新車価格の安い輸入車ベスト10を発表!

低価格車

輸入車といえば、どうしても価格が高いイメージがありますね。

しかし、中には意外とお手頃な価格で手に入る車種もあります。

ここでは新車価格の安い輸入車ランキングベスト10を発表しますので、参考にしてみてください。

■ 第10位 アウディ・A1  3,000,000円~

駐車支援装備
引用:audi.co.jp/a1

ランキング10位はアウディのプレミアムコンパクトカー、A1です。

最廉価グレードの「25 TFSI」の価格は300万円ジャストに設定されています。

プレミアムブランドのアウディが比較的手ごろなお値段で手に入るのは魅力ですね。

■ 第9位 ミニ・3ドア  2,980,000円~

低価格車
引用:mini.jp/mini-3-door

輸入車の中でトップレベルの人気を誇るミニが9位にランクインしました。

数あるミニのラインナップのうち、3ドアのベーシックグレード「ワン」は298万円と300万円を切る価格を実現。

比較的手ごろな価格で「ゴーカートフィーリング」が味わえるのは魅力ですね。

■ 第8位 フォルクスワーゲン・T-クロス  2,925,000円~

低価格車
引用:volkswagen.co.jp/t-cross

ランキング8位はフォルクスワーゲンのコンパクトSUV、T-クロスです。

2021年に日本でもっとも売れた輸入車で、最廉価グレードの「TSI アクティブ」なら292万5,000円で手に入ります。

フォルクスワーゲン車らしいトータルバランスの高さが魅力の1台。

■ 第7位 プジョー・208  2,708,000円~

低価格車
引用:peugeot.co.jp/peugeot-e-208

プジョーのコンパクトカー、208が7位にランクインしました。

最廉価グレードの「スタイル」は270万8,000円で、カローラスポーツの上級グレード並みの価格です。

プジョー車の魅力を国産コンパクトカー並みの価格で味わえるのは魅力ですね。

■ 第6位 ルノー・ルーテシア  2,669,000円~

低価格車
引用:renault.jp/lutecia

先ほど紹介したプジョー・208と真っ向からぶつかるライバル、ルノー・ルーテシアがランキング6位です。

価格帯はこちらの方が若干安く、廉価グレードの「インテンス」が266万9,000円というプライスです。

208と甲乙つけがたい魅力を持っているので、フランス車ファンには悩みどころでしょう。

■ 第5位 フィアット・パンダ  2,600,000円

低価格車
引用:fiat-auto.co.jp/panda

5位にランクインしたのはフィアットのベーシックカー、パンダです。

「イージー」のみのモノグレード設定で、価格は260万円。

以前はもっと安かったのですが、円安の影響で大分値上がりしてしまいました。

■ 第4位 フォルクスワーゲン・ポロ  2,572,000円~

低価格車
引用:volkswagen.co.jp/polo

価格の安い輸入車ランキングの4位にはフォルクスワーゲンのエントリーモデル、ポロが入りました。

以前は「アップ!」という下位モデルがあったのですが、現在はポロがフォルクスワーゲンで一番廉価なモデルです。

最廉価グレードの「TSI アクティブベーシック」は257万2,000円で、トヨタ・カローラスポーツのガソリ3最上級グレード並みの価格で手に入ります。

■ 第4位 シトロエン・C3  2,545,000円~

低価格車
引用:citroen.jp/new-c3

シトロエンのエントリーモデル、C3が4位に入りました。

廉価グレードの「フィール」は254万5,000円に価格設定されています。

ほかのどのクルマにも似ていない個性的なスタイリングと、コンパクトカー離れした乗り心地が魅力です。

■ 第2位 フィアット・500  2,360,000円~

低価格車
引用:fiat-auto.co.jp/500

価格の安い輸入車ランキングの第2位にランクインしたのは、フィアットのコンパクトカー、500です。

特別仕様車を別にすれば、1.2Lノンターボエンジン搭載の「1.2 カルト」がもっとも安く、その価格は236万円。

可愛い内外装デザインが魅力ですが、パンダと同様、円安の煽りを受け価格アップしてしまったのが残念です。

■ 第1位 ルノー・トゥインゴ  2,250,000円~

低価格車
引用:renault.jp/twingo

価格の安い輸入車ランキングの第1位は、ルノーのベーシックカー、トゥインゴです。

ノンターボエンジン+MTの「インテンスMT」が最廉価グレードで、価格は225万円。

決して廉価なだけが魅力ではなく、可愛いスタイリングやRR方式特有の走りが楽しめる1台です。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 新車価格の安い国産車ベスト10を発表!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

新車価格の安い国産車ベスト10を発表!

低価格車

限られた予算で新車を購入したい場合、価格の安さは重要なポイントになりますね。

ここでは、国産の乗用車にターゲットを絞って車両価格の安い車種ベスト10を発表します!

少しでも安く新車を手に入れたい人は、是非参考にしてみてください。

■ 第10位 ダイハツ・ブーン / トヨタ・パッソ 1,265,000円~

低価格車
ダイハツ・ブーン (引用:daihatus.co.jp/boon)
低価格車
トヨタ・パッソ (引用:toyota.jp/passo)

