シトロエン・C3の長所・短所を徹底検証!!

シトロエンC3長所・短所

輸入Bセグメントコンパクトカーの中でひときわ異彩を放つシトロエン・C3。

とかく外観のインパクトばかりクローズアップされがちですが、1台のクルマとしてどんな長所・短所があるのでしょうか?

ここではシトロエン・C3はライバル車と比べてどこがいいのか、どこがダメなのかを徹底評価しますので、購入時の参考にどうぞ。

■ シトロエン・C3のここがイイ!!

まず、シトロエン・C3のここがいい!というポイントについて解説します。

■ 他のどのクルマにも似ていない外装デザイン

シトロエン・C3の外装デザインは大変個性的です。

他のどのクルマにも似ていないその外観は、ひと目見たら忘れられないでしょう。

特にフロントマスクのインパクトは強烈です。

シトロエンC3長所・短所
引用:citroen.jp/new-c3

とてもコンパクトカーとは思えない存在感があるので、このマスクがバックミラーに写った先行車のドライバーはギョっとするのではないでしょうか。

また、ボディ側面のエアバンプと呼ばれるプロテクターもユニーク。

シトロエンC3長所・短所
引用:citroen.jp/new-c3

デザイン上のアクセントになっているだけでなく、空気が封入されているため軽い衝撃なら吸収してくれるメリットがあります。

C3の外装デザインは好き嫌いがハッキリ分かれるに違いありませんが、インパクトの点ではどんなライバルにも負けません。

■ クラス随一の乗り心地

シトロエン・C3のデザイン以外での最大のメリットは、Bセグメントコンパクトカーでは群を抜く乗り心地の良さです

サスペンションのセッティングがソフトで、速度域を問わず路面の凹凸をしなやかに吸収し、快適な乗り心地を提供してくれます。

雲の上を行くようなフワフワした乗り心地は、ライバル車では決して得られません。

C3のような乗り味は、一クラス上のクルマでもなかなか得られないものです。

とにかく乗り心地のいいコンパクトカーが欲しいなら、C3は (外装デザインに多少抵抗があっても) 第一候補として検討する価値があります。

■ 優れた斜め前方視界

シトロエン・C3のフロントドアウィンドウには、死角を減らすための三角窓が設けられています。

シトロエンC3長所・短所
引用:citroen.jp/new-c3

それに加えドアミラーがドア本体に取り付けられているため、斜め前方の視界は良好です。

一見デザイン性だけにこだわっているようで、実用面にもしっかり配慮されている点はC3の美点にあげられます。

■ シトロエン・C3のここがダメ!

続いて、シトロエン・C3のダメなポイントについて解説します。

■ エクステリアと比べ平凡なインテリア

シトロエンC3長所・短所
引用:citroen.jp/new-c3

シトロエン・C3はインテリアは、エクステリアほど個性的ではありません。

インパネのデザインはセンス良くまとめられてはいますが、インパクトには欠けます。

メーターもライバルのルーテシアやプジョー・208がデジタル式を採用するのに対し、C3はオーソドックスなアナログ式です。

C3のインパネは、魅力度において残念ながらライバルに見劣りします。

また、パーキングブレーキがルーテシアや208のような電動式でなく、旧式なレバー式である点も残念なところです。

■ トランスミッションが旧式

シトロエンC3長所・短所
引用:citroen.jp/new-c3

シトロエン・C3に搭載されるトランスミッションは、EAT6と呼ばれるアイシンワーナー製の6速トルコンATです。

しかし、基本的に同じエンジンを搭載するプジョー・208は8速トルコンATを採用するだけに、物足りなさは否めません。

段数が少ないため、特に山道の上りではエンジンの力を有効に引き出すことができず、もどかしさを覚えてしまいます。

ここは早急に8速ATにバージョンアップするべきでしょう。

■ アダプティブクルーズコントロールの設定がない

シトロエン・C3にはクルーズコントロールが装備されますが、設定した速度を一定に保つだけの機能です。

先行車との車間距離を自動で保ちながら加減速走行するアダプティブクルーズコントロールの設定は、残念ながらありません。

ルーテシアは全車に、プジョー・208も中級グレード以上にアダプティブクルーズコントロールが装備されるのと比較すると、見劣りは明らか。

高速道路を利用する機会の多い人には、C3は諸手をあげておすすめすることはできません。

■ シトロエン・C3は外装デザイン以外のインパクトに欠ける

シトロエンC3長所・短所
引用:citroen.jp/new-c3

シトロエン・C3の最大の特徴は、なんと言っても個性の塊のような外装デザインです。

そのインパクトには、どんなライバル車も敵いません。

また乗り心地の良さも、Bセグメントコンパクトカーでは得難いレベルにあります。

一方、機能面や装備面には物足りなさが残り、ライバルに対し見劣りは否めません。

8速AT、デジタルメーター、電動パーキングブレーキ、アダプティブクルーズコントロールなどが備われば魅力度が格段に高まるので、早い段階での仕様変更が望まれます。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ ユーザーレビューから検証するシトロエン・C3の長所・短所

□ ルーテシアの長所・短所を徹底検証!!

□ プジョー・208の長所・短所を徹底検証!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】


2 comments on “シトロエン・C3の長所・短所を徹底検証!!”

コメントは受け付けていません。