型から改善されました。

■ 内装

新型アルト

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

旧型アルト

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

内装全体のデザインはキープコンセプトで、シートやドアトリムの造形に大きな違いは見られません。

収納面では進化が見られ、前席シート間にこれまでのドリンクホルダーに代わり (インパネに新設されたため)、ボックスティッシュが置けるフロアコンソールトレーを新設。

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

特に花粉症持ちの人にとっては、嬉しい改良点でしょう。

また後席フロアのセンター部にも、コンソールドリンクホルダーが新設されました。

新旧アルト比較
引用:suzuki.co.jp/alto

旧型アルトは後席にドリンク置き場がなかったので、これは大きな進歩です。

■ 新型アルトの内外装は一長一短あり

新型アルトの内外装デザインは、一部旧型アルトのイメージを残しながらも大きく変貌しました。

パッケージング優先になり、かつ柔らかみを帯びたエクステリアを高く評価する人も多いことでしょう。

一方でシャープさや精悍さは失われているので、旧型アルトの方が良かったと感じる人もいるはず。

インパネに関してもエクステリア同様、従来の直線基調から曲線基調に変わっているので、賛否分かれるかもしれません。

ただ、居住性の向上や収納の増加は明らかな進化のポイントです。

このように、新型アルトの内外装デザインは全面的に旧型から向上したとは言えませんが、機能性の点では向上を果たしています。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 新型アルトの装備は充実したのか?新旧アルトを徹底比較!

□ 新型アルトの走りや運転しやすさは向上したのか?新旧アルトを徹底比較!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ダイハツ・シャレード (3代目)

シャレード

1977年11月にデビューしたダイハツのリッターカー「シャレード」は、1987年1月に4年ぶり2度目のフルモデルチェンジを実施、3代目に移行します。

従来同様3ドアハッチバックと 5ドアハッチバックが用意されたボディは、全長3,610mm×全幅1,600~1,615mm×全高1,385mmの大きさで、先代から長く広く、そして低くなりました。

駆動方式は従来と同じ横置きFFで、エンジンは先代から踏襲された1L直3SOHCディーゼルターボ&NA (最高出力38ps、50ps)、1L直3SOHCガソリンターボ&NA (最高出力50ps / 55ps、73ps)に加え、新たに1L直3DOHC電子燃料噴射ターボ (最高出力105ps) を設定。

足回りはフロントはストラット式が踏襲された一方、リアは5リンク式からストラット式に変更されました。

その後1988年2月に、1.3L直4ガソリン電子燃料噴射NAエンジン (最高出力94ps) 搭載車とフルタイム4WD車を追加、同時に1L直3SOHCガソリンターボ車が廃止されます。

そして1989年2月と1991年1月の二度のマイナーチェンジを経た後、1993年1月のフルモデルチェンジで3代目モデルに移行しました。

ここでは、デビュー当初のカタログを紹介。

シャレード
エクステリアはそれまでのパッケージング重視から、スタイリッシュ路線に変更。
シャレード
5人乗りのファミリーカーとして設計された初代 / 2代目モデルと異なり、前席重視のパーソナルカーとして設計されました。右ページはDOHCガソリンターボ搭載のホットグレード「GTti」。

シャレード

シャレード

シャレード

シャレード

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ ダイハツ・シャレード (初代)

□ ダイハツ・シャレード (2代目)

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ダイハツ・シャレード (2代目)

シャレード

1977年11月にデビューしたダイハツのリッターカー「シャレード」は、1983年1月のフルモデルチェンジで2代目に移行します。

ボディは先代同様3ドアハッチバックと 5ドアハッチバックを用意、大きさは全長3,550mm×全幅1,550mm×全高1,400~1,435mmで、先代から一回り拡大されました。

駆動方式は従来と同じ横置きFFで、当初用意されたエンジンは先代用に改良を施した1L直3SOHCガソリン自然吸気 (最高出力55ps / 60ps) と、それをベースに開発された1L直3SOHCディーゼル自然吸気 (最高出力38ps) の2種類でした。

