キャプチャーの長所・短所を徹底検証!!

キャプチャー長所・短所

ルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」は、欧州でこのカテゴリートップの人気を誇ります。

これほどの評判を得ているキャプチャーに、欠点はないのでしょうか?

ここでは、キャプチャーはライバル車と比べてどんな短所があるのか、またどこがいいのかを徹底評価しますので、購入時の参考にどうぞ。

■ キャプチャーのここがイイ!!

まず、キャプチャーのここがいい!というポイントについて解説します。

■ スタイリッシュなエクステリア

キャプチャー長所・短所
引用:renault.jp.captur

キャプチャーのエクステリアは、SUVの枠を超えたスタイリッシュさが魅力です。

流麗さとアグレッシブさが絶妙にミックスされたフォルムは、いかにも走りそうなイメージ。

強力なライバルがひしめくコンパクトSUVクラスの中で、カッコよさはトップレベルと言えるでしょう。

■ 輸入SUV唯一のフルハイブリッドを設定

日本仕様のキャプチャーのパワートレインはガソリンエンジンのほか、輸入SUVとして唯一のフルハイブリッド「E-TECHハイブリッド」が設定されています。

キャプチャー長所・短所
引用:renault.jp/captur

ルノーがF1で培った技術を導入、1.6L直4自然吸気エンジンと2つのモーターに電子制御ドッグクラッチを組み合わせたユニークなものです。

システム最高出力は143psで、0-100km/h加速10.6秒という十分な動力性能とWLTCモード燃費22.8km/Lの輸入SUVトップの燃費性能を実現しています。

運転した感覚も非常にスムーズで、ドライバビリティの高さは国産ハイブリッドSUVに勝るとも劣りません。

またシフトセレクターをBに入れれば、クリーピング速度までワンペダルでのドライビングが可能です。

輸入SUVが欲しいが燃費が国産車に劣るのがどうも・・・という向きにはキャプチャーのE-TECHハイブリッドはうってつけと言えます。

■ パワフルかつ扱いやすいパワートレイン

日本向けキャプチャーに搭載されるもうひとつのパワートレインが、1.3L直4ターボエンジンと7速DCTの組み合わせです。

エンジンのスペックは最高出力154ps、最大トルク27.5kg・mとかなり強力で、コンパクトSUVとしてはトップレベルの数値を誇ります。

キャプチャー長所・短所
引用:renault.jp/captur

0-100km/h加速は8.6秒とこのカテゴリーのクルマとしては俊足で、どんな状況でも加速力は十分。

加えて中低速トルクが豊かなので、日常ユースでの扱いやすさも抜群です。

さらに、フォルクスワーゲン・T-クロスやプジョー・2008といった3気筒エンジンを搭載するライバルと比べ、4気筒のキャプチャーは回転のスムーズさや振動の少なさでも勝っています。

また、変速スピードの速いDCTがパフォーマンスに貢献していることも、付け加えておかないといけません。

キャプチャー長所・短所
引用:renault.jp/captur

キャプチャーに搭載される搭載されるDCTは、ダイレクト感に優れるだけでなく、DCTにありがちなギクシャク感が抑えらているのもいいところ。

キャプチャーのガソリン車は、魅力の点でE-TECHハイブリッドに決して見劣りしません。

■ 快適な乗り心地

キャプチャーは、乗り心地が快適なところも長所のひとつです。

ライバル車と比較するとサスペンションの動きがしなやかで、荒れた路面でも乗り心地が大きく損なわれることはありません。

荒れた路面でゴツゴツ感が出てしまうライバル達と比べ、明らかなアドバンテージになっています。

キャプチャーなら、ファミリーカーとして購入しても家族から乗り心地に不満が出ることはないでしょう。

■ 広い室内スペースと荷室スペース

キャプチャーの後席スペースは、輸入コンパクトSUVとしてトップクラスの広さを持っています。

キャプチャー長所・短所
引用:renault.jp/captur

足元のスペースも十分余裕があるので、足の長い人でも問題ありません。

また、荷室スペースの広さもキャプチャーの美点です。

キャプチャー長所・短所
引用:renault.jp/captur

キャプチャーの荷室容量は、後席使用時で536Lとクラストップレベルを誇ります。

ライバルの2008は434L、T-クロスは385Lなので、キャプチャーの優位は明らかです。

さらに、2008やT-クロスにはない後席左右独立スライド機構が備わるのもメリット (T-クロスは後席一体スライド機構付)。

キャプチャー長所・短所
引用:renault.jp/captur

後席の足元スペースとのバランスを取りつつ、荷物の量に応じて調整できるのは大変便利です。

■ 充実した快適装備

キャプチャーは快適装備が充実していることも、魅力にあげられます。

前席の座面を温めるシートヒーターが全車に標準装備 (2008は上級グレードのみ、T-クロスは設定なし) されるほか、ライバルにはないステアリングヒーターや後席エアダクトが全車に標準装備されるなど、至れり尽くせりです。

キャプチャー長所・短所
後席エアダクト (引用:renault.jp/captur)

すべての乗員が車内で快適にすごせる点において、キャプチャーはライバル車を寄せ付けません。

■ 駐車支援装備も充実

キャプチャーは駐車支援装備も充実しています。

輸入コンパクトSUVの中で、全車にフロントとリアのパーキングセンサーが備わるのはキャプチャーだけです。

キャプチャー長所・短所
引用:renault.jp/captur

また、駐車時に威力を発揮する「360°モニター」もキャプチャーだけにしか備わりません

駐車はなにかと気をつかうものですが、キャプチャーなら安心して駐車ができるでしょう。

■ キャプチャーのここがダメ!

続いて、キャプチャーのダメなポイントについて解説します。

■ 特になし!

ダメなポイントを解説すると書きましたが、実はキャプチャーにはこれと言った欠点がありません。

もちろんキャプチャーも完全無欠なクルマではなく、特定の車種に対して部分的に劣る面はあります。

しかし欠点と言えるほどのものではなく、大きなマイナス要素になっていません。

■ キャプチャーはトータルバランス抜群のクルマ!

キャプチャー長所・短所
引用:renault.jp/captur

キャプチャーは走行性能、快適性、ユーティリティー、装備など多くの点でライバルに対しアドバンテージを持っています。

内外装デザインさえ気に入れば、これと言った欠点のない良き相棒になること請け合いです。

ほとんどの人が購入して満足できるクルマ、それがキャプチャーと言えます。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ ユーザーレビューから検証するルノー・キャプチャーの長所・短所

□ プジョー・2008の長所・短所を徹底検証!!

□ T-クロスの長所・短所を徹底検証!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】