登録車で唯一、ランキング10位にランキングしたのがリッターカーのダイハツ・ブーン / トヨタ・パッソ。

この2台はエンブレムの違いを除けば基本的に同一の車種で、もっとも安いグレード (ブーンは「X SAⅢ」、パッソは「X」) はともに1,265,000円です。

最廉価グレードといっても、安全運転支援システム「スマートアシストⅢ」はしっかり標準装備しているので、安心して購入できます。

■ 第9位 ダイハツ・タント 1,243,000円~

低価格車
引用:daihatsu.co.jp/tanto

軽スーパーハイトワゴンでは唯一、ダイハツ・タントが9位にランクインしました。

最廉価グレードは「L スマートアシスト非装着車」。

その名のとおりスマートアシストが省かれてしまうのが難点ですが、少しでも安く軽スーパーハイトワゴンを手に入れたい人には選択肢に入るでしょう。

■ 第8位 スズキ・ラパン 1,210,000円~

低価格車
引用:suzuki.co.jp/lapin

スズキのファンシー系軽自動車、ラパンが8位にランクイン。

最廉価グレードの「G」にも、安全運転支援システムのスズキセーフティサポートが標準装備されています。

こと女性ユーザーにとっては、魅力的な車種でしょう。

■ 第7位 ダイハツ・ミラ トコット 1,162,700円~

低価格車
引用:daihatsu.co.jp/mira_tocot

先ほど紹介したラパンの対抗馬的存在が、ダイハツ・ミラ トコット。

最廉価グレード「L SAⅢ」の価格はラパン Gより5万円ほど安く、ランキング7位に入りました。

価格が安いと言ってもスマートアシストⅢや、ラパンにはないサイド&カーテンエアバッグが標準装備されるので、安全性の観点からはこちらがおすすめです。

■ 第6位 ダイハツ・ムーヴ 1,135,200円~

低価格車
引用:daihatsu.co.jp/move

軽ハイトワゴンの定番モデル、ムーヴが6位にランクインしました。

最廉価グレードの「L」なら、110万円台で手に入ります。

ただしスマートアシストⅢは付かないので、購入に際しては割り切りが必要です。

■ 第5位 スズキ・ワゴンR 1,098,900円~

低価格車
引用:suzuki.co.jp/wagonr

先ほどのムーヴよりもさらに安く、100万円台から手に入る軽ハイトワゴンがワゴンR。

ランキングの5位に入りました。

最廉価グレード「FA」はマイルドハイブリッドではなく、スズキセーフティサポートも付きませんが、MT車が選べるのは無視できないメリットです。

■ 第4位 マツダ・キャロル 998,800円~

低価格車
引用:mazada.co.jp/carol

スズキ・アルトのOEM車 (相手先供給品) 、マツダ・キャロルが4位にランクイン。

最廉価グレードは「GL」ですが、本家アルトの最廉価グレードより5万円ほど高く設定されています。

その理由は装備が充実しているからで、決して割高というわけではありません。

■ 第3位 スバル・プレオ プラス 981,200円~

低価格車
引用:subaru.co.jp/pleoplus

ダイハツ・ミライースのスバル版 (OEM車) 、プレオ プラスが3位にランクインを果たしました。

最廉価グレードの「Fスマートアシスト」は100万円を切る価格ですが、本家ミライースの最廉価グレードと比べ約12万円も高額です。

しかし、その分安全装備などが充実しているので安心して購入できます。

■ 第2位 スズキ・アルト 943,800円~

低価格車
引用:suzuki.co.jp/alto

低価格車の代表格とも言えるスズキ・アルトが2位にランクイン!

最廉価グレード「L」の価格は94万円台で、先代の最廉価グレードからはかなりアップしています。

しかし安全装備などが格段に充実しているので、価格アップにも納得です。

■ 第1位 ダイハツ・ミラ イース / トヨタ・ピクシス エポック 860,200円~

低価格車
ダイハツ・ミラ イース (引用:daihatsu.co.jp/mira_e-s)
低価格車
トヨタ・ピクシス エポック (引用:toyota.jp/pixisepoch)

価格の安い国産車ランキングのトップは、ダイハツ・ミラ イースとそのOEM版のトヨタ・ピクシス エポック!

最廉価グレードはともに「B」で、約86万円という圧倒的な低価格を実現。

その分装備は簡略化されていますが、少しでも安く新車を手に入れたい人には魅力的に映るでしょう。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 新車価格の安い輸入車ベスト10を発表!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

新車で買えるコンパクトカー&コンパクトSUVのMT車はコレだ!!

コンパクトカー&コンパクトSUVMT車

AT車全盛の現在でも、MT車に乗りたいと思っている人は少なくないはず。

日本では少数派になってしまったMT車ですが、探せばまだまだ存在します。

ここでは、コンパクトカーとコンパクトSUVの中からMT車が選べる車種を紹介しますので、是非参考にしてみてください!

MT車が選べる軽乗用車一覧

国内で新車で購入できるコンパクトカー&コンパクトSUVのうち、MT車が設定されているのは以下の16車種です。

メーカー 車名 グレード MTの段数 価格 (円)
トヨタ ヤリス 1.5LガソリンFF車 6速 1,543,000~1,888,000
トヨタ GRヤリス RZ / RZハイパフォーマンス 6速 3,960,000~4,560,000
トヨタ カローラスポーツ ガソリンFF車 6速 2,169,000~2,521,000
トヨタ C-HR ガソリンFF車 6速 2,382,000~2,782,000
日産 マーチ ニスモS 5速 1,876,600
ホンダ シビック 全車 6速 3,190,000~3,539,800
マツダ マツダ2 15Sプロアクティブ / 15SプロアクティブSパッケージ / 15S Lパッケージ / 15MB / XDプロアクティブ / XD Lパッケージ (いずれもFF車) 6速 1,650,000~2,458,500
マツダ マツダ3ファストバック 15SツーリングFF車 / 20S系FF車 / X Lパッケージ / Xバーガンディセレクション 6速 2,315,989~3,688,463
マツダ CX-3 XD / XDツーリング 6速 2,317,000~3,113,000
マツダ CX-30 20S系 / X Lパッケージ 6速 2,392,500~3,713,600
スズキ スイフト XG・FF車 / RS・FF車 5速 1,377,200~1,782,000
スズキ スイフトスポーツ 全車 6速 1,874,400~2,017,400
スズキ ジムニーシエラ 全車 5速 1,793,000~1,958,000
ルノー トゥインゴ インテンスMT 5速 2,100,000
フィアット 500 スポーツ (限定車) 5速 2,740,000
フィアット パンダ ストリート4×4 (限定車) 6速 2,420,000
アバルト 595 ベースグレード / コンペティツォーネ 5速 3,200,000~4,040,000

メーカー別にMT車の設定を見ると、トヨタとマツダが4車種ともっとも多く、スズキの3車種が続きます。

この3社は、MT車の展開に積極的なメーカーと言えるでしょう。

日産とホンダは、辛うじて1車種のみMT車が設定されています。

逆に三菱、スバル、ダイハツ (軽自動車は除く) に関しては、MTが設定されている車種は1つもありません。

海外メーカーに目を向けると、現地仕様にはMT車が設定されているケースが多いのですが、現在日本に正規輸入されているモデルでMT車が選べるのは、ルノーとフィアット / アバルトの車種のみです。

このうちフィアットの2車種はカタログモデルではなく、限定車なのでいつでも手に入るわけではありません。

かつては輸入コンパクトカーもかなり多くの車種でMT車が選べたことを考えると、MT好きにとって寂しい状況になっています。

■ トヨタ・ヤリス (1.5LガソリンFF車)

コンパクトカー&コンパクトSUVMT車
引用:toyota.jp/yaris

ヤリスにはハイブリッド、1.5Lガソリン、1Lガソリンの3種類のパワートレインが用意されていますが、このうち1.5Lガソリン車のFFモデル全グレードに6速MTが設定されています。

ごく普通のコンパクトカーながら、ちょっとしたホットハッチ並みの走りを楽しめるところが魅力。

同一グレードのCVTモデルと比べ、価格が5万円以上安く設定されていることも嬉しい点です。

■ トヨタ・GRヤリス RZ / RZハイパフォーマンス

コンパクトカー&コンパクトSUVMT車
引用:toyota.jp/gryaris

ヤリスの名は付いているものの、まったく別物と言えるハイパフォーマンスカーがGRヤリス。

ノンターボエンジン+CVTのグレード「RS」も用意されていますが、やはり本命はターボエンジン+6速MTの「RZ 」および「RZハイパフォーマンス」でしょう。

熱い走りが楽しめる国産ホットハッチとして、貴重な存在です。

■ トヨタ・カローラスポーツ (ガソリンFF車)

コンパクトカー&コンパクトSUVMT車
引用:toyota.jp/corollasport

カローラシリーズのハッチバックモデルがカローラスポーツ。

ハイブリッドとガソリン車が選べますが、ガソリンFF車では全グレードに6速MTが設定されています。

i-MTと呼ばれる最新のシステムが採用され、発進時のエンストを防ぐ機能や、スムーズなシフトチェンジをサポートする機能を持っている点が魅力です。

■ トヨタ・C-HR (ガソリンFF車)

コンパクトカー&コンパクトSUVMT車
引用:toyota.jp/c-hr

トヨタのSUVの中で、唯一MTを選べる車種がC-HRです。

パワートレインは基本的にカローラスポーツと共通で、同じくi-MTを採用。

スポーティな走りが楽しめる「GRスポーツ」が設定されているところも魅力です。

■ 日産・マーチ ニスモS

コンパクトカー&コンパクトSUVMT車
引用:nissan.co.jp/march

マーチにはホットハッチのニスモバージョンが設定されています。

1.2Lエンジン+CVTの「ニスモ」もありますが、速さや楽しさを追求するなら1.5Lエンジン+5速MTの「ニスモS」が断然おススメ!