後者はディーゼルエンジンとしては当時世界最小で、圧倒的な燃費性能を誇りました。

足回りは先代同様のフロント:ストラット式、リア:5リンク式でした。

その後同年9月に、ガソリン車にターボエンジン搭載の「ターボ」 (最高出力80ps) が加わります。

追って翌1984年1月にはターボの派生グレードとして、イタリアのスポーツカーメーカーであるデ・トマソ社が監修した「デ・トマソ ターボ」(スペックはターボと共通) が登場。

さらに同じ年の9月、今度はディーゼル車にターボエンジン搭載の「ディーゼル ターボ」 (最高出力50ps) が仲間入りします

次いで1985年1月のマイナーチェンジで、フロントマスクの意匠を一新。

そして1987年1月にフルモデルチェンジが実施され、3代目モデルとなります。

初めに、デビュー当初のカタログを紹介。

シャレード
(排出ガスが少なく) 地球環境に優しい、というイメージなのでしょうね。
シャレード
3気筒+ディーゼルの騒音・振動の大きさを逆手に取ったキャッチフレーズ。イメージキャラクターは1981年に結成された米国のロックバンド「バランス」ですが、知っている人は少ないでしょうね。
シャレード
ディーゼル車の60km/h定値燃費、ガソリン車の10モード燃費は当時国産車ナンバーワンの数値でした。装備面ではフルフラット化できるシートやデジタルメーター、リッターカークラス初の電動サンルーフなどが売り。
シャレード
ボディサイズの拡大とパッケージング優先のデザインにより、初代から居住性が向上。

シャレード

続いて、1984年初頭に発行されたカタログを紹介します。

シャレード
表紙を飾るのは追加されたばかりのデ・トマソターボ。
シャレード
デ・トマソ製エアロパーツやカンパニョーロ製マグネシウムホイール、ピレリ製165/65R14タイヤ、モモ製ステアリングといったスペシャルパーツが備わるデ・トマソターボ。
シャレード
エンジンは通常のガソリンターボ車もデ・トマソターボも共通で、最高出力80ps / 最大トルク12.0kg ・mのスペック。
シャレード
「ロックン・ディーゼル」を謳うディーゼル車と、ガソリンノンターボ車。ディーゼルターボ車は、このカタログ発行時点ではまだ発売されていませんでした。
シャレード
オプションとして、音楽の重低音を振動で伝える「ボディソニック (パイオニア製)」も用意されていました。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ ダイハツ・シャレード (初代)

□ ダイハツ・シャレード (3代目)

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

2021年12月最新版 コンパクトカー燃費ランキングベスト10を発表!!

実燃費

コンパクトカーは取り回しやすいボディサイズに加え、燃費の良さも魅力のひとつです。

しかし車種により燃費にはかなり開きがあるので、車種選びは重要なポイントになります。

ここでは、2021年12月現在新車で購入できるコンパクトカーの燃費ランキングベスト10を発表しますので、車種選びの参考にどうぞ。

コンパクトカーの燃費ランキングベスト10を発表!

ランキング 車名 / 項目 グレード WLTCモード燃費 (km/L) 価格 (円)
1 トヨタ・ヤリス ハイブリッドX 2WD車 36.0 1,998,000
2 トヨタ・ヤリス ハイブリッドG 2WD車 35.8 2,130,000
2 トヨタ・アクア B 2WD車 35.8 1,980,000
3 トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ 2WD車 35.4 2,324,000
4 トヨタ・アクア X 2WD車 34.6 2,090,000
5 トヨタ・アクア G / Z 2WD車 33.6 2,230,000~2,400,000
6 トヨタ・ヤリス ハイブリッド 4WD全車 30.2 2,241,000~2,522,000
7 トヨタ・アクア B 4WD車 30.1 2,178,000
8 トヨタ・アクア X / G / Z 4WD車 30.0 2,288,000~2,598,000
9 日産・ノート F 29.5 2,054,800
10 ホンダ・フィット e:HEVベーシック 2WD車 29.4 1,997,600

