CX-30の長所・短所を徹底評価!!

CX-30長所・短所

マツダのSUVの中でCX-5とCX-3の中に位置するのが、CX-30です。

CX-30のクラスは激戦区で、C-HRやヴェゼル、スバルXVなど多くのライバル車と競合します。

ここではCX-30はライバル車と比べてどこがいいのか、どこがダメなのかを徹底評価しますので、購入時の参考にどうぞ。

■ CX-30のここがイイ!!

まず、CX-30のここがいい!というポイントについて解説します。

■ 美しい外装デザイン

CX-30長所・短所
引用:mazda.co.jp/cx-30

CX-30の美点として、外装デザインの美しさをあげないわけにはいきません。

マツダ車でお馴染みの「魂動」をモチーフとしたデザインが採用されていますが、スタイリッシュさではCXシリーズの中でもトップレベル。

ライバル車と比較しても、CX-30のデザイン力に対抗できるのはC-HRくらいではないでしょうか?

このカッコよさには、SUVとしては低い1,540mmの全高もひと役買っていますが、同時に立体駐車場に入庫できるメリットにもつながっています。

■ 質感の高い内装

CX-30長所・短所
引用:mazda.co.jp/cx-30

CX-30は外装デザインだけでなく、内装のデザインも魅力的です。

そして質感の高さにおいても、コンパクトSUVの中でトップレベルにあります。

インパネやドアトリムは上質感あふれるソフトパッド張りで、雰囲気は高級車並みです。

また、随所にあしらわれるプラチナサテンも、質感向上に貢献しています。

■ 次世代ガソリンエンジン「スカイアクティブX」の設定

CX-30長所・短所
引用:mazda.co.jp/cx-30

CX-30のパワートレインは、2Lガソリンの「スカイアクティブG」と1.8Lディーゼルターボの「スカイアクティブD」、そして2Lガソリンマイルドハイブリッド+スーパーチャージャーの「スカイアクティブX」の3種類が用意されています。

このうち特に注目に値するのが、次世代ガソリンエンジンを謳うスカイアクティブX。

究極の内燃機関を目指して開発されたエンジンで、気持ちのいい吹け上がりやエンジン音などが魅力です。

このスカイアクティブXの設定だけでも、CX-30の商品価値を高めているのは間違いありません。

またスカイアクティブXとスカイアクティブDには、SUVには珍しいMTが設定されているのも見逃せないポイントです。

ほかにMTの設定があるコンパクトSUVは、同じマツダのCX-3とトヨタのC-HRしかありません。

積極的にクルマを操りたい人にとって、MTが選べるのは魅力でしょう。

■ 充実した予防安全装備

CX-30長所・短所
引用:mazda.co.jp/cx-30

CX-30の予防安全装備「アイ・アクティブセンス」は、多彩な機能を持っています。

ライバル車と比較した場合、特に死角にいる車両を検知する機能が充実しているのが特徴です。

となりの車線の後方から接近する車両を検知するブラインド・スポット・モニタリング、バックで出庫する際に後方左右から接近する車両を検知する後側方接近車両検知は、全車に標準装備されます。

さらに最低グレードの20Sをのぞき、見通しの悪い交差点に進入する際に前方左右から接近する車両を検知する前側方車両検知も標準装備されますが、これは他社にはない機能です。

