デイズの長所・短所を徹底評価!!

デイズ長所・短所

日産が初めて自社開発を手がけた軽自動車が、現行型のデイズです。

このデイズにはどんな長所があり、どこが短所なのか、気になっている人も多いことでしょう。

ここではデイズはライバルと比べてどこがいいのか、どこがダメなのかを徹底評価しますので、購入時の参考にどうぞ。

■ デイズのここがイイ!!

まず、デイズの長所を取り上げ解説します。

■ コンパクトカー顔負けのしっかりした走り

デイズ長所・短所
引用:nissan.co.jp/dayz

本来、日産は普通車のメーカーなので、デイズにも「軽自動車だから」という妥協のない設計を施しています。

ガッチリしたプラットフォームや足回りが特徴で、しっかりした走行フィーリングはヘタなコンパクトカー顔負けです。

またステアリングの操舵フィーリングもよく、軽自動車にありがちな手応えの頼りなさは微塵も感じられません。

デイズの走りの質感は、同じ日産のコンパクトカー、マーチを軽くしのぎます。

■ 運転の負担を軽くするプロパイロットの設定

デイズ長所・短所
引用:nissan.co.jp/dayz

デイズの装備で特に注目に値するのが、プロパイロットです。

全車に付くわけではありませんが、「プロパイロットエディション」の名が付くグレードに標準装備されます。

プロパイロットは、先行車に自動追従走行する機能と、車線内を走行するようステアリング操作を支援する機構を統合したものです。

0km/hから (つまり発進直後から) 高速域まで作動するので、渋滞路を含め常にこの機能を使って走れます。

ドライバーはペダル操作からほぼ解放され、ステアリング操作を誤る可能性も減るので、運転の疲れが大幅に減ることは間違いありません。

ライバル車に目を向けると、N-WGNにも先行車に自動追従走行する機能と、ステアリング操作を支援する機能が付きます。

しかし、2つの機能は統合されていません。

N-WGNのステアリング操作支援機能は約65km/h以上でないと作動しないので、一般道で使うのは困難です。

機能性や実用性では、デイズのプロパイロットの方が優れています。

■ 駐車をサポートする機能を標準装備

デイズ長所・短所
引用:nissan.co.jp/dayz
デイズ長所・短所
引用:nissan.co.jp/dayz

車載カメラの映像をディスプレイやナビ画面に表示し、駐車などをサポートする装備を設定している車種が増えています。

デイズは最廉価グレードの「S」をのぞく全車に、駐車をサポートする「バックビューモニター」または「インテリジェントアラウンドビューモニター」を標準装備

バックビューモニターは文字どおり車両後方の映像を、インテリジェントアラウンドビューモニターは車両後方と車両を真上から見おろした映像を表示する装備になります。

映像はルームミラー内のモニターに表示されますが、純正ナビを装着すればナビ画面に表示することも可能です。

またインテリジェントアラウンドビューモニターには、人や自転車などの移動物を検知すると表示とブザーでお知らせする移動物検知機能も付きます。

ライバル車は、この手の装備は全車オプション扱いとなりますが、デイズはほとんどのグレードに最初から装備されているのが素晴らしいところです。

■ ハイウェイスター系にヘルプネット機能を装備

デイズ長所・短所
引用:nissan.co.jp/dayz

デイズは軽ハイトワゴンで唯一、ヘルプネット機能のSOSコールをハイウェイスター系に標準装備します。

SOSコールとは、急病や危険を感じたときなどの緊急時にボタンを押すだけで専門オペレーターとつながり、警察や消防への連絡をサポートしてもらえる装備です。

また、事故発生時はエアバッグと連動して通報してくれます。

運転中にどんなアクシデントが起きるか分からないので、あれば安心できる装備です。

■ お洒落な内外装の「ボレロ」の設定

デイズ長所・短所
引用:nissan.co.jp/dayz

デイズにはノーマル系やハイウェイスター系のほかに、専用の内外装や専用装備をもつ特装車「ボレロ」が設定されています。

ボレロはお洒落な外装パーツやセンスのいい内装カラーなどが、とても魅力的です。

特に女性ユーザーから好感を持たれそうなモデルですが、アルミホイールや本革巻ステアリングを採用するなど、男性ユーザーへのアピールも忘れていません。

老若男女を問わず、一味ちがう軽ハイトワゴンに乗りたいなら、デイズ ボレロは良い選択になるでしょう。

■ デイズのここがダメ!

デイズのいいところを取り上げてきましたが、今度はデイズのダメなところを取り上げ解説します。

■ ターボ車の燃費が悪い

デイズはノンターボ車とターボ車の燃費の差が大きく、ターボ車の燃費はライバル車より見劣りします。

ターボ・FF車のカタログ燃費をライバルと比較すると、以下のとおりです。

  • デイズ   19.2km/L
  • ワゴンR 23.4km/L
  • N-WGN 21.2~22.0km/L

デイズは2.0~4.2km/L劣る

では、カタログ燃費以上に重要な実燃費はどうでしょうか?

  • デイズ   16.0km/L
  • ワゴンR 20.9km/L
  • N-WGN 17.7km/L

デイズは1.7~4.9km/L劣る

デイズのターボ車は、ライバルより約1~3割も実燃費が劣っています。

ガソリン代が余計にかかってしまうのは、経済性が売り物の軽自動車にとって無視できな欠点です。

■ 斜め前方と斜め後方の視界がイマイチ

デイズ長所・短所
引用:nissan.co.jp/dayz

デイズもライバル車と同様に、斜め前方の視界を確保するための三角窓が付いています。

しかし、デイズの場合ドアミラーの取り付け位置に問題があり、せっかくの三角窓を塞いでしまっています。

また、デイズはライバル車よりもCピラー (リアピラー) が太いうえ、リアドアウィンドウの面積が小さいので、斜め後方視界もイマイチです。

デイズ長所・短所
引用:nissan.co.jp/dayz

決して危険を感じるほど死角が大きいわけではありませんが、ライバル車が死角が少ないだけに、デイズの欠点が目立ってしまいます。

■ 後席の座り心地と機能性がイマイチ

デイズ長所・短所
引用:nissan.co.jp/dayz

デイズの後席は子供が楽に座れることを優先した設計なので、大人が座ると座面が低すぎます。

大人は足を投げ出すような姿勢になるため、短距離ならともかく、ロングドライブではあまり快適とは言えません。

また後席のスライド機構は、ライバル車が左右独立でスライドできるのに対し、デイズは左右一体式です。

そのため、荷室の使い勝手もライバル車に見劣りします。

■ 後席の収納が少ない

デイズは前席の収納はともかく、後席の収納がライバル車より少ないのが難点です。

特にカップホルダーが備わらないのは問題で、おもてなしの精神に欠けると言わざるをえません。

デイズの後席は、座り心地の点も含め短距離用と割り切った方がよいでしょう。

■ デイズは走りや運転支援・安全装備が優秀

デイズ長所・短所
引用:nissan.co.jp/dayz

デイズは走りの質感が優れ、運転支援装備や安全装備の充実ぶりもライバルをリードしています。

一方で視界や後席がイマイチなので、やはり完璧なクルマというわけではありません。

デイズを選ぶにあたっては、長所と短所をてんびんにかけ、自分のニーズに合うかどうかを見極める必要があります。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ ワゴンRの長所・短所を徹底検証!!

□ N-WGNの長所・短所を徹底検証!!

□ ムーヴの長所・短所を徹底検証!!

□ eKクロスの長所・短所を徹底検証!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

「デイズの長所・短所を徹底評価!!」への1件のコメント

コメントは受け付けていません。