ミラージュの長所・短所を徹底評価!!

ミラージュ長所・短所

三菱自動車のコンパクトカー、ミラージュは2020年4月のマイナーチェンジで大幅なリフレッシュが図られました。

ライバル車と比べたときの評価がどう変わったか、気になっている人もいるでしょう。

ここではミラージュはライバル車と比べてどこがいいのか、どこがダメなのかを徹底評価しますので、購入時の参考にどうぞ。

■ ミラージュのここがイイ!!

まず、ミラージュのここがいい!というポイントについて解説します。

■ インパクトあるフロントマスク

ミラージュ長所・短所
引用:mitsubishi-motors.co.jp/mirage

ミラージュは2020年4月のマイナーチェンジの際にダイナミックシールドと呼ばれるフロントマスクが採用され、非常に精悍なイメージになりました。

コンパクトカーとは思えない迫力があり、それでいて決して下品になっていない点が評価できます。

また取って付けたような不自然さもなく、ボディとのマッチングも悪くありません。

ライバル車と比べても、カッコよさでは勝るとも劣らない印象です。

■ フロントの見切りがいい

最近は、運転席からボンネットが見えないコンパクトカーが少なくありません。

そうしたクルマはボディの先端部の位置が分かりづらく、車両感覚もつかみにくい傾向があります。

しかし、ミラージュはボンネットの両端の盛り上がりが運転席から確認できるため、車両感覚がつかみやすい方です。

ミラージュなら、運転に苦手意識のある女性ドライバーや免許取り立ての初心者でも、戸惑うことなく取り回せるでしょう。

■ ミラージュのここがダメ!

続いて、ミラージュのここがダメ!というポイントについて解説します。

■ 荷室スペースが狭い

ミラージュ長所・短所
引用:mitsubishi-motors.co.jp/mirage

ミラージュの後席使用時の荷室容量は175L。

同クラスのマーチは251L、ボディが少し小さいブーン / パッソでも193Lあるので、ミラージュの荷室スペースは不十分と言わざるをえません。

日常的な買い物程度なら不足はありませんが、家族で旅行に出かけたりする場合は、荷物が積みきれない可能性もあります。

■ 後席の収納が少ない

ミラージュの収納は、前席は必要最低限の数が確保されてますが、後席分が少ないのが欠点です。

後席ドアにはポケットがなく、前席のシートバックにポケットが付いているわけでもありません。

唯一の収納は、センター部分にある1個分のカップホルダーのみという貧弱さです。

ミラージュ長所・短所
引用:mitsubishi-motors.co.jp/mirage

後席は3人掛けなのに、カップホルダーが1人分しかないのも残念。

ミラージュの後席は、短距離用と割り切っているのかもしれません。

■ 安全装備が不十分

ミラージュはマイナーチェンジの際に、安全運転支援システムの性能向上が図られました。

しかし自動ブレーキ (衝突被害軽減ブレーキ) は、いまだに自転車や夜間の歩行者には対応していません

また、ペダルの踏み間違いによる暴走事故を防ぐ誤発進抑制機能も、前進時に限られます。

ミラージュの安全運転支援システムは、マイナーチェンジでようやく平均レベルに近づいた程度で、まだ十分とは言えません。

さらにミラージュは、エアバッグの設定にも難があります。

側面衝突時に前席の乗員の上半身を保護するSRSサイドエアバッグと、前後席の乗員の頭部を保護するSRSカーテンエアバッグは、いまや必須の安全装備です。

この2種類のエアバッグは、多くのコンパクトカーに標準装備されています。

しかしミラージュは標準装備されず、オプション扱いという有様です。

しかもオプション価格は104,500円とかなり高額で、選択のハードルが高くなっています。

これでは装着しない人の方が多くなってしまうでしょう。

購入者の安全を確保するために、車両価格がアップしても全車に標準装備するべきです。

■ ミラージュは悪いクルマではないが、アピールポイントに乏しい

ミラージュ長所・短所
引用:mitsubishi-motors.co.jp/mirage

ミラージュはダイナミックシールドの採用で外観の魅力が増し、安全装備も以前よりは充実しました。

しかし、走行性能や居住性の面ではライバルと比べ特に秀でた部分はなく、安全装備もまだまだ不十分です。

決して悪いクルマではないのですが、どうしてもミラージュでなければならない、というアピールポイントに欠けます。

せめてSRSサイド&カーテンエアバッグの標準化や、安全運転支援システムの機能・性能の向上を望みたいところです。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ ヤリスの長所・短所を徹底検証!!

□ マーチの長所・短所を徹底検証!!

□ スイフトの長所・短所を徹底検証!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

「ミラージュの長所・短所を徹底評価!!」への1件のコメント

コメントは受け付けていません。