マツダ3ファストバックの長所・短所を徹底評価!!

マツダ3ファストバック長所・短所

先代のアクセラスポーツから大きく進化を遂げた、マツダ3ファストバック。

しかし、そんなマツダ3ファストバックも長所ばかりとはいかず、短所もあります。

ここではマツダ3ファストバックはライバル車と比べてどこがいいのか、どこがダメなのかを徹底評価しますので、購入時の参考にどうぞ。

■ マツダ3ファストバックのここがイイ!!

まず、マツダ3ファストバックのここがいい!というポイントについて解説します。

■ 美しい外装デザイン

マツダ3ファストバック長所・短所
引用:mazda.co.jp/mazda3

マツダ3ファストバックの長所としてまずあげられるのが、外装デザインの美しさです。

2020年のワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤーに輝くなど、そのデザイン性の高さは海外でも認められています。

特にボディ後半部分の流麗なシルエットは秀逸で、ハッチバック車でありながらクーペのようなカッコよさがあります。

もちろんデザインの好みは主観の問題になりますが、マツダ3ファストバックは多くの人が美しいと思うのではないでしょうか?

■ 好みで選べるパワートレイン

マツダ3ファストバックには1.5Lガソリン自然吸気、2Lガソリン自然吸気、1.8Lディーゼルターボ、そして2Lガソリンマイルドハイブリッド+スーパーチャージャーの「スカイアクティブX」の4種類のエンジンが用意されています。

ライバルのエンジンの種類を見ると、カローラスポーツとインプレッサスポーツは2種類、シビックハッチバックは1種類しかありません。

自分のニーズに合ったエンジンを選べる点は、マツダ3ファストバックの長所にあげていいでしょう。

特に究極の内燃機関を目指して開発されたスカイアクティブXは、クルマ好きのハートに刺さるはず。

マツダ3ファストバック長所・短所
引用:mazda.co.jp/mazda3

スカイアクティブXは絶対的なパワーはそれほどでもありませんが、気持ちのいい吹け上がりやエンジン音などが魅力です。

このスカイアクティブXの設定だけでも、マツダ3ファストバックの存在感を高めています。

■ 充実した安全運転支援システム

マツダ3ファストバック長所・短所
引用:mazda.co.jp/mazda3

マツダ3ファストバックは全車に安全運転支援システムのアイ・アクティブセンスが標準装備されますが、その機能の数はグレードにより11~14種類。

ライバル車の安全運転支援システムの機能に目を向けると、カローラスポーツは6~7種類、シビックハッチバックは7種類、インプレッサスポーツは9種類なので、マツダ3ファストバックの多機能さが際立ちます。

特に注目に値するのは、車線変更をサポートするブラインドスポットモニタリングと、バックでの出庫をサポートする後側方接近車両検知が全車に標準装備されることです。

ライバル車の場合は、この2つの装備はオプション扱いか、もしくは設定自体がありません。

さらにマツダ3ファストバックならではの機能として、交差点進入時に左右から接近する車両を検知してお知らせする前側方接近車両検知も、1.5L車をのぞく全車に標準装備されます。

このように、安全運転支援システムの充実ぶりはライバルの追従を許しません。

■ マツダ3ファストバックのここがダメ!