基本設計が古いので洗練性には欠けますが、最新モデルにはないワイルドなフィーリングがむしろ魅力になっています。

■ ホンダ・シビック

コンパクトカー&コンパクトSUVMT車
引用:honda.co.jp/CIVIC

ホンダの登録車で唯一MTを選べるのがシビックです。

1.5Lターボエンジン+6速MTの組み合わせにより、痛快な走りが楽しめます。

さらに高性能な「タイプR」の発売も予定されていますが、ほとんどの人はこのノーマルモデルで十分満足できるでしょう。

■ マツダ・マツダ2 (一部グレードのFF車)

コンパクトカー&コンパクトSUVMT車
引用:mazda.co.jp/mazda2

2014年の発売ながら、いまだ古さを感じさせないマツダ2。

MTの展開に積極的なマツダ車らしく、多くのグレードのFF車に6速MTが設定されています。

こと走行性能重視で選ぶなら、モータースポーツのベース車両「15MB」がおススメです。

■ マツダ・マツダ3ファストバック (一部グレード)

コンパクトカー&コンパクトSUVMT車
引用:mazda.co.jp/mazda3

マツダ2の兄貴分にあたるのがマツダ3です。

セダンとファストバックがありますが、ファストバックでは6速MTを選ぶことができます。

4種類あるパワートレインのうち、ディーゼルを除く3種類のガソリンエンジンにMTを設定。

■ マツダ・CX-3 XD / XDツーリング

コンパクトカー&コンパクトSUVMT車
引用:mazda.co.jp/cx-3

マツダのSUVで末っ子にあたるのがCX-3。

ガソリン車「15S」シリーズとディーゼル車「XD」シリーズがありますが、XDシリーズでは6速MTの選択が可能です。

トルクフルなディーゼルエンジンとMTの組み合わせは、なかなか通好みと言えるでしょう。

■ マツダ・CX-30 20S系 / XD Lパッケージ

コンパクトカー&コンパクトSUVMT車
引用:mazda.co.jp/cx-30

CX-3の兄貴分CX-30にも6速MT車が設定されています。

MTが選べるのは2Lガソリン車の「20S」系全車と、ディーゼル車の「XD Lパッケージ」。

軽快さが売りのCX-3に対し、CX-30は落ち着いた走りが持ち味です。

■ スズキ・スイフト XG・FF車 / RS・FF車

コンパクトカー&コンパクトSUVMT車
引用:suzuki.co.jp/swift

スイフトには3種類のパワートレインがありますが、このうち純ガソリンエンジンには5速MTが用意されています。

グレードは「XG」「RS」の2タイプで、いずれもFF車にMTを設定。

軽量ボディにモノを言わせた軽快な走りが魅力です。

■ スズキ・スイフトスポーツ

コンパクトカー&コンパクトSUVMT車
引用:suzuki.co.jp/swift

スイフトをベースにしたホットハッチがスイフトスポーツ。

6速ATも用意されていますが、楽しさを追求するなら6速MTの選択がベターです。

本格ホットハッチながら200万円前後で買えるコストパフォーマンスの高さも、魅力にあげられます。

■ スズキ・ジムニーシエラ

コンパクトカー&コンパクトSUVMT車
引用:suzuki.co.jp/zimny_sierra

軽クロカンモデル「ジムニー」の兄貴分がジムニーシエラ。

トランスミッションは4速ATのほかに5速MTが設定されています。

MTを操る楽しさだけでなく、価格がATより約12万円も安い点も魅力です。

■ ルノー・トゥインゴ インテンスMT

MT車
引用:renault.jp/twingo

キュートな内外装や数少ないRRレイアウトなどが好評のトゥインゴ。

一時的にMT車はカタログ落ちしていましたが、装備を充実化して復活しました。

自然吸気エンジンをMTで操れる、唯一の輸入コンパクトカーです。

■ フィアット・500 スポーツ

コンパクトカー&コンパクトSUVMT車
引用:fiat-auto.co.jp/500

輸入コンパクトカーの中でも人気の高い1台が、フィアット・500です。

カタログモデルは2ペダルMTのデュアルロジックが搭載されていますが、限定車「スポーツ」では5速MTも選択できます。

2気筒のツインエアエンジンとMTの組み合わせは、かなりマニアックと言えるでしょう。

■ フィアット・パンダ ストリート4×4

コンパクトカー&コンパクトSUVMT車
引用:fiat-auto.co.jp/panda

フィアットのベーシックカー、パンダの限定車「ストリート4×4」は輸入コンパクトカーには珍しい4WDモデルです。

エンジンは先ほどの500と同じツインエアですが、こちらのトランスミッションは6速MT。

自分の手でエンジン性能をフルに引き出しながら、様々な道路を走破する楽しさは格別です。

■ アバルト・595 / 595コンペティツォーネ

コンパクトカー&コンパクトSUVMT車
引用:abarth.jp

フィアット・500をベースにしたホットハッチが、このアバルト・595です。

595シリーズには4タイプがありますが、5速MTが用意されているのはベースグレード「595」と、もっとも高性能な「595コンペティツォーネ」の2タイプ。

MTを駆使してワインディング走行やサーキット走行が存分に楽しめます。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 新車で買える軽乗用車のMT車はコレだ!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

新車で買える軽乗用車のMT車はコレだ!!

軽乗用車MT車

日本では今や絶滅危惧種になっているMT車。

イージードライブではAT車に遠く及ばないMT車ですが、自分でクルマを操っている実感が得られることや、原理上ペダルの踏み間違いによる暴走事故が起きにくいなど、捨てがたいメリットを持っています。

ここではMT車が選べる軽乗用車を紹介しますので、MT車好きの人は参考にしてみてください!