カタログ燃費 (WLTCモード値) で上位10位に入った車種・グレード11台のうち、9台がトヨタのハイブリッド車で占められました。

スプリット方式と呼ばれるトヨタ独自のハイブリッドシステムの燃費性能の高さが証明された形です。

他社のクルマでは9位に日産・ノートが、10位にホンダ・フィットe:HEVがランクインしていますが、この2台はトヨタとは異なる方式のハイブリッドシステムを採用しています。

このランキングから、やはり燃費性能ではハイブリッド車が圧倒的に強く、エンジン車は太刀打ちできないことがはっきり分かりますね。

続いて、各車の特徴を簡単に紹介します。

■ トヨタ・ヤリス  ハイブリッド  30.2~36.0km/L

5ナンバーコンパクトカーー走行性能比較
引用:toyota.jp.yaris

トヨタの主力コンパクトカー、ヤリスのハイブリッドモデルが全車ベスト10にランクイン (1位、2位、3位、6位) しました。

中でも最廉価グレードのハイブリッドX・2WD車は、36.0km/Lという素晴らしい数値でナンバーワンに輝いています。

ほかのグレードより燃費が良いのは、装備が少ない分車両重量が軽く、パワートレインの負担が少ないからです。

とはいえ上級グレードとの燃費の差は僅かで、装備を我慢してまで選ぶほどではないでしょう。

また4WD車の燃費は15%以上劣りますが、それでも4WD車としてはトップの数値です。

ヤリスは後席スペースや乗り心地は今一つながら、キビキビした走りが持ち味なので、パーソナルカー用途に適しています。

■ トヨタ・アクア  30.0~35.8km/L

5ナンバーコンパクトカー
引用:toyota.jp/aqua

ハイブリッド専用車のアクアもかなり燃費が良く、全車がランクイン (2位、4位、5位、7位、8位) を果たしました。

基本的に共通のハイブリッドシステムを搭載するヤリス ハイブリッドに燃費で一歩及ばないのは、アクアの方が車両重量が重いからです。

ヤリスと比べ走りのキビキビ感では劣りますが、乗り心地や後席スペースでは勝っているのでファミリーカー用途に適してます。

2車種の燃費の差は僅かなので、そこにはあまりこだわらずクルマのキャラクターで選ぶのがおススメです。

■ 日産・ノート F  29.5km/L

コンパクトカー燃費ランキング
引用:nissan.co.jp/note

e-POWER搭載の日産・ノートは、Fグレードが9位にランクインしました。

ドライバビリティの高さに定評のあるe-POWERですが、燃費性能ではトヨタ式ハイブリッドシステムに及びません。

Fは装備を省いて軽量化を実現した燃費スペシャルと言うべきグレードで、2WDのみの設定となっています。

ほかの2WDグレードの燃費28.4km/Lより1.1km/L勝りますが、簡素な装備に納得できるかどうかが選択の分かれ目になるでしょう。

また4WD車は強力なリアモーターを搭載するため、燃費は23.8km/Lと大分落ちます。

ノートは燃費にとことんこだわるというより、電動駆動ならではの力強い走りに惚れ込んで選ぶクルマと言えるでしょう。

■ ホンダ・フィット e:HEVベーシック 2WD車  29.4km/L

コンパクトカー燃費ランキング
引用:honda.co.jp/Fit

ホンダのフィットは、ハイブリッド車のe:HEVベーシックの2WD車が10位にランクインしました。

ベーシックはその名の通り最廉価グレードで、車両重量が軽いため上級グレードより優れた燃費を達成しています。

上級グレードとの燃費の差は0.8~2km/Lと大きくはないので、装備を重視して選んだほうがいいでしょう。

ちなみに、4WD車の燃費はグレードにより23.2~25.6km/Lとなっています。

e:HEVは日産のe-POWERに類似したハイブリッドシステムですが、高速巡行時に限りエンジン駆動に切り替わることが相違点です。

全般的なフィーリングはノートe-POWERほどの電動感はなく、良くも悪くも普通の運転感覚に仕上がっています。

燃料代を低く抑えたいならハイブリッドがベスト

ここまで燃費ランキングベスト10にランクインしたコンパクトカーを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

