プジョー・308の長所・短所を徹底検証!!

308長所・短所

プジョーのCセグメント・コンパクトカー「308」は2021年にフルモデルチェンジを受け、2022年4月から日本での販売が開始されています。

このクラスではゴルフやメガーヌなど強力なライバルが存在しますが、308はこれらのライバルたちを超えたのでしょうか?

ここではプジョー・308はライバル車と比べてどこがいいのか、どこがダメなのかを徹底評価しますので、購入時の参考にどうぞ。

■ プジョー・308のここがイイ!!

まず、プジョー・308のここがいい!というポイントについて解説します。

■ スタイリッシュな外装デザイン

308長所・短所
引用:peugeot.co.jp/new-peugeot308

先代308の外装デザインは大人しく、無難ではあるもののインパクトに欠ける嫌いがありました。

しかし現行308ではイメージが一新され、躍動的なテイストでまとめられています。

精悍なフロントマスク、流れるようなサイドビュー、そして立体的なリアビューと、どのアングルから見てもスタイリッシュ。

また1,850mmに達する全幅のお陰で、ワイド&ローなカッコよさを備えていることも見逃せません。

ライバル車と比べても、外装デザインのインパクトでは明らかに308に分があります。

■ 先進的なインパネ

308長所・短所
引用:peugeot.co.jp/new-peugeot308

308はエクステリアだけでなく、インパネのデザインも魅力的です。

小径のステアリング越しにメーターを見るi-コクピットと呼ばれるプジョー独自のデザインは、308にもしっかり継承。

さらに斬新なデジタルヘッドアップインストルメントパネルや10インチの大型タッチスクリーンの採用により、先進的なイメージにあふれています。

個性的なデザインなので万人向けとは言えないものの、独創性の点では申し分ありません。

■ プラグインハイブリッドが選べる

308長所・短所
引用:peugeot.co.jp/new-peugeot308

308のパワートレインはガソリン1.2L直3ターボエンジン、ディーゼル1.5L直4ターボエンジン、そしてガソリン1.6L直4ターボエンジン+モーターのプラグインハイブリッドの3タイプが用意されています。

ガソリンやディーゼルもソツのない出来で満足度が高いのですが、特筆すべきはプラグインハイブリッドです。

Cセグメントハッチバックでプラグインハイブリッドが設定されているのは、308のほかはメルセデスベンツ・Aクラスがあるのみ。

このクラスでプラグインハイブリッドならではのエコ性能や力強い加速感が味わえるのは、貴重です。

■ 安定感抜群のハンドリング

308長所・短所
引用:peugeot.co.jp/new-peugeot308

308はCセグメントハッチバックでもっともトレッドが広いうえ、サスペンションのロードホールディングも優れているのでコーナリング時の安定感は抜群です。

またクイックなステアリングレシオや、小径ステアリング特有の操作感による機敏さも兼ね備えています。

加えてステアリングフィールもしっとり心地よいなど、ハンドリングは抜群です。

ワインディング走行の楽しさや安心感の点では、このクラスでも上位に入ります。

■ しなやかな乗り心地

308の足回りは、いわゆる「猫足」と呼ばれるプジョー車特有の味付けが施されています。

サスペンションは特にソフトなセッティングではないものの、初期作動がしなやかでストロークがたっぷりしてるため、乗り心地は速度域を問わず快適です。

さらにロングホイールベースやワイドトレッドも、フラットな乗り心地に貢献しています。

こと重量のある308GTハイブリッド (プラグインハイブリッド) は、クラストップレベルの乗り心地と言って良いでしょう。

■ プジョー・308のここがダメ!

続いて、プジョー・308のダメなポイントについて解説します。

■ 狭い路地や駐車場ではやや大き過ぎる

308のボディの大きさは、操縦安定性や乗り心地、居住性の点では間違いなくプラスに働いています。

しかし問題は1,850mmというDセグメント並みの全幅で、狭い路地の離合では神経を使いますし、油断をすれば擦ってしまうかもしれません。

また5ナンバー車全盛期に造成された駐車場に停めると、ドアが少ししか開かず乗り降りに苦労するケースも・・・。

救いは最小回転半径5.3mと意外に小回りが効くことで、Uターンで苦労することはないでしょう。

とは言え、駐車場や周辺の道路が狭い人には308の全幅の大きさはマイナスポイントになってしまいます。

■ 後席の座り心地がイマイチ

308の後席スペースは、Cセグメントコンパクトカーの中では広い部類に入ります。

頭上のスペース、足元のスペースとも余裕があり、こと横方向の余裕はクラストップです。

ただ、後席シートの形状に難があります。

クッション性やサポート性は問題ないのですが、背もたれがやや立ち気味なことと、座面高が低いため太ももが座面から浮いてしまうのが難点。

居住性自体は優れているのに、いまひとつリラックスできないのは惜しいところです。

■ グレード体系に難あり

308のグレード体系は、基本的に廉価グレードのアリュールと上級グレードのGTの2タイプとシンプルです。

このうちアリュールはガソリンエンジンとディーゼルエンジンが、GTはディーゼルエンジンとプラグインハイブリッドが選べます。

問題は、ガソリンエンジンならではのフィーリングを望むと装備がイマイチのアリュールで妥協せざるを得ないことです。

アリュールにはレーンポジショニングアシストや360°カメラといった安全装備や、シートヒーターやステアリングヒーターといった快適装備が備わりません。

ガソリン車にもGT相当の上級グレードを設定するか、上記の装備をせめてオプションで付けられるようにするべきです。

またライバル車には高性能なホットハッチが設定されていますが、308には設定がありません。

先代308にはGTiバイプジョースポールというホットハッチがラインナップされていただけに、復活を望みたいところです。

■ プジョー・308は基本性能は高いが・・・

308長所・短所

プジョー・308は魅力的な内外装を持ち、走る・曲がる・止まるの基本性能も優れています。

トータルバランスに優れた1台に仕上がっていますが、ライバル車と比べ一歩リードしているとまでは言えません。

308はこのセグメントで最後発モデルだけに、さらに飛び抜けた完成度を望みたくなります。

またワイドな全幅も、日常ユースでは気になるケースが多くなるでしょう。

もしボディサイズが気にならず、乗り心地やハンドリングを重視するなら308は買いと言えます。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ルーテシアの長所・短所を徹底検証!!

□ シトロエン・C3の長所・短所を徹底検証!!

□ ポロの長所・短所を徹底検証!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】