MT車が選べる軽乗用車一覧

軽乗用車でMT車が設定されているのは、以下の6車種です。

メーカー 車名 グレード MTの段数 価格 (円)
ホンダ S660 全車 6速 2,031,700~2,321,000
ホンダ N-ONE RS 6速 1,999,800
ダイハツ / トヨタ コペン 全車 5速 1,910,700~2,437,200
スズキ ワゴンR FA スズキセーフティサポート非装着車 5速 1,098,900~1,222,100
スズキ ジムニー 全車 5速 1,485,000~1,776,500
ケータハム セヴン 170S / 170R 5速 5,390,000

カテゴリー別に見ると、スポーツカーのコペン、S660、セヴンは、さすがにMT車が設定されています (セヴンはMTのみ)。

ハッチバックセダンでは、アルト / キャロルがフルモデルチェンジによりMT車が廃止されたため、N-ONEが唯一の存在となりました。

また、ハイトワゴン系ではワゴンRが、SUVではジムニーが唯一MT車を設定。

MTの段数を見るとホンダの2車種が6速で、それ以外の車種は5速です。

■ ホンダ・S660

軽乗用車MT車
引用:honda.co.jp/S660

軽自動車で唯一のミッドシップスポーツカーがS660です。

グレードはαとβの2タイプがあり、いずれも6速MTが設定されています。

ただ、S660は2022年3月をもって生産終了が決定されていて、既に新車の入手は困難な模様です。

■ ホンダ・N-ONE RS

軽乗用車MT車
引用:honda.co.jp/N-ONE

往年のN360をモチーフにしたN-ONEにも、6速MTが設定されています。

MTが選べるのは、ターボエンジン搭載の最上級グレード「RS」。

シフトレバーがインパネから生えていて、素早くシフトできるのがメリットです。

■ ダイハツ / トヨタ・コペン

軽乗用車MT車
引用:toyota.jp/copen

ダイハツのコペンにはローブ / エクスプレイ / セロ / GRスポーツの4タイプが設定されていますが、いずれも5速MTの選択が可能です。

このうち、GRスポーツはトヨタからも販売されています。

FF車ながら本格的なスポーツカーとして定評があり、S660と異なり生産が継続されているのが嬉しい点です。

■ スズキ・ワゴンR FA スズキセーフティサポート非装着車

軽乗用車MT車
引用:suzuki.co.jp/wagonr

軽ハイトワゴンで唯一MT車が選べるのが、ワゴンRです。

ただ、グレードは純ガソリン車の最廉価グレード「FA」に限られ、予防安全装備のスズキセーフティサポートも付かないのが惜しまれます。

しかし、普通のファミリーカーでMT車が設定されていること自体に感謝するべきでしょう。

■ スズキ・ジムニー

軽乗用車MT車
引用:suzuki.co.jp/zimny

軽SUV随一の本格派、ジムニーは全車で5速MTを選ぶことができます。

ワゴンRと異なり、MT車でもスズキセーフティサポートが設定されているのも嬉しいところ。

ジムニーのATは旧式な4速トルコン式なので、効率面では5速MTの方が優れています。

■ ケータハム・セヴン 170S / 170R

軽乗用車MT車
引用:caterham-cars.jp

英国のスポーツカーメーカー、ケータハムが生産する軽自動車規格のスポーツカーがセヴン170S / 170Rです。

スズキ製のターボエンジン+5速MTを搭載し、500kgを切る軽量ボディのお陰で軽自動車離れした俊足を披露します。

そのとんがったキャラクターや500万円オーバーの価格など、軽MT車の中でも際立った存在です。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 新車で買えるコンパクトカー&コンパクトSUVのMT車はコレだ!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーザー・レビューから検証するプジョー・2008の長所・短所

2008長所・短所

プジョーのコンパクトSUV「2008」は、同社の中でも人気の高い1台です。

日本のユーザーは、この2008をどのように評価しているのでしょうか?

ここでは、実際のユーザーの声を「価格.com」や「みんカラ」からピックアップしてまとめてみましたので、購入時の参考にどうぞ!

■ 2008のエクステリアの評価は?

まず、2008のエクステリアの評価を見てみましょう。

2008長所・短所
引用:peugeot.co.jp/2008-suv

■ ポジティブなレビュー

〇 かっこいい (複数意見)

〇 お洒落 (複数意見)

〇 リアビューがセクシー

〇 存在感がある (複数意見)

■ ネガティブなレビュー

〇 なし

このようにユーザーの2008のエクステリアに対する評価は非常に高く、ネガティブな評価は皆無でした。

客観的に好き嫌いが分かれるであろう点を指摘する声は複数ありましたが、そのユーザー自身はポジティブに評価しています。

■ 2008のインテリアの評価は?

続いて、2008のインテリアの評価を見てみましょう。

2008長所・短所
引用:peugeot.co.jp/2008-suv

■ ポジティブなレビュー

〇 高級感がある (複数意見)

〇 クラストップレベルの内装

〇 質感が高い

〇 個性的なデザインが評価できる (複数意見)

■ ネガティブなレビュー

〇 メーター回りのデザインは慣れが必要 (複数意見)

〇 シートの座り心地が悪い (複数意見)

2008のインテリアに対するユーザーの評価は概ね好意的でしたが、メーター回りのデザインに馴染むのに時間が掛かったという声もありました。

また、前席・後席ともシートの座り心地が悪いという評価が複数あったのは、気になるところではないでしょうか?

■ 2008のパワートレイン・動力性能の評価は?

2008には1.2Lガソリンエンジン搭載の2008とEVのe-2008がありますが、それぞれのパワートレイン・動力性能に対するユーザーの評価を見てみましょう。

2008長所・短所
引用:peugeot.co.jp/2008-suv

■ ポジティブなレビュー

〇 排気量の割にトルクフル (2008・複数意見)

〇 パワー、トルクに不足なし (2008)

〇 中高速域の加速が気持ちいい (2008・複数意見)

〇 ストレスのない加速 (e-2008)

〇 キビキビ走る (2008)

■ ネガティブなレビュー

〇 発進がもたつく (2008・複数意見)

〇 エンジンブレーキの利きが悪い (2008)

〇 低速ギアでギクシャクする (2008・複数意見)

〇 3気筒特有の振動・騒音が気になる (2008)

大半がガソリン車2008に対する評価ですが、動力性能そのもに対する不満はほとんどありませんでした。

ただし、発進時のもたつきや低速ギアでのギクシャク感を指摘する声もあるなど、完璧とはいかないようです。

■ 2008の燃費性能の評価は?

2008の燃費性能に対するユーザーの評価はどうでしょうか?

■ ポジティブなレビュー

〇 ガソリン車にしては良好 (2008)

〇 ガソリン代と比較して電気代は安い (e-2008)

〇 予想以上に燃費が良い (2008)

〇 カタログ通りの数値が出る (2008)

■ どちらとも言えないレビュー

〇 悪くはない (2008・複数意見)

〇 それなりに良い (2008)

〇 可もなく不可もなし (2008)

■ ネガティブなレビュー

〇 街乗りではいまひとつの燃費 (2008)

2008の燃費性能の関する評価は、どちらかと言えばポジティブな評価が多数を占めました。

■ 2008の操縦安定性の評価は?

次に、2008の操縦安定性に対するユーザーの評価を見てみましょう。

2008長所・短所
引用:peugeot.co.jp/2008-suv

■ ポジティブなレビュー

〇 旋回中にボディ剛性の高さを感じる (複数意見)

〇 意のままに曲がってくれる

〇 直進も旋回も安定している

■ ネガティブなレビュー

〇 ワインディング走行では腰高感が気になる

操縦安定性に関しては概ね高い評価を受けていますが、SUV特有のコーナリング時の腰高感を指摘する声もありました。

■ 2008の乗り心地の評価は?