純ガソリン車やディーゼル車はランクインせず、すべてハイブリッド車で占められています。

やはりハイブリッド方式は燃費で有利なことが、改めて明らかになりました。

エンジン車にはエンジン車の良さがありますが、燃料代を低く抑えたいならハイブリッド車の選択がベストです。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 2022年1月最新版 軽自動車燃費ランキングを発表!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

2022年1月最新版 軽自動車燃費ランキングベスト5を発表!!

実燃費

b軽自動車は税制面で優遇されている点がメリットですが、燃費の良さも魅力のひとつです。

しかし車種により燃費にはかなり開きがあるので、車種選びは重要なポイントになります。

ここでは、2022年1月現在新車で購入できる軽自動車の燃費ランキングベスト5を発表しますので、車種選びの参考にどうぞ。

軽自動車の燃費ランキングベスト5を発表!

ランキング 車名 / 項目 グレード WLTCモード燃費 (km/L) 価格 (円)
1 スズキ・アルト ハイブリッドX / ハイブリッドS (2WD車) 27.7 1,097,800~1,259,500
1 マツダ・キャロル ハイブリッドGX / ハイブリッドGS (2WD車) 27.7 1,097,800~1,259,500
2 スズキ・アルト ハイブリッドX / ハイブリッドS (4WD車) 25.7 1,228,700~1,379,400
2 マツダ・キャロル ハイブリッドGS (4WD車) 25.7 1,228,700~1,379,400
3 スズキ・アルト GL (2WD車) 25.2 943,800~998,800
3 マツダ・キャロル L / A (2WD車) 25.2 943,800~998,800
3 スズキ・ラパン 2WD全車 25.2 1,210,000~1,448,700
3 スズキ・ワゴンR ハイブリッドFX / ハイブリッドFZ / スティングレー ハイブリッドX (2WD車) 25.2 1,186,900~1,501,500
3 マツダ・フレア 2WD全車 25.2 1,280,400~1,403,600
4 スズキ・ワゴンRスマイル ハイブリッドS / ハイブリッドX (2WD車) 25.1 1,472,900~1,592,800
5 ダイハツ・ミライース 2WD全車 25.0 893,200~1,248,500
5 トヨタ・ピクシスエポック 2WD全車 25.0 860,200~1,232,000
5 スズキ・ハスラー ハイブリッドG / ハイブリッドX / Jスタイル (2WD車) 25.0 1,280,400~1,595,000
5 マツダ・フレアクロスオーバー ハイブリッドXG / ハイブリッドXS / ハイブリッドXSスペシャル (2WD車) 25.0 1,365,100~1,647,800

