フィアット・500Xの長所・短所を徹底検証!!

500X長所・短所

フィアットのコンパクトSUV「500X」は、日本でも人気のコンパクトカー「500」の兄貴分的な存在です。

独自の存在感を持つ500Xだけに、長所・短所が気になっている人も多いのではないでしょうか?

ここでは、500Xはライバル車と比べどんな長所や短所があるかを徹底評価しますので、購入時の参考にしてみてください。

■ 500Xのここがイイ!!

まず、500Xのここがいい!というポイントについて解説します。

■ ポップな内外装デザイン

500X長所・短所
引用:fiat-auto.co.jp/500x
500X長所・短所
引用:fiat-auto.co.jp/500x

500Xの内外装デザインは、とてもポップでお洒落です。

エクステリアは500のイメージをそのまま受け継いでいるので、SUVとは思えないほどキュート。

怒り顔のクルマがはびこる中、500Xの癒し系のルックスは見る人の心を和ませてくれます。

また、500Xはインパネのデザインも魅力的です。

500X長所・短所
引用:fiat-auto.co.jp/500x

ボディ同色のパネルカラーや、丸形のアナログメーターが何とも言えないレトロな雰囲気を醸します。

こうした内外装の個性は、ライバル車では決して得られません。

決して万人向けとは言えませんが、このデザインの虜になってしまう人も少なくはいはず。

■ 活気あふれるエンジン

500X長所・短所
fiat-auto.co.jp/500x

500Xに搭載される1.3L直4ターボエンジンは、最高出力151ps / 最大トルク27.5kg・mというコンパクトSUVトップレベルのスペックの持ち主。

また単にスペックが優れているだけでなく、「もっと回してくれ!」と言わんばかりの活気に溢れるフィーリングが魅力です。

さらに、回転を上げたときのエンジン音の心地良さが加わり、気分がハイになります。

ワインディングなどを走っていると、思わずニンマリしてしまうこと請け合いです。

■ 500Xのここがダメ!

続いて、500Xのダメなポイントについて解説します。

■ 取り回し性が良くない

500Xは、コンパクトSUVの中では比較的ボディサイズが大きい方です。

それに加え、最小回転半径5.5mとあまり小回りが効きません。

狭い路地や駐車場での取り回しは、ライバルと比べ一歩を譲ります。

■ 燃費が悪い

500XのWLTCモード燃費は13.4km/hで、17km/L前後の数値をマークするライバル達 (ルノー・キャプチャー、プジョー・2008など) と比較して見劣りがします。

理由はライバル車と比較して車両重量が100kg以上重いことや、トランスミッションの段数が6速と少ないことなどです。

経済性を重視する人にとって、燃費性能が劣ることは無視できない欠点になるでしょう。

■ 乗り心地が劣る

乗り心地があまり良くないことも、500Xの欠点のひとつです。

足が突っ張り気味で、路面の悪い場所ではボディが上下に揺すられてしまいます。

舗装の荒れたワインディングロードでは、進路が乱されてしまうほどです。

SUVはファミリーカーとして使われることも多いだけに、乗り心地が劣ることはいただけません。

■ 後席スペース・荷室スペースが狭い

500X長所・短所
引用:fiat-auto.co.jp/500x

500Xはデザイン性を重視したコンセプトのためか、決してパッケージングが優れているとは言えません。

ボディサイズが比較的大きめなのにも関わらず、後席スペースや荷室スペースはライバルに劣っています。

後席の足元スペースはあまり余裕がないので、大柄な人には不向きです。

また、500Xの後席使用時の荷室容量は350Lですが、ボディサイズが近いキャプチャーの536L、2008の434Lと比べ大きく劣ります。

後席に大人を乗せる機会が多い人、沢山の荷物を積んでレジャーに出かける機会のある人には、500Xは決してベストチョイスにはなり得ません。

■ 自動ブレーキの性能が劣る

500Xは当然のように自動ブレーキが装備されますが、その性能は褒められたものではありません。

検知できる対象が自動車のみで、歩行者や自転車には対応しないからです。

いまや、最低限でも歩行者検知機能付が常識化しているだけに、早急な改善が望まれます。

■ 500Xは短所も多いが、独自の魅力がある

500X長所・短所
引用:fiat-auto.co.jp/500x

500Xは乗り心地や燃費、パッケージングなど、多くの点でライバルに見劣りがします。

自動ブレーキの性能も要改善です。

しかし、独特の個性を持つ内外装や気持ちのいいエンジンのフィーリングなど、捨てがたい魅力があるのもまた事実。

減点法で選ぶ場合、500Xは決して購入の有力候補には上がりませんが、長所に目を向け加点法で選ぶなら、候補の1台にあがるはずです。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ ルノー・キャプチャーの長所・短所を徹底検証!!

□ プジョー・2008の長所・短所を徹底検証!!

□ T-クロスの長所・短所を徹底検証!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

「フィアット・500Xの長所・短所を徹底検証!!」への1件のコメント

コメントは受け付けていません。