一般的に乗り心地と操縦安定性を両立させるのは難しいとされますが、2008の乗り心地はユーザーからどう評価されているでしょうか?

■ ポジティブなレビュー

〇 大変良い

〇 段差をうまくいなし、突き上げ感がない (複数意見)

〇 マイルドながら適度に路面からのインフォメーションが伝わる

〇 柔らかくしっとりした乗り心地

〇 しなやかな猫足 (複数意見)

〇 良い意味で硬めの乗り心地

■ ネガティブなレビュー

〇 路面状態が悪いと突き上げを感じる

このように、2008の乗り心地に関するユーザーの評価は大半がポジティブなものでした。

2008の乗り心地には、かなり期待して良いのではないでしょうか。

■ 2008の積載性の評価は?

次に、2008の積載性に関するユーザーの評価を見てみましょう。

■ ポジティブなレビュー

〇 レジャー用途でも積載性は十分

〇 ボディサイズからすれば十分な積載性

〇 日常ユースなら積載性に問題なし

〇 荷室スペースは広い

■ ネガティブなレビュー

〇 収納が少ない

〇 荷物はそれほど積めない

〇 後席を倒さないとゴルフバッグが積めない (複数意見)

積載性に対する評価は、賛否がはっきり分かれました。

このあたりは個人の使い方にもよるので、判断は難しいところです。

■ 2008の装備の評価は?

最後に、2008の装備に関するユーザーの評価を見てみましょう。

■ ネガティブなレビュー

〇 タッチスクリーンによる操作は使い勝手が悪い (複数意見)

〇 オプションの純正ナビの価格が高い (複数意見)

〇 パワーシート、電動テールゲートの設定がない (複数意見)

2008はエアコンなどの操作をタッチスクリーンで行う方式ですが、使い勝手の悪さを指摘する声が複数ありました。

またナビの価格の高さ、パワーシートや電動テールゲートの設定がないことに対する不満の声も。

■ 2008はトータルバランスの優れた1台

2008長所・短所
引用:peugeot.co.jp/2008-suv

2008の内外装、動力性能、操縦安定性、乗り心地に関するユーザーの評価は総じて高く、トータルバランスの優れた1台であることが見て取れます。

収納や装備に関する不満の声はありますが、満足度の高いSUVであることは間違いないでしょう。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ プジョー・2008の長所・短所を徹底検証!!

□ ユーザーレビューから検証するルノー・キャプチャーの長所・短所

ユーザーレビューから検証するシトロエン・C3エアクロスSUVの長所・短所

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーザー・レビューから検証するカローラクロスの長所・短所

カローラクロス長所・短所

トヨタのコンパクトSUV「カローラクロス」は、発売されるや否やベストセラーカーとなっています。

カローラクロスのユーザーは、長所や短所をどのように評価しているのでしょうか?

ここでは、実際のユーザーの声を「価格.com」や「みんカラ」からピックアップしてまとめてみましたので、購入時の参考にどうぞ!

■ カローラクロスのエクステリアの評価は?

まず、カローラクロスのエクステリアの評価を見てみましょう。

カローラクロス長所・短所
引用:toyota.jp/corollacorss

■ ポジティブなレビュー

〇 かっこいい (複数意見)

〇 SUVらしい逞しさが感じられる

〇 大きく立派に見える

■ ネガティブなレビュー

〇 フロントマスクがイマイチ (複数意見)

カローラクロスのエクステリアに関しては、ユーザーは概ね好意的に評価しています。

しかし、一部にフロントマスクのデザインに対する不満の声もありました。

■ カローラクロスのインテリアの評価は?

続いて、カローラクロスのインテリアの評価を見てみましょう。

カローラクロス長所・短所
引用:toyota.jp/corollacorss

■ ポジティブなレビュー

〇 シンプルで好ましい

■ ネガティブなレビュー

〇 ややチープ (複数意見)

〇 メーターのグラフィックがゴチャゴチャしている

インテリアに関してはシンプルさを評価する声がある一方で、質感のチープさを指摘する声が複数見られました。

コストダウンの影響がインテリアに出てしまっているのかもしれません。

■ カローラクロスのパワートレイン・動力性能の評価は?

次に、カローラクロスのパワートレイン・動力性能の評価を見てみましょう。

カローラクロス長所・短所
引用:toyota.jp/corollacorss

■ ポジティブなレビュー

〇 なし

■ どちらとも言えなレビュー

〇 必要にして十分なパワー (ハイブリッド、ガソリン車)

〇 やや非力だが十分 (ハイブリッド)

〇 特に感動はない (ハイブリッド)

〇 大人しい加速性能 (ハイブリッド)

■ ネガティブなレビュー

〇 低速トルクがやや物足りない (ハイブリッド)

〇 発進時にモッサリ感がある (ハイブリッド)

カローラクロスにはハイブリッドとガソリン車がありますが、大半はハイブリッドのユーザーでした。

いずれにしてもパワートレイン・動力性能を積極的に評価する声はほとんどなく、可もなく不可もないというニュアンスのレビューが目立ちました。

■ カローラクロスの燃費性能の評価は?

カローラクロスの燃費性能に対するユーザーの評価はどうでしょうか?

■ ポジティブなレビュー

〇 良好 (ハイブリッド)

〇 かなり良い (ハイブリッド)

〇 優秀 (ハイブリッド)

■ どちらとも言えないレビュー

〇 プリウスには及ばない (ハイブリッド)

ハイブリッドのユーザーの大半は燃費の良さを高く評価しています。

24.2~26.2km/Lというカタログ燃費は伊達ではない、と言えそうです。

■ カローラクロスの操縦安定性の評価は?

次に、カローラクロスの操縦安定性に対するユーザーの評価を見てみましょう。

カローラクロス長所・短所
引用:toyota.jp/corollacorss

■ ポジティブなレビュー

〇 キビキビしたハンドリング

〇 SUVの割にロールが少ない (複数意見)

〇 ステアリングの操舵感が自然

〇 走行安定性が高い

〇 ステアリングが正確

〇 直進安定性が高くコーナリングも踏ん張りが効く

■ ネガティブなレビュー

〇 なし

カローラクロスの操縦安定性に関するユーザーの評価は非常に高く、ネガティブなレビューはほぼ皆無でした。

直進安定性と旋回性が両立している点は、SUVとしては特筆に値します。

■ カローラクロスの乗り心地の評価は?

一般的に乗り心地と操縦安定性を両立させるのは難しいとされますが、カローラクロスの乗り心地はユーザーからどう評価されているでしょうか?

カローラクロス長所・短所
引用:toyota.jp/corollacorss

■ ポジティブなレビュー

〇 突き上げ感が少ない (複数意見)

〇 非常に良い (複数意見)

〇 重厚な乗り心地

〇 硬すぎず柔らかすぎずで丁度いい

■ ネガティブなレビュー

〇 路面状況が悪いと突き上げ感が出る (複数意見)

カローラクロスの乗り心地に関して、ユーザーの多くは高く評価しています。

ただ、少数ながら路面状況が悪いと突き上げを感じるという声もありました。

■ カローラクロスの積載性の評価は?