カタログ燃費 (WLTCモード値) で上位5位に入った車種・グレード11台のうち、6台がスズキ車で占められました。

またマツダ車も3台ランクインしていますが、いずれもスズキのOEMなので実質スズキ車です。

ほかはダイハツ車が1台、ダイハツのOEMのトヨタ車が1台で、ホンダ車や日産車、三菱車は1台もランクインしませんでした。

このことから、軽自動車の燃費性能ではスズキが頭ひとつ抜けていると言えるでしょう。

続いて、各車の特徴を簡単に紹介します。

■ 第1位:スズキ・アルト ハイブリッド X / ハイブリッド S (2WD車) 27.7km/L

軽自動車燃費ランキング
引用:suzuki.co.jp/alto

スズキ・アルトの上級グレード、ハイブリッド Xおよびハイブリッド Sの、いずれも2WD車が燃費ランキングナンバーワンに輝きました。

燃費トップに立った理由は、燃費に有利なマイルドハイブリッドシステムの採用と、700~710kgという軽い車両重量によるものです。

この車体の軽さは、走行性能にも貢献しています。

■ 第1位:マツダ・キャロル ハイブリッド GX / ハイブリッド GS (2WD車) 27.7km/L

軽自動車燃費ランキング
引用:mazda.co.jp/carol

キャロルはアルトのOEM (相手先供給品) です。

アルトのハイブリッド X / ハイブリッド Sに該当するグレードが、ハイブリッド GXとハイブリッド GS。

違いはエンブレムくらいで、実質的にまったく同じクルマです。

■ 第2位:スズキ・アルト ハイブリッド X / ハイブリッド S (4WD車) 25.7km/L

軽自動車燃費ランキング
引用:suzuki.co.jp/alto

同じアルトのハイブリッド Xおよびハイブリッド Sの4WD車が、燃費ランキング2位に入りました。

車両重量が2WD車より50kg重いことや、駆動系の抵抗の大きさが2WD車に2km/L及ばない要因です。

それでもほかの車種・グレードの2WD車より優れた燃費を達成している点は、大いに評価できます。

■ 第2位:マツダ・キャロル ハイブリッド GS (4WD車) 25.7km/L

軽自動車燃費ランキング
引用:mazda.co.jp/carol

アルト同様に、キャロル ハイブリッドにも4WD車が設定されています。

ただしキャロルの場合、4WDが選べるのは下位グレードのGSのみです。

■ 第3位:スズキ・アルト L / A (2WD車) 25.2km/L

軽自動車燃費ランキング
引用:suzuki.co.jp/alto

アルトの廉価グレードLおよびAの2WD車が、2位と0.5km/L差で3位にランクインしました。

LとAはモーターのアシストのない純ガソリン車なので、マイルドハイブリッドシステム搭載の上級グレードに及びませんでした。

しかし、純ガソリン車としてはトップの燃費です。

■ 第3位:マツダ・キャロル GL (2WD車) 25.2km/L

軽自動車燃費ランキング
引用:mazda.co.jp/carol

キャロルのガソリングレードがGL。

その2WD車が、アルト L / Aの2WD車と並んで3位にランクインしています。

■ 第3位:スズキ・ラパン (2WD全車) 25.2km/L

軽自動車燃費ランキング
引用:suzuki.co.jp/lapin

燃費ランキング3位には9台が入りましたが、そのひとつが先代アルトをベースにしたファンシー系軽自動車、ラパンの2WD全車です。

パワートレインはアルトのL / Sと共通ですが、車両重量が30kg重いため燃費は一歩及びません。

それでも、純ガソリン車としては非常に優秀な燃費性能です。

内外装デザインが可愛いだけでなく経済性にも優れているのは、特に女性ユーザーには嬉しい点でしょう。

■ 第3位:スズキ・ワゴンR  ハイブリッドFX / ハイブリッドFZ / スティングレー ハイブリッドX (2WD車) 25.2km/L

軽自動車燃費ランキング
引用:suzuki.co.jp/wagonr

ハイトワゴンの定番モデル、スズキ・ワゴンRもラパンなどと同じ燃費で3位に入りました。

ランクインしたグレードは標準車のハイブリッドFXとハイブリッドFZ、およびスティングレーの ハイブリッドXで、いずれも2WD車です。

ハイトワゴンは車両重量や空気抵抗の点で決して燃費に有利とは言えないのですが、ワゴンRはハイトワゴンにしては軽いことや、マイルドハイブリッド方式の採用がランクインにつながりました。

最廉価グレードのFAは純ガソリン車なので若干燃費は落ちますが、それでも2WDモデルならCVT車で24.4km/L、MT車で24.8km/Lという優秀な数値をマークします。

