カローラスポーツの長所・短所を徹底評価!!

カローラスポーツ長所・短所

これまでのカローラのイメージを覆す、若々しい雰囲気が魅力のカローラスポーツ。

しかし、そんなカローラスポーツにも長所だけでなく短所もあります。

ここではカローラスポーツはライバル車と比べてどこがいいのか、どこがダメなのかを徹底評価しますので、購入時の参考にどうぞ。

■ カローラスポーツのここがイイ!!

まず、カローラスポーツのここがいい!というポイントについて解説します。

■ ハイブリッドの燃費性能

カローラスポーツにはハイブリッドと1.2Lガソリン車が設定されていますが、ハイブリッド車の燃費は抜群に優れています。

ハイブリッドのWLTCモード燃費は25.3~30.2km/Lで、実燃費でも21.5~25.2km/Lをマーク (e燃費のデータ)。

ハイブリッドのガソリンタンク容量は43Lなので、約900~1,000kmも無給油で走れる計算になります。

カローラスポーツ ハイブリッドのライバルにはインプレッサスポーツ ハイブリッド (eボクサー) がありますが、それを圧倒的にしのぐ燃費性能と後続距離です。

■ 快適な乗り心地

デビュー当初はサスペンションのセッティングが硬めで、乗り心地が抜群とまでは言えなかったカローラスポーツですが、一部改良により乗り心地が向上しています。

荒れた路面を走ったときのゴツゴツ感が減りフラットさが向上、ライバルの3ナンバーハッチバック車と比較しても、乗り心地は一枚上手です。

乗り心地のいい3ナンバーコンパクトカーが欲しいなら、カローラスポーツは最有力候補にあげていいでしょう。

■ 優れた取り回し性

カローラスポーツ長所・短所
引用:toyota.co.jp/corollasport

カローラスポーツはこのクラスとしては全長が短いうえ、5.1mというクラス最少の回転半径を実現 (※G Zのみ5.3m) しているため、取り回しが容易です。

ステアリングがよく切れることは、狭い駐車場や路地で切り返すときに大きなメリットになります。

取り回し性において、ライバル車をリードしていることは間違いありません。

■ ディスプレイオーディオを標準装備

カローラスポーツ長所・短所
引用:toyota.co.jp/corollasport

カローラスポーツは、全車に7インチのディスプレイオーディオが標準装備されます。

オーディオ・ビジュアル機能が画面のタッチで直感的に操作できるだけでなく、スマホと連携してナビアプリを大画面で使うこともできるので、とても便利です。

スマホを持っていれば、あえて高価なカーナビを導入する必要もないので、節約にもなります。

このクラスでディスプレイオーディオを装備する車種はほかにないので、カローラスポーツの大きなアドバンテージです。

■ カローラスポーツのここがダメ!

続いて、カローラスポーツのここがダメというポイントについて解説します。

■ アクの強いフロントマスク

カローラスポーツ長所・短所
引用:toyota.co.jp/corollasport

近年はアクの強いフロントマスクを採用するケースが多いトヨタですが、カローラスポーツはその典型といえるでしょう。

にらみつけるようなヘッドライトの造形や、大きく口を開けたようなフロントグリルなど、印象はかなり強烈です。

もちろん、このような「怒り顔」が好きという人もいるでしょうが、苦手な人も少なくないはず。

ボディのフォルムが洗練されているだけに、もう少し上品なフロントマスクの造形が望ましく感じられます。

■ 狭い後席スペース

カローラスポーツの後席
引用:toyota.co.jp/corollasport

カローラスポーツはシビックハッチバック、マツダ3ファストバック、インプレッサスポーツといったライバル車よりも全長が短いため、そのしわ寄せが後席の足元スペースに出てしまっています。

平均的な体格の人なら問題ないものの、大柄な人が座ると膝が前席のシートバックに当たってしまうかもしれません。

前席しか使わないなら問題ありませんが、後席の広さを重視するなら、ほかの車種を検討した方がいいでしょう。

■ カローラスポーツは走行性能の高さが魅力!

カローラスポーツ長所・短所
引用:toyota.co.jp/corollasport

カローラスポーツはライバル車と比べ、乗り心地の良さやハイブリッドの燃費の良さ、ディスプレイオーディオの装備などの長所があります。

以前はパワートレインのパンチ不足が欠点でしたが、2022年10月のマイナーチェンジでパワートレインを一新、そんな不満も解消されました。

ライバル車より後席スペースが狭いのが難点ですが、前席メインで使うなら問題ありません。

カローラスポーツはファミリーカーとしてよりも、スポーツの名の通り運転を楽しむためのパーソナルカーとして適正が高いと言えるでしょう。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ シビックハッチバックの長所・短所を徹底検証!!

□ マツダ3ファストバックの長所・短所を徹底検証!!

□ インプレッサスポーツの長所・短所を徹底検証!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

3 comments on “カローラスポーツの長所・短所を徹底評価!!”

コメントは受け付けていません。