次に、カローラクロスの積載性に関するユーザーの評価を見てみましょう。

カローラクロス長所・短所
引用:toyota.jp/corollacorss

■ ポジティブなレビュー

〇 ボディサイズからすれば十分な積載性 (複数意見)

■ ネガティブなレビュー

〇 荷室フロアが高い

〇 後席をたたんだ時にフラットにならない (複数意見)

〇 収納が少ない (複数意見)

積載性に対する評価は、容量的には十分という声がある一方で、後席をたたんだ時に大きな段差ができることに不満を述べるユーザーもいました。

また、収納の少なさに対する不満の声も見られました。

■ カローラクロスは燃費・操縦安定性・乗り心地に関する評価が高い

カローラクロス長所・短所
引用:toyota.jp/corollacorss

ユーザーのカローラクロスに対する評価は、燃費性能、操縦安定性、乗り心地に関してはかなり高めです。

一方で、パワートレイン・動力性能に対する評価は特に高いものではなく、インテリアに対する評価もいまひとつでした。

ただ全般的に大きな欠点はなく、いかにもトヨタらしい80点主義的なクルマと言えるでしょう。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□カローラクロスの長所・短所を徹底検証!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーザー・レビューから検証するシトロエン・C3エアクロスSUVの長所・短所

シトロエンのコンパクトSUV「C3エアクロスSUV」は、個性的なエクステリア・デザインが最大の持ち味です。

この個性派SUVを選ぶユーザーは、C3エアクロスSUVをどのように評価しているのでしょうか?

ここでは、実際のユーザーの声を「価格.com」や「みんカラ」からピックアップしてまとめてみましたので、購入時の参考にどうぞ!

■ シトロエン・C3エアクロスSUVのエクステリアの評価は?

まず、シトロエン・C3エアクロスSUVのエクステリアの評価を見てみましょう。

C3エアクロスSUV長所・短所
引用:citroen.jp/new-c3-aircross

■ ポジティブなレビュー

〇 お洒落で個性的 (複数意見)

〇 とにかく人目を引く (複数意見)

〇 可愛い (複数意見)

〇 ブサ可愛い (複数意見)

■ ネガティブなレビュー

〇 なし

このように、ユーザーのシトロエン・C3エアクロスSUVのエクステリアに対する評価は非常に高く、ネガティブな評価はまったく見られませんでした。

客観的に見れば好き嫌いが分かれるデザインですが、惚れた人にとってはマイナスポイントなどないということでしょう。

■ シトロエン・C3エアクロスSUVのインテリアの評価は?

続いて、シトロエン・C3エアクロスSUVのインテリアの評価を見てみましょう。

C3エアクロスSUV長所・短所
引用:citroen.jp/new-c3-aircross

■ ポジティブなレビュー

〇 お洒落 (複数意見)

〇 色使いが巧み

■ ネガティブなレビュー

〇 なし

インテリアに関してはエクステリアほど賞賛の嵐ではなかったものの、それでもデザインや色使いを褒める意見が多く見られました。

質感が高くない点を指摘する声もありましたが、デザインや色使いでカバーしているという見解でした。

■ シトロエン・C3エアクロスSUVのパワートレイン・動力性能の評価は?

次に、シトロエン・C3エアクロスSUVのパワートレイン・動力性能の評価を見てみましょう。

C3エアクロスSUV長所・短所
引用:citroen.jp/new-c3-aircross

■ ポジティブなレビュー

〇 排気量の割に力強い (複数意見)

〇 低速域からトルクフル (複数意見)

〇 ドライバビリティが高く運転しやすい (複数意見)

■ ネガティブなレビュー

〇 低回転域で3気筒特有の振動が気になる (複数意見)

〇 アクセルレスポンスが鈍い

〇 変速ショックが大きい (複数意見)

シトロエン・C3エアクロスSUVのパワートレインは1.2L直3ガソリンターボエンジン+6速ATと、1.5L直4ディーゼルターボエンジンの2種類。

ここで紹介するのはガソリンターボエンジン車のレビューですが、多くのユーザーが加速性能や扱いやすさを賞賛しています。

一方で、低回転域の振動やATの変速ショックの大きさを指摘する声もありました。

■ シトロエン・C3エアクロスSUVの燃費性能の評価は?

シトロエン・C3エアクロスSUVの燃費性能に対するユーザーの評価はどうでしょうか?

■ ポジティブなレビュー

〇 このクラスでは優秀

■ ネガティブなレビュー

〇 国産車と比べ見劣りする (複数意見)

〇 あまり良くないうえ、燃料タンクの容量が小さい

〇 イマイチの燃費

燃費に関する評価は、このようにあまり高いとは言えません。

輸入車ゆえにハイオク仕様であることも、燃費性能に対する評価を下げています。

■ シトロエン・C3エアクロスSUVの操縦安定性の評価は?

次に、シトロエン・C3エアクロスSUVの操縦安定性に対するユーザーの評価を見てみましょう。

C3エアクロスSUV長所・短所
引用:citroen.jp/new-c3-aircross

■ ポジティブなレビュー

〇 走行安定性が高い (複数意見)

〇 コーナーで狙ったラインをトレースできる

〇 ワインディング走行も意外と楽しめる

■ ネガティブなレビュー

〇 ピッチング、ローリングが大きい (複数意見)

走行安定性や旋回性を評価する声がある一方で、前後に揺れるピッチングや左右に揺れるローリングが気になるという声が少なからずありました。

次に解説する乗り心地とトレードオフの関係にあるので、やはり完璧に両立させるのは難しいようです。

■ シトロエン・C3エアクロスSUVの乗り心地の評価は?

シトロエン・C3エアクロスSUVの乗り心地はユーザーからどう評価されているでしょうか?

■ ポジティブなレビュー

〇 ソフトで路面の凹凸を巧みに吸収してくれる

〇 魔法の絨毯に乗っているような乗り心地

〇 しっとりしている

〇 マイルドかつフラット

〇 猫足で完璧な乗り心地

〇 しなやかでありながら腰もある

■ ネガティブなレビュー

〇 ゴツゴツ感がある

このように、ユーザーの大半はシトロエン・C3エアクロスSUVの乗り心地を様々な表現で絶賛しています。

ゴツゴツ感があるとネガティブに評価したのは1人だけなので、乗り心地には期待してよさそうです。

■ シトロエン・C3エアクロスSUVの積載性の評価は?

次に、シトロエン・C3エアクロスSUVの積載性に関するユーザーの評価を見てみましょう。

C3エアクロスSUV長所・短所
引用:citroen.jp/new-c3-aircross

■ ポジティブなレビュー

〇 荷室容量は十分 (複数意見)

〇 積載性に不満はない

■ どちらとも言えないレビュー

〇 平均的な積載性 (複数意見)

■ ネガティブなレビュー

〇 収納が少ない (複数意見)

荷室の積載性に関してはネガティブな評価はほとんどなく、ユーザーは概ね満足している様子が伺えます。

一方で、収納に関する不満は複数見られました。

■ シトロエン・C3エアクロスSUVの装備の評価は?

