カローラクロスの長所・短所を徹底評価!!

カローラクロス長所・短所

カローラファミリーの一員として新たに仲間入りした、クロスオーバーSUV「カローラクロス」。

このカローラクロスには、どんな長所や短所があるのか気になっている人も多いことでしょう。

ここではカローラクロスはライバルと比べてどこがいいのか、どこがダメなのかを徹底評価しますので、参考にどうぞ。

■ カローラクロスのここがイイ!!

まず、カローラクロスがライバルより優れている点について解説します。

■ カッコよさと機能性を両立した外装デザイン

カローラクロス長所・短所
引用:toyota.jp/carollacross

コンパクトSUVには、見た目のカッコよさを追求するあまり機能性が犠牲になった車種もあります。

同じトヨタのC-HRやマツダのCX-3 / CX-30などが一例で、スタイリッシュである反面後方視界に難があり、室内スペースもあまり広いとは言えません。

その点、カローラクロスは良好な視界や広い室内スペースを確保しながら、スタイリッシュな外観を実現している点が評価できます。

実用的でありながら視覚も楽しませてくれる点で、カローラクロスは貴重な存在と言えるでしょう。

■ 意外に優れた取り回し性

カローラクロスのボディサイズは全長4,490mm×全幅1,825mm×全高1,620mmで、コンパクトSUVのカテゴリーでは大柄な方です。

しかし運転席からボンネットの先端が見えるため見切りが良く、視界も全方位的に良いので、思いのほか楽に運転できます。

さらに最小回転半径は5.2mとボディサイズの割に小さいので、取り回し性は良好です。

カローラクロス長所・短所
引用:toyota.jp/carollacross

■ ハイブリッドの燃費性能が優秀

カローラクロスのハイブリッド車 (2WD) のWLTCモード燃費は26.2km/Lですが、この数値はコンパクトSUVの中ではかなり優れている方です。

ライバルのハイブリッド車に目を向けると、ホンダ・ヴェゼルe:HEVは24.8~25.0km/L、日産・キックスは21.8km/L、スバル・XV e-ボクサーは15.0km/Lで、いずれもカローラクロスに及びません。

さすがに弟分のヤリスクロスの27.8~30.8km/Lには劣りますが、車格を考えればかなり優れた燃費性能です。

経済性を重視してコンパクトSUVを選ぶなら、カローラクロスは有力候補にあげていいでしょう。

■ 快適性が抜群

カローラクロスの乗り心地は、コンパクトSUVではトップレベルです。

サスペンションのストロークがたっぷりしていて、動きもスムーズなので路面の凹凸を巧みに吸収してくれます。

車体の姿勢がフラットに保たれ、シートの出来がいいことと相まって乗員は至極快適です。

さらにZグレードとSグレードの場合、エアコンの機能性が優れていることも評価できます。

左右独立温度調整機能に加え、後席エアコン吹き出し口や前席集中モードも備わるなど至れり尽くせりです。

コンパクトSUVの中で、ここまでエアコン機能が充実した車種はほかにありません。

■ 荷室容量が大きい

カローラクロス長所・短所
引用:toyota.jp/carollacross

カローラクロスの後席使用時の荷室容量は487L (※2WD車) ですが、この数値はコンパクトSUVでトップです。

荷室容量を車格が同等のライバル車と比較すると、マツダ・CX-30が430L、スバルXVが340~385L、三菱・エクリプスクロスが448Lで、カローラクロスはどの車種よりも勝っています。

後席に人を乗せて、なおかつ荷物もなるべくたくさん積みたいというニーズにはカローラクロスがベストチョイスです。

■ ディスプレイオーディオを標準装備

カローラクロス長所・短所
引用:toyota.jp/carollacross

カローラクロスは最近のトヨタ車の例に漏れず、全車にディスプレイオーディオが標準装備されます。

大画面でオーディオビジュアルの操作ができるだけでなく、なによりスマホと連携してナビアプリが使えるのがとても便利です。

スマホさえ持っていれば敢えてオプションのナビを選ばずに済むのは、大きなメリットと言えます。

他社のSUVには同等の装備は備わらないので、安くはないナビを注文するか、さもなければスマホの小画面・小音量の道案内で妥協しなければなりません。

■ 廉価な価格設定

カローラクロスの価格帯は199.9万円~319.9万円で、車格から見てかなり割安な設定です。

ライバル車に目を向けるとCX-30は239.2万円~371.3万円、スバルXVは220万円~292.6万円、エクリプスクロスは253.1万円~334.6万円で、車格が一クラス下のヴェゼルでも227.9万円~329.8万円します。

カローラクロスが買いやすい価格に設定されているのは明らかですが、特に最廉価グレードが200万円を切ることは特筆ものです。

安くて見栄えのいいSUVが欲しいなら、カローラクロスは有力候補にあげていいでしょう。

■ カローラクロスのここがダメ!

では逆に、カローラクロスはライバルに対してどんなダメな点があるのでしょうか?

■ パワートレインの魅力に乏しい

カローラクロス ハイブリッドのハイブリッドシステムは実績のある1.8Lエンジン+モーターのTHS-Ⅱですが、燃費性能を除き特に魅力的なパワートレインとは言えません。

モーターだけで走行できる時間が短く、ハイブリッド感に乏しい上、パワーにもやや物足りなさが残ります。

街乗りでのパフォーマンスは十分ですが、高速道路での追い越し加速は明らかにパンチ不足。

またエンジン起動時のエンジン音も大きめで、その意味でも不満が否めません。

一方、1.8Lガソリン車はパフォーマンスに概ね不満はなく、特に高回転域のパワフルさはハイブリッドに勝ります。

ただ、トランスミッションがダイレクトCVTではなくオーソドックスなCVTなので、ラバーバンド感が出てしまうのが欠点です。

■ 後席折りたたみ時の荷室の使い勝手が悪い

荷室容量がライバル車より大きいカローラクロスですが、後席をたたんだ時の使い勝手に難があります。

それは、たたんだシート部分に非常に大きな段差ができてしまうからです。

そのままでは長尺物の荷物が積みにくい、荷物を奥に押し込めない、車中泊ができないなど様々な問題が生じてしまいます。

その欠点を修正するには、オプションのラゲージアクティブボックスを注文する必要がありますが、価格が2万8千円もするのが難点。

カローラクロス長所・短所
引用:toyota.jp/carollacross

荷室をフラット化するボードは、最初から標準装備にするべきでしょう。

■ 全幅が広い

カローラクロスの全幅は1,825mmで、全長4.5m未満のコンパクトSUVでは最も大きい数値です。

全幅が1,800mmを超えると離合がやりにくくなったり、駐車枠いっぱいになってしまうケースが生じます。

日本の道路事情を考えると、1.8mオーバーの全幅はマイナス要素です。

■ カローラクロスは大きな欠点のない優等生

カローラクロス長所・短所
引用:toyota.jp/carollacross

カローラクロスは快適性や居住性に優れ、ボディサイズの割に運転もしやすいクルマです。

一方パワートレインは魅力に乏しく、ハンドリングも平均レベルなので、ファン・トゥ・ドライブを望む人には向きません。

趣味性云々よりも、あくまでも快適な移動手段としてまとめられた1台と言えます。

全般的に致命的な欠点のない優等生的な出来栄えで、クラスの水準をクリアしていることは間違いありません。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ ユーザーレビューから検証するカローラクロスの長所・短所

□ CX-30の長所・短所を徹底検証!!

□ ヴェゼルの長所・短所を徹底検証!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

「カローラクロスの長所・短所を徹底評価!!」への1件のコメント

コメントは受け付けていません。