続いて、マツダ3ファストバックのここがダメというポイントについて解説します。

■ シャシー性能に及ばないエンジン性能

マツダ3ファストバック長所・短所
引用:mazda.co.jp/mazda3

マツダ3ファストバックはシャシー性能が非常に高いため、ハンドリングも優れています。

しかし折角4種類も用意されているエンジンは、いずれもこうしたシャシー性能に対して力不足です。

もっともハイスペックなスカイアクティブXでさえ、シャシーの性能に若干負けています。

シャシー性能がエンジン性能に勝っているクルマは、誰もが安全に運転できるので決して悪いことではありません。

しかし運転の楽しさを存分に味わうためには、さらに高性能なエンジンも設定して欲しいものです。

■ スカイアクティブX搭載車の価格

スカイアクティブXは運転フィーリングが非常に魅力的なのですが、特別パワフルというほどではありません。

実際の加速性能でも、似たようなスペックを持つシビックハッチバックに劣っています。

このように、スカイアクティブXのパフォーマンスは誰をも満足させるまでのレベルには達していませんが、その割に価格が高額です。

スカイアクティブX搭載モデルの価格は約320万円~約369万円で、通常の2Lガソリンエンジン搭載車よりも70万円ほども高い設定になっています。

国産のライバル車で価格が300万円を超える車種はなく、価格競争力は低いと言わざるを得ません。

■ 乗り心地が硬い

マツダ3ファストバックはサスペンションが比較的ハードに設定されているので、乗り心は硬めです。

路面の良いところでは問題ありませんが、段差を乗り越えたときに比較的大きい突き上げ感があります。

操縦性と乗り心地を両立させるのは難しいものですが、マツダ3ファストバックは明らかに操縦性重視のセッティングです。

ソフトな乗り心地を望む人には、マツダ3ファストバックは向いていません。

■ 後席スペース、荷室スペースが狭い

マツダ3ファストバック長所・短所
引用:mazda.co.jp/mazda3
マツダ3ファストバック長所・短所
引用:mazda.co.jp/mazda3

マツダ3ファストバックは、3ナンバーハッチバック車の中でも比較的大柄なボディを持っていますが、その割に後席スペースと荷室スペースは決して広くありません。

後席は足元のスペース、頭上のスペースともあまり余裕はなく、しかもドアウィンドウが小さいので閉所感もあります。

荷室スペースも、大きく傾斜したリアウィンドウの影響でボディサイズの割に小さめです。

マツダ3ファストバックの荷室容量は334Lですが、ライバルのカローラスポーツの352L、シビックハッチバックの420L、インプレッサスポーツの385Lと比べ劣っています。

そのため、後席に大柄な人を乗せる場合や、沢山荷物を積む機会がある場合はマツダ3ファストバックは不向きです。

しかし、マツダ3ファストバックはパッケージングよりもデザイン性を重視した設計なので、仕方ない点でもあります。

■ ナビの選択肢がない

マツダ3ファストバック長所・短所
引用:mazda.co.jp/mazda3

マツダ3ファストバックに限らず、マツダ車共通の欠点としてナビの選択肢がないことがあげられます。

もしナビが欲しい場合は、オプションの「ナビゲーション用SDカードPLUS」以外に選択肢がありません。

このオプションを選ぶことで、標準装備されるディスプレイをナビとして使うことができます。

しかし、これでナビとしての性能が高ければまだいいのですが、お世辞にも性能は高くありません。

また画面サイズも小さく、視認性がイマイチです。

社外品のナビを付けたくても適当な設置場所がないので、欠点の多いナビゲーション用SDカードPLUSで我慢せざるをえません。

■ マツダ3ファストバックは短所を割り切れるなら満足度が高い

マツダ3ファストバック長所・短所
引用:mazda.co.jp/mazda3

マツダ3ファストバックは、外装デザインの美しさやハンドリングの良さ、充実した安全装備などが魅力となっています。

また、スカイアクティブXの設定もライバルに対するインパクトという点では十分です。

一方で、そのスカイアクティブXを含めエンジン性能がシャシー性能に負けていることや、乗り心地が硬いこと、室内スペースの狭さなど、それなりに欠点もあります。

デザインを最優先する人、速さを求めない人、むしろ硬めの乗り心地が好きな人、後席に人を乗せたり大きな荷物を積む機会が少ない人なら、マツダ3ファストバックに十分満足できるでしょう。

しかし、それ以外の人はほかの車種を検討した方がいいかもしれません。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ カローラスポーツの長所・短所を徹底検証!!

□ シビックハッチバックの長所・短所を徹底検証!!

□ インプレッサスポーツの長所・短所を徹底検証!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

「マツダ3ファストバックの長所・短所を徹底評価!!」への1件のコメント

コメントは受け付けていません。