最後に、シトロエン・C3エアクロスSUVの装備に関するユーザーの評価を見てみましょう。

■ ポジティブなレビュー

〇 リアシートにスライド&リクライニング機能が付いているのがいい

■ ネガティブなレビュー

〇 タッチパネル式のエアコン操作は使いにくい

リアシートの機能を褒める声、エアコンの操作性の悪さを指摘する声がありましたが、装備に関する評価はまばらでした。

シトロエン・C3エアクロスSUVの装備は、大方のユーザーにとって特に可もなく不可もなしということなのでしょう。

■ シトロエン・C3エアクロスSUVはエクステリアと乗り心地に関する評価が高い

C3エアクロスSUV長所・短所
引用:citroen.jp/new-c3-aircross

シトロエン・C3エアクロスSUVに対するユーザーの評価は、エクステリア・デザインと乗り心地に関して特に高い傾向がありました。

エンジン性能・動力性能や操縦安定性に対する評価も平均以上で、積載性に関する評価も悪くありませんでした。

シトロエン・C3エアクロスSUVは、個性的なエクステリア・デザインを望むユーザー、または乗り心地重視のユーザーに向くクルマと言えるでしょう。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ シトロエン・C3エアクロスSUVの長所・短所を徹底検証!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーザー・レビューから検証するフォルクスワーゲン・T-クロスの長所・短所

T-クロス長所・短所

フォルクスワーゲンのコンパクトSUV「T-クロス」は、日本においても人気の高いモデルです。

数多いユーザーは、果たしてT-クロスをどう評価しているのでしょうか?

ここでは、実際のユーザーの声を「価格.com」や「みんカラ」からピックアップしてまとめてみましたので、購入時の参考にどうぞ!

■ T-クロスのエクステリアの評価は?

まず、T-クロスのエクステリアの評価を見てみましょう。

T-クロス長所・短所
引用:volkswagen.co.jp/t-cross

■ ポジティブなレビュー

〇 ボディサイズの割に立派に見える (複数意見)

〇 シンプルで逞しさもある

〇 直線基調の造形が好ましい

〇 スッキリした上品なデザイン

■ ネガティブなレビュー

〇 フォルクスワーゲン車にしては装飾過剰

ユーザーのT-クロスのエクステリアに対する評価は概ね高く、特にコンパクトなサイズに割に大きく立派に見えるという声が目立ちました。

ネガティブな意見はごく一部で、それだけエクステリアの完成度が高いと言えそうです。

■ T-クロスのインテリアの評価は?

続いて、T-クロスのインテリアの評価を見てみましょう。

T-クロス長所・短所
引用:volkswagen.co.jp/t-cross

■ ポジティブなレビュー

〇 デジタルメーターが斬新

〇 高級感がある

■ ネガティブなレビュー

〇 質感がプラスチッキー (複数意見)

インテリア面では、デジタルメーターを評価する声がある一方で、質感がプラスチッキーで安っぽいという意見が多数見られました。

コストダウンのしわ寄せがインテリアに来てしまっている、と見ることができます。

■ T-クロスのパワートレイン・動力性能の評価は?

次に、T-クロスのパワートレイン・動力性能の評価を見てみましょう。

T-クロス長所・短所
引用:volkswagen.co.jp/t-cross

■ ポジティブなレビュー

〇 エンジンはスムーズかつトルクフル

〇 1L車とは思えない力強さを感じる (複数意見)

〇 DSG (DCT) の変速がスムーズ

■ ネガティブなレビュー

〇 低回転域の力感・レスポンスに難がある (複数意見)

〇 発進時にぎくしゃくする (複数意見)

〇 3気筒特有の振動が気になる

日本向けT-クロスのエンジンは全車1L直3ターボで、車格からしても排気量は小さめです。

しかし、パワーに対する不満の声はほとんど見られず、リッターエンジンという先入観を良い意味で覆すという意見が多数見られました。

一方で、低速域での力不足や発進時のぎくしゃく感など、ネガティブな面を指摘する声も少なくありませんでした。

このあたりは、小排気量ターボエンジンおよびDSGの欠点と言えるでしょう。

■ T-クロスの燃費性能の評価は?

T-クロスの燃費性能に対するユーザーの評価はどうでしょうか?

■ ポジティブなレビュー

〇 良好な燃費

■ どちらとも言えないレビュー

〇 燃費はいまひとつ

T-クロスのWLTCモード燃費は16.9km/Lで、リッターカーとしては決して良い方ではありません。

しかし燃費に対する大きな不満の声はほとんどなく、概ね納得している傾向が見られました。

■ T-クロスの操縦安定性の評価は?

次に、T-クロスの操縦安定性に対するユーザーの評価を見てみましょう。

■ ポジティブなレビュー

〇 クイックなハンドリングでロードホールディングも良い

〇 直進安定性が抜群 (複数意見)

〇 狙ったライン通りに旋回できる (複数意見)

■ ネガティブなレビュー

〇 なし

操縦安定性に関するユーザーの声は非常に高く、T-クロスは直進安定性と旋回性が両立していることがはっきりと見て取れました。

ネガティブな意見がほぼゼロというのは、大いに評価できます。

■ T-クロスの乗り心地の評価は?

乗り心地は一般的に操縦安定性と相反する要素ですが、T-クロスの場合ユーザーからどう評価されているでしょうか?

■ ポジティブなレビュー

〇 硬すぎる柔らかすぎずで丁度いい (16インチタイヤ装着車)

〇 やや硬めだがフラット (18インチタイヤ装着車)

■ どちらとも言えないレビュー

〇 硬めだが不快というほどではない (17インチタイヤ装着車)

■ ネガティブなレビュー

〇 硬めでゴツゴツ感がある (17 / 18インチタイヤ装着車)

乗り心地が硬いという評価が大半を占め、ソフトだという評価はほとんど見られませんでした。

T-クロスはグレードによりホイールの径が異なりますが、特に大径ホイールを履く上級グレードのユーザーはゴツゴツ感が気になるようです。

■ T-クロスの積載性の評価は?

次に、T-クロスの積載性に関するユーザーの評価を見てみましょう。

T-クロス長所・短所
引用:volkswagen.co.jp/t-cross

■ ポジティブなレビュー

〇 荷室は積載性に優れている (複数意見)

■ ネガティブなレビュー

〇 収納が少ない

荷室の積載性に対する評価は良好だった一方、一部に収納に対する不満意見が見られました。

■ T-クロスの装備の評価は?

最後に、T-クロスの装備に関するユーザーの評価を見てみましょう。

■ ネガティブなレビュー

〇 カーナビの使い勝手が悪い (複数意見)

〇 パーキングブレーキが電動式でない (複数意見)

T-クロスにはオプションでカーナビが用意されていますが、起動時間や操作性、地図の精度などに対する評価は芳しくありません。

また、パーキングブレーキがトレンドの電動式ではなく、旧式なハンドレバー式である点を指摘する声もありました。

■ T-クロスはトータルバランスに優れた1台

T-クロス長所・短所
引用:volkswagen.co.jp/t-cross

ユーザーのエクステリアに対する評価は非常に高い一方で、インテリアは質感の面でネガティブな評価が若干目に付きました。

動力性能・操縦安定性に関するユーザーの評価は総じて高く、基本性能がしっかりしたクルマであることが見て取れます。

一方で乗り心地は硬めなので、好き嫌いが分かれるようです。

しかし、全般的に見て大きな欠点を指摘する声は少ないので、T-クロスはトータルバランスに優れた1台と言えるでしょう。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ T-クロスの長所・短所を徹底検証!!