死角から迫る車両との接触リスクを減らせる点で、CX-30はライバル車をリードしています。

■ 広い荷室スペース

CX-30長所・短所
引用:mazda.co.jp/cx-30

CX-30はデザイン性を重視したクルマなので、荷室スペースが広いイメージはないかもしれません。

しかし意外なことに、後席使用時でも荷室容量は十分過ぎるほど確保されています。

その容量は430Lで、全長4.5m未満のSUVでこれ以上の荷室容量を持っているのはエクリプスクロスだけ。

それ以外の車種は、みなCX-30に及びません。

後席に人を乗せながら荷物もたくさん積む機会の多い人にとって、この荷室容量は魅力的に映るはずです。

■ CX-30のここがダメ!
続いて、CX-30のここがダメというポイントについて解説します。

■ 路面状態に左右される乗り心地

CX-30の乗り心地は、ライバル車と比較して硬めな部類に入ります。

速度が上げるほどフラットになるセッティングなので、高速道路などでは快適です。

しかし、街乗の低速域ではゴツゴツ感が強めに出てしまいます。

また、CX-30はリアサスペンションにトーションビーム式という半独立懸架式を採用していますが、完全な独立懸架式を採用する車種 (C-HRやスバル XVなど) と比べ、荒れた路面での乗り心地が良くありません。

どんな速度域や路面でも快適な乗り心地を望む場合、CX-30は期待に十分応えてくれないでしょう。

■ スカイアクティブX搭載車の価格

CX-30長所・短所
引用:mazda.co.jp/cx-30

スカイアクティブXは魅力なエンジンですが、問題は価格設定がいささか高いこと。

同じ排気量の通常のガソリンエンジン、スカイアクティブG搭載車と比較すると、同一グレード同士で70万円近くも高価です。

加速性能や高回転域の伸びではスカイアクティブXが勝っていますが、70万円分ほどの差ではありません。

それを考えると価格設定はかなり割高で、コストパフォーマンスに難があります。

CX-30のスカイアクティブX搭載車の価格は330~400万円ほどしますが、これは一クラス上のトヨタ・ハリアーの廉価~中級グレード並みです。

製造コストとの兼ね合いで難しいかもしれませんが、せめてあと30~40万円ほど値下げしないと、価格競争力の点で厳しいでしょう。

■ 後席が狭い

CX-30長所・短所
引用:mazda.co.jp/cx-30

CX-30は荷室スペースが大きいことを長所の項目で書きましたが、そのしわ寄せが後席スペースに出てしまっています。

CX-30の後席の足元スペースは弟分のCX-3よりは広いものの、多くのライバル車より狭く、足を組んで座ることは困難です。

またリアシートは座面が短く、座り心地にも難があります。

CX-30の後席は、こうした点からロングドライブには適していません。

■ ナビの選択肢がない

CX-30長所・短所
引用:mazda.co.jp/cx-30

CX-30に限らずマツダ車共通の欠点ですが、ナビの選択肢がひとつしかありません。

もしナビを付けたい場合は、オプションの「ナビゲーション用SDカードアドバンス」が唯一の選択肢となります。

このオプションを選ぶことで、標準装備されるディスプレイをナビとして使うことができますが、ナビとしての性能・機能は決して優秀とはいえません。

また画面サイズが小さく、視認性もイマイチです。

もっと性能・機能の優れた社外ナビを付けたくても、適当な設置場所がないので、ナビゲーション用SDカードアドバンスで我慢せざるを得ません。

■ CX-30は欠点に目をつむり、内外装デザインに惚れて買うクルマ

CX-30長所・短所
引用:mazda.co.jp/cx-30

CX-30は、内外装のデザイン性や質感の高さが大きな魅力になっています。

また、マツダ独自のスカイアクティブXエンジンもセールスポイントのひとつですが、価格が高過ぎるのが難点です。

安全装備にもメリットはありますが、そこに惹かれてCX-30を選ぶ人は少ないでしょうから、やはりCX-30は内外装に惚れて買うクルマと言えます。

CX-30に惚れ込んだ人にとっては、いくつかの欠点もさほど気にならないでしょう。

ただ、後席は大人にとっては快適とは言い難いので、ファミリーカーとしてはおすすめできません。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ ヴェゼルの長所・短所を徹底検証!!

□ C-HRの長所・短所を徹底検証!!

□ CX-3の長所・短所を徹底検証!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

2 comments on “CX-30の長所・短所を徹底評価!!”

コメントは受け付けていません。