アクアの長所・短所を徹底評価!!

アクア長所・短所

コンパクトカーの定番モデル「アクア」が、2021年7月に10年ぶりのフルモデルチェンジを受けました。

先代と比べ全方位的な進化を果たし、魅力が高まったことは間違いありません。

そんな新型アクアはライバル車と比べてどこがいいのか、どこがダメなのかを徹底評価しますので、購入時の参考にどうぞ!

■ アクアのここがイイ!!

まず、アクアのここがいい!というポイントについて解説します。

■ スタイリッシュな外装デザイン

アクア長所・短所
引用:toyota.jp/aqua

先代でも流麗な外装デザインが魅力的だったアクアですが、新型では益々磨きが掛かっています。

スラントしたボンネットから強く傾斜したAピラー、そしてルーフへと続くラインや、キックアップしたベルトライン、ボディ側面の抑揚感あるプレスラインなど、見事に計算されたフォルムです。

フロントグリルの「ナマズ顔」は好き嫌いが分かれるところですが、全体的には洗練されたイメージを醸しています。

同じトヨタのヤリスと比べてもアクの強さが抑えられている分、より多くの人に受け入れられるはずです。

■ ライバル車に勝る燃費

先代から燃費の良さで定評のあったアクアですが、新型にも受け継がれています。

カタログ燃費はヤリス・ハイブリッドと比較すると若干劣るものの、他社のコンパクトカーよりも優秀です。

各車 (FFモデル) のWLTCモード燃費を比較すると、以下のとおりになります。

アクア 33.6~35.8km/L
・ノート   28.4~29.5km/L
・フィット・e:HEV  27.2~29.4km/L
・スイフト・ハイブリッド 23.0km/L

※参考 ヤリス・ハイブリッド  35.4~36.0km/L

このように、アクアはライバル車を寄せ付けない燃費性能を誇ります。

とにかく経済的なコンパクトカーが欲しいなら、ヤリス・ハイブリッドと並びアクアは最有力候補にあげるべきです。

■ 快適な乗り心地

先代アクアの乗り心地はゴツゴツ感が強く、お世辞にも快適とは言えませんでした。

それに対し、新型アクアは路面の凹凸を巧にいなし、突き上げ感のないマイルドな乗り心地を実現。

乗り心地の良さで定評のあるノートをも凌ぎ、クラストップレベルの快適性を備えています。

特に、フロントサスペンションにスウィングバルブショックアブソーバーが備わる最上級グレード「Z」の乗り心地は、一クラス上の車種に匹敵するほどです。

■ ディスプレイオーディオを全車に装備

アクア長所・短所
引用:toyota.jp/aqua

アクアは全グレードにディスプレイオーディオを標準装備します。

ディスプレイオーディオは7~10.5インチの画面でオーディオ&ビジュアルの操作ができる装備で、特にスマホ連携機能を生かしてスマホのナビアプリを表示できる点が大きなメリット。

オプションでナビキットも用意されていますが、それに頼らずとも大画面で快適なナビゲーションを受けられるのは嬉しいところです。

このディスプレイオーディオはヤリスにも標準装備されていますが、他社のコンパクトカーには同等の機能は備わりません。

つまり、安くはないカーナビを別途注文するか、スマホの小画面の道案内で我慢するかのいずれかになります。

コストパフォーマンスの点で、アクアに大きなアドバンテージがあるのは明らかです。

■ アクアのここがダメ!

続いて、アクアがライバル車に劣るポイントについて解説します。

■ 狭い荷室スペース

アクア長所・短所
引用:toyota.jp/aqua

アクアの荷室容量は、後席使用時で278Lと発表されています。

フィットの427Lやノートの340L (※2WD車) と比較すると、かなり小さい数値です。

日常の買い物程度なら問題ないにしても、家族そろって旅行に出かけるような場合、アクアの荷室スペースではお土産の置き場に困るかもしれません。

■ 視界がイマイチ

アクア長所・短所
引用:toyota.jp/aqua

アクアはフロントウィンドウの傾斜が強い分、天地の丈が小さいので、前方視界はあまり良いとは言えません。

ルームミラーが眼前に迫り、圧迫感があるのもマイナス要素です。

また、傾斜の強いAピラーが斜め前方視界を遮ぎってしまう欠点も持っています。

交差点で右左折するときの安全確認がしにくい、ワインディングでカーブの先の様子が見にくいといった点は、アクアの欠点になっています。

■ パーキングブレーキが旧式な足踏み式

現在はコンパクトカークラスにも便利な電動パーキングブレーキが普及しています。

ライバルのノートやフィットも、パーキングブレーキは電動式です。

それに対し、アクアは残念なことに旧式な足踏み式パーキングブレーキを踏襲しています。

スマートに操作できない、ブレーキホールド機構が付かないといったデメリットは、決して無視できません。

コストダウンのためと思われますが、最新のトレンドを採用しなかったことは誠に残念です。

■ ペダルの踏み間違い防止装置が全車標準装備ではない

アクア長所・短所
引用:toyota.jp/aqua

ペダルの踏み間違いによる暴走事故が多発している現在、新車で販売されている車種に踏み間違い防止装置は必須と言えるでしょう。

多くのコンパクトカーが大半のグレードに踏み間違い防止装置を標準装備する中、アクアは踏み間違い防止装置「パーキングブレーキ」を上級グレードのZとGにしか標準装備していません

下位グレードのXとBもオプションで付けることは可能ですが、事故を防ぐ観点から全グレードに標準化するべきです。

■ アクアは先代から進化するも、一部の欠点も踏襲

アクア長所・短所
引用:toyota.jp/aqua

新型アクアは先代から乗り心地や走行性能が向上するなど、完成度が大幅にアップしています。

燃費の良さも、先代に引き続きアクアの大きなセールスポイントです。

しかし、荷室スペースの狭さや視界の悪さなど、一部の欠点はそのまま受け継がれてしまっています。

また、予防安全装備が先代から進化した一方、パーキングブレーキが全車に標準化されなかった点は残念です。

このようにアクアには良い点もあり、悪い点もあります。

いいクルマであることは間違いありませんが、全ての人が満足できるわけではありません。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ヤリスの長所・短所を徹底検証!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】