□ ユーザーレビューから検証するルノー・キャプチャーの長所・短所

□ ユーザーレビューから検証するプジョー・2008の長所・短所

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーザー・レビューから検証するルノー・トゥインゴの長所・短所

トゥインゴ長所・短所

ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」は、日本でも高い人気を獲得しています。

かわいらしい外観や輸入車としては買いやすい価格が魅力ですが、ユーザーはそんなトゥインゴをどのように評価しているのでしょうか?

ここでは、実際のユーザーの声を「価格.com」や「みんカラ」からピックアップしてまとめてみましたので、購入時の参考にどうぞ!

■ トゥインゴのエクステリアの評価は?

まず、トゥインゴのエクステリアの評価を見てみましょう。

トゥインゴ長所・短所
引用:renault.jp/twingo

■ ポジティブなレビュー

〇 リア回りのデザインが良い (複数意見)

〇 個性的でありながらアクの強さがない

■ ネガティブなレビュー

〇 フロントマスクが好みではない

リア回りのデザインが良いという意見は、非常に多く見られました。

一方でフロントマスクを褒める声はほとんどなく、典型的な「バックシャン」と言えそうです。

■ トゥインゴのインテリアの評価は?

続いて、トゥインゴのインテリアの評価を見てみましょう。

トゥインゴ長所・短所
引用:renault.jp/twingo

■ ポジティブなレビュー

〇 シンプルでお洒落 (複数意見)

■ ネガティブなレビュー

〇 プラスチッキーで安っぽい

デザインのお洒落さや、虚飾を配したシンプルさを評価する声が多くありました。

一方で、質感がプラスチッキーでチープという声も少なくありませんでした。

■ トゥインゴのパワートレイン・動力性能の評価は?

次に、トゥインゴのパワートレイン・動力性能の評価を見てみましょう。

トゥインゴ長所・短所
引用:renault.jp/twingo

■ ポジティブなレビュー

〇 0.9Lとは思えないほどパワフル (ターボ車・複数意見)

〇 過不足がない性能 (ターボ車・複数意見)

〇 後ろから押されるような加速感が気持ちいい (ターボ車・複数意見)

〇 EDCの変速がスムーズ (複数意見)

〇 必要にして十分なパワー (自然吸気車)

■ ネガティブなレビュー

〇 発進がもたつく (ターボ車)

〇 低速域で多少ぎくしゃくする (ターボ車・複数意見)

〇 エンジンの振動がやや気になる

〇 上り坂では非力 (自然吸気車)

〇 遅い (自然吸気車)

0.9L直3ターボエンジンに対する評価は概ね良好で、少なくともパワー不足を指摘する声はほとんどありませんでした。

一方で、ターボエンジンやEDC (DCT) の特性からくる発進のもたつきや低速域でのぎくしゃく感を指摘する声も・・・。

1L自然吸気エンジン車に関しては「遅い」「非力」という意見が多く、ポジティブな意見にしても「必要にして十分」という程度のものでした。

■ トゥインゴの燃費性能の評価は?

トゥインゴの燃費性能に対するユーザーの評価はどうでしょうか?
■ ポジティブなレビュー

〇 かなり良い (自然吸気車・複数意見)

〇 満足できる (自然吸気車・複数意見)

■ ネガティブなレビュー

〇 明確に悪い (ターボ車・複数意見)

〇 排気量の割に燃費が悪い (ターボ車&自然吸気車・複数意見)

自然吸気車に関しては燃費を高く評価する声と、排気量の割に悪いという声に分かれています。

一方ターボ車はポジティブな声は見当たらず、燃費が悪いという声が大半でした。

■ トゥインゴの操縦安定性の評価は?

次に、トゥインゴの操縦安定性に対するユーザーの評価を見てみましょう。

トゥインゴ長所・短所
引用:renault.jp/twingo

■ ポジティブなレビュー

〇 旋回性と高速安定性が両立している (複数意見)

〇 ステアリングフィールがいい (複数意見)

〇 小回りが効く (複数意見)

■ ネガティブなレビュー

〇 横風に弱い (複数意見)

旋回性や小回り性の良さは、非常の多くのユーザーの指摘するところでした。

高速安定性に関しても、RR方式の割には良いという意見が見られた一方、横風に弱いという指摘もありました。

■ トゥインゴの乗り心地の評価は?

トゥインゴの乗り心地は、ユーザーからどう評価されているでしょうか?

■ ポジティブなレビュー

〇 硬すぎず柔らかすぎずで丁度いい (複数意見)

〇 フラットで落ち着きのある乗り心地 (複数意見)

〇 足がしなやかでよく動く

■ ネガティブなレビュー

〇 サスペンションがしなやかさに欠ける

〇 低速域でゴツゴツする (複数意見)

〇 段差で跳ねる

乗り心地に関しては、好ましいとする意見とゴツゴツ感が気になるという意見にはっきり分かれました。

少なくとも、往年のフランス車のような柔らかい乗り心地は期待できないようです。

■ トゥインゴの積載性の評価は?

次に、トゥインゴの積載性に関するユーザーの評価を見てみましょう。

トゥインゴ長所・短所
引用:renault.jp/twingo

■ どちらとも言えないレビュー

〇 必要にして十分

■ ネガティブなレビュー

〇 浅いうえ、荷物がエンジンの熱で温まってしまう (複数意見)

積載性を高く評価する声はほとんどなく、ネガティブな意見が多数派でした。

RR車なので荷室フロアが高いことや、エンジンの熱で積んだ食品が温まってしまうことが低評価の要因です。

■ トゥインゴの装備の評価は?

最後に、トゥインゴの装備に関するユーザーの評価を見てみましょう。

■ ネガティブなレビュー

〇 タコメーターがないのが不便

〇 パドルシフトが欲しい

〇 運転席のリクライニングがダイヤル式なので面倒

〇 ドアミラーが電動式でない

〇 自動ブレーキが欲しかった

これらの不満要素を指摘したのは、いずれも一人のユーザーのみです。

国産車と比べネガティブな要素になりますが、トゥインゴの個性に惹かれて購入するユーザーは、こうした装備面の欠点はさほど気にしていないことが伺えます。

■ トゥインゴは内外装、走行性能に対する評価が高い

トゥインゴ長所・短所
引用:renault.jp/twingo

トゥインゴの内外装デザインに関するユーザーの評価は総じて高く、不満の声は少数派でした。

エンジン性能・動力性能に関しては、ターボ車は高く評価する声が多かった一方で、自然吸気車は低めの評価になっています。

操縦安定性や小回り性に関しては、高く評価する意見が多数派でした。

一方で乗り心地は賛否が分かれ、積載性はネガティブな評価が多数を占めました。

トゥインゴはデザイン性の高さや走りの楽しさが売りで、それ以外の要素は割り切ったクルマと言えるでしょう。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ トゥインゴの長所・短所を徹底検証!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】