■ 第3位:マツダ・フレア  ハイブリッドFX / ハイブリッドFZ / スティングレー ハイブリッドX (2WD車) 25.2km/L

軽自動車燃費ランキング
引用:mazda.co.jp/flair

ワゴンRのOEM車、マツダ・フレアも当然ながらワゴンRと同じ燃費性能を持っています。

フレアの場合はマイルドハイブリッド仕様のみの設定なので、2WD全車がランクインしました。

またワゴンRのスティングレーに相当するグレードがないため、全車画像のフェイスとなっています。

■ 第4位:スズキ・ワゴンRスマイル  ハイブリッドS / ハイブリッドX  (2WD車) 25.1km/L

軽自動車燃費ランキング
引用:suzuki.co.jp/wagonr_smile

ワゴンRスマイルのハイブリッドSとハイブリッドX (いずれも2WD車) が、スライドドア採用の軽自動車として唯一4位にランクインを果たしました。

ベースモデルのワゴンRよりも80~90kgも重くなっているにも関わらず、燃費の低下を僅か0.1km/Lに抑えているのは立派です。

ちなみに最廉価グレードのGは純ガソリン車で、燃費は1.2km/L低い23.9km/Lとなっています。

スライドドアならではの利便性と低燃費を兼ね備えた車種として、貴重な存在です。

■ 第5位:ダイハツ・ミライース (2WD全車) 25.0km/L

軽自動車燃費ランキング
引用:daihatsu.co.jp/mira_e-s

第5位には4台がランクインしましたが、まずはダイハツの軽ハッチバック車、ミライースを紹介。

2WDの全車がランクインを果たしています。

アルトと同様に燃費にこだわった車種ですが、車両重量が若干重いことなどから0.4~0.8km/L及びません。

それでも、軽快な走りと経済性を両立させた車種として評価に値します。

■ 第5位:トヨタ・ピクシスエポック (2WD全車) 25.0km/L

軽自動車燃費ランキング
引用:toyota.co.jp/pixisepoch

トヨタが販売するピクシスエポックは、ミライースのOEM車です。

基本的に同じクルマなので、燃費にも違いはありません。

グレード体系や装備に若干違いがあるので、好みで選びたいところです。

■ 第5位:スズキ・ハスラー  ハイブリッドG / ハイブリッドX / Jスタイル (2WD車) 25.0km/L

軽自動車燃費ランキング
引用:suzuki.co.jp/hustler

SUVタイプの軽自動車、ハスラーのハイブリッドG / ハイブリッドX / Jスタイル (いずれも2WD車) がランクインを果たしました。

ハスラーにはターボ車も設定されていますが、ランクインしたのはノンターボエンジン搭載モデルです。

SUVとしては軽い車体と、燃費に有利なマイルドハイブリッドシステム採用がランクインした要因でしょう。

ちなみにライバルのダイハツ・タフトのノンターボ車は20.5km/Lのカタログ燃費なので、ハスラーは4.5km/Lも勝っています。

■ 第5位:マツダ・フレアクロスオーバー  ハイブリッドXG / ハイブリッドXS / ハイブリッド XSスペシャル (2WD車) 25.0km/L

軽自動車燃費ランキング
引用:mazda.co.jp/flaircrossover

ハスラーのマツダ版が、フレアクロスオーバー。

ハイブリッドXG、ハイブリッドXS、ハイブリッドXSスペシャル (いずれも2WD車) がランクインしました。

エンブレムやグレード体系に違いはありますが、基本的にハスラーと同一の車種です。

ガソリン代を安く抑えたいなら・・・

ここまで燃費ランキングベスト5にランクインした車種を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

カテゴリーで言えば、背の低いハッチバック車、ハイトワゴン、SUVがランクインを果たしました。

一方、車両重量や空気抵抗の点で不利なスーパーハイトワゴンやワンボックス車はランクインを逃しています。

どうしても広大な室内スペースが必要という場合は別にして、少しでもガソリン代を節約したいならここで紹介した車種・グレードの選択がおススメです。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 2022年1月最新版 コンパクトカー燃費ランキングを発表!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】